INDEX

おすすめ洗濯機・洗濯乾燥機を選ぶときのポイント

ポイント①洗濯機と洗濯乾燥機の特徴を知ろう!

おすすめ洗濯機

洗濯機を買うときに気になるポイントと言えば、洗濯のみの機能がついているものを選ぶのか、もしくは乾燥機の機能がついている洗濯乾燥機を選ぶのかという点ですよね。もちろん、選んだものや付いている機能で価格も違ってくるので、その点も大きなポイントとなるでしょう。まずは両方の特徴を見てみましょう!

洗濯機は、日常的に部屋干しが可能な人や外で干していても大丈夫なご家庭におすすめでしょう。 例えば、洗濯機以外に衣類乾燥機や浴室乾燥機がある人には特におすすめです。 また、縦型洗濯機はサイズが豊富なので、洗濯容量や搬入・設置スペースに限りがある人が選ぶと良いのではないでしょうか。

洗濯乾燥機は、忙しくて洗濯物を干す時間も惜しい人や部屋にベランダがなく外で干すことができない人にとってもおすすめです。 また、花粉や排気ガスなどに洗濯物を触れさせたくない人も洗濯乾燥機ならそのような心配もいりません。主婦の方はもちろん、共働きのご家庭では重宝されるのではないでしょうか。

ポイント②おすすめ洗濯機の一番おすすめの容量とは

実は、大人の人の1日分の洗濯物の量は約1.5kgと言われています。思ったより以外にあるものなのですね、そう考えると、4人家族なら1日4kg以上、1人暮らしでも、3~4日に一度の洗濯なら約6kgとなります。容量を考える時は、人数と洗濯物の頻度で考えると分かりやすいでしょう。

また、家で毛布や布団などを洗濯したい人は、7kg以上がおすすめです。7kg以下の洗濯機や洗濯乾燥機にも毛布や布団のコースはありますが、ドラムの中がぎゅうぎゅうに詰まってしまって、きちんと洗えない可能性があります。ですので、この場合は7kg以上のもので探してみると良いでしょう。

ポイント③おすすめ洗濯機・洗濯乾燥機は縦型かドラム式か

洗濯機にはたくさんの種類があります。昨今は技術も発展しているので、洗濯機の種類もどんどん増えてきています。洗濯機の種類を大きく2つに分けると、縦型とドラム式があります。いったいどちらの形が自分の家に合うのかということですが、これは乾燥の容量を重視して選ぶ必要があります。

縦型の洗濯機は乾燥容量が約5kgまで。ドラム式の洗濯機は乾燥容量は約6kgくらいとなっております。縦型かドラム式かを選ぶということは、乾燥機能を付けることが前提となります。乾燥機能が不要な場合は、縦型がおすすめです。実際、洗濯機は乾燥できる量よりも洗える量の方が多いのです。

ですので、頻繁に乾燥機能を使うならドラム式がおすすめでしょう。しかし、天気が悪い日など、時々乾燥機能を使うという方であれば、縦型の洗濯機がおすすめです。乾燥の容量をしっかりと確認しておかないと、乾きが悪いという事態になりますので、気をつけるようにしましょう!

おすすめ洗濯機・洗濯乾燥機の主な機能を理解しよう!

①乾燥方法には違いがある

洗濯機の乾燥方法は大きく分けて、ヒーター式乾燥とヒートポンプ式乾燥があります。特徴に大きな違いがあるので、洗濯機を選ぶときには是非参考にしてみてください。まずヒーター乾燥ですが、こちらは洗濯機全体を大きなドライヤーのようにして乾燥させる方法になっています。

高温の音符で乾燥させるので素早く乾燥させることができるのと、高温乾燥のため除菌の効果もあります。しかし、高温のため衣類が傷みやすいといったデメリットもあります。また、ヒートポンプ式の乾燥は、最新のドラム式おすすめ洗濯機には主流のなっている機能です。

温度が上がりすぎない乾燥方法なので衣類も傷みにくく、乾燥の途中でもドアを開閉できるものがほとんどです。乾燥のためにヒーターや冷却水を使用しないので、水道代などのランニングコストが安いという利点もあります。しかし、ドラム式洗濯乾燥機は価格が高めなので、その点はデメリットになるかもしれません。

②インバーターの意味を理解しよう

おすすめ洗濯機

洗濯機を選びに行った際に、「インバーター搭載機種」という表示を見たことがある人もいるのではないでしょうか?聞いたことはあっても詳しくは分からない知らない人も多いと思うので、「インバーター」と「ノンインバーター」についてご紹介していきます。

インバーターは、本格的な水流調節が可能な機能のことを言います。モーターの回転数を変化させることで、優しい水流や強い水流まで調節ができるようになっています。ですので、シルクやウール素材のものなどやは優しく、厚手の生地は念入りに洗うことができます。このような機能を一般的にインバーターと呼んでいます。

ノンインバーターには上記のような機能がありません。おすすめ洗濯機をご紹介するなら、インバーター機能搭載のものをご紹介していきたいとは思っていますが、ノンインバーターが悪いわけではありません。インバータータイプは主に7kg以上が基本なので、そんなに大きなものが不要な人もいるでしょう。

おすすめ洗濯機・洗濯乾燥機はコストコでも買える!

家電製品もコストコで!

日本のスーパーにはない大容量と低価格が魅力的な大型スーパー「コストコ」。実は、コストコでおすすめ洗濯機や洗濯乾燥機が買えるって知っていましたか?でもコストコは家電の専門店ではないし、安くてもサービスが不安という方もいるかもしれません。しかし、コストコは家電を買うにもピッタリのお店なんです。

そこで、コストコで取り扱っている洗濯機をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。コストコでは、洗濯機は基本的に無料配送してくれますので安心です。また、5年保証付きで販売している点も他の家電量販店と変わらないので素敵ですよね。

Q web

40型以上のTV、100L以上の冷蔵・冷凍庫、洗濯機、エアコンは基本配送料無料となります。 (無料配送地域は、各倉庫店にて異なります。)

引用元:COSTCO

Small thub shutterstock 618433028
関連記事 コストコはクーポンやチラシで最新情報ゲット!上手に買い物するコツ6選

コストコとは会員制の倉庫型店です。そんな今大人気のコストコでクーポンや

【コストコおすすめ洗濯機】縦型洗濯機①~日立BWーDX120BN~

Amazonで詳細を見る

ますコストコで取り扱っている縦型のおすすめ洗濯機の中でご紹介したいのは、日立のBW-DX120BNです。シャンパンの色合いがとってもきれいで、2017年に発売された比較的まだ新しいタイプです。日立の価格よりも5千円ほどコストコでは安く買うことができます。そして送料も無料なのでうれしいですよね。



【コストコおすすめ洗濯機】縦型洗濯機②~東芝AW-D836(P)~

Amazonで詳細を見る

次にご紹介したいコストコで取り扱っている縦型のおすすめ洗濯機は、東芝の全自動洗濯機AW-D836(P)です。こちらもコストコの方が5千円ほど安く購入することができます。2017年に発売されたばかりのものをできるだけ安く購入することができるなら、その方がありがたいですよね。

【コストコおすすめ洗濯機】ドラム式洗濯機~日立BD-NX120BL~

Amazonで詳細を見る

コストコが取り扱っているドラム式でおすすめ洗濯機は、日立のBD-NX120BLです。12kgの容量があり、布団なども楽々洗うことができます。コストコでは、1万円ほど安く購入することが出来る点もお得感がありますよね。ドラム式は価格設定が高いので、少しでも安く購入できる方がうれしいですよね。

【2018年】ドラム式のおすすめ洗濯機・洗濯乾燥機3選

2018年ドラム式おすすめ洗濯機①日立ヒートリサイクル風アイロン

Amazonで詳細を見る

2018年ドラム式のおすすめ洗濯機・洗濯乾燥機の1つめは、「日立 ヒートリサイクル 風アイロン ビッグドラム スリム」です。風アイロン機能や自動お掃除など、機能性が抜群な機種です。大容量のビッグドラムで、衣類を大きく巻き上げながら乾燥してくれるの特徴です。

高速の風邪を衣類に吹きかけてシワまで伸ばしてくれる他、熱による縮みや変形なども防ぐことができます。洗濯している最中に、洗濯層の裏側までお掃除してくれる機能がついているのもうれしいですよね。そのため、除菌の他、黒カビを抑制することもできます。

2018年ドラム式おすすめ洗濯機②PanasonicのVXシリーズ

Amazonで詳細を見る

2018年ドラム式のおすすめ洗濯機・洗濯乾燥機の2つめは、「Panasonic VXシリーズ」です。Panasonicのドラム式洗濯機の最上位機種で、ナノイーXが大きな特徴のモデルです。ナノイーXは、Panasonicの独自の技術で開発されたもので、脱臭効果や菌・ウイルスの抑制効果があります。

他にも、洗剤や柔軟剤の自動投入機能があったり、スマートフォンとの連携機能といった便利な機能が搭載されています。外出先から洗濯の仕上がり時間の設定や変更をすることができるのです。帰宅したら洗濯物を畳むだけなので、とっても楽ちんですよね。

2018年ドラム式おすすめ洗濯機③東芝TW-117x6

Amazonで詳細を見る

2018年ドラム式のおすすめ洗濯機で最後にご紹介したいのは、東芝のTW-117x6です。ウルトラファインバブル洗浄という独自の機能があり、温水洗浄をすることができます。また、とっても柔らかコースという機能があり、天日干しした際のごわつきを抑えてくれる機能が搭載されています。

乾燥機も、大容量ふんわリッチという名前がある通り、容量は7kgまで乾燥することができます。しかも、ダブルサイズの毛布を洗って乾燥までできる優れものなのです。低振動で低騒音なので、夜寝ている間に洗濯機を回しておいても気になりません!

【2018年】縦型のおすすめ洗濯機・洗濯乾燥機3選

2018年縦型おすすめ洗濯機①日立ビートウォッシュシリーズ

Amazonで詳細を見る

2018年縦型おすすめ洗濯機・洗濯乾燥機の1つ目は、「日立ビートウォッシュシリーズ」です。大容量のシャワーが頑固な汚れも落としてくれるナイアガラビート洗浄が特徴の洗濯機です。乾燥機能が不要ならなしのタイプを選ぶこともできます。また幅が57cmとスリムなモデルもあるので、ご家庭の環境によって選べます。

部屋干しのにおい対策などにも効果的な洗濯乾燥機なので、共働きのご家庭にもおすすめです。皮脂汚れや酸化による黄ばみも除去してくれるため、いつまでもすっきり清潔な衣類の保つことができます。

2018年縦型おすすめ洗濯機③東芝ZABOONシリーズ

Amazonで詳細を見る

2018年おすすめ洗濯機・洗濯乾燥機の2つ目は、東芝の「ZABOON」シリーズです。パワフルなモーターで、洗剤液を衣類の隅々まで行き渡らせることができ、しっかりと水を書き上げて循環させるザブーン洗浄が魅力の洗濯乾燥機です。ボタン1つで水の流れる強さを変えることができるのも魅力的ですよね。

静音設計なのでとても静かで、運転音の静かさに関しては東芝が1番と言ってもいいかもしれません。特にマンションなどの集合住宅にお住まいの方にとっては、とてもうれしい機能ではないでしょうか。夜にお洗濯される方にも、静音機能はとてもおすすめです。

2018年縦型おすすめ洗濯機③PanasonicのNA-FAシリーズ

Amazonで詳細を見る

2018年のおすすめ洗濯機・洗濯乾燥機3つ目は、PanasonicのNA-FAシリーズです。泡洗浄でしっかりと衣類を洗うことができ、デザインもおしゃれなところがPanasonicらしいところですよね。即効泡洗浄は汚れ落ちがよく、最初から泡の力で一気に衣類をきれいに洗いあげることができます。

Panasonicの洗濯にには豊富な機能があり、乾燥機能はもちろん、お家クリーニングコースやフレグランスコースというものまであります。型崩れが気になる洋服にはお家クリーニングコースで、そして柔軟剤をしっかりといきわたらせるためのフレグランスコースは必見です!

おすすめ洗濯機を知って毎日のお洗濯を楽しくしよう!

いかがでしたか?おすすめ洗濯機の中で気になったものはあったでしょうか?最近はどんどんいろんな機能が洗濯機についてきていますし、どこでも買えるようになってきました。コストコはもちろん、家電量販店以外でも多数取り扱われています。

乾燥機付きがよいか、乾燥機能が無い方が良いかは、住宅環境にもよると思いますので、2018年のおすすめ洗濯機の例を参考に、ドラム式にしようか縦型にしようか検討してみてください。そして、お気に入りの洗濯機を購入して毎日のお洗濯を楽しくしましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。