INDEX

窓ガラスの掃除をする時、役立つ豆知識とは?

窓拭きをするなら湿度の高い日がおすすめ!

雨の日の窓際にいる女性

あなたは、掃除は天気の良い日にしたほうが良いと思っていませんか?実はそれ、窓ガラスの掃除だけで考えた場合、大きな間違いなんです。雨の日の湿気のおかげで、窓ガラスの普段固まった汚れが簡単に落ちやすくなるので掃除がしやすく、洗剤も浸透しやすいのです。もちろん窓についたホコリも貼れているときより落ちます。

窓ガラスの汚れの原因を確認し、外側の窓から始める!

窓ガラスの掃除において、外側から内側を掃除する順番が良いとされますよね。それはなぜかというと、そもそも窓ガラス窓の外側と内側では、付着する汚れがまるで違うのです。外側は泥や砂などの、内側はホコリやカビなので、外の方が汚れがひどく、内側の窓を外側の窓の後に窓拭きする方が効率的とされているのです。

窓ガラスの掃除には、実は洗剤は不向きだった?

洗剤

窓ガラスには、よほどのひどい汚れでない限りは、洗剤は不要です。少しの汚れでも洗剤ばかり浸かってしまい、拭き残しが出た場合、拭き跡やくもりの原因になってしまうため、逆効果です。もしも汚れが少なくて、手垢だけならマイクロファイバーだけ使う方が よほどキレイに窓拭きができるので、その辺りを見極めましょう。

窓拭きが洗剤なしでできるおすすめの裏ワザとは?

丸めた新聞紙を丸めて水に濡らし窓ガラスの掃除をする

新聞紙

新聞紙を水に濡らし、窓の外側を拭いてから拭いたところが乾く前に別の新聞紙を少し丸めてからぶきすると汚れがよく落ちます。外側の次は内側という風に作業を進めましょう。なぜ新聞紙と水だけで窓ガラスがキレイになるかというと、新聞紙で使用されているインクは、ツヤを出す効果や曇り止めをする効果があるためです。

新聞紙で窓拭きをする手順としては、新聞紙を水に濡らし、窓の外側から拭いていきます。そして水で濡らして拭いた場所が乾ききらないうちに、次に別の乾いた新聞紙で濡れた窓を乾拭きします。そうすることで簡単に綺麗な窓ガラスに生まれ変わるのです。そして内側も外側と同じ手順で作業を進めていくといいでしょう。

スクイジーを使って窓ガラスの掃除をする

スクイジーを使って窓ガラスをすると窓拭きがとても効率よく進むので多くの人に好んで利用されます。そもそもスクイジーとは、窓用の水切りワイパーのようなもので、あとに結露などを残さず、きれいに掃除ができて便利です。汚れがひどい時は中性洗剤をスプレーするのもいいですが、通常は水とワイパーだけでも大丈夫です。

スクイジーを使った窓掃除をする手順は、次の通りです。まずは最初に窓ガラスについているほこりをはたきで落としていき、それから窓ガラスに水などをスプレーし、数分放置します。その後、スクイジーで上から下に向かって拭きます。拭き残しがないようにここでしっかりラインの端と端を重ねていくのがコツです。

汚れが少ない時はマイクロファイバークロスで掃除する

汚れが少しの手垢だけだったり、ほこりがほとんどついていない場合は、マイクロファイバークロスでのから拭きだけで大丈夫です。洗剤は一切使う必要がありません。汚れがほとんどない場合、手垢などの汚れだけだと特に、タオルなどで拭くよりもマイクロファイバークロスで窓ガラスを掃除した方がきれいに汚れが落とせます。

また、マイクロファイバークロスを使うとき、より美しくキレイに仕上げるコツがあります。それはマイクロファイバークロスで拭く前の水拭きでガラスに残った水分を、窓のフチにそってコの字型に上から下へとしっかり拭き取る作業を行うことです。ムラなく拭き取るために一度拭いたところから半分ずつずらしていきましょう。

窓ガラスの汚れの種類によって掃除方法を使い分ける!

しつこい水垢におすすめのメラミンスポンジ

水垢とは、水道水に含まれるミネラル成分が原因で付く汚れのことで、金属イオンといわれるカルシウムやマグネシウムが蒸発することで固まった石灰となり、あとが白く残ったものです。メラミンスポンジは一種の研磨剤のような役割があるため、特にガラスについた水垢については抜群の相性で汚れを落としてくれます。

かつて、メラミンスポンジの名前はそこまで世間で知られていませんでしたが、「激落ちくん」のような爆発的ヒット商品の影響により、最近ではあまり市場に出回ることのなかったメラミンスポンジが、可愛いデザインのものも多く流通し、100均などでも安く簡単に手に入るようになりました。

しかし、窓ガラスの掃除にメラミンスポンジを使う場合、ガラスの掃除にはメラミンよりガラスが固い性質なので、汚れをスッキリ簡単に落とすことができますが、中には一部コーティングされているものもあり、その場合このメラミンスポンジは非常に硬い材質のため、その部分を傷つけるおそれがあるので注意してください。

窓ガラスについた手垢やヤニ汚れにおすすめの重曹水

窓ガラスについた手垢やたばこのヤニ汚れにおすすめなのが重曹です。重曹はぬるま湯と混ぜ合わせ、重曹水にしてから窓に直接ふきかけ、あとで軽く拭いていくと窓ガラスについた水垢やヤニはすぐ落ちます。ただ注意してほしいのは重曹水で掃除した後、そのままにすると白い跡が残るので、後で水拭きし、乾拭きしましょう。

重曹水の簡単な作り方は、まず重曹小さじ2杯を水ではなくぬるま湯と混ぜ合わせます。そして、完成した重曹水はスプレーボトルへ入れて、雑巾にスプレーするか直に窓にスプレーして、その後は、汚れをタオルなどでふき取ります。汚れが取れたら、重曹が残らないよう水拭きをし、乾拭きをしましょう。

窓ガラスのヤニや手垢を重曹水で掃除するときの注意点は、アルミサッシ部分を避けて拭くことです。重曹はアルミに付着すると変色してしまうので気をつけましょう。気になる方は、汚れが目立つ場所にだけ使用して下さい。

ほこりと油汚れの汚れにおすすめのセスキ炭酸ソーダ水

窓ガラスの内側によく付着するほこりや油汚れなどには、セスキ炭酸ソーダ水が良いでしょう。大掃除の時に私たちの強い味方になってくれます。窓ガラス以外にキッチン、お風呂、フローリングなど至る所の掃除に使える嬉しいアイテムです。窓ガラスで使う場合、スクイジーと併用するとより効果的です。

セスキ炭酸ソーダ水で窓拭きを簡単にするコツは、雑巾よりスクイジーを使うという方法です。なぜなら雑巾の場合、種類によって異なりますが窓ガラスに細かい繊維が拭いた後残って気になってしまいます。それ以外にも濡れた雑巾で拭いた後にはまた乾拭きする手間もかかるので、スクイジーより時間がかかってしまうのです。

しかし、スクイジーを使ってセスキ炭酸ソーダ水で窓拭きをする場合、気をつけなければならない点がひとつあります。それは、例外として、スクイジーが使えないすりガラスのようなでこぼこの表面をしたガラスの場合です。その場合、スクイジーでなく、スポンジを使うといいでしょう。

面倒な窓ガラスの掃除が簡単にできる裏ワザまとめ

これまで何かと面倒だと感じていた窓ガラスの掃除ですが、調べてみると、窓ガラスの掃除の方法にも手順や方法がありました。あなたが正しい知識を身に付けて実践することで簡単にできるおすすめの裏ワザはこんなにたくさんあります。ここで紹介した方法以外にも、あなた独自の窓ガラスの掃除方法を編み出せると良いですね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。