INDEX

「野菜ジュース」のウソ?ホント?

野菜ジュースは体に悪いはウソ

野菜ジュース自体は体に悪いというわけではありません。むしろ体に良いものなんですが、なぜ悪いと言われているのか?それは市販の野菜ジュースの中でも添加物がたくさん入っているものがあるからなんです。市販のジュースでもよいものはたくさんあります。だから野菜ジュースが悪というわけではありません。

野菜ジュースは野菜を食べる事とは違う

市販の野菜ジュースの多くは、殺菌や長く保存させるために加工されて作られています。その作る過程で避けられないのが、酵素とビタミンC、不溶性食物繊維が激減します。これらは、熱に弱いために加工される過程で激減されてしまうのです。

安全で、尚且つ飲みやすくするために作られた市販の野菜ジュースでは、生野菜を食べるよりも摂取できる栄養素が不足してしまう理由から、野菜ジュースは野菜を食べる事とは違うと言えるでしょう。

市販の野菜ジュースを選ぶ時は、栄養成分表示をみて摂取したい栄養素が豊富に含まれているか確認して選ぶことをおススメします。

市販の野菜ジュースも栄養素が入っている

市販の野菜ジュースが作られる過程で、加工されてもあまり量が変わらない栄養素があります。その栄養素は、ビタミンA、βカロチン、ビタミンB、カリウム、ビタミンEです。

逆に、野菜ジュースを作るときに過程で加熱処理をされることで、生のまま野菜を摂取するよりも栄養素の吸収率が高くなるものもあります。それは、トマトに含まれているリコピンや、ニンジンに含まれているβカロチンです。これらは、1.5倍ほど吸収率が高くなります。

ダイエット目的ではなく、栄養を摂取する目的で市販の野菜ジュースを選ぶ時は、生の野菜よりも1.5倍の吸収率が期待される、ニンジンやトマトがベースになった野菜ジュースを選ぶとよいでしょう。

野菜ジュースを飲み過ぎると太る原因

野菜ジュースに含まれる果糖が太る

市販の野菜ジュースが太る理由として、砂糖が入っているからだと誤解されがちです。市販の野菜ジュースにかかわらず、野菜ジュースダイエットにおいて気を付けなくてはならないのは砂糖の不使用だけでなはく、野菜ジュースの中に入っている糖分の一つである果糖なのです。

果糖は、ほとんどが肝臓で代謝され、インスリンを必要としないため血糖値をあげない性質があり、エネルギーに変わるのが速いのも特徴です。スポーツ飲料に果糖が使用されているのも、運動前後に使われるエネルギーを補給するためなのです。

また、果糖は満腹感が得られないことと、砂糖よりも1.5倍の甘味を感じることから慢性的に摂取したくなることがあります。運動をせずに果糖を過剰摂取してしまうと太る原因になります。ダイエットをしている人は、適切なタイミングと摂取量を守って飲むようにしましょう。

野菜ジュースを寝る前に飲むと太る

野菜には血糖値を上昇させる「GI値」が高いものがあります。代表的な野菜としては、ジャガイモ、ニンジン、トウモロコシ、カボチャ、里芋などです。血糖値が急激にあがると、体は血糖値を下げるために血糖を脂肪に変えようとします。そのため、GI値が高い野菜を摂取しすぎてしまうと太るというわけです。

寝る前に野菜ジュースを摂取すると、代謝されるエネルギーが少ないので、使われなくなったエネルギーは体内へと蓄積され脂肪となり、太る原因となります。

市販の野菜ジュースに、よくある「濃縮2倍」など表記されていますが、加熱しても成分に変化がないトマトやニンジンは、その効果も2倍となるわけです。ダイエット目的で野菜ジュースを飲む場合は、「濃縮2倍」=「栄養2倍」だから、体にいいとは考えずに、目的にあった野菜ジュースを選ぶことをおススメします。

野菜ジュースのカロリーが高いと太る

実は、市販の野菜ジュースが、高カロリーなのをご存知でしょうか。市販の野菜ジュースの平均カロリーは100ミリリットルあたり30キロカロリーくらいです。これを500ミリリットルのペットボトルに当てはめると150㎉になります。実は、同量のポカリスエットは135㎉なので、それよりも多いことになります。

ダイエットをしている人なら、必ず気になるのがカロリー摂取量と、消費量でしょう。野菜ジュースのカロリーも、1日の摂取カロリーに忘れずに計算しないと思わぬところで太る原因となります。市販の野菜ジュースの中でも低カロリーのものもありますのでダイエット中の人は、カロリー表示を意識しましょう。

ダイエット効果が高い野菜ジュースは市販?手作り?

市販の野菜ジュースは手軽で成分がわかりやすい

市販の野菜ジュースは、成分や栄養、カロリーの表記が明確にされています。野菜ひとつのグラム単位まで頭に入れておかなくても成分表をみれば一目瞭然でわかるため、ダイエット中の人には助かりますよね。

市販の野菜ジュースは、1本100円前後で売られています。忙しい朝に作る時間がないときでも、手軽に場所を選ばず飲むことができるのが嬉しいですね。



手作り野菜ジュースは好きな味付けで低価格

手作り野菜ジュースの魅力は、お好みの野菜を選べることですね。ダイエットなど目的別で、より効果の高いジュースを作ることができます。レシピによっては、100円以下でつくることもできて、自家栽培する人なら低価格で美味しい手作り野菜ジュースを飲むことができます。

作りたてのフレッシュな野菜ジュースを飲むことができるので、より栄養を吸収することができることが利点ですが、作り置きをしてしまうと、酸化がすすみ、分離して、味も悪くなるため飲みたい時にひと手間かけなくてはなりません。

ダイエット効果に差がつく野菜ジュースを飲む時間

毎朝コップ1杯の野菜ジュースでダイエット

朝の早い時間にコップ1杯飲むと、代謝や血流がアップするのでダイエットに効果的です。また、1日活動することで野菜ジュースで摂取したエネルギーを消費することもできます。食事もしっかりとって、運動もする健康的なダイエットをする人、長期的にダイエットを考えている人にはベストタイミングと言えるでしょう。

毎食前コップ1杯の野菜ジュースを飲んでダイエット

毎食前にコップ1杯の野菜ジュースを飲むことで、多少の満腹感が得られることから食事の量を減らすことができます。先に野菜ジュースを摂取することで、血糖値が上がりにくくなるので、ダイエット中の方だけでなく、野菜不足を補いたい方など、誰にでも当てはまる野菜ジュースを飲むベストタイミングと言えるでしょう。

野菜ジュースで置き換えダイエット

野菜ジュースで置き換えダイエットをする方法は、1日の1食分を野菜ジュースに置き換えだけです。外でお仕事をされている方なら朝、昼を抜くのはストレスになるので夜を野菜ジュースに置き換えている方がほとんです。置き換えダイエットは、1日の摂取カロリーを抑えるのが目的ですので、夜飲んでも大丈夫です。

野菜ジュースで3日間のプチ断食ダイエット

3日間のプチ断食の方法は、プチ断食を始める前日は軽食程度にしておきます。なるべく消化の良いものにするといいでしょう。プチ断食1日目~3日間は、朝・昼・晩のタイミングで野菜ジュースを飲みます。プチ断食終了の次の日は、いきなりガッツリ食べると胃がビックリするので、回復食として軽食にしましょう。

野菜ジュースでプチ断食ダイエットをする目的は、内臓を休めることでデトックス効果を行い、代謝をアップさせるのが目的です。消化がよくなるので、脱水症状などを起こさないようにするために野菜ジュース以外の水分は1リットルから2リットルは最低でも補給するように心がけましょう。

ダイエット効果が高い野菜ジュースの最強レシピ!

ダイエット効果の高い野菜ジュースには水菜レシピが有効!

時短で低価格なのに効果抜群な最強レシピは、水菜の野菜ジュースです。水菜は、1年草でスーパーでも低価格で1年中購入することができますし、とても飲みやすい野菜ジュースをつくることができます。

水菜を使った野菜ジュースのレシピ
  • 水菜・・・30g
  • リンゴ・・・1/4
  • ヨーグルト・・・大さじ1杯
  • 豆乳・・・100g

\ POINT /

水菜を使った野菜ジュースの栄養素と効果

水菜は100グラムあたり23㎉とヘルシーな野菜ですが、栄養素は抜群で、ビタミンA、E、K、C。葉酸。カリウム。マグネシウム。リン。鉄分。亜鉛。モリブデン。βカロチン。アリルイソチオシアネート。食物繊維。などが入っていて、美肌・美容効果、アンチエイジング効果、ダイエット効果が期待できる野菜です。

ほうれん草も野菜ジュースダイエットにおすすめ

ほうれん草は満腹になったという指令を出してくれるホルモンを活発にする効果があるとのことでダイエット効果をアップしてくれます。他にも体によい栄養素が入っているので健康的にダイエットすることができます。

ダイエット!ほうれん草ジュースのレシピ
  • ほうれん草・・・2株
  • バナナ・・・1本
  • パイン・・・3切れ
  • オレンジ・・・1/2個
  • 水か豆乳・・・100cc

手作りで野菜ジュースをつくる時は、季節によって高価になる野菜もあるので、なるべく季節や目的に合わせて低価格で手に入る野菜でつくることが良いでしょう。最近では、野菜ジュースのレシピ本でも幅広く紹介されているので、ダイエット効果が高く、自分の好みの味に合ったレシピを探すのも楽しいですね。

グリーンスムージーと同じで野菜ジュースでも痩せない場合があります。やり方が合っているのか確認できる記事でレシピなども載っているので参考にしてみてくださいね。

野菜ジュースでダイエットを成功させよう

野菜ジュースを買ったり、自分でレシピを作って飲んだりしながらダイエット効果を実感しましょう。便秘改善や代謝アップ、食事のカロリーカットなどダイエット効果の高い野菜ジュースで健康的にダイエットしてみませんか?

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。