Large thumb shutterstock 534350776

年収1500万ってどんな生活?手取りと貯金・税金、稼げる職業徹底紹介

更新:2019.06.21

年収1500万もあると、一般家庭の約3倍ですから、さぞかし良い生活が出来ると思えますよね。しかし意外なことに、年収が1500万あっても○○円収める税金のせいで贅沢できない!?今回は、年収1500万稼ぐ人の生活から職業について、そして金銭面では手取りから税金、貯金について徹底的にご紹介いたします!

年収1500万の生活って?

年収1500万稼ぐは1%もいない!

現在、国税庁のデータによると、年収1500万を稼いでいる人は人口のわずか0.6%程度しかいません。年収1000万でもかなりのお金持ちに見えますが、1500万まで行くと、どんな生活が出来るか気になりますよね。一般家庭の方でも、年収1500万を目指すことはできるのでしょうか?

住まいは一軒家?高級マンション?

年収1500万稼いでいる方の多くは、都内に住んでいます。都内のタワーマンションや高級住宅地に家を建てているケースが多いですね。住むところは妥協せず、自分の年収にふさわしい所に住んでいるようです。自分の好きなところに自由に住めるという点では、とても憧れますよね。

POINT

年収1500万の持ち家率

二人以上の世帯で年収1500万以上の家庭は、90%が以上が家を持っていると言われています。一軒家でもマンションでも当てはまりますが、一般人からみるとこの数値は驚異的です。今の時代家を持つことはとても大変ですので、どうしても羨ましいと思ってしまいます。

車も早く乗りかえられる!

年収1500万の男性は、車も1000万クラスの高級車であることがほとんどです。流石にそのレベルの車をコロコロ変えられるほどの財力ではないですが、3年単位で車を乗り換えたりなど、一般家庭では出来ないことも十分可能です。家や車など生活に大きくかかる部分の出費は惜しまないといった人が多いです。

POINT

高収入な人の趣味

年収が1500万を超える人によく見られる趣味は「車」です。車そのものを買ったり、ある物を自分好みにカスタムしたり、ミニカーを揃えたりなど、様々ですが、年収が高い人は車好きの方が多いです。そのため、日常生活ではまったく贅沢しないけれど、車だけは絶対に譲らない方もいます。もしパートナーがそのような人である場合は、最大限趣味を尊重してあげましょう。

趣味に使うお金には不自由しない!

一般的な趣味の場合なら、費用に全く困らないでしょう。グッズの収集や高い費用の掛かる趣味でも続けられるのが、年収1500万の羨ましいところです。趣味以外にも、家電など買い替えが必要な高価なものもサッと変えるので、生活に対する不安はないはずです。食べ物も割引を考えて買う必要が無いのは羨ましいです。

ブランド品を楽しめる!

ブランド品集めが趣味である方はとても多いですが、1つの商品が高額であるため、なかなか集めらませんよね。年収1500万ならば、ブランド品も自由とまでは行きませんが、不自由しない分には集められるでしょう。お気に入りのブランドの商品を全部買うことだって可能です。

精神的にゆとりがある

ゆとりのある生活

ある程度年収を1500万でキープしている方は、貯金もそれなりに積み立てているため、将来について深く悩むことはありません。現在の仕事を辞めてしまっても、既にある貯金で十分暮らしていけるからです。しかし、そこまで稼げるまでは苦労ばかりであるため、努力が報われた結果ですね。

まったく贅沢しない人

年収が高くても、服は古着で揃え、車も中古自動車であり、ネットでの買い物は常に最安価を探すという、我々の生活と変わらない方も実は多いです。ですので、本人たちからすると「自分は金持ちである」という感覚が全く無いのです。

POINT

何にお金を使っているの?

そのように贅沢しない方々は、自分の老後や子どもの将来のために貯金をしている方が多いです。年収1500万の30代の方の中には、貯金が5000万以上ある人もいらっしゃいます。忙しくて、自分では中々使えないのが現状のようですね。

年収1500万稼げる職業とは?

航空機操縦士

航空機操縦士とは、パイロットのことです。パイロットの99%以上は男性であり、実は2010年頃まで年収1000~1100万クラスの職業でした。しかし2015年から一気に給与があがり、現在では年収1500万稼げる職業であり、非常に夢のある職業です。

POINT

パイロットは人口が少ない職業

ひょんなことから出会い話を聞いても「実はパイロットやっているんだ」と言う方は、ほぼ確実にいないと思います。それくらいパイロットは人口の少ない職業であり、小さい企業では稼ぐことも大変な仕事です。航空機操縦士を雇う企業が大きければ、年収も1500万程度望めますが、小規模な企業だと年収はおよそ800万前後になります。

ボートレーサー(競艇選手)

プロスポーツの中でも最も生涯年収が高いボートレーサーは、高いレベルにいけば年収3000万以上も夢ではない職業です。ですが、ボートレーサーになるためには、日本で1つしかない競艇の学校を卒業しなければなりません。かなり厳しい授業ですので、本当に大きな夢と目標が無いと、目指せない職業でもあります。

独立した歯科医師

通常の医者ならば、およそ年収1100万前後が見込めますが、独立した歯科医師の場合は年収1500万を保つことも難しくありません。医者の中でも一番独立しやすく稼ぎやすい仕事ですが、営業ですので本人の手腕に関わります。人気である歯科にいる医者ならば、年収1500万は軽く超えているかもしれません。

店舗経営者

一つの店を請け負っている店舗経営者の中には、年収1500万円前後である方もいらっしゃいます。特にドラッグストアなどは収入が多く人気ですが、長く年収1500万を保つのは難しい職業でもあります。自営業と同じく、安定性が無いのは少々不安ですね。

その他自営業(法律関係多め)

自営業は自分が頑張れば頑張るほど儲かる仕事です。その中でも特に、法律を専門とする司法書士や政治研究者などは、年収1500万を超えていることが多いです。司法書士などは高学歴で相当な勉強量が無いと取得できない資格であり、専門の知識を存分に生かす仕事ですので、これだけ年収が高いのも頷けます。

番外編:内閣総理大臣

内閣総理大臣の年収は、実はネット上で公開されています。その額は年収4000万前後であり、人によって安すぎる、高すぎるとの意見がきっぱり分かれます。この年収が高いか安いかは難しいところですが、国を動かす仕事なのですから、このくらい貰っていても不思議ではありませんね。

年収が1500万だと手取りはいくら?

手取りは約1100万

貯金を大切

年収1500万稼いでいると仮定して、税金などすべて引くと、残る手取りは約1100万円です。手取りで1100万円も稼げると聞くと相当すごい人だと思いますが、そのうちの400万前後は国に税として引かれていると考えると、複雑な話ですね。

月で90万前後の手取り

手取り

毎月のお給料で換算すると、90万前後の収入があるということになります。二人世帯と考えて、その中で生活費や娯楽費、洋服代やレジャー費など考えられる全ての支出を引いても60万は残るでしょう。その額を貯金すれば、毎年700万は貯金できる計算になります。

稼ぐ人は遊べない

遊ぶ人

手取りが1100万合って裕福な生活が出来るとしても、当の稼いでいる本人は自由に遊べません。年収1500万以上稼ぐ人はほぼ必ず多忙であるため、趣味に費やす時間も取れないからお金だけが余っていきます。そのため、年収が高い人はセミリタイアして老後は貯金で悠々と暮らす方がほとんどです。

年収1500万から税金はいくら引かれちゃうの?

およそ400万を国に差し出す

上記でも触れましたが、年収1500万の場合だと、400万程度は税金として引かれます。内訳として、健康保険が60万円、厚生年金と所得税で130万円ずつ、そして住民税が80万前後といったところで、合計して400万になります。頑張って稼いだお金の4分の1以上を税金として収めなくてはいけないのですね。

家族構成や地域によって差は出る

税金は家族構成や地域によって、大きく差が出ます。引っ越すことで税金が安くなる場合もありますので、年収が900万、1800万、4000万を超えそうな方は節税対策も考えた方が良いかもしれません。

POINT

所得税の税率について

年収1500万は、所得金額900万~1800万の間に入る年収額です。税率は33%であるため引かれる額はだいたい上記の400万程度になります。これが年収1800万を超える方だと40%、4000万を超えると45%となります。

年収1500万で毎年いくら貯金できる?

特別贅沢をしなければ・・・

年収1500万以上で二人以上の世帯を持つ方の平均貯金額は、3940万円です。自営業や会社の役員を除いた集計であり、誰かに雇われて働いている方を対象としたデータになります。

年収1500万の方は、一人で生活する場合1年で700万程度貯金できれば良いでしょう。年収が高くても、一人のうちに出来るだけ貯金を死体と思い節約し、質素な生活になってしまう方も実は多いのです。贅沢しないように見える人が、実は年収1500万以上稼いでいる人であることも十分あり得ます。

年収別の貯金額

堅実な貯金で将来に安定を

一般的な生活をしていれば手取り1100万の半分以上は貯金できるはずですが、結婚したり子供が出来たりなど家庭環境が変わると出費が増え、貯金額も大きく減るでしょう。いずれ来るであろう新しい家族のために、今のうちに多く貯金していきたいですね。

貯金とともに投資

年収1500万以上稼いでいる方のほとんどは、貯金のほか投資にもお金を費やしています。特に、お金を入れるだけでやりくりしてくれる「ファンド」などは、忙しい高収入の方にピッタリの投資方法です。手取り1100万貰えても、将来の生活で不安になることはあると思いますので、投資は大事かもしれません。

年収1500万の人の家族構成について

年収が高い独身は意外と多い

独身男性

一昔前は、年収が高く忙しい夫が妻に専業主婦をさせて子育ても全てまかせっきりのパターンが非常に多かったのです。現在は、独身だけど年収1500万以上ある方も多く、日本の結婚率がどんどん下がっていると感じさせられます。あまり女性に興味が持てなかったり、草食系男子が増えた背景があるためでしょうか。

夫婦である場合の子供の数

子供二人

世帯年収1500万以上の家庭に聞くところによると、子どもの数は2~3人が一番良いとのことでした。手取り1100万円ならば、子どもが5人ほどいても生活に不自由はしませんが、全員良い大学まで通わせるとなると、節約しなければ厳しいかもしれませんね。

年収1500万稼いでも贅沢できない!?

子供のためにお金を掛ける

年収1500万も稼いでいる人は、子どものための教育費を惜しみません。出来るだけ良い学校や習い事、高い塾にも通わせたいと思っている母親がほとんどです。ですがその分、子どものために好きなものを買ってあげたりなど、当然ですが自分よりも子供にかけるお金が優先になります。

POINT

中には親バカすぎて・・・

年収1500万の一人は、待望の第一子が誕生し、喜びのあまり着るものから食べるもの、おもちゃなどすべて良いものを取りそろえて、サラリーマンの年収分を1年間で子供に費やしたという方もいます。子供が可愛すぎるのはわかりますが、お金の使い方が一般家庭とまるで違うため、なかなかどんな生活か想像できませんね。

贅沢しすぎるといつの間にか・・・

破産

年収1500万円だからといって、好きなものを買い集め車などもすぐに買い替えていると、いつの間にか貯金もできずに不安定な生活になっているかもしれません。金銭的な余裕があるため物が欲しくなるのはわかりますが、堅実な貯金を続けていかないと、もしも仕事が続けられなくなった時に非常に困ります。

POINT

家計は家族で要チェック!

家計を家の一人に任せていると、その人のタガが外れた時に止められる人がおらず、気づかぬまま手取り1100万円じゃ覆えない借金が出来ている可能性もあります。年収1500万に限ったことじゃないですが、今までの生活では考えられないお金が手元にあると、人間はつい贅沢したい気持ちになります。もちろん贅沢は悪いことではありませんが、限度と未来のことを考えてから、使える分だけ使いましょう。

実は一般家庭と変わらない

優しい家庭

夫婦で子供が二人いると考えると、年収1500万稼いでいても、生活は一般的な家庭とあまり変わりません。住んでいる家が大きかったり車は高級なもので、子どもは私立学校に通わせらるはずですが、そうお金を使うと、生活自体は特に変わったことはできないでしょう。

ですが、たまに海外旅行に行ったりなど、大きなお金をあまり抵抗なく使えるのは、生活に余裕があると言えますね。子供が出来ると、高いブランド品などを買い集めることは難しくなりますが、その分貯金額を頑張って増やし、子どものためにお金を使うことで豊かな生活を送ることが出来るでしょう。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。