INDEX

綺麗な部屋にする方法を知る前に!散らかった部屋で過ごす人の特徴とは?

優柔不断

悩み

綺麗な部屋にする方法を知る前に散らかった部屋で過ごす人の傾向を知っておくことが大切です。当てはまる人は改善を心がける必要があります。まず、散らかった部屋の人は優柔不断な人が多いです。優柔不断ゆえに「これはどこに置こう」「捨てようか」と悩むことが多く、なかなか物を捨てられないといった傾向があります。

そのため物があふれてしまったり、不必要なものが片付けられず綺麗な部屋から遠ざかってしまうのです。綺麗な部屋で過ごすためにも、決断力は大事ですよ。

だらしない

だらしない

だらしないので部屋が汚くなってしまうのか、汚い部屋で過ごすゆえにだらしなくなってしまうのか難しいところですが、部屋が散らかっている人はだらしない人がとても多いです。ひとつひとつの行動がだらだらしてしまうので、物を適当においてしまったり、ごみをすぐに捨てないといったことで部屋が汚くなってしまいます。

また、だらしなくなると「まぁいいや」といった投げやりな気持ちにもなりやすく、汚れた環境でで過ごすことにも平気になるなど大事な感覚が鈍ってしまいます。綺麗な部屋にする方法を実行するためにもだらしない自分から卒業することが大事ですよ。

面像なことは後回し

目隠し

明日やればいいや、あとでやるからいいやといった気持ちでつい面倒なことを後回しにしてしまう人も部屋が汚くなりがちです。些細なことでも後回しにしてしまうと、部屋は散らかってしまう一方です。

気付いたことはすぐにやる、面倒なことからやるといった意識を大事にしておくことは、綺麗な部屋にする方法として効果的なだけではなく、仕事や人間関係もうまくいく秘訣でもあります。

綺麗な部屋で過ごすとこんなにいいことが!

無駄な買い物がなくなる

買い物

綺麗な部屋で過ごすことで、自分が持っている物を把握することができます。何が必要で何か不要かがわかるので、いらないものを購入したり部屋にあるものと同じものをうっかり買ってしまうといったことも防げます。

無駄な買い物が減ればそれだけお金の節約になりますから、そのお金でおしゃれしたり美味しいものを食べたりと楽しいことが増えてきます。自分の好きなことにお金を遣うためにも、綺麗な部屋にする方法を知ることは大事なのです。

無駄な時間を使わなくなる

時間

無駄な買い物が減ると同時に綺麗な部屋で過ごすと無駄な時間も減ります。散らかった部屋の人によくあるのが、出かける前に着ていこうと思った服が見つからない、今すぐ使いたいものが見つからないといった状況で時間をロスしてしまうことです。物を探すために要する時間は時間の無駄遣いのほかありません。

時間は人間誰にでも平等で有限です。些細な時間でも積もり積もれば大きな時間になりますし、その無駄な時間の分有意義な時間の使い方をした方が自分のためになります。人生を楽しむためにも綺麗な部屋にする方法を知っておくことは大事なのです。

恋のチャンスをキャッチできる

部屋 くつろぐ カップル

部屋が散らかっていたり汚い部屋の人に好印象を感じる人は殆どいないはずです。今のあなたの部屋は好きな人を呼べるような状態でしょうか?好きな人を呼ぶ自信がないと思った人は今すぐ綺麗な部屋にする方法を知り、実行するようにしましょう。

いつでも綺麗な部屋であれば、突然訪れた恋のチャンスに焦る必要もありませんし、スムーズに好きな人を自分の部屋に招くことができます。あらかじめお部屋デートのタイミングが分かっていれば楽ですが、とっておきの恋のチャンスは突然予期せぬ形で訪れるものです。

恋のチャンスをふいにしてしまったと後悔しないためにも、好きな人を招けるような綺麗な部屋で毎日を過ごせるように意識しておくことが大切です。

ストレスフリーの前向きな思考に!

ハッピー 笑顔

人の心は環境に大きく左右されるものです。照明の明るさや香り、色使いや雰囲気は一緒にいる相手への印象にも影響します。当たり前のことですが、いつも素敵な場所でデートする相手と散らかった部屋や汚れた場所でデートする相手でしたら、好意が高まるのは前者です。

それだけ環境は心に大きな影響をもたらしますが、相手への印象だけではなく自分自身の気持ちも大きく左右します。整理整頓された綺麗な部屋で過ごすと、心がスッキリしますしリラックスできます。ちょっとした嫌なことも心地よい空間の中で忘れることができますし、ストレスを溜めこむことを防ぐことにつながります。

何事も前向きな考えは、正しい判断につながりますし毎日を楽しく充実させる上でも非常に大切なことです。綺麗な部屋にする方法が幸せの基本となると言っても過言ではないのです。

意外と簡単!綺麗な部屋にする方法!

物の定位置を決める

インテリア

つい散らかってしまう人は、手が届くところになんでも物を置いてしまったり片付け方がわからない人が多いです。掃除を完璧にすることよりも「綺麗な部屋に見せる」ということが綺麗な部屋にする方法とも言えます。ごちゃごちゃしている状態からすっきり見せるだけでも部屋は綺麗になったと感じるものです。

そのためにもまずはリモコンや雑誌、メイク道具などどこに置くのか定位置を決めましょう。これはここに置くと最初に決めておくだけで、どこに片付けようか迷うこともなくなりますし、片付けやすくなります。物をなくしたりすることもなく、使いたい時に必要な物を取り出すことにもつながります。

もったいない精神を捨ててしまおう

片付け

「もったいない」と感じる心は大事ですが、必要のないもったいない精神はお部屋を汚くしてしまいます。もったいない精神を捨てて、必要以上に物を溜めこまないことも綺麗な部屋にする方法です。

使わなくなったメイク用品や洋服など、ついついもったいない、まだ使えるからと捨てずに取っておいていませんか?それは部屋を汚くしてしまう原因です。1年使わないものは洋服でも化粧品でもなんでもこの先使うことはありません。不要なものと区別してさよならする勇気を持つことも綺麗な部屋にする方法です。

片付けられないスペースを作る

片付け

部屋を綺麗にしようとして挫折してしまう人は、完璧を追い求めてしまいがちです。なんでも完璧にしようと頑張りすぎてしまうと、難しく感じてしまいますし挫折しやすくなります。すべてを片付ける必要はなく、「片付けられないスペース」を作って、部屋を綺麗に見せることも有効な綺麗な部屋にする方法です。



ただし、片付けられないスペースといっても部屋の中に堂々とそんなスペースを作るわけではありません。どこに置けばいいかわからないもの、細々して整理整頓が難しいものを入れるようなボックスを棚の一部分に作っておきます。そこについつい散らかってしまう原因のものを入れることで部屋の中はすっきりします。

ボックスなどに集めることで目隠しにもなりますし、見栄えも良いです。服を1枚1枚丁寧に畳むことができないズボラさんは頻繁に使う服をまとめるかごなどを作ってそこにぐちゃぐちゃでも入れておくようにしましょう。服でソファが散乱して散らかってしまうといったこともなくなります。

大掃除は3か月に1回でOK!ながら掃除を習慣に!

掃除

掃除や片付けが苦手な人が張り切りすぎてしまっても長続きしませんし、綺麗な部屋にすることが嫌になってしまいます。大きな掃除は1ヶ月に1回、3か月に1回と自分に無理のないペースで大丈夫です。

ただし、テレビを見たり音楽を聴きながらフローリングシートで床を掃除したり、テーブルの上を拭くといった些細なアクションは毎日の習慣にしましょう。手間だと感じるから人は面倒に感じますし、億劫に感じます。ですが、床掃除やテーブルを拭くといったことは数秒から数分で出来ることなのです。

ささっと簡単にできることだと体感するだけでも習慣として続けやすくなりますから、簡単でできることから実行していくようにしましょう。

部屋のものをグループ分けする

物

部屋を綺麗にする方法としてとても大事なのは、部屋のあらゆるものをグループ分けすることです。片付けられない人の多くが物の置き場所に困るだけではなく、物の置き場所のまとめ方が下手な傾向があります。

関連性がない片付け方、物の置き方をしてしまうので部屋はまとまらず散らかって見えます。ファッション類はファッション類、書類や本、ゲームやパソコンなどの機械類、文房具、美容関係のものなどざっくりとカテゴリー別に部屋の中の置き場所を決めましょう。

本や書類、文房具は棚、洋服などファッション関係のものはクローゼット、と部屋の中でグループ分けした置き場所を決めておくことで片付けしやすいですし、物を探すことも簡単になります。

綺麗な部屋を維持する方法!

物を買うときは一つ部屋のものを捨ててから

かいもの

部屋を綺麗にしても時間が経てばまた汚くなってしまうといった人は多く、綺麗な部屋を維持する方法を知っておくことも大切です。まず綺麗な部屋を維持する方法として大事なことは、不要にものを増やさないということです。お買い物が好きな人はついつい洋服や雑貨を部屋に増やしてしまいがちです。

その結果、部屋の収納量を超えたものが片付けられず散らかってしまうのです。綺麗な部屋にする方法としても大切なことですが、物を買う時は一つ部屋にあるいらないものを捨ててからと心がけましょう。不必要な買い物を防ぐことにもつながりますし、整理整頓された部屋を維持する方法でもあります。

ゆるゆるの自分ルールを作る

楽

自分に厳しいことは立派なことですが、厳しすぎて達成できないのは何の得にもなりません。綺麗な部屋を維持するためにも、自分が気楽に実行し達成できそうなルールを決めておくことも大切です。

例えば、洗濯物はすぐに片付ける、食べ終わった後はすぐに片付ける、ごみ捨ては1週間に1回などそこまで大変ではないルールを自分の中で決めておきましょう。些細なことでも実行し、途中でやめないことが綺麗な部屋を維持する方法です。

ただし、あまりにも自分を甘やかしてしまうとだらしなくなってしまい、綺麗な部屋にする方法にも綺麗な部屋を維持する方法からも外れてしまいますから、律するところは律すると一線を引くことも忘れないようにしましょう。

物を大切に使う!大切なものに囲まれる!

もの

物を大切に使う気持ちを持っていれば、服をぐちゃぐちゃのままにしませんし、散らかった場所に日用品を置くといったこともしません。物を大切に扱うことで、自然と整理整頓する行動につながり、丁寧な振る舞いにもなります。

また、部屋が散らかりやすい人は不必要なものに囲まれています。自分にとって大切なものやお気に入りのものはどこに置いてあるかわかりますし、なくしたくないので置き場所にも気を遣いますよね。

いらないものは捨てて厳選された大切なものに囲まれて過ごすように心がけすることも、綺麗は部屋にする方法であり、綺麗な部屋を維持する方法なのです。

綺麗な部屋にする方法番外編!部屋が散らかる人が避けるべきインテリア

ぬいぐるみ

くまのぬいぐるみ

ついついかわいいからと言ってぬいぐるみを集めてしまっていませんか?綺麗に片付けられる人であればいいのですが、ぬいぐるみは場所を取りますし散らかって見える原因にもなります。きちんとお手入れしていないと埃やにおいがついて不潔な印象にもなります。

部屋の中を可愛くしてくれる癒しのアイテムですが、部屋が散らかりやすい人は、ぬいぐるみは最低でも1つと決めて数が増えないようにすることも綺麗な部屋にする方法です。

置物

インテリア

ぬいぐるみ同様にお部屋を彩ってくれるオブジェや観葉植物などの置物も、部屋が散らかりやすい人には避けておいた方が良いインテリアです。お部屋をおしゃれに見せる上では大事ですが、見方を変えればそこまで必要なものではありません。

綺麗な部屋にする方法として、まず部屋の中のものを増やさないことが大切ですから、必要性が低い置物はなるべく避けるようにしましょう。

季節もののインテリア

クリスマス

クリスマスツリーやハロウィンのかぼちゃなど季節感を出してくれるアイテムはインテリアとして大事ですが、片付けが苦手な人が置いてしまうと片付けられない原因にもなりますし、使わない時の収納に困ってしまうというリスクもあります。もともと汚い部屋だった人は季節もののインテリアは避けておいた方が正解です。

綺麗な部屋にする方法で綺麗な心をキープしていきましょう!

部屋

綺麗な部屋で過ごすことが、どれだけメリットのあることかお分かりいただけたと思います。綺麗な部屋にする方法は難しいことではありませんし、これまで部屋が散らかっていた人にも実行できることばかりです。

習慣は3週間継続することで身につくと言われています。まずは3週間綺麗な部屋にする方法を継続して、お部屋も心も綺麗な状態をキープしていきましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。