INDEX

寝室は、眠るためのもの?大事なのは、落ち着く寝室での安らぎ

疲れが取れる、良い眠りに必要なのは

眠り

人は、仕事などで外で活動しているときは交感神経が働き、家などで休息を取り、落ち着いてリラックスしているときには副交感神経が働きます。交感神経が優位で気持ちが高ぶっていると良い眠りに入ることが出来ず、疲れが取れない原因にもなりますから、気持ちをリラックスさせるためにも落ち着く寝室で眠りたいですよね。

まる一日家事をしたり、育児をしたり。お風呂に入って、楽なパジャマを着て、ベットに横になる……。ほっとするひと時ですよね。疲れた体と心を癒すのが寝室です。寝室に入っていきなりバタン、と眠る人は少ないもの。本を読んだり、ドラマを見たり、「リラックスしてから眠りにつく場所」という役割も寝室にはあるのです。

落ち着く寝室にするためにベットの配置を考える

Amazonで商品の詳細を見る

心も体も落ち着く寝室にするにはどのようなインテリアにすればよいのでしょうか。まず、ベットの配置を考えます。睡眠中、明け方に朝陽が入って来たらゆっくり眠れませんよね。ですので、ベットは窓の直ぐ近くには置かないようにします。どうしても窓際にベットを置かなければいけない場合は遮光カーテンを使いましょう。

この時、カーテンやロールスクリーンはできればしっかりと遮る、一級遮光の物を使いましょう。この時、ベットリネンや壁紙など他の色合いのバランスも考えます。相性の悪い色を組み合わせたのでは、おしゃれとは言えませんからね。

寝室インテリアは色遣いが大事なのはナゼ?

寝室の色は気持ちにも影響する

ベット 色

色は光の波長ともいわれています。人は、眠る直前まで見ていた色は光として記憶しやすく、眠った後もその色に影響を受けやすいのです。晴れた日に野原を見ると、まぶたの裏に赤い残像が残りますよね?あのイメージにに似ています。しかも、色は心理学的にも作用するものなので、寝る直前に見る色はとても重要なのです。

できれば寝室のインテリアでは多くの色を使わず、少なめの色(出来れば3色以内)でコーディネイトをするのがおしゃれのポイントです。色は少ない方が落ち着きますからね。ベットカバーなどのリネンや壁紙などにリラックス効果のあるカラーを用いつつ、センス良い寝室インテリアの色合わせをしていきましょう!

気持ちが落ち着くお勧めのインテリア

リラックス

では、よりリラックスすするために「副交感神経を働かせてくれる色」とは、どんな色なのでしょうか。その色を知って、寝室に利用すればいいのですよね。寝室インテリアのコーディネートのお勧めの色は、「青・茶・緑・黄色」です。どれも自然の中にある色ですね。これらの色が嫌いという方は少ないのではないでしょうか。

反対にお勧めしないのが、「黒や灰色」です。モノトーン色でおしゃれな印象を受ける色で、ベットカバーに使っている人も意外と多いですよね。でも、寝室に使うと「リラックスできる」というより、自分の感情を抑えてしまう効き目があるんです。リッラクスしたいのに気持ちを出せないのでは、落ち着く寝室は作れませんよね。

カーテンやベットリネン類の色としても、青・茶・緑は良く売られている色ですね。明るすぎる黄色は商品としてはあまり見かけませんが、薄い黄色などは見かけます。寝室インテリアにぴったりな色が分かったところで、この中から寝室に使うテーマカラーを決めて、ベットルームをおしゃれに模様替えしていきましょう!

おしゃれな色別ベットルームインテリア実例10選をご紹介!

①ミントグリーンで爽やかな寝室に

壁もベットカバーもミントグリーンで統一された寝室の実例です使われている色が緑とクリーム色・ベージュと少なめなので、すっきりと落ち着く部屋ですね。明るいミントグリーンはみずみずしく、朝も爽やかに起きられそうです。明るい色なので、新婚さんやお子さんの寝室にもお勧めのインテリアです。

②深い緑の寝室で気分は森林浴

深い緑は森の木々を連想させます。緑色を寝室インテリアに用いる事は、副交感神経に働きかけ、尖った神経を休ませてくれるのです。ハードワークな人にもお勧めの寝室インテリアです。緑も深めの色合いだと、大人っぽい寝室に仕上がる寝室の実例ですね。茶系とアイアン小物を合わせて男前のインテリアに仕上がっています。

③深いブルーで癒しを

青色には神経を鎮静させる作用があります。日中体力を使ったり、エネルギッシュに動く方、接客業などで声を出す方にお勧め色のベットルームインテリア色です。深い青のベットカバーで横になっていると、海の中で浮いているようなゆったりした気分になれそうですね。

④柄の一部にイメージとしてブルーを使って

ブルー系でも淡い水色を取り入れた寝室です。色を一色にするのは抵抗がある方でも、柄として使えば、全体のイメージは色のイメージが付くのに、圧迫感を感じませんし、うるさく感じません。雰囲気で色を楽しみたい方にお勧めの使い方ですね。

⑤大地のカラーで土に寝転んでいるイメージ

茶色は山肌や大地を連想させる、自然にごく近い色合いです。この茶色を寝室のインテリアに用いることで、大地に抱かれているようで、気持ちをリラックスさせてくれますよ。張りのある素材のベットカバーを使えば、おしゃれでホテルライクなインテリアになります。

⑥重い茶系でも一部に使えばセンス良い寝室に

濃い茶色は大きな面積を占めると部屋が狭く見えてしまいますが、狭く見えることに抵抗がある方でも、使える寝室の実例です。カバーとして部分的に使うなら、ベットが重く感じません。色の組み合わせ次第でホテルライクインテリアにも出来ますね。

⑦ベージュで表現するモロッコインテリアの寝室

同じ茶系でも薄い色合いも入っていると、優しい印象の寝室になる実例です。全体を優しくまとめながら、こげ茶の家具で引き締めている、大人の寝室のインテリアですね。ベットカバーもチョイスする柄次第で、モロッコ風のインテリアも実現。海外のインテリア誌から切り取ったような寝室になりますね。

⑧黄色は寝室には最適!?

黄色を見るとセロトニンが多く分泌されると言われています。昼間に体に出たセロトニンは夜、睡眠ホルモンのメラトニンになって良い眠りを誘うのです。ということは、目覚めに黄色を見ることが良いようですね!まっ黄色のベットルームは落ち着きませんが、薄い黄色やベージュを使った寝室ならおしゃれに仕上がります。

⑨黄色も部分使いで大人っぽい寝室に

ベットカバーをいきなり変えるよりも、フリーカバーをベットにかけることで簡単にインテリアのイメージを変えられる、という実例。ベットカバーは寝室の印象を大きく変えますからね。この模様替えなら簡単に気分を変えられ、すぐに真似できそうですね。「セロトニンカラー」の黄色に早変わりできた寝室のインテリアです。

⑩照明の色も活用して

壁紙やリネン類に黄色を使うことに抵抗がある方も、間接照明をうまく使えば、黄色いベットルームが作れます。白や淡いベージュの壁紙に暖かい色のライトをともして。寝室の色って、こんな風にしても作れるんですね。

寝室インテリアの色遣いは、カーテンやリネンに目が生きがちですが、照明を変える事でも色遣いに変化をつけることが出来るのですね。今はLEDライトでも、色味が選べますから、ホームセンターに行って電球色を変えてみるのも寝室のインテリアの模様替えになりますね。

色使いの工夫で寝室インテリアをおしゃれに

いかがでしたか?寝室のインテリアが、色を変えるだけで落ち着く空間になるという実例をご紹介しました。寝室のインテリアってベットの配置や光への配慮、色選びが大事だったのですね良い眠りとリラックスのために寝室を模様替えしたいと思ってもどこから手を付けて良いのか……という方!参考にしてみてくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。