INDEX

ミニトート使っていますか?

ミニトートはとても便利!

ミニトートはとても便利なアイテムです。ちょっと買い物に行きたい時にさっとお財布や携帯電話を入れて持ち歩いているという人も多いでしょう。市販のものはデザインが豊富なことや手ごろな値段で買うことができるので、複数枚持っているという人もいるのではないでしょうか。

自分好みのトートバッグならもっと使いやすい!

100%自分好みの市販品に出会うのは難しい

かなり手の込んでいるものやどんなに素敵なデザインだったとしても、100%自分好みのトートバックに出会うのは奇跡に近いものがあるでしょう。それはトートバックに限らずすべての市販品に言えることですが、やはり使い勝手が良いに越したことはありません。

だったら自分で作ってしまいましょう!

100%満足できる自分好みのトートバックがどのようなものかというのは、使う本人しかわかりません。だったら自分で作ってしまいましょう。ハンドメイドが苦手と思っている人も安心してください。勇気を出して挑戦したら、その作り方の簡単さに驚くでしょう。慣れてきたらアレンジすることも可能ですよ。

【ミニトートの作り方】用意するもの

必要なものはこちら

必要なもの
  • ミシン

お好みの生地を用意しましょう。裏地をつける場合はその分も用意します。表布は厚手の帆布やオックス生地がいいでしょう。裏地は薄手のものであれば大丈夫です。持ち手も布で作る場合は、表布を買う時にその分もプラスしておきましょう。

糸は普通のミシン糸で大丈夫です。色を工夫することでミシン目もまた素敵なデザインになりますから、布に合わせて糸を選ぶといいですね。

裏地なしミニトートバックの作り方

①布を裁断します

お好みのサイズで作りますので、縦と横のサイズ、マチのサイズを自分で決めましょう。すべてのサイズが決まったら布を裁断します。マチの大きさによって縦のサイズが変わりますので、少し余裕をもってカットするといいですね。

カットするときには縦のサイズは倍にすることを忘れずに。そうすれば真ん中で折って横と口の部分を縫うだけで済むので、底の部分を縫う手間が省けます。縫い目がないので強度も増します。

②持ち手を用意します

市販の持ち手テープを使ってもいいですが、表布と持ち手のデザインを合わせたいときには、持ち手用の布を裁断します。持ち手の幅は2cmから3cmくらいが目安です。それに縫いしろをプラスしておきます。長さは肩から掛けるか手提げにするかによって変わるので、お好みの長さで構いません。

③本体を縫います

本体の布を中表で半分に折り、横の部分を直線縫いします。布の端はジグザク縫いかロックミシンをかけてほつれ防止の処理をしておきます。

④マチを作ります

マチを作ります。底の部分を広げてマチのサイズを測り、その部分に線を引きます。待ち針でしっかりとおさえたらミシンで縫います。縫い終えたらマチの余分な部分をカットして、その部分に端ミシンをかけておきます。

⑤持ち手を作ります

あらかじめ持ち手は作っておきます。倍の幅でカットした布を半分に折り、縫いしろ分を内側に折り込んでアイロンをかけます。最後に両脇にミシンをかけたら持ち手の完成です。

⑥本体に持ち手を取り付けます

バッグ上側を三つ折りし、アイロンをかけます。折り返した部分に持ち手をはさみ、待ち針でとめたら三つ折りした部分をぐるりと1周直線縫いします。これで持ち手も一緒に縫うことができました。

⑦バッグの上部分を縫い、持ち手を固定して完成です!

最後にトートバックの一番上部分をぐるりと1周直線縫いをしてしっかりと持ち手を固定したら、トートバッグの完成です。とても簡単でしたね。マチの大きさを調整すれば、お子さんのレッスンバッグも作れます。

裏地付きミニトートバックの作り方

①布を裁断します。

表布と裏布を裁断します。裁断方法は裏地なしトートバックと同じです。表布と裏布は同じサイズで大丈夫です。持ち手を作る場合はこの時一緒に裁断しておきます。

②持ち手を作ります

持ち手も裏地なしトートバッグと同じように作ります。持ち手テープを使ってもいいですね。布を使って作る時には、接着芯をプラスするとしっかりとするのでおすすめです。

③本体と持ち手を縫い合わせます。

表布と裏布を中表に合わせます。入り口部分になる表布と裏布の間に持ち手を挟んで縫い合わせます。この時点ではイマイチトートバックを作っている感じがしませんが、次の工程でトートバックの形になってきます。

④脇の部分を縫う

表布同士、裏布同士で中表で合わせます。③の縫い目をピタッと合わせると、出来上がりがとてもきれいになります。まち針でしっかりととめたら、脇の部分を直線縫いします。あとで表に返せるように、裏地の真ん中の部分を1か所少し縫わずにあけておきます。

⑤マチを作ります

裏地なしのトートバッグ同様にマチを作ります。今回は裏地もあるので4か所マチを作ることになります。表布と裏布のマチのサイズをぴったりと測っておくと、出来上がりがピタッとしてすっきりとします。

⑥表に返す



表に返して裏地の縫っていない部分をかがり縫いします。ここは手縫いです。丁寧に縫うと、どこがミシン縫いしていなかった部分なのかわからないくらいになります。

⑦入口の部分を縫って完成!

きれいにアイロンをかけて入り口部分の折り目をしっかりとつけたら、最後に入り口部分をぐるりと1周直線縫いして完成です。裏地をつけるのは難しいと思われがちですが、慣れてしまうと裏地を付けたほうが簡単にできると感じる人が多いです。また裏地をつけると布の端を処理しなくて済むので手間が省けます。

ステキにハンドメイドしているミニトートバッグ実例

可愛い刺しゅうを添えて

お花の刺しゅうがかわいらしいミニトートです。お買い物に行くときに持っていくと、とても上品な雰囲気が漂ってきますね。そこの部分は切り返しになっています。表布を裁断するときに、真ん中の底になる部分に切り返し布を縫い付けておきます。切り返しをつけることはさほど難しくありませんよ。

ポケットをプラスして機能性のあるミニトート

切り返し布を縫い付ける時に一緒に持ち手部分もはさんでおきます。さらにポケット用に裁断した布を切り返し布と持ち手の部分にはさみ、切り返し布と本体と持ち手の部分をすべて一気に縫い付けておきます。これで綺麗に持ち手とポケットが付きます。あとの作り方は裏地付きトートバッグと同じです。

もこもこでかわいいミニトート

プードルファーというもこもこの生地を表布にして作った裏地付きのミニトートです。プードルファーは厚みがあってもこもこしているので少々縫いにくいかもしれません。ミシンに絡まらないようにするのが大変かもしれませんが、その分出来上がるととってもかわいくて愛らしいミニトートになります。

思い出のミニトートに変身!

写真をパソコンからプリントアウトして布に転写できる用紙を利用すれば、世界に一つだけのミニトートが出来上がります。記念品としてプレゼントをするときなどにおすすめです。

リボンやタッセルをあしらってガーリーに

リボンやタッセル、レースなどをあしらうと華やかでガーリーなミニトートになります。リボンなどは表布を裁断したその時に付けておくと裏地に縫い目が響かず、出来上がりがすっきりと綺麗になります。

ポケットに遊び心をプラスして

素材のまるで違うデニムのポケットを付けた遊び心いっぱいのデザインがいいですね。ポケットがなければシンプルなミニトートですが、デニムのポケットが1つ付くことでとてもインパクトのあるものになりました。

横幅を多くとって独特のデザインに

横幅を長めにとると、独特なデザインのミニトートになります。普通のミニトートっぽくないデザインがとても素敵でいいですね。幅が広い分、物の出し入れもスムーズにでき収納量も多めです。

持ち手を表布につけて

持ち手を表布につけてもおしゃれです。入口の部分をテープで縁取っているのでその部分に取り付けるとデザイン的にもスマートでいいですね。バンダナ柄がおしゃれでかっこよく、男性が持っていても素敵です。

お気に入りの洋服をリメイク

もう着られなくなってしまった洋服の中にお気に入りで捨てがたいものがあったら、ミニトートにリメイクしてみてはいかがでしょうか。愛着のある素敵なミニトートになりますよ。

ミニトートの材料を買うならココがおすすめ!

ユザワヤ

ハンドメイドの専門店といってユザワヤを思い出す人は多いでしょう。たいていのものが手に入るお店なので、専門的な道具や材料を購入するときに利用する人も多くいます。生地も種類が豊富なので、お好みの生地が手に入りますよ。近くにお店がない場合はオンラインショップを利用するといいですね。

パンドラハウス

大手ショッピングモールのイオンが展開するハンドメイド専門店です。布地が豊富なので、お好みの生地が手に入るでしょう。イオンは全国展開されているので、近くにお店があるという人も多いでしょう。実際に布地を手に取ってみたいという人におすすめです。オンラインショップもあります。

オカダヤ

ユザワヤに並ぶ大手手芸専門店です。生地の種類が豊富で、どれにしようか迷ってしまうくらいですが、そんな時間も楽しめる素敵なお店です。専門的な手芸用品も数多く取り揃えているので、ゆっくりとウインドーショッピングを楽しむのもいいですね。お近くにお店がない場合はオンラインショップで楽しんでみては?

クラフトハートトーカイ

名古屋に本社を持つクラフトハートトーカイは全国展開しているので訪れたことがある人もいるのではないでしょうか。こちらも大手手芸店だけあってさまざまな種類の手芸用品を手にすることができます。もちろんトートバッグに使う生地も種類が豊富です。オンラインショップでもさまざまな手芸用品を購入することができます。

「オンラインショップシュゲール」という手芸専門のネットショップも、クラフトハートトーカイと同じ藤久が展開しています。こちらもぜひ覗いてみてください。

手芸センタードリーム

香川県高松市に本社を置く手芸センタードリームもまた全国展開している大型ハンドクラフト専門店です。ミニトートを作るための生地もたくさんあるので素敵な生地を探しましょう。季節に合わせた生地も多く販売しているので季節ごとにミニトートを使い分けるのもいいですね。こちらもオンラインショップを展開しています。

簡単にできるミニトートバッグを活用しよう

いかがでしたか。ミニトートは思っているよりも簡単に作れます。市販のものももちろんいいですが、自分で作ることによって使い勝手が良くオリジナリティ溢れるデザインに仕上げることができます。自分で作ったミニトートを日々の生活に活用しましょう。

トートバッグはさまざまな機会に活用することができます。大きさもデザインも工夫次第で使いやすさ抜群のオリジナル作品を作ることができますよ。こちらの記事も参考にしながら、毎日の生活にトートバッグを取り入れて便利に暮らしましょう。

Small thub shutterstock 432628942
関連記事 トートバッグの作り方知ってる?簡単なのに可愛い裏地付きマチ付き♡

普段使いからお出かけまで、幅広く使えるトートバッグの作り方をご紹介しま

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。