INDEX

自撮りをする前の準備

メイクはきちんと仕上げましょう!

あ

自撮りをしようと思う時ってすっぴんでは撮らないですよね?きちんとメイクしてる人が多数だと思いますが、目元や口元の色がはっきりうつるようにしっかりめにメイクをしておきましょう!自撮りをしたときに光で飛んだりせず、キレイに映ることができます。

スマホやカメラをスタンバイ!

あ

自撮りをするために必要なのはもちろんカメラですよね。オリンパスなどのコンパクトデジカメでも良いですが、スマホなら誰でも持っているので簡単に自撮りをすることができますよ。いつでも撮って、失敗したら消せるので便利ですね。

ブスな自撮りから卒業するには自分の顔をよく知ることが大事

自分が一番かわいく見える角度は?

あ

人間は、左右で顔のバランスが違う人がほとんどです。前髪の分け目や、右目のほうが大きい、口角が上がっている方向、などありますよね。自撮りをするとき、正面からでも良いのですが自分が一番かわいくキレイに見える方向を知っていればより一層可愛い自撮りを撮ることができます。

顔が丸い人は下からの自撮りはブスになる!

あ

シュッと顎が尖っている方が、下から自撮りをしても大丈夫なのですが、顔が丸い人やぽっちゃりさんは下から撮ると余計に顔が大きく見えたり、ブスに見えちゃいます!自信がない人は下からの自撮りはやめましょう。

ブスな自撮りから卒業!可愛い自撮りのコツとテクニック!

自撮りテクニック・コツ①斜め上から撮る

あ

自撮りがうまい人は、斜め上の角度から自撮りをすることがおおいです。斜め上から自撮りすることでちょうどよく光が入り、顔立ちもはっきり見せてくれます。目を閉じて撮る方も多いですが、斜め上の角度のカメラを見れば上目遣いになってより可愛く自撮りをすることができます。

自撮りテクニック・コツ②太陽光を使う

s

カメラで写真を撮る時は、明るいところで撮りますよね。自撮りの場合も同じで、光が入る方が顔がキレイに写り、可愛くなります。なにより太陽光は、電気の光と違って自然な光がカメラに入るので顔もナチュラルな印象になり、自撮りがうまくいきます。

自撮りテクニック・コツ③自然な笑顔で撮る

あ

友達と写真を撮るときも、撮られるときも怒った顔や真顔はしないですよね。自撮りのときも笑顔が大事なのですが、笑いすぎは目が小さくなるし顔が大きく見えます。自然に微笑む程度が、可愛く見えるコツとなります。

自撮りをするときにオススメのアプリ

アプリ「SNOW」

あ

最近SNSを見ていても自撮りはSNOWというアプリに頼っている人がたくさんいますよね!「SNOW」は、顔を入れ替えたりフィルターをかけたりして写真を撮ることができます!そしてなによりもSNOWに搭載されている犬や猫などのフィルターを使えば自然に目が大きくなり、メイク加工もされて可愛く撮れます。

自撮りが苦手な方でも、SNOWというアプリに頼ればきっと可愛く自撮りをすることができて、おすすめです。SNOWはiphoneでもAndroidでもダウンロードできるので持っていてソンはないです。

アプリ「LINEcamera」

あ

iphoneでもAndroidでも使えるアプリ「LINEcamera」はその名の通りLINEのキャラクタースタンプやフレームなどがあるカメラアプリ。フィルターを変えたり写真を切り取ったりするのはもちろん、撮った写真を美肌やメイク加工することが出来ます!

LINEcameraを使えばたとえすっぴんで自撮りをしたとしてもメイク加工で顔が完成します!ニキビやクマを消してくれる機能もあるので、まるで別人かのような自撮りを完成することができます。

自撮りを可愛くするアイテム!

アイテム①コスメ



あ

最近ではパッケージも可愛いコスメが多いですよね。自撮りをするとき、コスメを顔の近くに持ってくることで女子力の高さもアピールできる上、顔のお肉を隠すことができるので一石二鳥です。大きめのコスメを持てば小顔効果にもなり、かわいい自撮りができますよ。

最近ではSNSで愛用コスメを載せるのも流行っていますし、自撮りをしながら愛用コスメを紹介できるのも便利ですね。メイクがうまくいかなかった日でも、コスメを添えればコスメに目が行くので安心!

アイテム②袖

今の時期、長袖を着ていますよね。自撮りをするときは萌え袖にして顔に当てましょう。片方のほっぺたを隠せば、顔の見える範囲が少ない分痩せて見えるし自撮りも可愛く撮れますよ。

萌え袖は男子の胸キュンポイントを抑えているので、男子ウケするような自撮りが撮りたいときにはもってこいのアイテムになりますね。

可愛い自撮りのポーズ!

虫歯ポーズ

一番王道なのは虫歯ポーズ。顔に手のひらをくっつけて、小顔美人になることができます!先程の萌え袖で隠すやり方と似ていますが、手のひらで隠すのは袖がない服のときでも出来るのでいつでも可愛い自撮りが撮れちゃいます。

指ハート

韓国で流行った、親指と人差し指をクロスして作る指ハートポーズ!両手でハートを作るポーズはもう古い!今は指ハートで可愛い自撮りを撮っちゃおう!

しかしまだまだ指ハートを知らない人もいるので「なにそれ?ださい」と思われないように可愛いポーズに作り上げるのがコツですよ!

ちゅんちゅんポーズ

あ

大人気モデル藤田ニコルちゃんがよくやる、口に指を当てるちゅんちゅんポーズ。小鳥のような「ちゅん顔」にするのがコツで、「ちゅん顔」から「ちゅんちゅんポーズ」という名が付きました。女子らしさもでて、男性からも人気の可愛いポーズです。

数人で自撮りをするときのコツ!

カメラを自分で持って撮る場合

あ

友達と遊んでいる時、自撮りで写真を撮ることってありますよね。でもそういうときって大体、言い出した人がカメラを持って撮りますよね。となると、カメラを持っている自分の顔が一番大きく写ってしまうのは自然な現象。でも少しでも小さく写りたいですよね?

そんなときはカメラを持っていない方の手で顎やほっぺたを隠しましょう!虫歯ポーズでも良いですし、顎でピースをしたり、口元をマスクのように隠すのもコツです!

カメラを友達が持って撮る場合

あ

複数人で撮るとき、カメラから一番離れた場所にいれば顔は小さく映るけどピンとが合いづらく、顔がはっきり映らないので可愛くなりません。そんなときは、思いっきり目を開いて、自然な笑顔を作るようにしましょう。大きくポーズをすれば目立って良いですよ。

ふたりで自撮りをする場合

あ

友達とふたりで自撮りをするなら、カメラにふたりとも顔を収めて撮ることができますよね。でも、その友達の顔がちっちゃかったら自分の顔の大きさやブスが引き立つからいやですよね?

そんなときのおすすめテクニックは友達とお互いのほっぺたをくっつけちゃいましょう!顔を付けることで、ほっぺの肉が隠れるのはもちろん、仲良しさもアピールできて一石二鳥!あえて、目を閉じて口をくしゃっと笑うのも友達と比較されないようなテクニックとしても使えますよ!

テクニックを多用して自撮りブスから卒業しよう!

自撮りブスな私はもういない!

あ

自撮りをうまく撮るコツやテクニックはわかりましたか?どうしても自撮りが苦手な人は自撮りブスな女になってしまいますよね。でも、今回紹介したコツやテクニックをうまく使えば自撮りブス女から卒業することができちゃいます!可愛い自撮りをしてSNSにアップして人気者になっちゃいましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。