INDEX

勘違いブスの自撮りあるある!勘違いブスの特徴は?

中途半端に可愛くて中途半端にブス

海と女性

今回ご紹介する勘違いブスの自撮りあるあるの特徴。そのためにはそもそも「勘違いブスとはどのような人種のことなのか?を明確にしておくべきでしょう。彼女達の最大の特徴は、「ブスとも美人とも言えないどっち付かずなビジュアルを持っている」ということです。下手にブサイクでもないからこそ始末が悪いのです。

お笑い役を嫌う

クリームと女性

自尊心の強い勘違いブスは、周囲からイジラレ役・お笑い役になることを嫌います。自分のイメージを汚したくないのです。自分はあくまでも「可愛い・美人」側にいるという意識がありますので、そのプライドを傷付けられたくないと思っています。自分のキャラ作りにおいても無駄にプライドが高いのも勘違いブスの特徴ですね。

自分を客観視できていない

カフェと女性

そんな彼女達は周りの人達に「イタい」と思われていることが多いのですが、皆大人なので本人を傷付けるようなことは特に言いません。「可愛いね」等とお世辞を言ってあげるわけですが、自分を客観視できていない勘違いブスの女性達はそれを真に受けます。他人からの評価にアイデンティティを強く置いているのです。

勘違いブスの自撮りあるある!勘違いブスの性格

闘争心が強い

強い女性

どのようなビジュアルであってもそれぞれの個性や良さがあるものです。ですが勘違いブスの価値観は「可愛いか・可愛くないか」。自分より可愛い女性に対して異様とも言える闘争心を持ちます。場合によっては悪口や陰口を言ってその子の評価を落とそうとすることも。ここまで来ると本物のブスです。勘違いブス恐るべし。

劣等感も強い

パジャマの女性

勘違いブスのその闘争心は、自分の顔に対するコンプレックス・・・つまりは劣等感から生じるものです。薄々と内心では「完璧な美人ではない」と分かってしまっているからこそ、実際の自分と理想との歪を感じてしまうのです。なのでその劣等感を刺激するような他人の発言や行動に対しては敏感に反応して無駄に落ち込んだり。

承認欲求の塊

体重計

そしてその劣等感が原因となり、彼女達の承認欲求は尋常ではありません。いかに自分が可愛く映るかを研究し、イイネやコメントが欲しいのです。これこそが勘違いブスの自撮りあるあるに繋がっていきます!勘違いブスは何故か自撮りに共通点があるのです。あなたはその特徴に当てはまってはいませんか?

勘違いブスの自撮りあるある!勘違いブスはモテる?

過去にモテたことがある

赤いドレスの女と男

勘違いブスの自撮りあるあるをご紹介する前に、彼女達が何故勘違いをするに至ってしまったのかのバックグラウンドも知っておきましょう。黙っていればただのブスかちょいブスなのに、勘違いをしてしまった理由・・・それは多くの場合、彼女達が過去に「異性にモテたことのある経験がある」からです。

もしくは「可愛いね」「綺麗だね」とお世辞でも言われた経験があるからでしょう。それにより自尊心が凝り固まって、「もしかして私って可愛い?」と見当違いの勘違いをしてしまうのです。そう考えると、ある意味勘違いブスである彼女達も、世間体の被害者であると言えるかもしれません。

童貞タイプからモテやすい

童貞っぽい男

今1度確認をしておきますが、勘違いブスは決して「可愛いわけではありません」。だいたいが下の上付近、余程頑張っても中の中かせいぜい中の上あたりの顔面偏差値です。決して「顔面偏差値カーストの上層部」になることは無いのです。もうそれはブスではありませんから。

その中途半端なビジュアルこそが、所謂「非モテ」である童貞、もしくは恋愛経験の乏しい男性からモテやすいと言えます。「こいつレベルだったら俺でも落とせそうかも」と思われやすいのです。本当に可愛い子は、そのような男性にとっては身近ではないので気後れしてしまい狙わないのです。

モテてないのにモテてると勘違いする

勘違い女

実際の所、勘違いブスはモテてもいないのにモテていると勘違いする節があります。お世辞や社交辞令である「可愛いね」を鵜呑みにし、ちょっと目が合っただけで「私に気がある?」と思い・・・その自信はどこから沸いて来るのか定かではありませんが、ある意味ポジティブと言えば聞こえも良いです。

勘違いブスの自撮りあるある!勘違いブスとSNS

SNSは承認欲求の絶好の発散場所

スマホ

さて、いよいと勘違いブスの自撮りあるあると直結するSNSについてです。勘違いブスは正直言って実物よりも写真の方が可愛いものです(ただし自分で撮影したものに限る)。それは技術や努力の賜物でもあるのですが、その結果得られるものは更なる自尊心と承認欲求の満足感。下手をするとそれこそが生き甲斐となります。

余裕を感じさせようとする

コスメ

また勘違いブスの自撮りあるあるの特徴として、あらゆる側面で余裕を感じさせて来ようとします。「私はこんなに可愛い」という精神的余裕であったり「こんなコスメも買える」という経済的余裕であったり。それらは見ているこちらからすると勘に触るのですが、本人にとっては「クールに決められる自分」と思っていたり。

自分より可愛い女の写真なんか見たくない

叫ぶ女性

また勘違いブスであるほどに同性に対して厳しくなります。これは彼女達が嫌われる由縁ともなっています。自分より可愛い女の子が自撮りをアップしている様を見れば、即ブロックorミュート!劣等感を刺激する美人の顔なんて、彼女達にとってはストレスの種にしかならないのです。その子の性格なんて二の次です。

勘違いブスの自撮りあるある!その15個の特徴

勘違いブスの自撮りその1:美白しすぎて鼻が飛んでる

ソルト

それでは勘違いブスの自撮りあるあるを15個ご紹介していきます!まず最初は「美白のしすぎ」。とは言えども美白は勘違いブスの最大の武器であると共に短所隠しでもあるので、そうそう辞められるわけではありません。

別に良いんです、ちょっと小ジワやニキビを隠すくらい。良いんです、肌のトーンをちょっと上げるくらい。ただ鼻の輪郭が飛んでいたり顔が白光りしていたりすると失笑モノです。光で隠せば隠すほどに本来がブスであることを露呈している、そんなことにも気付けないのです。

勘違いブスの自撮りその2:SNOWに逃げる

友達と

勘違いブスの自撮りあるあるにおいて、絶対に外せないのが「SNOWを使いすぎ」!ですがこのSNOWの使い方においても大きく2種類あります。まず1つは、明らかにSNOWと分かるような動物などの装飾が付いたもの。これはまだ許せます。

タチが悪いのは、「顔だけ小さくする」「目だけ大きくする」など、一見するとSNOWを使っているかどうか紛らわしいナチュラルな加工のもの。あたかも「素の顔です」と言わんばかりのあざとさ。ですが、同じアプリを使っている人から見ればそれが素なのかどうかは分かるものなのです。

勘違いブスの自撮りその3:片目を隠す

片目を隠す

勘違いブスの自撮りあるあるにおいて、正面からの写真は意外と少ないもの。目が大きく見えて小顔にもしやすい「微妙に斜めの角度」が多いです。その際に気になるのは、奥側にある目の白目部分。

どうしてもカメラ側を見ようとすると白目が増えて、その分可愛さがマイナスになります。これをフォローするために、スタンプや髪などで片目を隠すというテクを勘違いブスは使いがちです。ブスの隠し方がセコイ。

勘違いブスの自撮りその4:マスクをする

口を隠す

メイク初心者であっても、アイメイクはある程度頑張ればそこそこ可愛くなれるんです。マツエクやつけまなど初心者グッズも多いですし・・・。ですが鼻や口元のメイクは本来の骨格や作りが顕著になりますので、なかなかメイクで隠せないんですよね。

そこで勘違いブスの自撮りあるあるとして使われやすいアイテムが、マスク。マスクを付けさえずれば都合の悪いところは全部隠れる!目という美人に見えるパーツだけ撮れば、自分も顔面上位カーストの仲間入りです。見ている側からは「いいから外せ」としか思えませんが。

勘違いブスの自撮りその5:自分で顔を自虐する

自虐

特にSNSでありがちなのが、「めっちゃブス~」「可愛くなりたい~><」などと自分の顔を自虐するようなコメントと一緒に投稿されるパターンです。もちろんその写真はバッチリキメ顔です。お前本当は自分のことブスだなんてサラサラ思っていないだろう、と全人類が突っ込みながらも生暖かい目で見守ります。

勘違いブスの自撮りその6:程度の低い変顔をする

ぶりっこ顔

あなたの周りにもいませんか?「みんなで変顔しよう!」と言っているのに1人だけ女を捨てずに可愛い子ぶる友達が。勘違いブスはあのウザさを地でいきます。ほっぺたをプクッと膨らませたり、困ったような顔をしたり。「私こんな顔しても可愛いのよ」という心の声がその写真から聞こえてきます。耳をふさいでも聞こえます。

勘違いブスの自撮りその7:カラコンとつけまは必須

カラコン

さて、勘違いブスはそのままでは勝負になりません。コスメはもちろんのこと、カラコンやつけまなどと言った「オプションアイテム」にかなり精通していることが多いです。使えるものは全部使ってでも、物理的に可能な限りの最上級ラインの可愛さを表現していたいのです。

勘違いブスの自撮りその8:花やハートが飛んでる

ハート

ただ顔だけ載せればまだ良いものを、勘違いブスの自撮りあるあるの特徴として「花やハートなどのフェミニンなギミックが編集されている」ことが挙げられます。あらゆる「可愛い」を連想させるオブジェクトを使って、自分のイメージを浸透させたいのです。花やウサギや猫もまさかブスを彩るとは思わなかったでしょう。

勘違いブスの自撮りその9:誰得なアヒル口

勘違いブス

これはある意味この15個の中でも最もアンチが多い特徴かもしれませんが、勘違いブスに限ってアヒル口をするのは何故でしょうか。誰に向けているんでしょうか。カサカサ唇でも、グロスでウルウル唇でもそれぞれ腹立たしくなります。誰か言ってやってほしいです。お前はブスなんだぞと。

勘違いブスの自撮りその10:ことあるごとに自撮り

ベランダと女性

自撮り自体を非難するわけでも、ブスを非難するわけでもありません。ただ勘違いブスの自撮りあるあるとして、「ことあるごとに高頻度で自撮りをする」という確率が高すぎるんです。オシャレした時だけじゃなんですもの。お風呂とか、就寝前とか、今からメイクするよ~とか、知らんがな!芸能人にかぶれているのでしょうか。

勘違いブスの自撮りその11:景色や物だけで済まない

お花

スタバの新作、綺麗な風景、オシャレなカフェ、フォトジェニックなパスタ。それだけの写真なら誰も文句は言いません。ですが勘違いブスの自撮りあるあるの特徴として、何故かブスはそれらと一緒に自分も映します。オシャレなのはブス本人ではなく、景色やお店であるのにも関わらず・・・。

勘違いブスの自撮りその12:いつも角度が同じ

斜め美人

これ!これは本当にあるあるです。勘違いブスは「自分が可愛く見える角度」を熟知しています。逆を言えばその角度以外は見せたくありません。SNSにアップされる自撮りは、いつも同じ角度。同じ写真かと思うほどに、見事に同じ角度。職人技です。

勘違いブスの自撮りその13:本当のすっぴんはNG

化粧品

勘違いブスは「本当はブスなのにいかに可愛く見せるか」に特化している人種です。そんな彼女達にとって最も見られたくない姿は「本来の自分の顔」・・・つまり、すっぴんです。どんなにすっぴん写真を上げていようと、必ず加工されています。時にはナチュラルメイクさえしています。

勘違いブスの自撮りその14:男を仄めかす

カップルと草原

勘違いブスにとって、「可愛い」は「モテる」「男に困らない」とセットの概念。SNS投稿においては「あたかも男性といるかのような表現」を高確率で用います。自撮りと一緒に、本文はハートマークや「らぶ」「どきどき」など。それでいて多くの男性にモテたいので明言はしないのが悪質です。

勘違いブスの自撮りその15:可愛いポーズに精通

顎つき美人

勘違いブスの自撮りあるある、その全てにおいて共通しているのが彼女独自の「お決まりポーズ」です。自分の中でもブームもあるらしく定期的に変わったりもします。そのポーズ、何故かどれもこれもカチンと来るんです。普通のピースならまだしも、どこだかブリッ子っぽい印象を受けるからでしょうか。

勘違いブスと思われないために

自撮りの頻度は控え目にしよう

自撮りをしない

ここまで勘違いブスの自撮りあるあるを15個ご紹介しましたが、自分もそう思われないようにするために最も大切なことが「自撮りの頻度」です。1日1回だなんてもっての他、多くても1週間に1回程度に留めておくべきでしょう。

お高く止まらないようにしよう

クッキーとスマホ

また、プライドの高さを感じさせないことも重要です。ブランド品などの高価なものは写真に写さないように。コスメ系の説法や恋愛テクニックの解説なども「こいつは何様だ」と思わせます(本当に美人であれば是非聞かせていただきたいものなのですがね・・・)。

むしろ、本気で可愛くなろう!

美人

そして、勘違いブスだと思われないための最も端的でシンプルな方法。それは「ブスじゃなくなる」ことです。ブスでは許されないことも可愛ければ許される、そんな自撮りもたくさんあります。

自分の顔面のレベルを現実的に受け止め、長所と短所に気付き、努力を重ねること!その努力は女性を内面から輝かせますし、劣等感や自尊心に左右されない「自信」という美しさを齎してくれるでしょう。

勘違いブスを卒業しよう!

いかがでしたでしょうか?勘違いブスの自撮りあるある15個の特徴、そして勘違いブスの特徴などを中心にご紹介しました。あなたには当てはまっていませんでしたか?

勘違いブスは、逆を言えばそれほどまでに自分を好きになれているとも取れます。そのナルシストを上手に利用することで、本当に可愛くなれたりもするのです。「あれ?自分、勘違いブスかも・・・」と思ったあなた、今こそが変わる時!本当の「美人」になるために、今日からでも考え方から生まれ変わりましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。