INDEX

笑顔の作り方|自然な笑顔とは?

自然な笑顔の作り方|口角が上がっていて歯が見えている

自然な笑顔とは、口角が上がっていて歯が見えていることです。まず口角は、上にキュッと上がっています。そして、歯がちらりと見えているのが自然な笑顔です。口を閉じて笑っているのは「微笑み」に見えたり、わざとらしい笑い方にも見えます。

自然な笑顔の作り方|目尻が下がっていて細い目になっている

自然な笑顔とは、目尻が下がり細長い目になることが特徴です。「目が笑っていない」という言葉をよく耳にしませんか?自然な笑顔は、目も一緒に笑っていることが条件です。目が笑っていなければ、不自然な笑顔に見られてしまいます。

目が笑っていない不自然な笑顔は見分けることができます。自分が作り笑顔をしているのと同じように、誰だって不自然な笑顔をする瞬間がありますよね。作り笑顔の見分け方を知っておけば、自分もそうならないように気をつけることができます。自然な笑顔を作るのに生かせるのでぜひこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

笑顔の作り方|鏡を見て出来る練習方法5選

笑顔の作り方①鏡を使って歯を見せるトレーニング

鏡を見てできる笑顔の作り方の練習方法1つ目は、歯を見せるトレーニングです。まず鏡の前で、「ニコッ」と歯を出すイメージをつかむようにしましょう。下品にならず、自然に出る歯の状態とはどういうイメージか把握しておきましょう。下の歯が隠れ気味で、上の歯が半分ほど見えている状態が自然な笑顔のイメージです。

普段の笑い方だとどれだけ歯が見えているのかを確認してみましょう。自然に見える歯の出方を確認しておくことで、もっと自然な笑顔を作ることができます。また、口紅が歯についていないかチェックするのも大切です。どんなに自然に笑ったつもりでも、口紅が歯につく笑い方だと引かれてしまいます。

笑顔の作り方②鏡を見ながら笑顔で行う発声練習

鏡を見てできる笑顔の作り方の練習方法2つ目は、鏡を見て笑顔で発声練習を行うことです。声を出すときの腹筋に力が入る状態をイメージしておきましょう。力が入ると、顔にも力が入ります。顔に力が入る状態の様子を確認して、自分がどんな笑い方になるか確認しましょう。

自然な笑顔で過ごせるようになれば、気持ちも明るくポジティブになれます。また、笑顔でいると周囲も明るくなります。「笑顔=幸せ」というように広く認識されているので、自然と自分の元に幸せになれるきっかけも舞い込むようになります。笑顔でいることの心理や効果を紹介しているのでこちらもチェックしてみましょう!

Small thumb shutterstock 524899408
関連記事 いつもニコニコ笑ってる人の心理15選!笑顔の効果でハッピーに!

いつもニコニコ笑っている人ってなんだか羨ましいですよね。そんないつもニ

笑顔の作り方③鏡の前で作り笑顔の練習

鏡を見てできる笑顔の作り方の練習方法3つ目は、鏡の前で作り笑顔の練習をすることです。接客業など、常に笑顔で仕事をしなければならない時は作り笑顔を自然な笑顔に近づけられるように練習しましょう。鏡の前で笑顔を作ってみて、不自然な部分はどこか、どう笑えば自然な笑顔に近づくのかをチェックしましょう。

笑顔の作り方で大切なポイントは「作り笑顔さえも自然な笑顔に見せる」ことです。明らかに「愛想笑いなんだな」「今は笑いたくないのに笑っているんだな」と思われるような笑顔は、相手にも伝わります。

笑顔の作り方④割り箸をくわえて行う口角を上げる練習方法

鏡を見てできる笑顔の作り方の練習方法4つ目は、割り箸をくわえて口角を上げることです。割り箸トレーニングと呼ばれていて、口角をキュッと上げることができます。口角が上がっていると、普段から明るい表情になり笑顔を意識していなくても印象が良くみられます。

割り箸トレーニングは、自然で美しい笑顔を作る方法にとても最適です。また、顔のハリも良くなるのでアンチエイジング効果もあります。簡単にできるので、鏡を見るトレーニングに慣れたらテレビを見ながら読書をしながらなど「ながらトレーニング」も可能ですね。動画で詳しく紹介しているので参考にしてみてくださいね。

笑顔の作り方⑤目の筋肉を鍛える眼輪筋トレーニング

鏡を見てできる笑顔の作り方の練習方法5つ目は、眼輪筋のトレーニングです。眼輪筋は目の周りの筋肉のことで、鍛えることでたるんだ目元をぱっちり開くことができます。目元がたるんでいたり腫れぼったいと、笑顔も重たい印象になります。目元を細くしようとしても、もともと細ければあまり変化もありませんよね。

最初からぱっちりとした目が、自然な笑顔で目が細くなるギャップも笑顔に変化をつけるために必要です。動画で詳しくトレーニング方法を紹介しているので参考にしてみてくださいね。目のたるみは老け顔に見える原因にもなり、メイクのりも悪くなります。眼輪筋を鍛えて素敵な目元を手に入れましょう!

笑顔の作り方|表情筋のトレーニング方法6選

笑顔の作り方①ウイウイ表情筋トレーニング

笑顔の作り方1つ目は、ウイウイ表情筋トレーニングです。「ウ」と「イ」の口を繰り返すだけで口周りや頬にかけての表情筋を鍛えることができます。とても簡単にできるトレーニングなので、オフィスでこっそり行うことも可能ですね。声を出す方が効果的ですが、出さなくても大丈夫です。やり方を紹介します。

ウイウイ表情筋トレーニング
  1. 唇を「ウ」の形で尖らせます。声も一緒に出しましょう。10秒キープします。
  2. 唇を「イ」の形に横に引っ張ります。声も出しながら10秒キープします。
  3. もう一度繰り返します。

笑顔の作り方②顔のコリをほぐすストレッチ!風船トレーニング

笑顔の作り方2つ目は、風船トレーニングです。先ほど紹介した「ウイウイ表情筋トレーニング」と合わせて行うとより効果的です。顔全体の筋肉を使うので、コリもほぐれむくみも取れます。風船トレーニングのやり方を紹介します。

風船トレーニング
  1. 口の中に空気を含んで風船のように膨らませます。
  2. 右側の頬に空気を寄せて5秒キープします。
  3. 左側の頬に空気を寄せて5秒キープします。
  4. 上唇の裏側に空気を寄せて5秒キープします。
  5. 顎側に空気を寄せて5秒キープします。

風船トレーニングは表情筋が鍛えられるだけでなく、顔の血行も良くなるのでむくみ改善や顔色が良くなる効果もあります。動画でも詳しく解説されています。上唇の裏側に空気を溜める部分は、ほうれい線を消すのにも効果があるので、積極的にやってみましょう!

笑顔の作り方③表情筋を活性化しよう!あいうべ体操

笑顔の作り方3つ目は、あいうべ体操です。表情筋を鍛えるだけでなく、免疫力アップにも効果がある体操です。「あ・い・う」の口をした後に、「ベー」と舌を出す体操です。動画で詳しく紹介されているので是非やってみてください!

笑顔の作り方④表情筋を鍛えて口角を上げる舌の上下トレーニング

笑顔の作り方4つ目は、舌の上下トレーニングです。口角を上げるのに効果があります。また、口周りの筋肉が引き上げられるので小顔効果もあります。やり方もとても簡単なので、気付いた時に行えるのがいいですね。やり方を紹介します。

舌の上下トレーニング
  1. 舌を思い切り出して、鼻の頭につけるイメージで上にあげます。5秒キープします。
  2. 舌を顎につけるイメージで顎に向かって伸ばします。5秒キープします。
  3. 3セットやります。

笑顔の作り方⑤への字口改善!頬肉リフトアップトレーニング

笑顔の作り方5つ目は、頬肉のリフトアップトレーニングです。頬肉を引き上げることで口角が上がり、口を閉じていても自然な明るい表情になることができます。口を閉じていても明るい表情は印象も良く、笑った時の口元も美しく見えます。動画で詳しく紹介されているので実践してみましょう!

笑顔の作り方⑥えくぼの筋肉!笑筋トレーニング

笑顔の作り方6つ目は、笑筋(しょうきん)を鍛えるトレーニングです。笑筋は、えくぼを作る筋肉です。えくぼのある笑顔はとてもチャーミングで可愛らしいですよね。鍛えてえくぼのある笑顔を目指しましょう!やり方を紹介します。

笑筋の鍛え方
  1. 口をしっかり閉じます。
  2. 口角を外側に引っ張るように笑います。口は開けないように気をつけましょう。
  3. 10秒キープできたら戻します。

笑顔でいることはとても大切です。自然な笑顔が難しいと感じる時でも、作り笑顔で構わないので「いつも笑顔でいよう」と心がけてみましょう。落ち込んだ顔ばかりしていると、心もどんどん落ち込んでいきます。いつも笑顔でいることの大切さを紹介している記事があります。ぜひ一度読んでみてくださいね。

Small thumb shutterstock 332500766
関連記事 いつも笑顔でいることの大切さ4つ|ずっと笑って幸せに過ごす方法は?

皆さんいつも笑顔で過ごすことができていますか?いつも笑顔の人は素敵だな

笑顔の作り方|自然な笑顔のコツ5選

自然な笑顔のコツ①「イ」を意識して口を横に引っ張る

自然な笑顔の作り方1つ目は、「イ」を意識して口を横に引っ張ることです。口を横に引っ張ることを意識することで、自然と口角も上がり笑顔を作ることができます。この時、頬が上に持ち上がるような状態をイメージすると笑顔に近づきます。

口角を上げることは顔全体のたるみ改善にも役立ちます。口角が上がっていると、顔の表情も明るくなりハリも出ます。年齢も若く見えるようになり、まさに良いことづくめですね。口角を上げるメリットについてこちらの記事で紹介されています。トレーニング方法も一緒にチェックしてみてくださいね。

Small thumb shutterstock 524899408
関連記事 口角を上げる方法10個|口周りの筋肉を鍛えるエクササイズは?

こちらの記事では、口角を上げるメリットや、口周りの筋肉を鍛える簡単なト

自然な笑顔のコツ②目を細くするように意識する

自然な笑顔の作り方2つ目は、目を細くするように意識することです。「目が笑っていない」と思われないよう、目を細めるように意識しましょう。その時に、「視力が悪くてよく見えない時の目の細め方」だと目つきが悪く見えてしまいます。

下まぶたを上に引き上げるような状態をイメージしながら目を細めると、目つきが柔らかくなります。また、眉間にシワがよらないように気をつけることも大切です。眉毛に力が入らないように作り方に気をつけましょう。絵文字の「ニコニコ顔」を意識すると素敵な目元が作りやすいです。

自然な笑顔のコツ③歯が少し見えるように笑う

自然な笑顔の作り方3つ目は、歯が少し見えるように笑うことです。「イ」の状態で口を横に伸ばしたら、上の歯が見えるように唇を開きます。この時、歯茎が見えすぎてしまうと格好が悪いので、ほどほどに唇を開けることが大切です。下の歯は隠れている方が自然な笑顔に見えます。

歯の見える笑い方は、口臭を気にしなければなりません。表情は自然な笑顔でも、口が臭いとなんだかげんなりしてしまいますよね。マウスウォッシュが口臭に効果的です!自然な笑顔をもっと素敵にするために口内環境も意識しましょう。こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

自然な笑顔のコツ④への字口にならないように日頃から意識して口角を上げる

自然な笑顔の作り方4つ目は、日頃から口角を上げることを意識することです。いつもしかめっ面でへの字口で生活していると、なかなか口角も上がりにくくなります。顔全体のたるみの原因にもなるので、笑顔が重たく暗くなってしまいますね。

「口角を上げること」を意識しながら生活してみましょう。例えば歩いている時でも、買い物をしている時でも、力を入れすぎない程度に口角を上げることを意識します。自然な笑顔を作ることができ、常に明るい表情になれます。

自然な笑顔のコツ⑤接客業では声も爽やかに明るいトーンを意識しよう!

自然な笑顔の作り方5つ目は、声も意識して笑うようにすることです。笑顔の作り方で大切なのは、顔だけではありません。接客業でしたらなおさら、お客さんに顔を見られていない時でも声のトーンに気をつけましょう。「声が笑っているように明るい=表情も笑顔」と自然に直結します。

爽やかで明るい声のトーンは、表情も爽やかで明るいと連想されます。顔は笑っていても声のトーンが暗いだけで、なんとなく印象も悪くなってしまうんです。お店の前を通った時に、明るい爽やかな店員さんの声が聞こえると思わず入りたくなりますよね。自然な笑顔を作る時は、声にも気を使いましょう!

笑顔の作り方|写真写りが良くなる方法5選

写真写りが良くなる方法①自撮りしてみて実際の写真写りを知ろう

写真写りが良くなる方法1つ目は、実際に自撮りしてみて写真写りを知ることです。この時の自撮りは、スマホのアプリは使わずに通常のカメラで撮りましょう。また、明るいライトの下ではなく太陽光や、夜の室内灯で撮ってみてくださいね。できればセルフタイマーをセットし、他人に撮られているのと同じ状況を作りましょう。

実際の写真写りを、正直に受け止めてどこが良くないのがしっかりと探ります。ここでチェックしておきたいポイントを踏まえて、改善していきたい部分を出してみましょう。

チェックしておきたい写真写りと改善ポイント
チェックするところ 改善ポイント
メイク メイクの仕方を見直す・明るい色を取り入れる・ラメを使う
髪型 顔周りをスッキリさせる・髪型を変える
表情 笑い方を変える・目つきを見直す
服装 顔周りに明るい色を持ってくる
ポーズ ピース以外のポーズを考える

写真写りが良くなる方法②猫背にならない!正しい姿勢で写ろう

写真写りが良くなる方法2つ目は、姿勢に気をつけることです。自分では姿勢がいいと思っていても、実は背中が丸まっていたり猫背の方ってすごく多いんです。意識して背筋を伸ばすと、顔の表情がパッと明るく見えます。丸まった背中や猫背はどうしてもだらしない印象になってしまいます。

正しい姿勢をするということは、写真写りが良くなる以外にもいろいろなメリットがあります。例えば基礎代謝が上がったりむくみ改善やダイエット効果もあるのはご存知でしたか?正しい姿勢を意識することは女性に嬉しい効果ばかりですね。こちらの記事で更に詳しく紹介されているので参考にしてみましょう!

写真写りが良くなる方法③眉毛を少し上げるだけで目力アップ!

写真写りが良くなる方法3つ目は、眉毛を上げて目力をアップさせることです。おでこにシワがよらない程度に、眉毛を少し上にあげてみましょう。目の縦幅が広がり大きな目になります。写真写りには目力がとても大切です。ぼんやりした目よりも、はっきりとした目の方が写りも良くなります。

写真写りが良くなる方法3つ目は、眉毛を上げて目力をアップさせることです。おでこにシワがよらない程度に、眉毛を少し上にあげてみましょう。目の縦幅が広がり大きな目になります。写真写りには目力がとても大切です。ぼんやりした目よりも、はっきりとした目の方が写りも良くなります。

写真写りが良くなる方法④あごは引きすぎない!首も伸ばしてシャープな輪郭

写真写りが良くなる方法4つ目は、あごは引きすぎないことです。よく「あごは引いて小顔に見せよう」とは聞きますが、引きすぎると二重あごに見えたり目つきが悪く見えたりする原因になるんです。あごは少し内側に入れる程度を意識しましょう。また。引きすぎないようにするために首を少し伸ばすのがポイントです。

首を伸ばすことで、あごを後ろに引きすぎないように防ぐことができます。首が長く見えると小顔効果が出ます。頭のてっぺんから糸で引っ張られている状態を意識してみると、首を自然に伸ばすことができます。

写真写りが良くなる方法⑤笑顔が一番素敵に見える角度を知っておこう

写真写りが良くなる方法5つ目は、笑顔が素敵に見える角度を知っておくことです。自然な笑顔が出せるようになったら、写真写りが一番素敵に見える角度がどこなのか研究しましょう。左右どちらから見た方が写りが素敵なのか確かめます。

写真を実際に撮る時はその角度から取られるように意識して場所をとりましょう。また、反対の角度から撮られる時はなるべく顔を正面に向けるように気をつけたり、頬に手を添えると写りの悪さをカバーできます。

他にも写真写りが良くなる方法をこちらの記事で紹介しています。写真写りが悪い人の特徴も把握しておくことで、自分にどれだけ当てはまるのかチェックすることもできますね。写真写りを良くして、いつ撮られても大丈夫になりましょう!こちらの記事を参考にしてください。

Small thumb shutterstock 444923386
関連記事 驚きの理由!写真写りが悪い人の特徴とは?少しの対策で美人度アップ!

写真写りが悪いため、撮られるのは好きじゃない・・・こんな風に思ってしま

出っ歯でも可愛い笑い方は?

出っ歯でも可愛い笑い方|歯を気にしすぎない自然な笑い方が一番可愛い

出っ歯だと、どうしても口元が気になって笑にくい方も多いのではないでしょうか?気にして口を閉じて笑うよりも、気にしないで自然に笑う方がとても素敵に見えるんです。自然な笑顔ほど、人に好印象を抱かれる表情はありません。

また、出っ歯だからこそ口を開けて笑っていると「本当に楽しんでくれてるんだな!」という印象を持たれます。あまりコンプレックスを気にせず、むしろ武器にしていきましょう!

出っ歯でも可愛い笑い方|歯茎を出さないように上くちびるを被せ気味にする

思い切り笑いたくてもやっぱり気になるという出っ歯の方は、歯茎を出さないように意識してみましょう。口元から見える歯の面積を隠すことで出っ歯をカバーすることができます。歯茎が出ていると、歯がすべて見えてしまうので強調されますよね。

自然な笑顔の作り方を練習して表情豊かで素敵な人になろう!

自然な笑顔の作り方を紹介しました。鏡の前での練習や、表情筋を鍛えるトレーニングで素敵な笑顔を作ることができます。笑顔が素敵な人は、爽やかで印象も良くいつも周りも華やかで幸せな気持ちになれます。接客にも生かせる自然な笑顔を、ぜひ練習してみましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。