INDEX

先輩カップルから学ぶ!両親への記念品相場とは?!

先輩カップルよりアドバイスをいただきました!

結婚式で記念品プレゼントを行うか否かについて、8割以上のカップルが「行った」と答えているようです。そのなかには、プレゼントを贈呈した人もいれば、花束のみの場合もあります。最近では、お母さんに花束を、お父さんに記念品を渡すという形が定番となってきたので自然と記念品贈呈も増えたということでしょう。

ケーキ入刀やキャンドルサービスのように、今では演出の1つとなっている「両親への記念品プレゼント」花嫁の手紙を読むタイミングとセットとなっていますので感動のワンシーンを台無しにしないためにも記念品選びは準備の段階でとても重要になってきます。ここで、先輩カップルからのアドバイスをご紹介しますので参考に!

両親への記念品プレゼント!なるほど~の経験談!
  • 両家とも実家が遠方、しかも夏の式なので花束もらっても荷物になるし帰宅前に枯れちゃうしと思って状況的に大丈夫なものを探しました。
  • 苗木を贈りましたが、当日は持ち帰りが大変だろうと思い、事前に水皿受けを付けて貰い、翌日宅配で実家へ配送して貰いました。
  • 植物は『これから私のかわりに育ててください』っていう意味もあってとっても素敵なアイディアだと思います!
  • 体重ベアにして受付にも置いておきました。中座中には新郎新婦席におきました。一緒の写真もたくさん残っていてみんなの記念となりました。
  • 挙式の次の日が父の日だったこともあって、サプライズで記念品とはべつのプレゼ ントを用意していました。
  • 私は自分が嫁に行ってしまうので、出て行っても両親が寂しくないようにという意味で、私の大好きなプーさんを分身としてあげました。
  • 私側と彼側、特に相談なく互いの独断で決めたのですが想像以上に「差」があって結果4倍の金額の差が…。きまずかったので同じものにすれば良かった。
  • 実はウエイトドールはわざわざ用意したわけではなく 結婚指輪を買ったお店が、キャンペーン中で ウエイトドールを無料で作ってくれました。ラッキーでした!

両親への記念品「相場」を知る!

相場としては、両家合わせて20000円前後のものが一番多く選ばれています。割合的には10000円~30000円の中であまり差がないので、金額というよりも「ありがとう」を素直に伝える気持ちでしょうか。それとも1家庭10000万円ずつの両家で20000円と考える方がわかりやすいということもありえます。

相場を参考に、準備の段階で予算を計上しておくこともアイテム選びの手助けになりそうですね。意外と悩んで決まるまでに時間がかかってしまうのでギリギリでオーダーメイドに対応できない!ということがないように気をつけなければなりません。

両親への記念品「購入場所」

記念品の購入は、およそ半数のカップルが式場の提携先で選んでいるようです。「花束」など会場提携のフラワーショップですと、装花やブーケなどと一緒に打ち合わせ時に相談できるというメリットがあります。式場によっては記念品のカタログなども準備されているのでそこから選ぶことで大変な準備のなか対応もスムーズです。

オリジナルの記念品や、両親の好きなものから選ぶ場合などは自身でネット購入や店舗での購入となっています。自由度やバリエーションなどにこだわる場合は自分たちで探す方法が適しているでしょう。

結婚式の記念品プレゼントを選ぶ5つのポイント!

金額よりも感謝の気持ちが伝わるもの

七色の薔薇

高価なものやブランド品も記念品として思い出には残りますが、結婚式ってとってもお金がかかるので無理をしてはいけません。両親へ素直に「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えることが第一です!両親はきっと何をもらってもうれしいはずなので、喜ばれるプレゼントを考えていきましょう!

まず基本のキ!ということで、両親の好きなものや趣味など、子供だから知っているものは絶対に喜ばれます!覚えてくれていたことにもジーンときそうですよね。それを悩んで選んでくれたことは両親にとって特別な贈り物となるでしょう。

結婚してもずっと親子だよ。と、親子の絆を意識したものはずっと大切にしたいと思うはずです!生まれた時の記憶を思い出せるものや、育ててくれたことに感謝の気持ちをこめた贈り物は、たとえ離れても寂しくないように気持ちが込められた贈り物です。昔撮った写真をデジタルフォトブックにするのもいいですね

記念の形としてずっと大切にできるもの

華やかに彩られた生花はとっても綺麗です。しかし、その美しさは長持ちしません。生花を贈る場合はプラスαで何か形に残るものが1つあると記念品として更に喜ばれることでしょう。そのほか、両親が好きなものとして食べ物を贈る場合も結局なくなってしまうので同じです。

結婚式や、子供との思い出と共に残ったものはずっと大切にしてくれます!見るたびに思い出せるので楽しい時間が蘇るキッカケともなり、寂しい思いをしたときにもきっと役に立ちます。記念品も、思い出も両親にとっては最高の贈り物です。

両親が好きなものが飲み物でマグカップやグラスを贈ったり、写真が趣味だからとフォトフレームを贈りたい場合もあるでしょう。実用性のあるものを特別なものとして贈りたい場合は「名入れ」や「手づくり」がおすすめです!オリジナリティがあることで特別感も増し、感謝の気持ちも伝わります。

記念品に相応しくないものを知っておく!

別れハート

知っての通り結婚式にはマナーとして縁起が良くないものは使いません。特別な日なので贈り物で注意しなければならないアイテムも知っておきましょう。

両親への記念品に相応しくないもの
  • 【ハサミ・包丁】切るものは「縁を切る」と連想しやすい。古い言い伝えの1つ。
  • 【ハンカチ】漢字で「手布(てぎれ)」のため「別れ」を連想させやすい。
  • 【日本茶】弔事に使われることが多いので「不幸」なイメージがある。
  • 【くし】「苦」や「死」を連想させるのでふさわしくないとされている。
  • 【履物】靴などは「踏み潰す」ととらえられるので避ける

結婚式で両親へ「花束贈呈」喜ばれる花の選び方は?

生花を贈るならアフターフォローまで!

結婚式で両親へ記念品プレゼントのワンシーン、生花の花束があるとゲスト目線からしてもとても華やかに見えます。お母さんへ花束を、お父さんへ記念品をという形が定番化してきたことによって花束を渡すカップルも多いのが事実です。しかし、遠方から来ていた場合など帰るまでに枯れてしまわないよう注意も必要になります。

【花束を選ぶポイント】
  • ①お母さんの好きな花や色を選ぶ
  • ②花言葉を参考にする
  • ③会場装花やブーケとのバランス
  • ④花束を普通より豪華に特別感を出す
  • ⑤おすすめはカーネーションを入れること

お母さんがお花が好きだという方は選びやすくなるでしょうが、わからない場合は好きな色でまとめると良いでしょう。普通の花束よりも「結婚式」であること、花束も「感謝」の気持ちであること、そしてお母さんが喜んでくれることを前提に選んでみるといいですね。

感謝の気持ちを花束に込めるという意味では「花言葉」を参考にすることも素敵ですよね!例えば、カーネーションは母の日のイメージもある通り「無垢で深い愛」と育ててくれたことへの感謝の気持ちを表すこともできます。赤いカーネーションは「母への愛」という意味もあるそうなので結婚式のプレゼントとしてもピッタリ!

赤いバラは「愛」「情熱」「美」などを、白いバラは「純潔」「深い尊敬」など、ガーベラは「希望」、チューリップは「思いやり」など花束にはいろんな花言葉があります。お母さんが好きな花の花言葉を調べてみたり、自分の想いを花言葉にのせて花束をつくるのも素敵ですね。

アフターフォローとしては、滞在しているホテルに相談して飾ってもらったり、宅配の手配なども頭に入れておいた方がよいでしょう。そのほかドライフラワーにしたい方はその方法を伝えてあげることも親切ですね。せっかくの花束なので結婚式その場限りにならないよう持ち帰り方法なども一度検討してみてはいかがでしょうか。

Small thumb shutterstock 318242033
関連記事 ドライフラワーの簡単な作り方・吊るし方は?ユーカリの生花で作る方法も

ドライフラワーの作り方は、初心者でも簡単な方法なのでコツさえ覚えれば綺

プリザーブドフラワーを贈るならケースに入れて!

プリザーブドフラワーの良いところは手間もかからず、枯れないので長期間美しさを楽しめるところです!花に色をつけたりカラーバリエーションも豊富なのでアレンジもオリジナリティが出せます。好きな花や色を華やかに織り交ぜて結婚式の思い出として長く大事にされることでしょう。

注意すべき点は、湿気に弱いということです。劣化させず長持ちするためにも、ガラスケースやアクリルケースなどに入れて飾っておけるようにしてあげることが喜ばれるポイントになってくるのかもしれません!

両親へ生んでくれてありがとう「誕生」に因んだ記念品

ウェイトドールを抱いて感動を起こす!

ウェイトドールとは、生まれた時の体重でつくられたぬいぐるみです。「小さかった私もこんなに成長しました」「育ててくれてありがとう」の気持ちを表す記念品として多く選ばれています。両親が抱く姿にも感動しますが、抱いている両親は生まれた時のことを思い出して胸が熱くなることでしょう。喜ばれる記念品の1つです。

少し前まではかわいい熊のぬいぐるみが主流でウェイトベアとして販売されていましたが、最近は熊のぬいぐるみ以外にもディズニー系を筆頭にバリエーションも豊かになっています。自分が好きなキャラクターや、両親がすきなキャラクターなどをふまえると良いですね。受付に飾ったり、結婚式の最中にも活躍できそうです!

体重米で育んだ日々への恩返し!

ウェイトドールと同じように、生まれた時の重さ分の「お米」。高級感のある木箱や、俵で記念品プレゼントとして贈られています。新郎新婦の重さによっては持ち帰りが大変になることもあるので注意は必要です。手に伝わる重みを感じながら美味しくいただけるお米の入れ物には、メッセージや写真プリントなども可能です。

両親へ感謝をストレートに「メッセージ」で贈る記念品

子育て感謝状で気持ちを伝える

今まで子育てしてくれてありがとうを「感謝状」にするタイプの記念品も人気です。賞状に「子育て修了証」「卒業証書」と書いて授与式をクライマックスで行うことは1つの演出としても両親へのサプライズで喜ばれるでしょう。感謝状は額縁などに入れると雰囲気がでます。生まれてから今日までの日数を入れるのが定番です!

インテリアにも最適なサンクスボード

同じく感謝状やポエム、家系図仕立てのファミリーツリーなどに感謝のメッセージをそえてインテリアとしても飾ってもらえるボードもおすすめです。感謝の気持ちが込められたサンクスボードは一生の宝物になることでしょう。オリジナル感も大事ですが、ここでも両親の好みを取り入れてみると喜ばれるはずです!

結婚式で笑顔のプレゼント「イラストや写真」の記念品

イラストでオリジナリティを出す

結婚式の思い出をかわいいイラストとして両親へプレゼント!記念品贈呈の際には是非ゲストにも見せてください。両親2人の似顔絵でもOKですし、新しく家族が増えたということで両家みんなのイラストでも絆が感じられて良いと思います。

自分の似顔絵を描いてもらう機会は少ないので、もらうとうれしい記念品のひとつです。両親の好きなものや、結婚式の日をモデルにモーニングや留袖など正装を着せたり、両親らしいものを加えることもできるのでバリエーション豊富で世界に1つだけの特別感もあります。

記念の写真で笑顔をプレゼント

結婚式のときの写真を入れて飾りインテリアにもなる「フォトフレーム」たくさんの写真が残る結婚式ですので特別な写真は飾っておきたいものです。元気な笑顔をいつでも見られるのは素敵なことです。最近ではデジタルフォトフレームなどもあり、これからの新しい家族の写真も保存できる人気のアイテムです。

結婚式から至福のひととき「時間」を両親へ

未来の時を一緒に!時計の記念品

結婚式の記念品として人気のオーダーできる三連時計。実用的でもあるオリジナル時計は両家へのプレゼントとして、そして同じものを主役の新しい家族に1つ。一枚の板で作られているので3つの時計を合わせると木目が繋がるんです。家族の絆を感じられ、同じ時を重ねながらそれぞれ味が出てくるところも「木」の特徴です。

両親へゆっくりと旅行できる時間をプレゼント

旅行好きな両親へもおすすめですが、これまで子育てをがんばってなかなか夫婦で旅行へ行く機会がなかった両親にも喜ばれるのが「旅行券」です。結婚式に加え両親の思い出も増えます。JTBの旅行券なら行先も好きなところを選べますし、旅行券のカードも結婚式仕様にするなどデザインをかえて記念にすることもできます!

特別な結婚式「世界に1つ」おすすめの手作り記念品

オーダーメイドで特別な記念品に

こだわりや、ちょっと変わったものを贈りたい方におすすめです!縁起の良い「箸」や、実用的な「食器」そのほか「オルゴール」や「メダル」などまで、いろんなアイデアが生まれたときに使えるのがオーダーメイドです。それぞれ専門店などに特別なものを作ってほしいとお願いしてみましょう!

両親は意外な贈り物に驚きながら喜んでくれるでしょう!その際に注意しなければならないことがオーダーメイドを検討しているなら早めに動き出すことです。特別な品となりますので出来上がりまでに時間がかかる場合があります。あたたかい気持ちが伝わる記念品になるとうれしいですね。

新郎新婦自らの手作りで感謝を伝える!

手作りの「フォトアルバム」や「フォトムービー」にこれまでの生い立ちや感謝のコメントを入れて記念品としてプレゼントするタイプ。写真のデータがあればネットで簡単に作ることができ低予算で素敵な記念品が出来上がります。

ほかにも、工房で「陶器」や「グラス」などを体験型で手作りするタイプでは、新郎新婦の思い出の1つにもなり、もらった両親も子供たちが作ってくれた光景をイメージしやすいので感動の記念品となるでしょう。素直に感謝の気持ちが伝わる素敵な記念品になることは間違いありません!

結婚式で両親へ記念品プレゼントまとめ

ほとんどの品物に華やかなフラワーアイテムをセットにすると記念品らしさが増します。プリザーブドはインテリアになるので時計やサンクスボードなどにも上手く取り入れると両親への記念品としては喜ばれるでしょう。花があることで華やかさや豪華さからも結婚式でのプレゼントと一目瞭然です。

結婚式の記念品プレゼントと言っても、思い出を作るなど印象や記憶に残るものから、形に残るものまでアイデアやそのバリエーションもカップルによってさまざまです。人気のアイテムなどを参考に、自分たちらしく両親へ素直に感謝の気持ちを伝えられる特別な贈呈品を見つけてください!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。