INDEX

ヘッドドレスを手作りしてみよう!

ドレスに合わせたヘッドドレスが素敵!

一生の思い出になる結婚式のドレスには、手作りのヘッドドレスを合わせてみませんか?花やリボンを使ったヘッドドレスは、綺麗なドレスをより引き立てる大事な役割です。

もちろん、結婚式のドレスだけでなく、パーティーやお呼ばれといった様々な席で着るドレスにも合わせられるヘッドドレスは、手作りする事で世界に一つだけの特別な存在に☆

簡単な道具と材料さえあれば、DIYや手芸が苦手な方でも作れます。特別な日のヘッドドレスは、是非手作りして大切な記念にしてみませんか?

ヘッドドレスは和装にも洋装にも

ヘッドドレスは洋風のドレスに合わせて使われますが、デザインさえ変えれば和装にだって合わせられます。例えば着物と同じ布を使ってみたり、和風の花のモチーフにしてみたりなど、着物にも応用できるのが嬉しいところ。

着物は結婚式以外にも卒業式や成人式など、何かと着る機会がありますよね。和装にも洋装にも合わせられるデザインなら、色々なシーンで使えそうです。

ヘッドドレスと言っても、様々なデザインがあるので用途やシーンに応じた使い方ができます。手作りのヘッドドレスを作る際は、どのようなシーンで使いたいかも考えてみましょう!

結婚式にも♪花を使ったヘッドドレスの作り方

材料は二つだけ!花冠の作り方

花冠の材料
  • ワイヤー
  • 好みの造花
花冠の作り方
ワイヤーを頭に巻き付け、頭のサイズに合わせてカットします。
ワイヤーで作った輪に好みの造花を巻きつけていきます。※巻きつけられないタイプの造花は、糸で縫い合わせます。
ワイヤーが見えなくなるまで花を巻きつければ完成!

\ POINT /

色々な花を使えばより豪華に!

使用する造花は一種類でも構いませんが、色々な種類のものを使うとよりボリュームのある豪華なものに仕上がります。この時色や花の大きさ、花の種類などの相性を考えながら選ぶと、仕上がりも奇麗になります。

花冠にチュールを付けてより豪華に♪

花冠だけでも豪華で可愛いヘッドドレスになりますが、チュールを付ける事でより豪華なデザインに!ウエディングベールに使うようなチュール素材を花冠に縫い付ければ、結婚式のお色直しにも使えるヘッドドレスの完成です。

カチューシャを使ったヘッドドレス

フラワーカチューシャの材料
  • シンプルなカチューシャ
  • 好みの造花
  • リボン
  • グル―ガン、または手芸用のボンド
フラワーカチューシャの作り方
飾りの付いていないシンプルなカチューシャに、造花やリボンを配置してデザインを決めます。
デザインが決まったら配置した位置にグルーガン、または手芸用ボンドで造花やリボンを貼り付けます。
ボンドが乾いて取れないように固定されたら完成!

フラワーカチューシャの応用!

フラワーカチューシャの作り方と同じ手順で、花の代わりにフルーツのサンプルを使えばこんな個性的なヘッドドレスが!材料次第で色々なデザインが作れますね。

スワロフスキーが輝く手作りティアラ

スワロフスキーティアラの材料
  • 好みのスワロフスキー、またはビーズ
  • ワイヤー
  • セロテープ
スワロフスキーティアラの作り方
ティアラの土台となる部分を作ります。直径8cm~10cmほどの好みのサイズで、ワイヤーで輪を作ります。※ワイヤーにビーズを通すので、まだワイヤーの端同士を巻きつけて輪は作りません。
ワイヤーに好みのビーズを通していきます。両端の数cm残したら、その部分を巻きつけて輪にします。
土台とは別のワイヤーにビーズを通し、ティアラの飾りとなる部分を作っていきます。※ワイヤーは切らないままビーズを通します。
ティアラのデザインになるよう、土台部分に③のワイヤーを巻きつけていきます。写真のものは小さめのビーズの山と大きめのビーズの山を交互に作っています。
土台を一周するまでビーズ付のワイヤーを巻き付けたら、端が取れないようしっかりと括り付けてからワイヤーを切ります。

\ POINT /

ワイヤーは硬さがあるので簡単に山が作れます

ワイヤーは糸と違ってしっかりとしているので、曲げた形のまま固定されます。ワイヤーが山になるように折り曲げれば、形が崩れることはありません。

結婚式以外にも!手作りヘッドアクセ

つまみ細工を使ったコサージュ

着物に合うヘッドアクセと言えば、つまみ細工ですよね!つまみ細工は初心者でも比較的簡単に作れるもので、成人式や卒業式などのイベントにもピッタリです。

つまみ細工の作り方に関しては、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。こちらの方法で作ったつまみ細工をピンに付けるだけで、和風のヘッドアクセが完成です☆

ヘアコームを使ったヘッドアクセ

髪に差し込むだけで簡単に華やかになるヘアコームを使ったヘッドアクセです。小さめのサイズで作れば、お呼ばれなどにも使えますね。

フラワーヘアコームの材料
  • ヘアコーム
  • 好みの造花
  • グルーガン、または金属用ボンド
フラワーヘアコームの作り方
なにも付いていないシンプルなヘアコームに、好みの造花を配置してデザインを決めます。
デザインが決まったら造花をグルーガン化金属用ボンドで貼り付けていきます。
ボンドが渇いて固定されたら完成!

Uピンに付けるだけ!簡単ヘッドアクセ

ドレスにはもちろん浴衣にも合わせられる、Uピンを使ったヘッドアクセ。使用する花の種類さえ変えれば、洋風にも和風にも仕上がります。



Uピンを使ったヘッドアクセの材料
  • Uピン
  • 好みの造花
  • 穴あけ用のキリ
Uピンを使ったヘッドアクセの作り方
造花の茎部分にキリを使って穴をあけます。
①であけた穴にUピンを差し込み、Uピンの中心に花が来る位置で固定します。
複数の花を付ける場合は同様に茎部分に穴をあけてUピンを通していきます。

\ POINT /

穴をあけて通すことで取れにくく

他のヘッドドレスと同様にグルーガンなどで貼り付ける方法もありますが、造花に直接穴をあけてUピンを通すことで、取れにくく扱いやすい仕上がりになります。ボンドが乾くまで待つ必要がないのもおすすめのポイントです!

ディズニーランドにも手作りカチューシャを!

フラワーカチューシャの作り方を応用すれば、ディズニーランドにもピッタリな可愛いカチューシャだって作れちゃいます☆作り方は、ワイヤーで作った耳にフラワーカチューシャの作り方と同様に造花を付けて、カチューシャに固定するだけ!

手作りのカチューシャを付ければ、ディズニーランド行きもより楽しくなりそうですね♪お友達と一緒に色違いのカチューシャを付ければ、記念写真も可愛く撮れちゃいます!

ヘッドドレスを作る為に必要な材料は?

花(造花)

華やかなヘッドドレス作りに欠かせないものと言えば、色とりどりの花です。基本的にハンドメイドなので、生花ではなく造花を使います。

様々な種類、色の造花があるので、ドレスのイメージや好みに合ったものを選んでみてくださいね。この時一種類だけを使うより、何種類かの花を組み合わせた方がより豪華に仕上がります。

また、大きめのサイズをメインに隙間を埋めるように小さめの花も用意するとバランスのいいヘッドドレスに仕上がりますよ。色の組み合わせなどもこだわってみましょう。

リボン

ヘッドドレスに使用するリボンは、サテンリボンやオーガンジーのリボンなどがおすすめです。高級感のある素材のものを選びましょう。

光沢のあるサテンリボンと透け感のあるオーガンジーリボンを組み合わせると、より華やかなデザインに仕上がりますよ。シーズンによっては厚みのあるベロア素材などを使っても。

ビーズ・スワロフスキー

手作りティアラには欠かせないビーズやスワロフスキー。ワイヤーに通して使うだけで、キラキラとした華やかなティアラが出来上がります。

透明のもの一色で作れば清楚なティアラが、いくつかの色を組み合わせれば華やかなティアラが出来上がります。サイズは大小異なるものをいくつか組み合わせるのがおすすめ!

ワイヤー

Amazonで詳細を見る

花冠やティアラの土台作りには欠かせない存在です。太さは色々ありますが、大体0.3mm~0.4mm~程度の、手芸用のものがおすすめです。

自由な形に曲げやすく、かつ曲げた形のまま固定されるので、ティアラのような複雑な形も思いのままです。カットはペンチを使うのがいいでしょう。

カチューシャ

Amazonで詳細を見る

なにも付いていないシンプルなカチューシャは、ヘッドドレス作りには欠かせない便利アイテムです。ここに造花やリボンを付けるだけで、簡単にヘッドドレスが作れます。

ピン・ヘアコームなど

Amazonで詳細を見る

こちらもヘッドドレスの土台には欠かせないアイテムです。ヘアコームやUピンなどを土台にすれば、簡単にヘッドドレスやヘッドアクセが作れます。

ヘッドドレスを作る為に必要な道具は?

グルーガン

Amazonで詳細を見る

カチューシャやヘアコームに造花を貼り付ける際に使用します。手芸用ボンドでも代用できますが、グルーガンの方が使い勝手も良く便利です。

グルーガン本体によって温められて溶けた樹脂が、先端から出てきます。この樹脂が冷えて固まることで、接着される仕組みです。なお冷えて固まるまでにかかる時間は数十秒と、非常に短いのが特徴です。

また、布や紙の他に金属やプラスチックなど、どのような素材にも使用できるという特徴もあります。様々な素材を使用する手作りヘッドドレスには欠かせません!

キリ(千枚通し)

Amazonで詳細を見る

造花の茎に穴をあける為に使用します。グルーガンで貼り付ける方法もありますが、Uピンの場合穴をあけて通した方が使いやすい為、キリを使って穴をあけるといいでしょう。

茎に穴をあける場合は、一か所ではなく茎を貫通するよう二か所に穴をあけ、そこにUピンを通します。使用の際は手を傷つけないよう注意しましょう。

まとめ

手作りヘッドドレスを付ければ、大切な結婚式や記念日のドレスアップがより楽しくなりますね。好みの花や素材を使って、世界に一つだけのヘッドドレスを作ってみませんか?

デザインを変えれば、結婚式に限らず様々なシーンに使用できるヘッドアクセも作れます。特別な日には、手作りヘッドドレスで素敵なヘアアレンジを!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。