INDEX

ネクタイはどうやって、たたむ?収納は?

4種類のたたみ方がある

たたむ

あのネクタイどこにいった?と朝忙しい時に困ったこと、ありませんか?かけておいたのに下に落ちていたり、出してみたらシワが付いていて取れないという経験をされた人もいるのではないでしょうか?購入したけれど忘れてしまってまた同じようなネクタイばかり購入してしまうなんてことも。

ネクタイはたたみ方や収納方法を工夫するだけで綺麗に選びやすく収納することができます。ネクタイのたたみ方には4種類あります。手持ちのネクタイの数や収納スペースに合わせて自分にピッタリのものを見つけてください。

たたみ方に合わせて収納方法を選ぶ

収納

収納スペースや使いやすさに合わせて、たたみ方を選びましょう。たたみ方に合わせてケースにしまったり、壁にかけたりといろいろな収納方法があります。綺麗に整理されていると気持ちいいですよね。毎日使うものなので選びやすく、収納がストレスにならない方法を選びましょう。

ネクタイに優しい「たたみ方」は?

平置き

平置きはネクタイへのダメージが一番少なく、収納スペースに余裕のある人や手持ちのネクタイが少ない人におすすめです。お店でも平置きで販売されていますよね。二つ折りにする場合は折り目がつかないように軽くたたみましょう。しっかり折ってしまうと二つ折りのシワが残ってしまいます。

ネクタイの剣先と折った部分を交互に入れると綺麗に収納できます。上に重ねて保管すると下のものにシワがつくので重ねず並べて保管するか、ネクタイを縦に並べて収納しましょう。平置きのメリット・デメリットをまとめました。

平置きのメリット・デメリット
メリット デメリット
ネクタイにかかる重みが均等になり、シワや型崩れを防止できる 長期間保管するとシワになる
カバーに入れて収納すると、ほこりがつかない 重ねると下になるネクタイのシワが酷くなる

丸める

平置きでたたみ、折った部分が内側に、先端が外側になるように丸める収納方法です。同系色や柄を揃えて保管すると選びやすく手持ちのネクタイが多い人におすすめです。丸める時はきっちり丸めるとシワが付いたり型崩れをするので、ふんわり丸めるようにしましょう。丸めて収納するメリット・デメリットをまとめました。

丸めるメリット・デメリット
メリット デメリット
手持ちのネクタイを把握しやすく、選びやすい ケースに無理矢理押し込むとシワがつく
透明な箱にいれるとインテリアになる ケースに無理矢理押し込むと型崩れする
ふんわり丸めておけばシワになりにくい 出し入れ時に縁がこすれると傷がつく

かける

かける収納は使った後にかけるだけなので、たたんだり丸めたりする手間がかかりません。丸める収納同様に色や柄を揃えると選びやすくなります。ネクタイは薄いので場所をとらずデッドスペースになりがちな扉の裏や隙間を有効利用できます。

かけるメリット・デメリット
メリット デメリット
場所をとらずコンパクトに収納できる ケースに入れないためほこりがつきやすい
生地が伸びシワがとれる 長期間かけていると伸びてしまう
選びやすく、使った後はかけるだけで手間がかからない 重ねてかけると選びにくい

\ POINT /

かける収納に向かない素材

コットンやウール、ニット素材は伸びやすいので、丸めて収納するのがおすすめです。

おにぎり型

スーパーの袋などを収納する時に三角形にたたむ折り方です。ネクタイの細い方から三角形になるように折りたたみ、巻き終わりを折り目に差し込むとおにぎり型になります。何度も折りたたむのでシワがつくイメージがありますが、きっちりたたまずゆるく折りたためばネクタイに優しい収納方法と言われています。

ネクタイを収納する前に注意したいこと

外した後にすぐ収納しない

つるす

一日使った後のネクタイには汗やほこりがついています。そのまますぐにしまってしまうとカビや虫の原因になってしまうため一日風通しのいいところでつるし、湿気やほこりを取ってからしまうようにしましょう。

消臭スプレーをすぐに使わない

スプレー

ネクタイは衣類のように使うたびに洗っていると生地が傷んでしまいます。汗や匂いが気になったら消臭スプレーを使うのがいいのですが、生地によってはシミになってしまうことがあります。すぐに使わず一日つるしても気になるようであれば見えないところに試し、それからスプレーするようにしましょう。

ほこりや湿気に気を付ける

ネクタイはほこりや湿気に弱いので収納する時は除湿剤や乾燥材を入れた蓋つきのケースや箱、クローゼットにしまいましょう。クローゼットなどにしまわず見せる収納をするときもケースにいれて飾るとほこりがつくのを予防できます。また洗濯やアイロンがけは生地を傷めてしまうので避けましょう。

平置き収納に使える!ネクタイ収納・整理ケース

浅型の箱や収納ケースに入れる

重ねて収納すると重みで下になったネクタイにシワがつきます。ネクタイを縦にして収納すると収納スペースが増え、選びやすくなります。

たんすの上やクローゼットに並べる

お店のように二つ折りし、斜めに重ねてたんすの上やクローゼットに並べます。シワが付きにくく、同系色にまとめたり柄を揃えると見た目もよく選びやすくなります。

書類ケースに入れる

100均に売っている書類ケースに少し斜めにしていれると多く収納することができます。ワイシャツとセットにしておけばコーディネートが楽になり、出張でネクタイを忘れることもありません。ネクタイの数が増えても重ねて収納できます。

クリアトレーに入れる

書類用のクリアトレーは引き出し式になっているので取り出しやすく、ネクタイが増えても重ねて収納できます。そのまま机やたんすの上においていても見た目が悪くならないのもいいですね。

竹炭の収納ケースに入れる

不織布で作られた竹炭の収納ケースは防臭効果があり、通気性もいいので湿気を防いでくれます。立てて収納するとシワになるのを予防できます。使わない時はたたんでしまっておけるので便利です。

丸めて収納に使える!ネクタイ収納・整理ケース

木製ボックスに入れる

木製ボックスを縦に並べるなど組み合わせてコレクションケースとして置いておくとオシャレです。手持ちのネクタイが増えてもボックスを足すだけ。数が増えても選びやすいです。見せる収納にするのもいいですね。

透明アクリル製ボックスに入れる

透明のボックスに入れると中にどんなネクタイが入っているのか分かり、使いたいネクタイをすぐに見つけることができます。シワにもなりにくくふたがついている物はほこりが防げ、ベットの下などデッドスペースに収納でき便利です。

シューズケースに入れる

100均に売られているシューズケースには12本ほどのネクタイが収納できます。安くたくさんのネクタイが収納でき便利ですね。ふたもついているのでほこりも防げます。

仕切りのあるプラスチックケースに入れる

靴下や下着の収納にも便利な仕切り付きの収納ケースも100均で購入できます。たんすの中がごちゃごちゃにならず、選びやすく取り出しやすいです。シワを防ぐために仕切りの幅が少し広めの物を選びましょう。仕切りが取り外しでき、幅が調節できるものを選ぶのもいいでしょう。

Amazonで商品の詳細を見る

東洋ケースの『チェスト仕切りBOX 15マスタイプ CS-A 9208』は仕切りが15ます付いていて、たくさんのネクタイを一つに収納することができます。

円柱のプラスチックケースネクタイキーパー

Amazonで商品の詳細を見る

ネクタイを収納する専用の円柱ケースがあります。透明なので中に入っているネクタイが一目でわかり、使い方も簡単です。くるくると丸めて収納し、取り出す時は引っ張るだけ。シワも防げコンパクトなので持ち運びにも便利です。

かける収納に使える!ネクタイ収納・整理ケース

ハンガーにかける

ハンガーにはたくさんのネクタイがかけられます。かけた後はそのままクローゼットに収納すれば場所も取りません。滑り落ち防止加工がされたハンガーや、1本ずつかけられるハンガーが連なったものなど多くの商品が販売されています。

Amazonで商品の詳細を見る

イケアで販売されている28個のリングが付いたマルチユースハンガー。ネクタイとベルトを一緒にかけておくなどいろいろ工夫して使えます。

Amazonで商品の詳細を見る

ドイツ生まれの『すべり落ちないマワハンガー』シンプルなデザインで家具を選びません。滑らない加工がされているので、いつのまにか床に落ちしまうことを防げます。

Amazonで商品の詳細を見る

『コンパクトネクタイハンガー』20本のネクタイが収納できます。くるくる回るのでネクタイが選びやすくシワになるのも予防できます。

壁にフックと突っ張り棒などを取りつけて、つるす

壁にフックを取りつけて、突っ張り棒などを取りつければネクタイをかけられる収納スペースが出来上がります。クローゼットや収納スペースがなくても壁に取りつけるだけなので簡単ですね。フックの数や棒の長さを調節すれば数が増えても簡単に収納スペースが作れるのも魅力です。

単管パイプを取りつけてつるす

クローゼットの扉の内側はデッドスペースになりやすいですが、単管パイプを取りつけカーテンをかける用の輪っかを通せば簡単にネクタイを収納することができます。スペースも有効利用できますよ。

ディッシュスタンドにかける

木製の家具が多く統一したい場合は100均で購入できるディッシュスタンドが便利です。お皿を飾る物ですが簡単にネクタイをかけることができます。取りつける時は身長に合わせ、目の高さ位に取りつけると選びやすく取り外しもしやすいのでストレスになりません。

自分に合った収納で毎朝のネクタイ選びを快適に!

朝の忙しい時にネクタイが見つからない、シワだらけだと嫌になってしまいますよね。気に入って購入したネクタイ、就職やプレゼントにもらったネクタイなど思い出のあるネクタイを持っている人もいると思います。使わず保管しておくのも悪くありませんが、毎日のコーディネートに取り入れるのも素敵です。

たたみ方や収納に少し気を付けるだけで綺麗に長く使うことができるようになります。100均の整理ケースもネクタイ収納に役立ちます。手軽に安く購入できるので、毎日のネクタイ選びが楽しくなるような自分にピッタリの収納方法を見つけてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。