INDEX

【黒カーディガンレディースコーデ】万能アイテム

どこでも活躍する定番アイテム黒カーディガン

カジュアルスタイルでも、シックなスタイルでもオフィスでも大活躍するのが定番の黒カーディガン。どんなレディースアイテムにも合わせることができてとっても便利なので1枚は持っていたいもの。一言で黒カーディガンと言ってもロングタイプや刺しゅうをした物などスタイルは様々。自分好みのものをぜひ1枚見つけてみて。

2018年のトレンドカラーとコーデ

2018年のトレンドカラーはピンクとイエロー。せっかく黒カーディガンとコーデするなら、トレンドカラーと組み合わせるのがオシャレ上級者。黒カーディガンはどんな色にも合うのでビビッドなピンクやイエローでも違和感ナシ!ぜひチャレンジしてみてください。

代表的な黒カーディガンの種類

ベーシックな黒カーディガンは1枚持っていて

いわゆるベーシックな黒カーディガンはぜひとも1枚持っていたいもの。これはインナーを選ばないので、とっても便利なアイテムなんです。襟付きシャツでもラウンドネックでもキャミソールでも合わせやすい定番アイテムです。

個性がいきる刺しゅう入り黒カーディガン

刺しゅう入り黒カーディガンは着る人の個性が生かせるアイテム。刺しゅうの色次第で個性も引き立ちます。ベースが黒なので、ボトムスにカラフルなものや、柄物を合わせてもおしゃれに見えるのも嬉しいですよね。ベーシックな黒カーディガンも良いですが、人と違うものが欲しい人にピッタリです。

セクシーで大人っぽいカシュクールタイプ

合コンやちょっとしたお呼ばれにピッタリなのが大人っぽい印象を与えるカシュクールタイプの黒カーディガン。ウエストマークしたものだと、更に大人っぽさやセクシーさもアップします。カシュクールタイプはシンプルなアイテムと合わせるのがおすすめです。

【黒カーディガンレディースコーデ】春編

ストレートジーンズ×パンプスで春らしく

黒のロングカーディガンに白×ピンク花柄のキャミ、黒のストレートジーンズというコーデです。パンプスの明るいグリーンとキャミが春らしい色を出していて、黒ロングカーディガンと黒のストレートジーンズで統一感を出していますよね。春に黒のロングカーディガンは重たくなりがち。明るい色と組み合わせましょう。

マキシガウンでカジュアルスタイル

黒のマキシガウンカーディガンはあえてカジュアルなパンツと合わせてはずし感を出すとオシャレに。カーキのパンツに白黒ボーダーとカジュアルスタイルなのにバッグをあえてエレガントにすることで、大人っぽいコーデになっています。スニーカーはカーディガンと色を合わせるのがポイントです。

シンプル黒カーディガンをカラフルスカートで

シンプルな黒カーディガンにカラフルなパッチワークタイプのフレアスカートのコーデは、大人可愛いイメージになります。あえて靴下にすることでガーリーな印象に。スカート丈が長くなるとスカートが目立ってしまいますが、膝丈なので、カーディガンとのバランスもGOODです。

ベーシックカラーコーデはオフィススタイル向き

黒カーディガンにスキニーパンツは定番のコーデ。インナーとボトムスを白で統一し、黒のパンプスとロングガーディガンのコーデはオフィススタイルにもピッタリ。もちろんお出かけスタイルとしても素敵です。シンプルなデザインだからこそ、シンプルなコーデにするのがおしゃれ上級者です。

レーシーカーディガンとワイドスカートで春らしく

レーシーな黒カーディガンにピンクベージュのワイドスカートはちょっとしたお出かけスタイルにぴったり。ピンクベージュのコーデで春らしさを出しています。レーシーなカーディガンも春から初夏にかけて活躍するアイテムなので1枚あると便利。ワイドスカートはインナーをINするとウエストマークされメリハリが出ます。

【黒カーディガンレディースコーデ】夏編

初夏に合わせたいキャミ×黒カーディガン

サンドカラーのキャミ×ロングフレアスカートに黒のカーディガンで全体を引き締めているコーデです。初夏は夜に肌寒さを感じることもあるので、暖かい昼はトレンドの肩掛けスタイルでおしゃれに。ロングフレアスカートはヒールのある靴を履くと足元がすっきり見えますよ。

5分袖黒カーディガンが活躍するリゾートスタイル

リゾートにピッタリなマキシワンピには5分袖のカーディガンが大活躍。クーラーのきいた室内なら着てもいいし、外では肩掛けで。マキシワンピとコーデするときは、あえて丈の短いカーディガンを選ぶと、足長効果もありますよ。せっかくのリゾートスタイルなので、マキシワンピは大柄なものを選んでみてください。

休日のお出かけスタイルにぴったりシンプルマキシ

シンプルなマキシワンピと黒カーディガンのコーデは休日のお出かけスタイルにぴったり。ストローハットが季節感がを出しています。ストローハットのリボンはカーディガンと同じ色にすることで、全体の統一感が出ていますね。シンプルコーデですが、とってもオシャレなスタイルです。

5分丈シャツ×白パンツはオフィススタイルにも

アースカラーシャツに合わせたヒール、白のワイドな6分丈パンツ、そこに黒カーディガンというコーデはオフィススタイルにもピッタリです。6分丈のパンツは、足首を細く見せる効果もあるので、膨張色の白を履いても大丈夫なんです。シンプルだけど、働く女性のおしゃれなコーデです。

レースカーディガンは夏の便利アイテム

黒のレースカーディガンにジーンズという定番スタイル。そこに赤のパンプスをポイントにしているスタイルです。レースカーディガンは夏場に1枚あるととても便利。ロングだとジーンズだけでなく、スカートと合わせてもかわいいスタイルになりますよ。



定番アイテムをレースカーディガンでこなれ感を

夏の終わりにピッタリな定番アイテムのコーデです。白のスキニーにベージュのタンクトップ、黒のロングレースカーディガン、黒のサンダルと言う定番ですが、こなれ感を出すにはあえて普通丈ではなく、レースロング丈を選んでいるというところです。定番アイテムにレースロングカーディガンがポイントになるんです。

【黒カーディガンレディースコーデ】秋編

サロペットでセミカジュアルスタイル

サロペットの白のTシャツ×黒カーディガンというシンプルなスタイルです。黒カーディガンはどんなアイテムとも相性がいいのでサロペットでちょっと落ち着いた雰囲気を出したいときのコーデにはベター。黒のパンプスを履くことで、セミカジュアルな雰囲気になっていますね。

マスタードイエローでシックなお出かけコーデ

黒カーディガンをウエストINしてハイウエストっぽく見せると足長効果が抜群、ぜんたいのメリハリも出ますよね。薄手のカーディガンはINするのにも便利なんです。マスタードイエローのスカートは秋らしい色なので、コーデ全体のポイントカラーとして使うと季節感も出ますよ。

チノパンを履くときはあえて黒カーディガンはIN

ざっくりとしたデザインのチノパンをボトムスに持ってくるときはウエストマークさせ、黒カーディガンはあえてINしましょう。ボトムスがざっくりしているので、トップスをINすることで、すっきりとしたラインに見えるんです。

個性的な黒カーディガンはシンプルコーデで

個性的なデザインの黒カーディガンはカーディガンのデザインを活かすために、インナーはあえてシンプルに。そうすることで、赤いラインのデザインがいきてきます。ロングカーディガンにレギンスのコーデも定番コーデの1つ。サンドカラーのブーツを合わせることで、こなれ感がありますね。

トレンドカラー×黒カーディガンのお出かけスタイル

2018年のトレンドカラーの1つイエローは黒カーディガンとの相性が抜群!個性的なアシンメトリーデザインなので、あえて黒カーディガンはシンプルなデザインを選んでスカートを活かしたコーデに。足元やバッグも黒で統一することでスカートの個性を引き出しています。

【黒カーディガンレディースコーデ】冬編

暗くなりがちな冬だからあえてビビッドカラーで

冬はどうしてもダークカラーのコーデになりがち。黒カーディガンはどんな色にも合うので、あえてビビッドな赤ワンピのコーデで明るさを出しています。ロングカーディガンとワンピの丈が同じというのもポイント。ロングカーデはざっくり着る代わりにワンピはウエストマークしてメリハリを出しています。

スリムパンツでオトナっぽいオフィスコーデ

ダークグレーのスリムパンツはブーティーと合わせて、オフィスでも違和感ないオトナコーデに。インナーはオフィスでも違和感のないシンプルで、ボトムスに合ったものをコーデしましょう。黒カーディガンはカッティングに凝った個性的なものをコーデすると、おしゃれ上級者に見えます。

フィッシュテールスカートコーデは通勤にも

サンドカラーのフィッシュテールスカートは広がって見えがちなので、黒カーディガンは短めの丈を選んでウエストを意識したコーデで。赤のチェックストールがポイントカラーになっています。お出かけにも通勤にも使える大人女子向けのコーデです。

個性派黒カーディガンはモード系コーデで

デザイン性が高い黒カーディガンはあえてモード系のコーデがおしゃれ。ワークブーツとショートパンツで足のラインを見せることでカーディガンのデザインを活かしているんです。黒以外の色を加えずちょっとハードなモード系コーデは、おしゃれ上級者向きです。

冬だからこそファー付き黒カーディガンで

ファー付きの黒カーディガンは冬にしか着られないアイテムなので、ぜひとも1枚欲しいもの。スリムタイプのダメージジーンズと合わせてもファーが付いているので寒寒しく感じさせないんです。ボトムズがダメージジーンズなので、トップスやバッグはシンプルなものを合わせたほうがジーンズやファーカーディガンがいきます。

大人女子向けお呼ばれにぴったりなコーデ

袖などに工夫があるデザインの黒カーディガンは、マーメイドラインのミモレ丈スカートにブーツを合わせてオトナスタイルに。インナーに白のハイネックを着ることで、全体の重たさを感じさせないんです。お呼ばれなどでぜひ真似したいシックなコーデです。

シルバーブーツでオトナかっこいいコーデに

黒のロングファーカーディガン×黒のインナーというシンプルなコーデですが、シルバーのショーツブーツがキラリとエッセンスになっています。ピンクのファーバッグも季節感があり、全体のポイントカラーとなっていて、おしゃれ感満載です。

定番アイテムはおしゃれにコーデ

何にでもコーデしやすいからこそ手抜きはNG

ジーンズやスカート、ワイドパンツまでどんなアイテムとも相性の良い黒カーディガンだからこそ、インナーやボトムスの手抜きはNG。手抜きしてしまうと、せっかくの黒カーディガンが浮いてしまいます。黒カーディガンとコーデするときは、小物まで凝ってみてください。

黒カーディガンはオールシーズン活躍アイテム

黒カーディガンは素材さえ選べばオールシーズン活躍するアイテムです。その時々のシーズンやシチュエーションに合わせて、黒カーディガンを上手に使ってコーデを楽しんでみてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。