INDEX

エプソムソルトの正体とは?

塩ではなく硫酸マグネシウム

エプソムソルトはエプソム塩とも呼ばれます。エプソムソルトという名前を聞けば、多くの人が塩の一種なのだろうと考えるでしょう。しかし、塩ではなく硫酸マグネシウム(MgSO4)という無機化合物です。

見た目も白く、バスソルトのようです。その見た目からもソルトという名前が付けられているのでしょう。マグネシウムの結晶はにおいも色もなく、水に溶けやすいという特徴を持っています。

名前のエプソムの由来は、エプソムソルトが見つかったイングランドのエプソム地方から名前が付いています。ヨーロッパ州やアメリカ州では多く家庭においてあるのだとか。

民間療法にもつかわれる

民間療法

エプソムソルトは水に溶かして、オリーブオイルと数回に分けて飲むという民間療法があります。これによって肝臓にある毒素を排出させるというのです。ですが、この民間療法は医療的に根拠があるわけではないようです。

エプソムソルトを大量に体内に摂取すると、下痢を引き起こします。その際に結石が排出されると考えられていたようですが、それも摂取したオリーブオイルが固まっただけなのです。医療的根拠もなくただ下痢を起こすだけなので、試さないでくださいね。

エプソムソルトにはどんな効果があるの?

美肌効果が期待できる

美肌

エプソムソルトには美肌に欠かせないミネラルでもあります。体がしっかり温まることで睡眠の質も上がり、肌のターンオーバーにも良い影響を与えるのです。また、老廃物が溜まるとニキビや肌荒れなどの肌トラブルにつながります。代謝をあげることで美肌効果も期待できるのです。

美肌に良いものをもっと取り入れたい!という人にはパルマローザやローズのアロマがおすすめです。香りも楽しみながら美肌を目指しましょう。

\ POINT /

肌がデリケートな人は要注意!

エプソムソルトを使うと、肌がデリケートな人はかゆみを感じる場合があります。アトピー性皮膚炎や赤み、かゆみが出たら使用を中止してください。

スクラブとしても使用できる

スクラブ

エプソムソルトの小さな粒子は、角質ケアのスクラブにもおすすめです。粒が小さくさらっとしているので、直接肌をマッサージできますよ。オイルやアロマと組み合わせて使えば、香りの効果でよりリラックスできるでしょう。

作り方はエプソムソルトとオイルを混ぜて、お好みでアロマを加えるだけ。とても簡単ですね。オイルはココナッツやオリーブオイル、ホホバオイルが美容にもおすすめです。強くこすると肌が傷ついてしまうので、優しくマッサージしましょう。自作のスクラブは、作ってから2週間ほどで使い切るように心がけてください。

エプソムソルトスクラブの材料
  • エプソムソルト 1カップ
  • オイル 1/2カップ
  • アロマオイル 適量

デトックス効果が期待できる

デトックス

体の中にたまっている毒素を排出できるデトックス。エプソムソルトはデトックスの効果も期待できるのです。デトックス効果によって、美容にも健康にも良い効果が期待できますね。老廃物が体にたまると血行やリンパの流れを妨げ、むくみや便秘の原因に。さらには体が冷えて代謝が落ちるので、太りやすくなってしまうのです。

お風呂でデトックス効果というと、半身浴を思い浮かべる人も多いでしょう。しかし、半身浴は時間がかかるのでできないという事も多いはず。その点エプソムソルトのお風呂なら、気軽にデトックスできます。

ダイエット効果が期待できる



ダイエット

エプソムソルトのお風呂にはデトックス効果があるので、老廃物が排出されます。さらに体が温まり代謝があがるので、ダイエットにもおすすめなのです。体が温まると便秘解消にもつながるので、冷え性に悩む女性にもおすすめ。マグネシウムは体内の酵素を活性化させ、糖質の代謝を促してくれます。

体を温めて血行を良くしたいと考えているのなら、ジンジャーやペッパーのアロマをプラスしてみてはいかがでしょうか?よりダイエット効果が期待できるバスタイムになるでしょう。ダイエットに運動を取り入れようと考える人もいると思います。しかし、エプソムソルトのお風呂に入った後は2時間ほど運動を控えてくださいね。

リラックス効果が期待できる

リラックス

エプソムソルトのマグネシウムには気持ちを落ち着かせる効果も期待できます。仕事や学校で疲れた時、生理前でイライラする時にバスタイムでリラックスしてください。マグネシウムにはホルモンのバランスを整える働きもあります。エプソムソルトは美肌とリラックスをどちらも得られる嬉しいアイテムなのです。

また、自分の好みに合わせてアロマオイルを取り入れれば、バスタイムがより一層リラックスできる時間になるでしょう。気分を落ち着けたい時にはラベンダーやゼラニウムがおすすめです。ホルモンバランスの乱れが気になるという場合はクラリセージを試してみてください。

入浴で美容効果を体感する使い方とは?

入浴剤として利用する量は0.1~0.2%

入浴剤

エプソムソルトは硫酸マグネシウムで、温泉の成分にも含まれています。そのためエプソムソルトの使い方は入浴剤として使うのがうってつけなのです。ヨーロッパ州やアメリカ州でも、一般的にバスソルトとして使用されています。

お風呂で入浴剤として使うのなら、量はお湯の0.1~0.2%。湯船の大きさにもよりますが、150Lの湯船でで150g~300g、200Lの湯船で200~400gです。量が少なすぎると十分な効果が得られないので、しっかり量を計ってくださいね。

\ POINT /

植物オイルを加えて保湿もばっちり!

乾燥が気になる季節や、乾燥しやすいという人はエプソムソルトにオイルをプラスしてみてください。特にビタミンやミネラルを含む植物性のオイルは肌のケアにピッタリなんです。オリーブオイルやホホバオイル、アルガンオイル、マカデミアナッツオイルは人間の肌になじみが良いのでおすすめ。美容専用のオイルの方が香りは良いですが、食用のオイルも使用できます。食用のオリーブオイルならキッチンにある家庭も多いでしょう。手軽に取り入れることもできるのではないでしょうか?

入浴時間は10分以上

時計

エプソムソルトで入浴して美容効果を実感したいのなら、入浴時間もポイントになります。短すぎると効果が実感できないので、湯船には10分以上使ってください。

ただし、長湯すればよいというものではありません。長時間湯船につかっていると、せっかく排出された老廃物が再び肌に戻ってしまいます。なので、湯船につかる時間は10~20分が適切です。

\ POINT /

時間がないときは?

お風呂に肩までつかる時間がない場合や、湯船がないお部屋に住んでいる場合は足湯だけでもOK!おけにエプソムソルトを入れた湯をはって手足を温めましょう。

使用頻度は1週間に2~3日

カレンダー

エプソムソルトを使ったお風呂につかるのは、1週間に2~3日にしましょう。ただし、エプソムソルトのお風呂を始めた2週間は毎日使ってください。その後は適度に間隔をあけながら使うことで、デトックスの効果も感じられるでしょう。

エプソムソルトの効果的な使い方でキレイを目指そう!

エプソムソルト使い方と美容効果がすごい事がお分かりいただけたでしょうか?短時間の入浴でも効果が得られるので、忙しい日々のバスタイムにはぴったりです。忙しくてお風呂にゆっくり入れないと悩んでいた人も多いでしょう。ですがエプソムソルトを使えば、美肌にも健康にも嬉しい効果が期待できるのです。

使い方のポイントを押さえておけば、その効果を実感できるでしょう。いくつか注意点はありましたが、しっかりと確認してあなたのバスタイムにも取り入れてみてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。