INDEX

ハワイ旅行に必要なお金と旅費の相場

飛行機代

ハワイ旅行の旅費大半を閉めるのは、まず飛行機代です。一般的に航空券の相場は1人4~7万程度必要になってきます。ここからさらに燃油サーチャージや米国入国税などの諸々の税金が加算されますので、合わせると1人往復8~10万かかります。

もちろん、価格は航空会社によりますし、どのクラスを選ぶかでも金額は大幅に変わってきます。大体ビジネスクラスで20万円前後、ファーストクラスで40万円前後です。ホノルルへの直行便は多いのですが、行く場所によっては乗り継ぎが1~2回発生しますので、その分飛行機代は高くなるでしょう。

ホテル代

次にハワイ旅行の旅費で考えなければならないのが、ホテル代です。ホテル代もピンからキリまであり、ホテルの立地がビーチや観光地、空港から近い場合は当然ホテル代金も高くなります。

ハワイのホテル代の相場
  • 5つ星ホテル・・・1室1泊6万円前後
  • 4つ星ホテル・・・1室4万円前後
  • 低料金ホテル・・・1室1泊1~2万円程度

また、ホテルのグレードや同じホテルでも部屋のランクによっても相場は左右されます。ホテルの部屋からオーシャンビューを楽しみたいのか、ただねるためだけの部屋なのか、ハワイでの過ごし方によってホテル選びをしましょう。

ESTA申請料金

ESTAとは、日本からアメリカに渡る際に必要なものです。ビザの取得がない代わりに、テロ防止のため何らかのリスクをもたらすことがないかというチェックを受けなければいけません。それが「ESTA申請」です。ビザを持っている人は申請する必要がないのですが、ビザがない人には義務付けられています。

オンラインで申請することができ、金額は14ドル(1,400円前後)です。初めての人は自分で申請をするのは不安でしょう。そんな時はツアーを申し込んだ際の旅行会社が代行して行ってくれます。その場合、手数料が必要となってきます。アメリカへの出発の72時間前までに申請を行わなければ行けません。

旅行会社の代行料の目安
  • H.I.S・・・5,800円
  • JCB・・・6,480円
  • JTB・・・4,200円
  • 近畿日本ツーリスト・・・5,250円

海外旅行保険

海外旅行保険とは、現地でのけがや病気、盗難などまさかの事態に備えるために必要です。海外で不足の事態が発生した場合、多額の慰謝料や賠償金が発生する場合があります。救急車を呼ぶのも有料ですし、医療費も全額負担になります。そんなとき海外旅行保険に入っていれば安心です。

旅行日数が多ければ多いほどその分保険金額も高くなりますし、いくらの補償額がつくかによっても変わってきます。5日間のハワイ旅行で安いもので1人1,950円、高いもので1人5,000円弱です。保険をつかわないことにこしたことはありませんが、後悔しないためにも入ることをおすすめします。

食事代・お土産代

現地での食事代やお土産代も、旅費の中で割合の高いものです。ハワイの食べ物は美味しいものがたくさんあります。せっかくの旅行で食事をケチりたくないですよね。いきたいレストランをピックアップするとかなりの金額になるはずです。

旅行に出掛けた際は、お土産も必ず買わなければ行けませんよね。働いている方であれば、職場へのお土産は必須です。ハワイでは物価が高く、一人一人にお土産を買おうとすれば高額になりかねません。チョコレートなどみんなで食べられるお土産にすれば費用を抑えられそうですね。

現地での交通費

宿泊しているホテルから徒歩圏内で移動するのであれば必要ないのですが、せっかくだからいろんな場所に行ってみたいですよね。そんなときは、バスやタクシー、レンタカーなどの費用が発生します。

ハワイ旅行は、どの旅行会社も力をいれているので、ツアーを申し込めば無料シャトルバスを利用することができ現地での交通費は一切かからない場合があります。個人での旅行の場合でも、どこまで乗っても片道均一料金のバスがありますので、できるだけ交通費をおさえることができます。

ハワイへの快適な旅を!旅行会社の選び方

旅行会社の種類

ハワイに旅行する際、ツアーを申し込む方は多いでしょう。では、どこの旅行会社を選べばよいのでしょうか?快適なハワイ旅行をするために、旅行会社の選び方を紹介します。快適な旅をするためには、旅行会社選びは重要です。

主な旅行会社の種類
  • ルックJTB
  • JALパック
  • H.I.S

現地サービスが充実しているものを選ぶ

滞在中のサービスは重要です。特に現地での移動手段のサービスで選ぶのがいいでしょう。レンタカーを借りる方法もあるのですが、慣れない海外での運転や駐車場などで困るかもしれません。ハワイではトロリーやバスでの移動が快適です。トロリーは、ルート数が多く本数も多いので、快適な旅が楽しめるでしょう。

旅行会社別の移動手段のサービス
  • ルックJTB・・・バスに10のルートから選んで乗れる。ワイキキやローカルタウンへのアクセスも。
  • JALパック・・・スタンダードルートであれば、主要観光スポットまでの全ルート追加料金なしで乗り放題。
  • H.I.S・・・専用トロリーに追加料金なしで乗り放題。5ルート。主要スポットだけではなく、目的に特化したトロリーも。

価格で選ぶ

旅行会社を選ぶ基準で価格もとても大事です。一般的にH.I.Sがリーズナブルな価格で旅行を楽しむことができます。ですが、せっかくのハワイ旅行!いいホテルに泊まりたいのであれば、価格もその分高くなります。

首都圏発のハワイ旅行の価格(目安)
  • ルックJTB・・・ホノルル5日間 105,400円~
  • JALパック・・・ハワイ島5日間 116,000円~
  • H.I.S・・・フリープランで自由自在5日間 79,800円~

飛行機代やホテル代を抑えて安く旅行するためには?

格安航空券を利用しよう

ハワイに行く飛行機代を安く抑えるためには、格安航空券を利用するのがいいでしょう。格安航空券とは、航空会社が特別に安い価格で用意した航空券です。購入する前に各航空会社の格安航空券の価格を比較してみましょう。

ホノルルまでの格安航空券がある航空会社(成田発)
  • ANA
  • JAL
  • ハワイアン航空
  • デルタ航空
  • 大韓航空
  • ユナイテッド航空
  • アメリカン航空

ホテルはシーズンオフを狙う

ホテルの価格は、シーズンオフが狙い目です。世間が長期休暇にはいるときは、やはりホテルの価格も高くなります。少しでも旅費を安く抑えたいのであれば、長期休暇に入る前後が狙い目です。

ハワイ旅行はツアーと個人手配どっちがお得?

ツアーのメリット



ツアーのメリット
  • トラブルが発生したときに相談できる
  • 乗り放題の専用のトロリーがある
  • 様々なサポートがあるので、初めての海外旅行ならツアーが安心
  • 空港からホテルまでの無料の送迎がついている
  • 添乗員さんがいる

ツアーの魅力はなんといっても、万全なサポートがあることです。言葉が通じなければたくさんの不安があります。ですが、ツアーであればそんな不安は無用です。特に海外旅行が初めての方にはツアーをおすすめします。

ツアーのデメリット

ツアーのデメリット
  • 強制的にお土産屋さんに連れていかれる場合がある
  • 団体行動なので、時間厳守
  • ホテルや航空会社が選べない
  • 自由がきかない

ツアーの大きなデメリットは、スケジュールに融通がきかないことでしょう。団体行動ですので時間厳守ですし、行きたいところに行けなかったり興味のないところに行かなければならなかったりします。

個人手配のメリット

個人手配のメリット
  • 自由に行動できる
  • 好きな航空会社やホテルが選べる
  • 観光客に見られない

個人手配の最大のメリットは、自由に行動できるところです。航空会社もホテルの予約も自分でしなければいけませんが、自分の思い通りのプランで旅行を楽しむことができます。

個人手配のデメリット

個人手配のデメリット
  • 空港からホテルまで自力で移動しなければいけない
  • ツアーより割高になる場合がある
  • 移動手段など全部自分で調べなければいけない
  • トラブルが発生しても自己責任

個人手配のデメリットは、すべて自分で手配しトラブルが発生しても自己責任というところです。海外ではどんなトラブルが発生するかわかりません。個人手配の場合はサポートしてくれる人がいませんので、海外旅行に慣れていない人にはおすすめしません。

どっちがお得?

ツアーでも個人でもどちらにもメリットとデメリットがあります。2つの大きな違いは、自由がきくかきかないかです。海外旅行に慣れているのであれば自由に行動できる個人手配がいいかもしれません。ですが、ハワイ初心者や海外旅行が初めての方はツアーで申し込む方がいいでしょう。

個人手配であれば、何らからのトラブルが発生した場合自己責任になります。ツアーは、様々なサポートを受けることができ、日本語ができる添乗員さんも同行しますので安心です。

最高のハワイ旅行にしたい!ベストシーズンはいつ?

価格が高い時期

ハワイへの旅費が高い時期は、年末年始シーズンです。お正月はハワイで過ごす人が多いですが、この時期は価格が高騰します。国内旅行でもいえることですが、夏休み期間中の7月後半から8月いっぱい、ゴールデンウィークなど大型連休の時期は当然旅費が高くなります。

価格が安い時期

ハワイへの旅費が安い時期は、上記の大型連休を外した時期になります。4月の春休み明けからゴールデンウィーク前、ゴールデンウィークが明けから夏休み前が最安値の時期です。安くハワイ旅行をしたいのであれば、この時期を狙うのがいいでしょう。

曜日にも注目!

時期も大事ですが、曜日によっても価格は高くなります。日本を出発する曜日とハワイから帰る曜日に注目してみましょう。世間がお休みの曜日は必然的に価格が高くなります。つまり、金曜日・土曜日・日曜日に日本やハワイを出発する便は他の曜日に比べて高くなるのです。

季節ごとのハワイのおすすめスポットはここ!

春のハワイ

4月にハワイ島で行われる「メリーモナークフェスティバル」。世界中のフラガールが憧れる世界最大のフラの祭典です。チケットを入手するのもかなり難しく、ハワイ島が最も賑わう季節なので一度は行ってみたいですね。

\ POINT /

注意!

4月のイースターの日は、ワイキキを除くほとんどのショッピングセンターが休館になるので注意してくださいね。

夏のハワイ

毎年7月4日は、アメリカがイギリスから独立した独立記念日。独立記念日の夜、オアフ島のアラモアナ・ビーチパークで花火が打ち上げられます。同時にミュージシャンによる無料ライブなどが行われ、アラモアナ周辺は大変賑わいます。

\ POINT /

注意!

この日のショッピングセンターは、通常営業ではなく時間短縮営業です。

秋のハワイ

10月にホノルル港で行われる「フィッシング&シーフードフェスティバル」。魚関連のフードや販売、アクティビティ、ライブ演奏など100以上のブースが並び1日中楽しめるイベントです。ハワイの地元の新鮮な魚やシーフードを満喫することができます。

ワイキキのハロウィンも盛り上がります。夕方から夜にかけて仮想した人たちで溢れかえってお祭り気分。飲食店が混雑するので、食事するのは苦労しそうです。日本で仮装したことがない人も、ハワイでなら思いっきり仮装ができるかも。

冬のハワイ

12月といえば、「ホノルルマラソン」。毎年12月の第二日曜日に開催されている世界最大級の市民マラソン大会です。ハワイの景観を楽しみながら走る42.195kmのフルマラソン。いろいろな旅行会社がホノルルマラソンのツアーを用意するほど、世界中の人に愛されているイベントです。

また、年末年始といえばハワイが大人気です。大晦日のハワイはとても賑わっており、爆竹が鳴り響く中カウントダウンが始まり、打ち上げ花火で新年を祝います。マウイ島やハワイ島の世界有数のパワースポットで初日の出を拝んだり、初詣をハワイでするのもおしゃれな新年ですよ。

旅費を抑えて楽しい旅を

ハワイ

ハワイの旅費の相場と飛行機代とホテル代を安く抑える方法、旅費が高くなる時期や安くなる時期について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

旅行先としても大人気のハワイですが、家族で行く際はどうしても旅費が高くなってしまいますよね。抑えられるところは抑えて、快適な旅ができたらいいですね。旅費の相場を参考にして、ハワイ旅行の計画をたててみてください。せっかくの旅行ですから、最高の旅にしてくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。