INDEX

ディズニーの夏はアツい!!

夏ディズニーは熱い&暑い!

東京ディズニーリゾートでの夢の時間を過ごす、今年の夏はそんな計画をしている方も多いのではないでしょうか。夏ディズニーは本当に楽しくて、アツい!!でも、夢の国だからといって夏のディズニーの暑さをなめてはいけません。長時間の炎天下で過ごすことになるため、熱中症や日焼けには気を付けないと危険です。

とはいっても、夏のディズニーに行ったことのない方はどれくらい準備をしていけばいいか、どのような持ち物が必要なのかわからないですよね。そこで今回は夏ディズニーの暑さ対策、日焼け対策に必要な持ち物や気を付けることをご紹介します。

夏ディズニーを楽しむために

夏ディズニーに行く方は、必ず暑さ対策や日焼け対策は欠かせません。命にかかわることも多いです。それくらい暑いんです。また、ほかにもあったら快適だったり、夏ディズニーをより楽しめる持ち物などもあるのでそちらもぜひ参考にしてみてくださいね!

特に夏のディズニーは熱中症に注意

楽しいからこそ気を付けて

楽しい夢のようなひととき。時間を忘れて楽しんでしまいますよね。でも夏のディズニーでは時間や暑さを忘れて夢中になりすぎることは禁物!もちろん夢のひとときを味わうのも忘れてはいけませんが、時間や暑さを忘れて、暑さ対策や日焼け対策を怠ると熱中症や脱水症状、熱射病などになってしまいます。

ディズニーでの時間を楽しむためにも、楽しいからこそ気を付けなくてはなりません。また、小さいお子さんを連れて行かれる方などは、大人が気を付けてあげないとわからないうちに熱中症や脱水症状、熱射病になってしまったりするので、こまめに対策をしてあげてくださいね。

こまめに水分&塩分補給を

熱中症や脱水症状の原因は水分や塩分の不足です。大量の汗をかいて、水分や塩分が不足してしまったり、体内の熱がうまく放出できなくなって起こります。一気に水を摂るとかえって体調不良をおこすこともあるので、こまめな補給を。また、カテキンの含まれている緑茶やウーロン茶は利尿作用があるため避けましょう。

のどが渇く前に気が付いたら水を飲むなど、のどが渇いたか渇いていないかは関係なく水分補給してください。水と一緒に塩分もできるだけ摂るようにしましょう。水や麦茶を飲む際には塩や梅干しと一緒に摂ると塩分補給ができます。スポーツドリンクや経口補水液は塩分も含まれているため手軽でおすすめ。

夏のディズニーならではの暑さ対策は?

耳や飾りのついていない帽子を用意!

熱中症などの対策に帽子は必須です。ディズニーにはカチューシャやファンキャップなどを付けたくなりますよね…でもショーやパレードの最中は後ろの方の迷惑になるので耳のついたカチューシャや帽子などは外さなくてはなりません。ショーの最中ずっと直接日に当たり続けることになります。

かならず耳や飾りなどのついていない帽子を用意してください。もし、耳や飾りのついたものをどうしてもつけたい場合は、ショーの間用の帽子を別で持っていくのをお勧めします。

パーク内でも暑さ対策グッズを売っている

パーク内ではかわいくてあると便利な暑さ対策グッズも売っています!ハンディタイプの扇風機やうちわ、ミストが出るグッズなどバラエティ豊かで暑さを和らげるグッズも是非チェックしてみてください!

飲み物が閉園まで買えるお店をチェックしておいたり、クールスポットが各所にあるので涼みに行ったり…パークも熱中症などの対策をしています。ですが、パーク内で売っているものだけでは暑さ対策や日焼け対策にはすこし不十分…やはり事前に各自で用意していくべきでしょう。

夏ディズニーに持っていくべき持ち物は?

絶対に欠かせない夏ディズニーの持ち物

夏ディズニー必需品
  • 水筒・ペットボトル
  • 帽子(耳などのついていないもの)
  • 日焼け止めクリーム
  • タオル
  • 長袖の羽織もの(冷房対策)
  • ビニール袋(霧吹きやパレードなどで水をかぶるときに荷物を守る)
  • レインウエア

飲み物、帽子は必須。汗を拭いたり、日差しから肌を守ったり様々な使い方のできる大きめのタオルなども夏ディズニーの持ち物には欠かせません。体を冷やせるグッズや、冷房で体が冷えてしまわないように、日差し除けに、夜に冷えてきたとき用にも薄手の長袖は1枚持っておきたいですね。

あると便利な夏ディズニーの持ち物

夏ディズニーであると便利な持ち物
  • 日傘
  • アームカバー
  • クールミストファン、小型扇風機、扇子・うちわ
  • クールタオル(水で冷感を保てるもの)
  • ポータブルクッション・小型の折り畳み椅子(ショーやパレード用)
  • 着替え(汗をかいたり、ショーで水浸しになったとき用)

暑さ対策や日焼け対策をもっときちんとしたい方は、日差しや暑さを和らげるものなどがあるとかなり違います。保冷剤などは速攻でジェルに戻ってしまうのであまり出番はないです。水で簡単に冷感が保てるようなグッズが最近では100均でも手に入るのでそういったものを持ち物に入れておくといいでしょう。

また、ポータブルクッションや小型の折り畳み椅子は、ショーやパレードを見る際に地面に座ることになる場合に必要になってきます。地面の熱は日中はもちろん夜になってもほかほか。日中はやけどをしてしまうほどです。そのため耐熱性のレジャーシートでは危険かも。地面に直接座らなくて済むものを持っていきましょう。

夏ディズニーを思い切り楽しむための持ち物は?

水対策を万全にして挑もう

夏ディズニーといえば、ウォータープログラムが目玉。びしょびしょになって楽しいですよね!でもそんなウォータープログラムは私たちの大切な電子機器などを壊してしまうことも!携帯電話、ビデオ・カメラ・その他たくさん…カバンの中にはたくさんの電子機器が入っていますよね。

夏ディズニーのウォータープログラムをなめてはだめです。上からレジャーシートをかけるだけだと放水後流れてくる水で浸水してしまいます…

対策:ビニール袋でつつむ

そんな驚異的な水の量のウォータープログラムに臨むにはどうしたらいいの!?それはかばんごとビニール袋で守る!袋一つだけだと口から水が入ってしまうので、2重にしてビニール製のバッグなどにいれると完璧です!これで何年もウォータープログラムに挑んで、浸水していない方も!悲しい結果にならないように対策を。

そこまでしないといけないの…?と思われる方もいらっしゃると思いますが、夏ディズニーのウォータープログラムに挑む方は厳重に水の対策をしてください。電子機器がやられます。そして、ショーの間や待ち時間など日光の下にいることになるので暑さ対策や日焼け対策をしっかりとして夏ディズニーを満喫してください!

夏ディズニーで日焼けしないためには?

夏のディズニーの日焼けをなめない!

せっかくの夏!暑いしテンションも上がって肌の露出が多い服装をしてしまいますよね。露出する分直射日光に当たる部分が多くなってしまいます。また一日中ディズニーで過ごすとなると、長時間日光に当たるため日焼け対策をしないと痛いほど日焼けをしてしまいます。皮膚の弱い方だとやけどになってしまう可能性も。

露出が多くなってしまいがちな暑い夏ですが、肩の出るタンクトップやオフショルなどは日差しが強く当たりやすいため避けましょう。また、忘れがちですが、頭皮も日焼けをしてしまいます。日焼けをした後皮がめくれてフケのようになってしまうことも。

夏ディズニーでベストな服装

夏ディズニーおすすめコーデ
  • 帽子(飾りのついているものならついていないものも持っていく)
  • Tシャツ(ディズニーで調達するのもかわいい)
  • ショートパンツ(日焼け止めは必須)
  • スニーカー(長時間歩きやすい靴)

上記の服装が夏ディズニーにはベストな服装。それぞれアイテムで個性を出しましょう。また、トップスは肩や胸元が大きく開いているものではなく速乾性のものならOK。靴は歩きやすいものがマスト。サンダルなどだと足の裏やかかとが痛くなるので避けましょう。

夏ディズニーでおすすめのおそろコーデ

Tシャツはパーク内で販売しているものをお揃いで。ボトムスはデニムで併せて、夏らしいサングラスで個性を出した夏らしいコーディネートです。友達とも挑戦しやすく、小物などでそれぞれ個性を出せますし、熱中症対策や日焼け対策もしやすく、取り入れやすい初心者さんにもおすすめなコーディネートです。

こちらは友達と別々の色をそれぞれ決めて1色コーデにした素敵なコーディネート。アイテムなどは別々ですが、白と黒でお揃い感がちゃんとあってかわいいですね。アイテムを指定していないことで熱中症対策や日焼け対策などもしやすいコーディネートです。

こちらは少し上級者なコーディネートです。色でそれぞれキャラクターをイメージして、アイテムを友達と合わせています。この写真はヒューイ・デューイ・ルーイですね!そして暑さ対策、日焼け対策もばっちりな素敵コーディネートです。ぜひ真似してみたいですね!

夏ディズニーで友達とおそろコーデにするのにおすすめなコーディネートを3つご紹介しました。どれもかわいくて、なおかつ夏ディズニーの暑さ対策、日焼け対策も取り入れやすいコーディネートだと思います。気分の上がるおそろコーデですが、服装でも暑さ対策や日焼け対策をしっかりしましょう。

夏ディズニーで日焼けしないために必要なもの

焼けたくない方は強い日焼け止めクリームを塗りましょう。肌が弱い方もなるべく肌に優しいものを選んでかならず日焼け止めクリームは塗るようにしてください。日焼けで済めばいいのですがやけどになる場合もあります。また汗をかくのでウォータープルーフの物を塗っていたとしても1日に何回か塗りなおしてください。

日焼け止め以外には帽子。熱中症対策でもありますが、頭皮や髪が日焼けをするのを防ぎます。とことん日焼け対策をしたい方は、アームカバーや日傘、サングラスなど。日傘は混雑状況によってはほかの人の迷惑になったり、ショーやパレードの時は後ろの人の迷惑になったりするので状況をみて使用してくださいね。

雨対策もしておこう

夏は小雨や夕立などが降ることも。また、ウォータープログラムで地面がびしょぬれになります。マキシ丈のスカートなどで行くと、裾が濡れてまとわりついてしまったりして不快な思いをしてしまうかも。なるべく裾の長いものは避けたほうが無難です。雨やショーのためにレインコートを持っていくことをおすすめします。

ほかにも、日傘を持っていく場合は晴雨兼用のものを持っていくと急な雨にも対応できるのでいいですね。夏ディズニーではウォータープログラム、そして雨の水対策で持ち物を考えてみてください。

まとめ

夏は楽しいことがたくさん。ディズニーに限らず安全第一で過ごしたいですよね。そして外で長時間過ごすディズニーのようなところへ行く場合は、楽しみためにも熱中症対策、脱水症状対策などの暑さ対策や日焼け対策をしっかりとして、暑い夏でも楽しく過ごしたいですね。

夏のディズニーは特に大変なことがたくさんあります。持ち物や暑さ対策や日焼け対策はあらかじめしっかり考えて準備してから行きましょう。大人はもちろんお子さんはとくに気を付けて暑さ対策や日焼け対策をしてあげてください。暑さ対策や日焼け対策を万全に整えて楽しいディズニーの夏を満喫しましょう!!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。