Large thumb shutterstock 661449076

瓶の蓋の開け方14選|道具を使って固いキャップを簡単に開ける方法は?

更新:2019.06.21

瓶の蓋が固くて開かない!なんて経験した方はいませんか?固い瓶の蓋を誰でも簡単に開ける方法をご紹介します。こんな簡単な開け方があったんだと、びっくりすること間違いなしです。知っているのと知っていないのとでは大違い、4開かない瓶はないんです。

道具を使わない固い瓶の蓋の開け方7選

道具を使わない固い瓶の蓋の開け方①腕全体を使う

道具を使わない固い瓶の蓋の開け方の1つ目は、「腕全体を使う」です。これは一番シンプルなやり方ですね。手首を使って開けようとするとどうしても力が逃げてしまうので、手首は固定して腕全体を使って開けてみましょう。「手首を固定する」というところがコツです。

やり方はこんな感じです。まず腕を伸ばして胸の前の高さで瓶を持ちます。次に手首を固定したまま肘を曲げて瓶を身体に引き寄せるようにして瓶の蓋を回してください。これだけで、だいぶ力がこめられます。

道具を使わない固い瓶の蓋の開け方②蓋を押さえ瓶のほうを回す

道具を使わない固い瓶の蓋の開け方の2つ目は、「蓋を押さえ瓶のほうを回す」です。これもいたってシンプルな開け方ですが、ちょっとした発想の転換で蓋が開けやすくなるんです。利き手を瓶本体に、利き手じゃないほうを蓋において瓶側を回すだけです。

これは、蓋より本体側のほうが大きく手にフィットしやすいので、力が入れやすく開けやすくなるという原理です。簡単なので是非試してみてください。

道具を使わない固い瓶の蓋の開け方③片膝を立てた姿勢で開ける

膝をつく男性

道具を使わない固い瓶の蓋の開け方の3つ目は、「片膝を立てた姿勢で開ける」です。片膝を立てた姿勢はとても力が入りやすいのです。片膝を立てて、立てた片膝の上に瓶を置いて力いっぱい開けてください。「片膝の上に瓶をおく」というのがポイントです。

道具を使わない固い瓶の蓋の開け方④瓶を逆さにして底を叩く

道具を使わない固い瓶の蓋の開け方の4つ目は、「瓶を逆さにして底を叩く」です。これは実は警視庁でも採用されている開かない瓶の開け方なんです。瓶を逆さにして底の部分を手のひらで強く叩くだけで開くのです。

瓶に衝撃を与えることで瓶を開けやすくします。ボルトやネジが衝撃で緩んでいくのと同じ原理だとおもってください。力もいらないので女性でも簡単にできますね。

道具を使わない固い瓶の蓋の開け方⑤瓶の蓋を叩きつける

道具を使わない固い瓶の蓋の開け方の5つ目は、「瓶の蓋を叩きつける」です。タオルなどを床やテーブルに敷いて、瓶の底を持っておもいっきり蓋をタオルの上に叩きつけてください。

瓶は頑丈にできているので少し強めに叩きつけたくらいでは割れることはないので心配しないでください。これも、4つ目の蓋を叩くのと同じ原理ですね。

道具を使わない固い瓶の蓋の開け方⑥蓋を温める

道具を使わない固い瓶の蓋の開け方んの6つ目は、「蓋を温める」です。蓋を温めることで金属製の蓋が少し膨張し、蓋と本体の密着性が少しゆるくなり開けやすくなります。

お湯以外でもドライヤーや温めたタオルを使用してもよいですが、よく知られているコンロの火で直に蓋をあぶるのは瓶が破損するおそれがあるのでやめたほうが良いです。

道具を使わない固い瓶の蓋の開け方⑦ジャムなどがこびりつい瓶は水につける

道具を使わない固い瓶の蓋の開け方の7つ目は、「ジャムなどがこびりつい瓶は水につける」です。瓶の蓋が固くなる原因は、冷蔵庫保管により瓶の中の気圧が下がってしまい、蓋があかなくなる場合、蓋をきつく締めすぎて開かなくなる場合の他に、中に入っているジャムなどが瓶と蓋にこびりついて開かなくなる場合があります。

ジャムなどがこびりついてしまっている場合は、水に10分から30分付けておくだけで、ジャムなどの内容物に水分が戻って開けられるようになります。

道具を使った固い瓶の蓋の開け方7選

道具を使った開かない瓶の蓋を開ける方法①輪ゴムを巻きつける

道具を使った開かない瓶の蓋を開ける方法の1つ目は、「輪ゴムを巻きつける」です。キッチンに必ずあるアイテムの輪ゴムです。これを瓶に巻きつけると滑り止めになるので、滑って蓋が開かないということはなくなります。

道具を使った開かない瓶の蓋を開ける方法②ゴム手袋を使う

道具を使った開かない瓶の蓋を開ける方法の2つ目は、「ゴム手袋を使う」です。これも1つ目の、輪ゴムを巻きつけるのと同じ原理です。ゴム手袋を使うことで、瓶の蓋と手の間に摩擦が生まれ滑りくくなり開けやすくなるのです。

道具を使った開かない瓶の蓋を開ける方法③蓋と瓶に隙間を作る

道具を使った開かない瓶の蓋を開ける方法③蓋と瓶に隙間を作る

道具を使った開かない瓶の蓋を開ける方法の3つ目は、「蓋と瓶に隙間を作る」です。ナイフやマイナスドライバーなどを蓋と瓶の間に差し込んで隙間を作ってみてください。2,3箇所隙間を作るとより開けやすくなります。ただし、このやり方で蓋を開けた場合は、中身を別の容器に移し替えて保管するようにしてください。

別の容器に移し替えるといっても、なかなかちょうどいいサイズの瓶がなかったりしますよね。そんな時に便利なのが100均の保存容器です。100円均には実は非常に様々な種類の保存容器が売られているのです。瓶の中身を移し替える際は是非こちらの記事も参照にしてください。

100均以外にもニトリにも様々な保存容器が用意されています。こちらはガラス瓶だけではなく、色々なタイプの保存容器が紹介されていますので、気になる方はこちらの記事も参考にしてください。

道具を使った開かない瓶の蓋を開ける方法④瓶のふちを固いもので叩く

道具を使った開かない瓶の蓋を開ける方法④瓶のふちを固いもので叩く

道具を使った開かない瓶の蓋を開ける方法の4つ目は、「瓶のふちを固いもので叩く」です。例えば、キッチンにあるものでいうと包丁の柄の部分なんかが良いかと思います。瓶の周囲を均一に少しずつ叩いてみてください。一箇所だけを叩きすぎると蓋が変形してしまいかえって開けにくくなるので注意しましょう。

道具を使った開かない瓶の蓋を開ける方法⑤ガムテープを使う

道具を使った開かない瓶の蓋を開ける方法の5つ目は、「ガムテープを使う」です。意外と知られていない方法ですが、びっくりするくらい簡単に瓶の蓋が開けられるのです。使用するのは布製のガムテープだけです。

まず、瓶の蓋に巻きつけられるくらいかそれより少し長めのガムテープを用意します。次に、ガムテープを蓋の側部半分くらいに貼り付けます。この時全部を貼り付けるのではなく、半分くらいを貼り付けて余った部分は持ち手として残しておくのがコツです。先ほど貼り付けたテープの蓋の上部部分も貼り付けます。

最後にこの持ち手部分を引っ張る、これだけです。びっくりするくらい簡単に開きます。身近にあるガムテープでこんなに簡単に開けられるなんて目からウロコですね。

道具を使った開かない瓶の蓋を開ける方法⑥キャップオープナーを使う

道具を使った開かない瓶の蓋を開ける方法の6つ目は、「キャップオープナーを使う」です。市販に蓋を開ける道具が多数売られています。蓋があかなくて困っている場合は是非こういった道具も活用してみてください。次の章でおすすめのキャップオープナーいくつかご紹介しますので参考にしてください。

道具を使った開かない瓶の蓋を開ける方法⑦非常時は蓋に穴を開ける

道具を使った開かない瓶の蓋を開ける方法⑦非常時は蓋に穴を開ける

道具を使った開かない瓶の蓋を開ける方法の7つ目は、「非常時は蓋に穴を開ける」です。今までご紹介した方法ではどうしても開かない場合は、キリや釘などとがったものを使って蓋に穴を開けてみてください。

空気が瓶の中に入って、外の圧力と瓶の中の圧力が同じになりすっと開けられます。ただし、蓋を開けた後は、瓶の中身を別の容器に移し替えて保管するようにしてください。

おすすめの固い瓶の蓋を開ける専用の道具は?

固い瓶の蓋を簡単に開ける専用の道具①マーナG+らくらくオープナー

固い瓶の蓋を簡単に開ける専用の道具の1つ目は、「マーナG+らくらくオープナー」です。AMAZONでも100件以上の口コミを集める人気商品です。こちらの商品は直径7cmまでの瓶の蓋に対応でき、そのほかにもプルトップにも対応できるんです。

重さも60gと軽く女性からご年配の方まで誰でも使える、非常に使い勝手がよい商品です。これだけ使い勝手がよくて価格は648円(税込み)と、コスパに優れているので人気があるのですね。

瓶の蓋を簡単に開ける専用の道具②Butterfly4イン1びん蓋開け

瓶の蓋を簡単に開ける専用の道具の2つ目は、「Butterfly4イン1びん蓋開け」です。こちらの商品のなんといっても特徴は、価格です。4種類の瓶の蓋の大きさに対応して価格は税込みで207円(税込み)と非常に安価に手に入れられる商品です。

安いからといって使い勝手に問題があるわけではなく、4つの瓶の蓋の大きさに対応しており、持ち手も凹凸がついていて滑りにくくなっています。4種類も大きさのバラエティーがあれば大抵の瓶の蓋には対応することができます。

瓶の蓋を簡単に開ける専用の道具③アヒルちゃん万能キャップオープナー

瓶の蓋を簡単に開ける専用の道具の3つ目は、「アヒルちゃんの万能キャップオープナー」です。こちらの商品のなんといってもの特徴は、その可愛らしい見た目です。

また、こちらん商品は非常に柔軟性に優れた素材でできているので、ジャムの瓶の蓋だけではなく、ペットボトルからゼリー飲料の小さい蓋まで幅広く対応できます。価格は690円(税込み)になります。

瓶の蓋を簡単に開ける専用の道具④サンクラフトオープナー

瓶の蓋を簡単に開ける専用の道具の4つ目は、「サンクラフトオープナー」です。まるで工具のようなクールな見た目ですが、重さ214gと意外と軽く手にフィットしやすい大き目サイズのため、ご年配の方でも使用しやすいです。ペットボトルの蓋から大小さまざまな瓶の蓋にも対応できて価格は1,404円(税込み)です。

瓶の蓋を簡単に開ける専用の道具⑤ロボツイスト電動瓶オープナー

瓶の蓋を簡単に開ける専用の道具の5つ目は、「ロボツイスト 電動瓶オープナー」です。こちらの商品は全く力を入れずにボタン一つで蓋を開けることができるというのが最大の魅力です。蓋の大きさは8.5cmのものまで対応できます。手のチカラの弱い高齢の方にお勧めです。

単3電池2個を使うこちらの電動オープナーの価格は3,444円(税込み)とほかの商品と比べ少々値段が張りますが、力が弱い方にはおすすめしたい商品です。

開かない瓶の蓋はありません!

以上、瓶の蓋の開け方と瓶をあけるのにおすすめの専用道具をご紹介してきまいたがいかがでしたか?瓶の蓋があかなくて困ったという経験は誰もが必ずしている経験ですが、ちょっと一工夫、ちょっと道具を使うだけで瓶の蓋はこんなに簡単に開くんです。開かない瓶の蓋はありません。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。