INDEX

出産前のプレゼントを考える時に知っておいてほしいこと

妊娠中は普通の時とは違います

妊娠

私も妊娠して初めて知りましたが、妊娠する前と妊娠中では身体に沢山の変化があります。例えば、妊娠初期でもつわりが始まってご飯が全然食べられなくなってしまったり、今まで好きだった香水の匂いがキツく感じてしまったり。趣味趣向が変わったり、イライラしやすくなったりします。症状は人それぞれ違います。

妊娠中に注意するもの

注意

知っている人も多いと思いますが、妊娠中は飲酒、喫煙は出来ません。また、甘いものや揚げ物を食べ過ぎると妊娠糖尿病になってしまうリスクがあったり、カフェインは接種しすぎないように注意されます。また、生ハムや生魚・貝類も寄生虫や菌の心配で食べることが推奨されていない食品が多くあります。

妊婦さんにアロマグッズなどのプレゼントを考える場合、匂いにも注意が必要です。妊娠初期は使っても大丈夫なアロマでも、妊娠後期は使っちゃ駄目なアロマもあります。アロマオイルはリラックス効果もありますが、オイルごとに色々な効能があります。子宮収縮を促進してしまうものだともあるので注意が必要です。

妊娠したからといって必ず出産出来るとも限らない

出産

友達が妊娠したらとっても嬉しいですよね。でも、妊娠したら必ず出産出来る訳ではありません。妊娠初期は流産の危険性も高く、妊娠中期もその可能性はあります。安定期に入っても100パーセント安心して大丈夫という訳ではありません。

赤ちゃんがお腹である程度育ち内蔵などが作られる妊娠後期でも、早産の可能性や死産の可能性があります。正直、妊娠してから出産するまでは絶対に大丈夫ということがなく、幸せに感じることも沢山ありますが、一方で不安な気持ちをなくすことが出来ません。

プレゼントを選ぶ際は、このような不安を抱えて生活していることを少しでも知っているだけで、選ぶプレゼントや贈るタイミングが変わってくると思います。出産経験がないとこの部分への理解が難しいこともありますがマナーとして、是非少しでも知っておいてほしいと思います。

妊婦さんへ出産前のプレゼントをあげるときのマナー

妊婦さんがお返しを気にしなくて良いプレゼントをしよう

プレゼント

妊娠中にプレゼントを貰えることは妊婦さんにとってもとっても嬉しいものです。しかし、あまりにも高価な物を貰ってしまうと、お返しを考えて悩んだりしてしまいます。妊娠中は体調の変化やお腹が大きく重くなっていくため、普段の買い物のよりも買い物することが大変になります。

また、妊娠中はなかなか働けなくて金銭的に余裕が少なくなる人も沢山います。相手の負担にならないような手軽な金額のプレゼントを選ぶようにしましょう。出産祝いなどを貰うとお返しすることがマナーだったりもしますが、ひとそれぞれマナーと思うことが違ったりします。

プレゼントを贈ってくれた人が自分と同じくらいの年齢だったりする場合は、特に形式ばってお返しせずに相手が妊娠した時に自分もプレゼントする場合もあります。何がマナーかは個人による場合もあるので、お返しがなくて相手のマナーがなっていないと不機嫌になるくらいならあげない方が良いかもしれません。

プレゼントを渡すのは安定期以降にしよう

妊娠

妊娠初期は流産の可能性もあり、なかなか周囲には言い辛いもの。基本的には安定期に入ってから周りの人に報告する人が多いと思います。もし、妊娠初期の時期に聞いたとしても、すぐにプレゼントをするのは控えましょう。流産のリスクも初期よりは安定期のほうが減りますので安定期以降にしましょう。

妊婦さんが使えるものをプレゼントしよう

嬉しい

妊娠中に赤ちゃんの性別がエコーではっきりわからなかったり、生まれるまで性別を聞かない人もいます。また、無事に出産できるまで本当に赤ちゃんと会えるのか、一緒に暮らせるのか確実ではありません。

妊娠中に赤ちゃんの物を貰ってももちろん嬉しいのですが、出産まで「ちゃんと産んであげられるだろうか」と不安な気持ちでいっぱいです。赤ちゃんグッズをもらったけど、死産してしまって結局使わないものになってしまった。見るだけで辛い。となってしまう可能性もあります。

妊婦さんへ余計なプレッシャーを与えないためにも、赤ちゃんグッズよりも妊婦さんが妊娠中に使える物をプレゼントとして選びましょう。

妊婦さんへ出産前のプレゼント17選と注意点

食べ物編・飲み物編では

食べ物

おすすめの食べ物編では妊婦さんに喜ばれる食べ物を17選中4選ご紹介します。妊娠中でつわりや食べないほうが良いもの、食べ過ぎ泣ければ食べても大丈夫な物、妊娠中の体調、症状次第では注意が必要な物があります。主に生がつくものは食べないように、肉や卵はしっかりと火を通すように注意する必要があります。

また、インスタント食品や加工食品、スナック菓子などは塩分、油分、脂肪分、糖質を多く含むものが多く食べる量に注意が必要です。また、おすすめの飲み物編では、17選中4選おすすめの飲み物をご紹介します。妊娠中の身体にはカフェインを接種しすぎてしまうと、胎児の発育に影響を及ぼしてしまう危険性などがあります。

妊婦さんが食べてもいい食べ物や食べた方が良い食べ物、食べない方が良い食べ物などは下記リンクで詳しく紹介されています。食べ物をプレゼントに考えている人は是非1度確認して見てください。

おすすめのボディケア編・雑貨編では

ボディケア

ボディケア編では17選中3選ご紹介します。妊娠中期、後期はお腹もより大きくなり、身体に乾燥や妊娠線、腰痛などのマイナートラブルが起きることがあります。季節や人によることが多いですが、それらのマイナートラブルは妊婦さんの工夫や努力次第で防ぐことが出来ます。そんな時に役立つアイテムを紹介します。

ボディケア用品はアロマ、ハーブなど使用されているものが多いのですが、それらは効能があり、妊娠中のこの期間なら使っても良いけど、この期間は使っちゃ駄目。というものもあります。購入する際は成分に注意する必要があります。

雑貨編では17選中6選ご紹介します。雑貨編では、妊娠中に使って便利だったもの、役に立ったものなど実際の自分の体験を元にご紹介します。

妊婦さんへの出産前のプレゼント〜おすすめの食べ物編〜

ナチュラルローソンのお菓子

ナチュラルローソンの低等質のお菓子は、カロリーや糖質が少ないのに、嬉しいことにとっても美味しいです。糖質制限中やカロリー制限中の妊婦さんでも甘いものやお菓子を食べたくなってしまうもの。普段食べているお菓子だと食べた時に罪悪感を感じてしまいますが、罪悪感を感じずに食べることができます。

プレゼントにコンビにのお菓子?と思うかもしれませんが、やっぱり罪悪感を感じずに楽しめるお菓子はありがたいものです。ちょっとおしゃれな袋などを用意して、何種類か詰めてプレゼントすれば素敵なプレゼントになること間違いなしです。

シャトレーゼの低糖質スイーツ

たまに食べるケーキはとっても美味しくて、食事制限のある妊婦さんにとってはストレス解消の癒しにもなります。神経質になりすぎてしまう妊婦さんもいるので、普通のケーキよりも低糖質のケーキを貰ったほうが安心して食べることが出来ます。

お菓子の原料である小麦粉、砂糖は糖質を多く含みますが、その代わりに大豆粉、食物繊維、血糖値の上昇が緩やかなマルチトール(還元麦芽糖)やノンカロリー甘味料を使用した『糖質を70%以上カットしたお菓子』お菓子づくりを行っています。

普通のスイーツももちろん美味しいですが、低糖質のシャトレーゼのスイーツもとっても美味しいです。もし、友達へのプレゼントでお菓子やスイーツを考えているのであれば、是非1度シャトレーゼのお店を覗いてみてください。

小包装で少量のスイーツ

妊娠中とはいえ、普通のお菓子を食べれない訳ではありません。1日に1個やちょっと頑張ったときなど自分へのご褒美に食べることももちろんあります。一気に食べることは難しいので、日持ちがして小包装のスイーツを貰えたら、ちょっとずつ食べることが出来るのでとっても嬉しいものです。

ただ、一杯入っているものだとつい食べ過ぎてしまう危険性もあるので、少量の小包装の物を選んでプレゼントしましょう。ゴディバのチョコレートなど普段食べるにはちょっと贅沢で自分では購入し辛いですが、1粒でも食べると大満足出来ます。ちょっと高級なグミやゼリー、チョコレートなど小包装のスイーツはおすすめです。

スープセット

Amazonで商品の詳細を見る

加熱するだけで簡単に食べられるスープセットは妊婦さんの強い味方になってくれます。妊娠中でも働いている人は料理を作るのも一苦労、また、休みの間も自分のご飯つくるだけでも面倒に感じてしまうもの。そんなときに手軽に食べられるスープは大活躍です。

妊婦さんへの出産前のプレゼント〜おすすめの飲み物編〜

カフェインレスのコーヒー

Amazonで商品の詳細を見る

1日に一杯程度ふつうのコーヒーは飲んで良くてもコーヒー好きにとってコーヒーの量を制限されてしまうのはとってもストレスを感じてしまいます。そんな人にとって救世主になってくれるのがカフェインレスコーヒーです。カフェインレスのコーヒーなら好きなだけ飲んでもカフェインの量を気にせずにコーヒーを楽しめます。

出産前のプレゼントとしてだけでなく、授乳中もコーヒーを楽しむことが出来るので沢山貰っても嬉しいのがカフェインレスのコーヒーです。カーフェインレスのコーヒー牛乳など甘い飲み物はちょっと甘いものを飲みたい時に重宝するのでおすすめです。

カフェインレスの紅茶

Amazonで商品の詳細を見る

紅茶にもカフェインが含まれています。ちょっとした時に飲みたくなる紅茶。普段は手軽に飲めるのに、妊娠するとコーヒーと同じように気をつける必要が出てきます。そんな時にあると助かるのがカフェインレスの紅茶ですカフェインレスの紅茶は授乳中にも飲めるのでとっても重宝します。

妊娠中に出産前のプレゼントとして実際に貰ってとっても重宝したのがカフェインレスの紅茶です。カフェインレスと言っても匂いも味も紅茶そのもので言われなければカフェインレスだということがわからないほどでした。また、寝る前に飲んでもカフェインレスなのでゆったり眠ることが出来ます。

妊婦さんむけのハーブティ

Amazonで商品の詳細を見る

ちょっと注意が必要なのがハーブティです。しっかりと注意して選ばないと妊婦さんにとって悪い作用をもたらしてしまう可能性もありますが、気をつけてしっかりとしたものを選べば、妊婦さんのストレス発散や癒しにつながります。

購入する際に、ハーブティー屋さんで購入する際に、相手が妊婦さんで何ヶ月の人かしっかりと説明するようにしましょう。また、ハーブティ屋さんでも、新人の人や余り詳しくない人もいます。自分自身でも、なんて言うハーブが妊婦さんにとって良くないのか調べてからお店に行くようにしてください。

ネットで購入する場合は出産前のプレゼントギフトとしていろんなフレーバーがセットになっているものもあります。1種類だと匂いが好きでない場合消費出来ないので、色々な種類が入っていると気分転換にもなり楽しむことが出来ます。

ノンアルコールワイン

Amazonで商品の詳細を見る

妊娠中の飲酒は胎児への影響もあり、お酒を飲むことが出来ません。でもお酒好きの人はどうしても飲みたくなってしまうもの。そんな時に味や気分だけでも楽しめるのがノンアルコールワインなどのノンアルコール飲料です。

妊婦さんへの出産前のプレゼント〜ボディケア用品編〜

ナチュラルオイル

Amazonで商品の詳細を見る

妊娠すると肌は乾燥しやすく、普段よりも敏感になります。また、お腹が大きくなるにつれて妊娠線などが出やすくなってしまったり、妊娠後期になると母乳が出やすくなるように乳頭マッサージを行います。そんなときに活躍してくれるのがナチュラルオイルです。自然由来にオイルはお肌に優しく、保湿してくれます。

オイルを選ぶ時に注意して欲しいことは、ナチュラルな物を選ぶこと。アーモンドオイルやマッサージ用のオリーブオイル、ホホバオイルなどお肌に優しいオイルを購入しましょう。マッサージ用のオイルとしてアロマオイルを選ぶ際は特に注意が必要です。ハーブティと同じように妊婦さんや胎児に影響のあるアロマもあります。

もし、アロマ系のオイルの購入を考えている場合は、匂いの効能などをしっかりと自分でも確認し、お店の人に妊婦さんにプレゼントしたいということを伝えて購入する用にしてください。また、妊娠後期に出産前のプレゼントを渡すのであれば、赤ちゃんにも使えるものだととっても重宝します。

妊婦さんむけボディクリーム

Amazonで商品の詳細を見る

妊娠さんにボディクリームを購入する場合おオイルと同じように注意が必要です。購入する際にオイルと同様に妊婦さん向けであるかお店の人に確認してください。1番安心なのは赤ちゃん本舗や西松屋やマタニティグッズを販売しているショップで売られているボディクリームを購入してください。

出産前のプレゼントでボディクリームを選ぶのであれば、口コミサイトなどをみて、妊娠線対策に特化しているものや口コミの良いものを選んであげましょう。妊娠線は薄くなっても消えることがないので妊婦の大敵です。是非、効果の高そうなものを出産前のプレゼントとして選んであげましょう。

入浴剤

Amazonで商品の詳細を見る

ストレスの溜まりやすい妊娠中に良い匂いのお風呂に入れるととってもリラックスすることが出来ます。また、妊娠中は温泉やスーパー銭湯などを控えるように注意されることもあえり、湯船でゆっくり浸かれる場所が自宅に限られてしまいます。そんな時、自宅のお風呂で温泉気分で楽しませてくれる入浴剤はとっても重宝します。

入浴剤も購入する際に注意が必要な物もあります。商品成分表示のところに妊娠中の使用を避けるように記載がないかまず、確認してください。あとは、アロマやハーブが使用されているものはオイルやハーブティと同じように注意が必要です。注意が必要なアロマが入っていないか確認して購入してください。

出産前のプレゼントとして選ぶならば、妊娠中だけでなく、出産後赤ちゃんの沐浴などにも使えるお肌に優しいものを選ぶととっても喜ばれるプレゼントになります。

妊婦さんへの出産前のプレゼント〜雑貨編〜

腹巻き

Amazonで商品の詳細を見る

妊娠するとお腹を冷やさないように言われます。特に冬は気温が寒く冷えやすくなるので、お腹を温めるのに腹巻きが大活躍します。また、夏でも室内や職場は寒いことも多く、薄手の腹巻きが役にたつこともあります。腹巻きは何枚あっても困らないくらい重宝します。季節に合わせて可愛い腹巻きをプレゼントしてあげましょう。

ただし、お腹が大きくなると普通の腹巻きだとゴムがキツくてかゆくなってしまったり、キツく感じます。購入する際は妊婦さん向けの商品を選びましょう。腹巻きは物によって妊娠中が対象の物と出産後も対象のサポート効果のある物もあります。出産前のプレゼントとして選ぶなら出産後も使えるものを選んだ方が喜ばれます。

靴下

Amazonで商品の詳細を見る

お腹と同じように冷やさないように注意されるのが足首です。足元が冷えると血行が悪くなってしまうこともあり、靴下を履いて足首を冷やさないように気をつけます。冬は外も家も寒くなってしまいますし、夏も家の中の冷房で身体が冷えてしまうので靴下を履きます。部屋でつかえる靴下などプレゼントしましょう。

靴下は出産前のプレゼントとしてだけでなく、その後も使用できるので貰っても困らないで使用し続けられるプレゼントとしておすすめです。

ハンカチ・タオル

Amazonで商品の詳細を見る

季節問わず、妊娠中に役にたつのがこのハンカチやタオルです。体調不良で吐いてしまった時にすぐに口を拭くことができますし、嫌な匂いを近くに感じた時に口を覆うことも出来ます。また、ふかふかの肌に優しいタオルの場合、妊娠して敏感になった肌にとても優しく使い心地も抜群です。

出産前のプレゼントだけでなく、出産後のプレゼントとしても頻繁に使うタオルはおすすめです。是非、お肌に優しくて赤ちゃんでも使えるような柔らかいタオルをプレゼントに選んでください。

季節物

小物

春や夏は紫外線も強く、外を出歩くだけでも体力を消耗してしまいます。日傘や帽子などが日焼け対策、体力消耗対策としてとっても役に立ちます。冬であれば、マフラーや手袋、ブランケットなど寒さを防げるものが重宝します。妊娠中の出産前のプレゼントとしてだけでなく使えるプレゼントは選びやすくおすすめです。

着圧ソックス

Amazonで商品の詳細を見る

妊娠中は身体が普段よりもむくみやすくなります。特に、むくみが足に出やすくなります。毎朝むくんだ足を見るのは嫌になりますし、本当に辛いもの。そんな時に役立つのが着圧ソックスです。むくみが解消されてむくみを防ぐことができるのとっても重宝します。

抱き枕

Amazonで商品の詳細を見る

妊娠中はお腹が大きくなるにつれて寝るのも一苦労になってきます。仰向けに寝るとお腹の重さで腰の神経が圧迫されてしまったり、腰痛に悩まされる妊婦さんもいます。そんな時に推奨されるのがシムス体位という横向きの寝方です。この寝方をするときに抱き枕があるとより体制が楽でリラックス出来るようになります。

また、抱き枕のなかには出産後の授乳クッションになるタイプの物も販売されています。このようなタイプのクッションだと産後も使用できるのでとても役に立ちます。

妊婦さんへ出産前のプレゼントは相手のことを考えて贈ろう

出産前のプレゼントを選ぶ際には相手の状況や相手のこと、妊娠に付いて理解を深めてからプレゼントを選ぶようにしましょう。プレゼントの仕方として1番のおすすめは相手に欲しいものを聞くことです。間違いなく相手の喜ぶものをプレゼントすることが出来ます。

また、どうしても悩んでしまうけどサプライズでプレゼントしたい人は、ご紹介した17選意外にカタログギフトを相手あげると、自分で選ぶ楽しみもあるため喜ばれるかもしれません。是非、相手の喜ぶプレゼントを選んで贈ってあげましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。