INDEX

【カクテル】コスモポリタンの意味・由来・雑学は?

【カクテル】コスモポリタンの意味・由来

コスモポリタンという言葉の意味は、国籍や民族にとらわれないで、世界的に物事を考える人のことを指します。また、どこか一定の場所にとどまらずに、放浪する人のことを指したりもするそうです。

このカクテルがコスモポリタンという名前が付けられた由来ははっきりしていないようですが、比較的新しく作られたカクテルの種類です。

【カクテル】コスモポリタンの雑学

辞書

このコスモポリタンというカクテル、アメリカの有名な『SEX AND THE CITY』という映画の中に出演する女性が注文しているシーンがあるそうです。その影響もあってアメリカで人気となっているみたいですよ。

コスモポリタンというカクテルには『華麗』というカクテル言葉があります。確かに、コスモポリタンの赤を見ていると、華やかで麗しい女性を連想してしまいます。この華麗なカクテルを片手にして似合う女性なんて憧れますよね!

【カクテル】コスモポリタンの味・割合・度数・割方・カロリーは?

【カクテル】コスモポリタンの味

コスモポリタンというカクテルの味は、見た目の甘い色合いとクランベリージュースの甘い香りとは対称的に甘さは控えめな感じです。甘過ぎるのはちょっとという人にも飲みやすいカクテルとなっています。

【カクテル】コスモポリタンの割方・割合・度数

コスモポリタンというカクテルは、ウォッカ、ホワイトキュラソー、クランベリージュース、ライムジュースの割合は覚えやすいものでは3:1:1:1という比率があります。

このカクテルは好みによって割合が変わってくるようですので、アルコールが控えめが良いという方はウォッカの割合を減らすと良さそうですね。

クランベリーのフルーティーな感じを楽しみたい時には、ライムジュースの方を控えめにすると良さそうですよ。そして、クランベリージュースの割合が大きければ大きいほど鮮やかで綺麗な赤いカクテルとして楽しむことができます。クランベリージュースの割合が低いと、淡いピンクに近い色合いになります。

【カクテル】コスモポリタンのカロリー

食べ物

コスモポリタンというカクテルのカロリーはご紹介している割合で作っていったときに約111kcalになります。このカロリーの高さは、同じカクテルで言うと、ジンライムやドライマティーニなどと同じくらいのようです。

ちなみに、8枚切りの食パン1枚が約100kcal、ご飯はお茶碗に軽く半分で100kcalです。アルコール類のカロリーはちょっと高めな感じがしますよね。でもカクテルの中では200kcal台の物もあるため、カロリーはそう高い方ではないんですよ。

【カクテル】コスモポリタンの作り方(レシピ)は?

【カクテル】コスモポリタンの材料・分量

コスモポリタンの材料・分量
ウォッカ 30ml
ホワイトキュラソー 10ml
クランベリージュース 10ml
ライムジュース 10ml
コスモポリタン
カクテルタイプ ショート
ベース ウォッカ
グラス カクテルグラス
技法 シェイク
度数 25度前後
味(テイスト) 甘口
炭酸 なし

\ POINT /

ポイント

クランベリージュースの割合が多い方が赤が濃く出て鮮やかな赤のカクテルにすることができますよ。淡いピンクがかった上品な色合いが好みの場合は、クランベリージュースを控えめに。

【カクテル】コスモポリタンの作り方の手順

コスモポリタンの作り方
  1. ①ウォッカ、ホワイトキュラソー、クランベリージュース、ライムジュースをシェイカーの中に入れます。
  2. ②氷もシェイカーに投入してシェイクします。
  3. ③シェイクしたものをカクテルグラスに注いで出来上がりです。

【カクテル】コスモポリタンの作り方のポイント①:クランベリー多めで甘く

コスモポリタンというカクテルを作る際に、クランベリージュースを多くすると香りも味わいも甘めのものに仕上がります。アルコールの好みが甘い系統の人は、クランベリージュースを多くすると良さそうです。

【カクテル】コスモポリタンの作り方のポイント②:柑橘系を強めにしてみる

ホワイトキュラソーを多めにして作ると、柑橘系の香りが強くなるので甘すぎない香りのコスモポリタンを楽しむことができそうです。

【カクテル】コスモポリタンの美味しい飲み方

【カクテル】コスモポリタンの美味しい飲み方①:ウォッカは冷やしておく

冷蔵庫

コスモポリタンの材料で使用するウォッカは冷えたものを使うのがおすすめです。家で材料を購入して作る時には、買ったウォッカを冷蔵庫で保存するようにしておくとちょっと飲みたくなった時に良いですよ。

【カクテル】コスモポリタンの美味しい飲み方②:ライムは果実を絞って

ライム

コスモポリタンを作る際に使うライムジュースは、市販のライムジュースよりもライムの果実を準備して絞ったものを使う方がより美味しいコスモポリタンを作ることができます。

ライムを絞る際には、100円均一のお店などで売られているようなレモン絞り器を使うと分量の分のライムジュースを簡単に絞れそうです。

【カクテル】コスモポリタンに類似するカクテルは?

【カクテル】カミカゼの作り方、レシピと度数、味、意味

カミカゼというカクテルの材料は、ウォッカ、ホワイトキュラソー、ライムジュースです。作り方はシェイクです。コスモポリタンに使うクランベリージュースを抜くだけで、カミカゼというカクテルに変わります。女性的なコスモポリタンがちょっとの違いで、かっこいいカミカゼというカクテルに変わるのは面白いですよね。

カミカゼのアルコール度数は25度くらいで、味は柑橘系のキリッとした感じです。ちなみにこのカクテルのカクテル言葉では『あなたを救う』という意味になります。コスモポリタンがヒロインのようなカクテル言葉を持っていて、カミカゼはヒーローのようなカクテル言葉を持っているなんて素敵な感じがしますね。

Small thub shutterstock 450103600
関連記事 【カクテル】カミカゼの作り方(レシピ)!神風ビール・B52とは?

カクテルの種類にカミカゼというものがあるのをご存知ですか?かっこいい名

【カクテル】バラライカの作り方、レシピと度数、味、意味

バラライカというカクテルのレシピは、ウォッカ、ホワイトキュラソー、レモンジュースという材料から出来ています。作り方はシェイクというやり方です。コスモポリタンのクランベリージュースとライムジュースをレモンジュースに変えるだけです。バラライカは乳白色のカクテルで、全くイメージが違いますよね。

バラライカのアルコール度数は25度前後で、柑橘系の味わいとなっています。ちなみに、このカクテルはカクテル言葉で『恋は焦らず』という意味になっています。コスモポリタンやバラライカを飲んで一段上の素敵な女性を目指してみたいですね。

【カクテル】タワリッシの作り方、レシピと度数、味、意味

タワリッシというカクテルのレシピはウォッカ、キュンメル、ライムジュースから作られます。作り方はシェイクという方法です。コスモポリタンの材料のクランベリージュースとホワイトキュラソーを抜いて、キュンメルという香草などの香りが特徴のリキュールに変えます。

タワリッシのアルコール度数は30度くらいと強く、甘い薬草系のリキュールと柑橘が使われていて辛口の味わいとのこと。このカクテルはカクテル言葉では『約束』という意味になります。このカクテルは、友人や恋人など大事な人と一緒に飲みたいカクテルですね。



【カクテル】ハイライフの作り方、レシピと度数、味、意味

ハイライフというカクテルのレシピは、ウォッカ、ホワイトキュラソー、パイナップルジュース、卵白という材料を使います。作り方はシェイクというやり方を使います。コスモポリタンで使うクランベリージュースとライムジュースをパイナップルジュースと卵白に変えてまろやかで上品なカクテルに。

ハイライフのアルコール度数は30度前後で、まろやかなパイナップルの風味が楽しめるカクテルです。このカクテルはカクテル言葉で『私はあなたにふさわしい』という意味になっています。コスモポリタンのカクテル言葉『華麗』が似合うようになって、かっこよくハイライフを想い人に差し出してみたいものですね。

【カクテル】雪国の作り方、レシピと度数、味、意味

雪国というカクテルのレシピはウォッカ、ホワイトキュラソー、ライムジュース、ミントチェリー、グラニュー糖が材料で、作り方はシェイクです。コスモポリタンの材料のクランベリージュースを抜いて、ミントチェリーとグラニュー糖をプラスするだけで、色合いも雰囲気も対称的なカクテルになるのはすごく面白いですよね。

雪国はアルコール度数が25度くらいと強め、柑橘系の爽やかな味わいのカクテルです。このカクテルはカクテル言葉で『恋を占う』という意味になっています。カクテル言葉も見た感じと同じように、コスモポリタンとは対称的な感じがしますよね。

【カクテル】ブルー・マンデーの作り方、レシピと度数、味、意味

ブルー・マンデーというカクテルのレシピは、ウォッカ、ホワイトキュラソー、ブルーキュラソーから作られます。このカクテルの作り方は、ステアといってかき混ぜる方法です。材料が少し違うだけでコスモポリタンとは対称的な青い色が美しいブルー・マンデーへと変身します。

ブルー・マンデーのアルコール度数は40度前後で、爽やかな味わいです。材料が少し違うだけなのに正反対の色合いのこのカクテルはカクテル言葉で『憂鬱な月曜日』という意味を持っています。日曜日のが終わってしまう憂鬱な時間をこのブルー・マンデーが癒してくれそうです。

【カクテル】コスモポリタンと同じ色合いでベースが一緒のカクテルは?

シー・ブリーズ

シー・ブリーズというカクテルのレシピは、ウォッカ、クランベリージュース、グレープフルーツジュースから作られます。このカクテルの作り方はステアというかき混ぜる方法を使います。コスモポリタンと同じようにクランベリージュースを使ってあるので、同じように赤っぽいカクテルです。

シー・ブリーズのアルコール度数は10度くらいで、フルーティーで爽やかな味わいとなっています。カクテル言葉で『海のそよ風』という意味があるそうなこのシー・ブリーズというカクテルですが、海や風の色のイメージはどうしても青系統のものを想像してしまっていたので色に驚きました。

ロング・アイランド・ビーチ

ロング・アイランド・ビーチというカクテルのレシピはコスモポリタンと同じようにクランベリージュースを使ったもので、作り方はビルドというグラスに直接作る方法です。ドライジン、ウォッカ、ホワイトラム、テキーラ、ホワイトキュラソー、レモンジュース、シュガーシロップ、クランベリージュースと材料が多めです。

このロング・アイランド・ビーチというカクテル、味わいやカクテル言葉で込められた意味などはわかりませんが、アルコール度数は類似したロング・アイランド・アイスティーが25度以上のためけっこう強いと予想されます。このカクテルもコスモポリタンと同じように赤い色合いを楽しむことができる素敵なカクテルです。

ブラッディ・メアリー

ブラッディ・メアリーというカクテルのレシピは、ウォッカ、トマトジュース、レモンジュースが使ってあります。トマトジュースのおかげか、色合いは赤いのですが透明感は無さそうな感じです。作り方は、ビルドというグラスに直接作る方法です。

ブラッディ・メアリーのアルコール度数は15度前後で、トマトの風味が印象的な味わいです。カクテル言葉では『私の心は燃えている』、『断固として勝つ』というとても熱い意味の言葉が付けられています。やる気を出したいと思ったりしたときに飲んでみたいカクテルですね。

【カクテル】コスモポリタンと同じ色合いでベースが別のカクテルは?

ジャック・ローズ

ジャック・ローズというカクテルもアップル・ブランデー、ライムジュース、グレナディン・シロップという材料から作られている赤いカクテルです。このカクテルの作り方はシェイクという方法です。

このジャック・ローズのカクテル言葉は『恐れを知らぬ元気な冒険者』というものだそうです。何だか、このカクテル言葉を聞いてしまったら飲むのに勇気が必要なのだろうか?と心配になってしまいますよね。

シェカラート

シェカラートというカクテルは、材料がカンパリだけというシンプルなものです。作り方もシェイクして冷やすだけというとても簡単な種類のカクテルになっています。

このカクテルのカクテル言葉は『未来に夢を抱く感性豊かな人』だそうです。友人とこのカクテルを一緒に飲みながら、これからやってみたいことやなりたいものの話で盛り上がって、一晩語り明かしてみたいと思うのは私だけでしょうか?

レッド・アイ

レッド・アイというカクテルは、ビールとトマトジュースで作ることができます。他のカクテルの材料よりも身近なものが使われていて、すごく試しやすそうですよね。このカクテルの作り方はビルドという方法で、グラスに直接作るやり方になります。

このカクテルのカクテル言葉は『同情』。同情なんてされたくない!という時には、このレッド・アイごと同情の気持ちまで飲み込んじゃいましょう!

スプモーニ

スプモーニというカクテルは、カンパリ、グレープフルーツジュース、トニックウォーターという材料を使って作られています。このカクテルは、ちょっとオレンジがかった赤い色合いが特徴です。このカクテルの作り方は、ビルドというグラスに直接作るやり方です。

ちなみに、スプモーニのカクテル言葉は『愛嬌』。もし、男性からスプモーニをもらったら愛嬌があるよねという褒め言葉なんでしょうか?

ロブロイ

ロブロイというカクテルは、コスモポリタンよりも深くて暗めの赤い色合いのものになります。材料は、スコッチウイスキー、スイートベルモット、アンゴスチュラビターズとなっています。このカクテルの作り方は、ステアというかき混ぜるやり方です。

このカクテルのカクテル言葉は『あなたの心を奪いたい』。何だか、ドキッとする言葉ですよね。こんな言葉言われてみたいですね。このカクテルを男性に差し出されたら、相手にちょっと惚れてしまいそうな気がしませんか?

カシスソーダ

カシスソーダというカクテルは、クレーム・ド・カシス、ソーダという組み合わせで出来ています。カシスソーダは居酒屋さんからカラオケ屋さんまで、いろんなお店で見かけることの多いカクテルですよね。このカクテルの作り方は、ステアというかき混ぜるやり方です。

カシスソーダのアルコール度数は、だいたい5度前後でコスモポリタンよりもだいぶ飲みやすいカクテルとなっています。フルーティーな味わいのカクテルです。

このカクテルのカクテル言葉として『貴方は魅力的』という意味を持っています。これを言われたら、カシスソーダを勧められた時にとても断れなさそうです。コスモポリタンもそうですが、女性への褒め言葉がカクテル言葉になっているものが多いですよね。

チェリーブロッサム

チェリーブロッサムというカクテルはチェリーブランデー、ブランデー、レモンジュース、オレンジキュラソー、グレナディンシロップを使ってあります。その華やかな色合いが魅力的です。

チェリーブロッサムのアルコール度数は25度以上と高めです。名前の柔らかい雰囲気から考えると驚きですよね。フルーティーな感じを楽しめるのに、さっぱりした味わいのカクテルです。

このチェリーブロッサムというカクテルのカクテル言葉では『印象的な出会い』という意味を持っています。新たな出会いに恵まれた時に乾杯するのに良さそうなカクテルですね。

【カクテル】コスモポリタンを飲んで優雅な気分に

コスモポリタンというカクテルのことを知ってきたら、今度は実際に自分でも飲んでみたくなって来ませんか?作り方、レシピなど実際に自宅で作って楽しむのもすごく良さそうですよね!ちょっとアルコール度数が高いカクテルなので、もし作って飲まれる場合は飲み過ぎに注意してくださいね!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。