INDEX

写真写りが悪いことで悩んでいませんか?

写真写りが悪いから写真に写りたくない

悩む女性

仲間で集まったときや旅行の時など写真を撮る時ってありますよね。そんな時写真写りがよくなかったら写真に写りたくないなぁとどうしても思ってしまうでしょう。断るのもなんだけど後で写真に写っている顔を見るのが嫌で旅行そのものが楽しくなくなったりということもあるでしょう。

なぜ写真写りが悪いのかその理由がわからないうちは対策をするにもできないしでも写真を嫌だといつも断るというのも友達や彼に悪いなとストレスが溜まってしまうものです。写真写りさえ悪くなければいいのになと思う人も多いでしょう。

写真写りを劇的に良くする方法がわからない

知りたい女性

顔や体型だけの問題でなく写真写りが劇的に良くする方法があるなら知りたい!と思う人もいますよね。ちょっとした写り方で写真に写る憂鬱が減るのであればうれしいことですよね。しかし、自分なりにいろいろやってみてもなかなかうまくいかないことも多いです。

そんな写真写りが悪いことでお悩みの方のために、写真写りを劇的に良くする方法を10個紹介していきたいと思っています。写真を撮るときにちょっと思い出して写真を撮ることを心掛けると写真写りが悪くて悩んでいたことがウソのように解決できるかもしれません。そんなコツを10個紹介していきたいと思います。

写真写りが悪いと写真嫌いになりませんか?そのように感じたことはありませんか?こちらの関連記事はそんな心理を好きな人・嫌いな人の差や写真が嫌いな人の心理を6選で紹介しています。こちらも参考にしてみてくださいね。

Small thub shutterstock 517365208
関連記事 写真が嫌いな人の心理6選!写真を撮るのが好きな人と嫌いな人の差とは?

写真が嫌いな人は、みんなで一緒に写真を撮ろうと言っても一緒に写ろうとし

写真写りが悪い人の特徴6個を紹介!

写真慣れしていない

写真慣れ

写真写りが悪い人は写真を撮られるのが嫌いとか撮られ慣れていないということがあげられます。苦手意識があるとどうしても写真写りに影響してしまって写真写りが悪いということがあげられます。「また変に写ったらどうしよう」など考えて角度や表情がおかしいということで写真写りが悪くなるということがあります。

写真を撮る機会が少ない、また写真写りが悪いことを気にして積極的に写真に写らないことにより写真を撮ることに慣れてないことが写真写りが悪くなってしまう原因の一つです。

笑顔が不自然である

不自然な笑顔

写真を撮る時に笑顔で写らなくてはと思う人も多いと思います。特に今から撮るとポーズをつけて撮る場合に笑顔が不自然だったり表情が硬い、「笑ってー」と言われて緊張してしまうということがあって不自然な笑顔になってしまうという人もいます。自然な笑顔ができない場合写真写りが悪いと言われてしまうこともあります。

自然な笑顔といわれてもなかなか難しいもので、意識すればするほど笑顔がぎこちなくなってしまって写真写りが悪くなる原因になります。不自然でなくぎこちなくない笑顔を出すのはかなり難易度が高いです。

顔のパーツがあっさりしている

顔のパーツ

顔に立体感のある人の方が写真写りがいいという傾向があります。なので顔のパーツ自体があっさりしている人はのっぺりとした印象を与えてしまい写真写りが悪いという傾向が見られます。この場合は写り方の研究だけでなくメイクなどで顔の印象を少し強くする必要があります。

顔のパーツは変更できるものではないので、ポーズを考えてみたりメイクや髪型でフォローする必要があります。のっぺりとした顔の人は写真写りが悪くなることが多いと言われています。

顔の左右にゆがみがある

顔のゆがみ

左右の顔のバランスが悪い人は写真写りが悪いと言われています。左右対称の人は少ないですが、かなり歪みのある人はどうしても真正面から写真を撮ると写真写りが悪くなってしまいます。その場合は写る角度を考えたり歪みがわかりづらいような角度で写るコツが必要になります。

姿勢が悪い

姿勢が悪い

写真写りが悪い人はどうしても小さく写りたいために猫背になったりして姿勢が悪いということが見られます。姿勢が悪いのが写真に写ってしまうと写真写り以前に見た目がとても悪くなってしまいます。猫背になるとアゴを突き出てしまったりするので写りも悪くなります。姿勢を正してしっかりと角度を決めて写真を撮りましょう

オーラが暗い

暗いオーラ

しっかりと見えるものでなくても人間にはオーラがあって、華やかな人は明るく落ち着いて居る人は暗いような印象を与えてしまいます。写真写りが悪いと思っている人は暗いオーラが出ている人かもしれません。なかなか改善できるものではないですが写真を撮る時だけでもパッと明るくなるといいですね。

写真写りを劇的に良くする方法!美人・イケメンでも必要?

実物が美人、イケメンでも写真写りが悪いことはある

カップル

美人、イケメンの人でも写真に写るとなんか違うって人いますよね。それはなぜなんでしょうか。やはり写真に撮られ慣れていなかったり思ったような画像にならないというのが理由なんです。実物がいいだけに写真ではなかなかそれが表れないということもあります。

そんな時にも写真写りを劇的に良くする方法は有効!

写真撮影

美人、イケメンでも写真写りが悪いということは当然ながらあるのでそんな時には今から紹介する写真写りが劇的意欲なる方法がオススメです。自分は大丈夫と思わず試してみませんか?

写真写りを劇的に良くする方法10個

写真写りを劇的に良くする方法①顔の角度を研究して、いつもと変える

顔の角度

写真写りが悪くなる理由として顔の角度がよくないということがあげられます。真正面は特によくないので少し角度をつけるといいでしょう。個人によって左右のいい方向が変わるので自分の良く見える角度を研究してみるのがオススメです。いつも同じ角度で撮っているけどイマイチという人は角度を変えてみましょう。

写真写りを劇的に良くする方法②他の写真写りがいい人を研究して真似する

ポーズを研究

顔がものすごく可愛いとかイケメンではないけど写真写りがいい人っていますよね。実物とどこが違うのか、どのような写り方をしているのかを研究して真似してみるといいでしょう。表情が豊かだったり得意のポーズがあったりするかもしれません。どのようにすると写真写りが良くなるのか、いい人を真似ると早いでしょう。

写真写りを劇的に良くする方法③自分がどのように見えているか知る

スマホを見る女性

自分では写真写りが良くなるようにしているんだけどイマイチという人もいるでしょう。その場合他の人から写真を撮るときにどのように見えているのかを知る必要があります。例えば友達に聞いてみたり、恥ずかしいかもしれませんが自分で動画を撮ってみたりするとどのようなイメージで写真を撮られているのか明確になります。

自分の思っているイメージと違った場合はそれが写真写りがよくない原因なので、よくするように改善していくことで写真写りを劇的に良くする方法になります。

写真写りを劇的に良くする方法④姿勢よく写るようにする

姿勢をよくする

姿勢をピンとしてアゴをひいて写真を撮るというのは、写真写りをよくするための基本とも言えるでしょう。アゴをあげて取ってしまうと途端にバランスが崩れてしまい写真写りが悪い原因になってしまいます。姿勢をよくしてアゴを引く、そしてどちらかの角度をつけてポーズをとるようにすると写真写りが良くなるでしょう。

写真写りを劇的に良くする方法⑤表情がこわばらないようにする

表情を作る

写真を撮るときに構えてしまって表情がこわばったり、固まったりする人がいます。表情がよくできないと写真写りが悪い原因となります。自然な笑顔や表情はなかなか難しいのですが、練習あるのみです。これが写真写りを劇的に良くする方法の要といってもいいでしょう。

写真写りを劇的に良くする方法⑥二重アゴにならないように工夫

二重アゴ

姿勢を良くしてアゴをひくというのと関連があるんですが、二重アゴになってしまうとどうしても写真写りが悪いです。痩せている人でも角度によっては二重アゴに見えてしまうことがあります。それをしっかりと自覚してその角度では写らないようにすることが写真写りをよくする方法です。

写真写りを劇的に良くする方法⑦髪型やメイクをきちんとセットする

メイクをする

表情は良くても髪型やメイクがボロボロだと写真写りはどうしても悪くなってしまいますね。しっかりとメイクやヘアセットをする必要はありませんが、メイクに関しては立体感を出すようにすることと眉やリップなどポイントになるところは濃いめに書くというのがオススメです。



髪型はさっと整える程度で構いませんが、前髪が目にかからないようにすとか、あとはロングヘアであれば片側にまとめて流すことで首のラインがキレイに見えてオススメです。

写真写りを劇的に良くする方法⑧目の表情を活かす

目の表情

目はレンズの少し上を見て、伏し目がちにならないようにしましょう。眉毛をちょっと上げるイメージにすると伏し目になりません。そうすると目が大きく見える効果も期待できます。あと他にはレンズの左右を見るようにすると目の雰囲気に柔らかくかわり写真写りがよくなります。

写真写りを劇的に良くする方法⑨自然な笑顔を作る

笑顔の女性

自然な笑顔ってなかなか難しいですよね。笑顔を作るときにどんなことに気を付けたらいいのでしょうか。人間笑顔になる瞬間ってありますよね。人によって違うとは思いますが例えばおいしいものを食べた時、かわいい赤ちゃんや生き物を見た時など自然な笑顔になりますよね。

実物がないのに笑顔を作るのはなかなか難しいかと思いますが、そのようなものに触れた時の気持ちを思い出しながら写真に写ると自然な笑顔が出るようになるでしょう。

写真写りを劇的に良くする方法⑩ポーズを研究して小顔に写る

小顔効果

写真写りを劇的に良くする方法として最も有効ではないかと思われるのがポーズです。少しポーズをつけることで写真写りが劇的に良くなります。そこでいろいろなポーズの中から有効なものを紹介していきたいと思います。

写真写りをよくするおすすめポーズ
  • 気になる部分には手を添えてカバー
  • アヒル口をしてのっぺり感が出ないようにする
  • 全体を撮る場合は体は斜めにして足をちょっと曲げたりさりげないポーズを
  • ウエストを少しくびれさせるようなポーズを意識

写真写りを劇的に良くする方法【メイク編】

写真写りが良くなるメイク法を紹介

メイクする女性

写真に写るかもってメイクに気合いを入れ過ぎていませんか?気合いを入れてもいいんですが厚塗り・濃いメイクだと写真写りは悪くなります。しかしのっぺり過ぎるナチュラルメイクも写真写りは良くないんです。ではどのようなメイクがいいかというと立体感のあるナチュラルメイクです。

色味を抑えてメリハリのあるメイクを

メイク

いろいろとカラフルな色を使ってメイクを濃くするより、立体感のあるメイクを心掛けましょう。アイラインはブラウンより黒でしっかりとかいたりアイシャドウでハイライトを入れる場合はパール感が少ないものでテカリを抑えるのもポイントです。眉毛も濃いめにアウトラインをしっかりと書くようにしましょう。

リップもいつもより濃い色がいいのですが、これは好みがありますよね。なのであまり濃い色が好きじゃない方は濃い色じゃなくてもツヤ感のあるリップを選ぶと写真になったときに立体感が出るのでオススメです。リップを書くときに口角を少しあげてかくと笑った風になり華やかな雰囲気になります。

写真で映える華やかメイク

メイク

写真で映える華やかなメイクを動画で紹介します。自分ではなかなかメイクが難しいという人も動画で見るとわかりやすいと思うのでチャレンジしてみてはどうでしょうか?

写真写りが良くなるメイク法
  • 眉毛は気持ち太目に長めに書く
  • ツヤ感のあるリキッドファンデで顔の中心は濃く、フェイスラインは薄く伸ばす
  • 肌のテカリは厳禁!抑えておく
  • アイラインは丁寧に濃いめに描く
  • チークはパール感のあるものを使用。ちょっと濃いめに
  • ハイライトとシェーディングで立体感を出す
  • リップも丁寧に少し濃いめの物を使用する

写真写りを劇的に良くする方法【ポーズ編】

写真写りをよくするには立ち位置が重要!

立ち位置

写真写りをよくするポーズをもっと詳しく紹介していきます。何と言ってもよく写るためには立ち位置が重要!そこで写真写りを劇的に良くする立ち位置や場所について紹介していきたいと思います。

できるだけ真ん中で写る

写真の撮り方

性能のよいカメラでないと左右の端の方は少し曲がって写真に写ることがあります。ただ、中央だと真正面を向いてしまいがちですよね。真正面は写真写りが悪くなってしまうので真ん中で真正面を一度向いてから首の長さを見せるような形で自分の良い左右どちらかの向きに少し傾けることでポーズが決まります。

S字のポーズを意識する

全体を写すときに体の線をSの字にするようにうねりをつけるとリラックスしてスタイルをよく写真写りもよく見せることができます。あくまで自然にポーズを撮るのがポイントなのでわざとらしくならないようにしましょう。腕の位置も大事でバランスを考えてポケットに指をひっかけたりするのがオススメです。

45度、角度をつけるとほっそり見える

写真写りを劇的に良くする方法として角度を付けることが有効といわれていますが、良い角度は45度といわれています。特にスリムに見える角度といわれているので体型などが気になる人は45度を意識してポーズをとるといいでしょう。

肩を下げると首元をすっきり見せることが出来る

45度角度をつけるとスタイルがよく見えると言いましたが、その時に肩を斜めに少し下げると首元をすっきりと見せることができさらにリラックスしたポーズを作ることができます。極端に下げるのではなくあくまでさりげなくというのがポイント。少し下げてポーズをつけるといいでしょう。

カップルで撮るときもポーズは重要になりますよね。カップルや友達で撮るときのポーズの参考がいろいろと載っている記事を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

Small thub shutterstock 520843276
関連記事 おすすめの写真ポーズ集17選!カップルや友達と2人できれいに写ろう!

写真を撮る時にはいろいろなポーズをするものですよね。友達や家族の他、カ

写真写りを劇的に良くする方法【場所編】

場所も写真写りには重要

自然の中

いろいろとポーズやメイクなどを工夫して写真写りを良くする努力をしたとしても撮る場所がよくないと、結局写真写りが悪くなってしまいます。どこで撮っても写真写りがいい人なんてそうそういません。ではどのような場所で撮ると写真写りが良くなるのでしょうか?

明るい場所で撮るようにする

暗い場所と明るい場所で撮るのなら断然明るい場所で撮ることをおすすめします。明るい場所で撮るとライト効果があり顔色を明るく見せる効果があります。そして室内よりは自然の中で撮る方が不自然に明るくなりすぎないのでオススメです。あとは白い壁などの場所で撮るとライト効果があり、顔写りがよくなります。

斜めからの光を取り入れる

写真写りには光の明るさが重要といいましたが、斜めに光が入る斜光を入れて撮るとキレイにライトアップして撮ることができます。斜光は陰影を優しく作ってくれるので明るすぎず暗すぎずの写真を撮ることができます。フラッシュなどの人工的な光よりこちらの斜光の方がキレイに撮ることが出来ます。

写真写りを劇的に良くする方法【自撮り編】

カメラは上から構える

自撮り

スマートフォンがデジカメで写真を撮るときに自分の顔よりも斜め45度ぐらい上から撮ると写真写りが劇的に良くなります。下から撮ると二重アゴになってしまったり顔が大きく写ったりします。そこで上から撮ることで小顔効果や姿勢もキレイに見える効果があります。

アプリを使って盛るのもおすすめ

自撮り

スマホの無料アプリなどで肌をキレイに見せたり、目を大きく見せたりするアプリがいろいろと出ています。そういうものを利用してまずは写真に慣れるというのもいいでしょう。だんだんと自信がついてきて写真を撮るのが楽しくなるかもしれません。

写真写りを劇的に良くする方法で写真写りが悪いのを克服しましょう

ポーズ、メイク、写る工夫、場所など写真写りを劇的に良くする方法を10個+α紹介しました。写真写りが悪い自分を悲観するのではなくいろいろな方法を試してみて写真写りを良くして楽しく写真を撮れるようにしましょう。写真写りが良くなると旅行やお出かけも楽しくなりますよ。ぜひ10個のコツを試してみてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。