INDEX

階段下収納の活用するには?

まずは空間を把握する

スペース

階段下収納を活用するうえでまず行ってほしいのは、空間を把握することです。住んでいる場所によって狭いか広いか、高いか低いか、扉があるかないかなど違いがあります。綺麗に整理整頓するためには、決められた空間を如何にして活用していくかがポイントです。

また、DIYしたい人にとって、空間の把握は材料や素材選びに必要不可欠な情報です。そのためにはまず、収納できる空間や場所についてしっかり下調べしておきましょう。

収納するモノを決める

収納

空間を把握したら、次に決めるべきは収納するアイテムです。掃除機やトイレットペーパーなど、整理整頓したいアイテムは人によって異なります。見切り発車で進めてしまうと、後でしわ寄せが来て綺麗に整理整頓出来ない原因となってしまうので注意しましょう。

あらかじめテーマを決めておく

考える

特にDIYで階段下収納を綺麗に活用したい人は、あらかじめテーマを決めておきましょう。「シンプルに収納したい」、「ディスプレイみたいにお洒落にしたい」など、テーマは人それぞれです。また、テーマによって必要になってくる道具や材料も異なってきます。

そのような理由からスムーズに階段下収納を進めていくためには、テーマを決めは重大な要素です。おおまかなものでもいいので、あらかじめ考えを固定しておきましょう。

アイテムを活用する

アイテム

収納の基礎知識として、アイテムを活用するようにしましょう。特に階段下収納は通常よりも空間が限られていることが多いので、アイテムの使い方が重要になってきます。ケースを使って収納する品を割り振ってみたり、突っ張り棒にハンガーを掛ければクローゼットとしても活用することができます。

DIYで自分好みにアレンジ!

DIY

気に入ったアイテムが見つからない人は、DIYで自分好みのアイテムを作製してしまいましょう。壁に好きな色を塗ってみたり、新たに棚やケースを作ってみたり、扉を付けてみたり、DIYの良いところは、自分の好きなものが作れる点です。DIYで、素敵な階段下収納を生み出してください!

階段下収納のアイデア~棚・ケース編~

突っ張り棒で棚を作ろう!

階段下収納の空間を活用するには、収納できる場所を増やすことから始めります。方法としては、突っ張り棒を使って棚を作る方法が有効です。やり方は突っ張り棒を左右に嵌めて、その上に板を置くだけで簡易的な棚が完成です。その上に収納したアイテムを置いたり、ケースを置けば綺麗に整頓できます。

大小のケースを使い分ける

整頓整頓の基本として、アイテムを活用する方法を紹介しましたが最も使い勝手がいいのが収納ケースです。昨今では色んなタイプが販売されているので、空間に合わせて選びましょう。また、色んなものを収納したい人は、サイズごとに収納するアイテムを割り振れば、片づけな苦手な人も整理しやすくなります。

吊るせばより空間を活かせる

空間によっては、棚を作るのは難しいケースもあります。そんな人は、ボードなどを使用して吊るす収納アイデアを活用してみましょう。ホームセンターなどに売っている穴が開いているボードを用意したら、あとはフックやバスケットを取り付けるだけ。低コストでお洒落な収納アイテムがつくれます。

空間があれば自転車の収納にも!

階段下収納は空間にもよりますが、ある程度のスペースがあるならば自転車や洗濯機など、大きめのアイテムを収納できます。そのままポンと置いても良いですが、吊るして飾ってしまえば、そのままインテリアとしても活用できます。使い方によっては、どんなアイテムも綺麗に収納することができます。

階段下収納のアイデア~DIY編~



突っ張り棒でクローゼットに変身!

階段下収納と言えば、雑貨などの物置として活用する人が多いですがDIYすればクローゼットとしても活用できます。簡単な方法として、突っ張り棒を使用したアイデアです。ハンガーを掛ける部分を作ってしまえば、あとは洋服をかけるだけ。ケースを使えば下着類もしまうことができます。

やり方次第では見せる収納に

扉がないような階段下収納は、そのまま収納すると生活感がにじみ出てしまいがちです。そういったのが嫌な人は、「見せる収納」を意識してみましょう。部屋の雰囲気に合わせて素材を選び、専用の棚や収納ケースを作製すれば、ぐっとインテリア感が増します。ただ収納するだけでなく目で楽しめるのが魅力です。

空間全体を活かす

階段の形に合わせて「見せる収納」を意識したアイデアです。通常の階段下収納と違ってよりテクニックが必要になるので、DIY上級者におすすめです。作製したスペースに合わせてケースや小物を置いて、テレビなど家電製品を置けば、そのままインテリアの一部としてお洒落に演出できます。

階段下収納のアイデア~その他~

家電置き場として

階段下収納の場所によっては、家電置き場としても重宝します。もし台所に近い場所にあるならば、レンジや炊飯器などの家電製品を置いてみましょう。するとこれまで埋まっていたスペースが空くので、台所を広々と使うことが出来ます。階段収納がある場所を上手に活用しているアイデアです。

憩いの場所として

ソファなど大きめの家具はそれだけ空間が必要になってくるので、部屋によっては置けないケースは多々あります。そんな場合にもぜひ、階段下収納の活用してみてください。扉がないような空間は、ソファを置くだけで憩いの場所が完成です。更に空いている部分にケースを置くなどしていけば、そのまま収納としても機能します。

洗面スペースにも!

より本格的なDIYのアイデアとして、階段下収納を洗面所として活用することも出来ます。アイテムどころか空間さえも収納できる点で、階段下収納はとても優秀な要素です。また、憩いの場所として活用する際に紹介した通り、空いている部分はケースを置いたり、棚を作れば収納場所として十分に機能します。

子どもの遊び場として

お子さんのいる家庭では、玩具をしまう場所として階段下収納を使っているケースもあります。それだけでも十分に活用できていますが、もし空間が余っているのならそのまま遊び場も作ってしまいましょう。メリットとして、片づける場所が目の前になるので、お子さんも片付けしやすい環境を作ることが出来ます。

ペットの住処として

子どもの遊び場と同じく、スペースを居住空間として活用するアイデアです。マットをしいたり、ケースを置くだけでペットの住居スペースが簡単に完成します。住居スペースとして以外にも、トイレスペースとしても活用できます。余った空間には、収納場所を作ってトイレ用品を置けば綺麗に生理整頓できます。

ワークスペースにも!

収納場所としても十分に活用できる階段下収納ですが、DIYすればワークスペースへと作り変えることもできます。狭い空間で集中したい人におすすめのアイデアです。更に余った空間に棚を作ったり、ケースを置いてしまえば、収納場所としてもちゃんと活用できます。

空間を活用して綺麗に階段下収納をしよう!

今回は、階段下収納に関するアイデアについて紹介しました。限られた空間ではあるものの、アイテムを活用したりDIYによって綺麗に整理整頓することが出来ます。ただ物を整理するだけでなく、インテリアの一部としても活かすことができるので、自分の好きなように収納してみてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。