Middle %e6%8e%83%e9%99%a4%e6%a9%9f

年末年始の大掃除のコツを紹介!便利になる道具&家のどこから始めるのがベスト?

更新:2020.05.27

一人暮らしは大掃除が面倒だなと感じている方、コツがわかると大掃除は面倒ではなくなります。今回は、大掃除のコツや便利グッズ、どこから始めればよいのかなどを解説していきます。また、簡単にすませたい方には、ここだけはやっておきたい最低限の場所と手順も紹介しています。

スポンサーリンク
×
スポンサーリンク
×

一人暮らしの大掃除のコツとは?

①日にちを決める

スケジュール

一人暮らしの大掃除のコツは、まず日にちを決めるところから始めましょう。事前にスケジュールを確認して、大掃除をする日を決めます。一度決定したら先延ばしにせずに、決めた日におこなうようにしましょう。延期をするとやる気がなくなったり、年を越してしまったりということになりかねません。

②手順を決める

リスト

掃除する日が決まったら大掃除の手順を決めるのがコツです。まず、大掃除する場所や進め方を決めましょう。キレイにしたい場所や、普段掃除していない場所などを具体的に書き出します。場所が決まったら、次は手順を決めます。掃除の進め方の基本として「上から下に、奥から手前に」を意識しながら段取りを決めましょう。

スポンサーリンク
×

大掃除にかける日数や時間はそれぞれ違いますので、1日で終わるようにするか、何日かかけて段取りを少しずつ進めるかなども、事前に計画を立てておくことが重要になります。手順が整理できると、やり残しなどがなくなります。

手順の決め方

  1. 大掃除する場所を書き出す
  2. 掃除の進め方を決める
  3. 掃除にかける日数で分ける

③必要なものを揃える

掃除

手順が決まったら、必要なものを揃えておくのも大掃除のコツです。道具を揃えてから始めると、途中で買い出しに行くという時間の無駄を省けます。大掃除したい場所に合わせて必要なものを書き出し、足りない道具は買い足しておきましょう。

また、大掃除の段取りとして、掃除に適した服装をするのも大切です。ゴム手袋やマスクなどの必要なものも買い揃えておくと良いでしょう。スリッパは、高い場所を掃除する時は危険なため、汚れてもいいすべらないくつ下を利用するのも便利です。

スポンサーリンク
×


必要な道具

  • 雑巾
  • タオル
  • フローリングワイパー
  • 掃除シート
  • スポンジ
  • ブラシ
  • 場所にあわせた洗剤
  • 掃除機
  • ゴミ袋
  • バケツ

適した服装

  • 汚れてもいい服
  • スリッパ(くつ下)
  • ゴム手袋
  • エプロン
  • マスク

④掃除にかける時間を決める

時計

一人暮らしの大掃除には、掃除にかける時間を決めておくのもコツです。1箇所にかける時間を、30分~1時間と決めておきましょう。時間をかけすぎてしまうと、段取り通りに行かずに、掃除できない場所ができてしまいます。決めた時間を過ぎたら次の手順に移るようにすると、最初に決めた段取り通りに進められます。

⑤こまめに掃除する

スポンサーリンク
×

掃除する

こまめに掃除しておくのも、大掃除のコツです。普段から「汚れたらすぐ拭く」習慣をつけておくと、汚れが蓄積しないため大掃除が簡単になります。大掃除が終わったら、汚れがたまらないうちにこまめな掃除を心がけましょう。

⑥便利グッズを使う

スポンジ

一人暮らしの大掃除には、便利グッズを使うのもコツです。汚れを簡単に落とせる道具を使用すると、掃除にかける時間が短縮できます。大掃除する場所に合わせて必要なものを準備しましょう。一人暮らしには、汚れたら捨てられる使い捨ての道具が便利です。

スポンサーリンク
×