INDEX

サロンカラーとホームカラーの違いとは?

サロンカラーは新生毛と既染毛をバランス良く染めていく

美容室のレジの様子

サロンカラーとホームカラーの違いというのは、簡単に言うと美容室で染めるかセルフで染めるかという事になります。美容室で染めると、美容師によって新生毛と既染毛を染め分ける事もできます。また、美しく立体感のある染め方で染めてもらえるので、自分で染めたのとは仕上がりにも差が出るのもポイントです。

また、髪の毛のプロでもある美容師ですので、髪の毛の今の状態を判断して一番適した薬剤を使用してのカラーをしてくれるというメリットもあります。

ホームカラーは既染毛に薬剤が付いてしまい毛先にダメージが蓄積しやすい

銀髪の女性

ホームカラーは、手軽に自宅でヘアカラーができるだけでなく、コストを抑えてカラーリングする事も可能です。また、ホームカラー用のカラーリング剤は、自分で施術する事を考えて作られているので、髪に広がりやすい粘性や容器、刺激臭がこもらないようにあらかじめ作られているという事も言えます。

しかし、髪に広がりやすいというのは、逆を言えば元々染まっていた部分にも薬剤が付いてしまう事から毛先にダメージが広がりやすくなってしまうというデメリットはあります。その為、枝毛やパサつきなど毛先部分のダメージが特にひどい傾向にあります。

そういう意味でも、ホームカラーは特に、日頃のお手入れが大事になってくると言っても過言ではありません。ここに、手軽にヘアカラーが楽しめるカラーワックスを紹介している記事があるので、この記事を参考にしてヘアカラーによる髪へのダメージが気になる方は参考にしてみて下さい。

Small thumb shutterstock 673152142
関連記事 カラーワックスで手軽に髪色イメチェン!効果的な色つけの方法とは?

カラーワックスとは、最近流行している商品で、髪に簡単に色つけをすること

ホームカラーとサロンカラーの持続時間の違いは?

ホームカラーの場合には約1ヶ月半で色落ちする

振り向く女性

ホームカラーは、どのくらいで色落ちするのでしょう。ホームカラーは、サロンカラーに比べると、圧倒的に色落ちするのが早く、約1ヶ月半程度で色落ちし始めます。特に、ピンク系やアッシュ系は色落ちが早く、1ヶ月程で色落ちし始めます。

コストを抑えて髪を染める事のできるホームカラーですが、それだけサロンカラーに比べるとどうしても色持ちが悪いというのは明らかです。サロンカラーよりも、それだけ髪へのダメージも大きくなってしまうので、それも色持ちの悪さの原因でしょう。

また、髪の部分ごとに染め分けする事も出来ませんので、それも色持ちが悪いと感じる直接の原因となります。サロンカラーは、毛先と根元を色分けする事も可能なので、サロンカラーに比べると、ホームカラーはどうしても色持ちが悪いと感じると言えます。

サロンカラーの場合には約2ヶ月長持ちする

上を見るミディアムヘアの女性

サロンカラーは、結果から言うと約2ヶ月程持ちます。2ヶ月もすれば、髪も伸びるのでそれだけ褪色するのは当たり前です。それでも、ホームカラーに比べて、髪のダメージに合わせたカラーリングをしてもらえるので、色持ちもホームカラーに比べると、長い傾向にあります。

サロンカラーは、髪のプロが染めてくれるという事もあり、ホームカラーに比べて均一に髪全体を染める事ができます。色ムラができないというのは、髪の染まりを均一にして、色持ちしやすい状態を作ってくれる事に直結します。ホームカラーは、髪が元々染まっている箇所まで一緒に染めてしまうので、色ムラとなります。

それが結果として、色持ちの悪さに繋がってしまうのは言うまでもありません。誰でも染まるホームカラーですが、サロンカラーに比べると手軽さゆえのデメリットがあるというのは覚えておきましょう。ここに、サロンカラーとホームカラーの差を紹介している記事があるので、その差を学ぶ機会としてみて下さい。

ヘアカラーが抜けてしまう理由は?

ヘアカラーが抜けてしまう理由①髪や頭皮の紫外線対策が不十分

スマホを見る女子絵

ヘアカラーが抜けてしまう理由1つ目は、髪や頭皮の紫外線対策が不十分です。紫外線対策は、皮膚への対策はしていても髪への対策は不十分だという人も少なくありません。強い紫外線を浴び続けると、髪の毛の水分を守る役割を担うキューティクルが剥がれやすくなる傾向にあります。

その為、屋外で活動する場合には帽子を被ったり、日傘を併用するなどして紫外線対策をしっかり行う事も大事なポイントです。今では、ヘアケア用品としてヘア専用の日焼け止めなども販売されているので、このようなアイテムを併用するなどして色落ちを防ぐ対策を行いましょう。

ヘアカラーが抜けてしまう理由②間違ったシャンプーを選んでいる

シャンプーなどのお風呂グッズ

ヘアカラーが抜けてしまう理由2つ目は、間違ったシャンプーを選んでいるというものです。ヘアカラーをしているのに、いつも通りのシャンプーを使用していませんか?市販のシャンプーは、界面活性剤が多く含まれているので、それだけ洗浄力も強力であるケースも少なくありません。

強力な洗浄力は、せっかくヘアカラーしたものを落としてしまう事と同じです。特に、ヘアカラーした当日にゴシゴシとしっかり目に洗ってしまうというのはNG行為でもあります。髪表面のキューティクルを傷つけてしまう事にもなってしまうので、注意しましょう。

ヘアカラーが抜けてしまう理由③ドライヤーの掛け過ぎ

ドライヤーをする女性

ヘアカラーが抜けてしまう理由3つ目は、ドライヤーの掛け過ぎです。髪の毛に必要以上にドライヤーを当ててしまうと、どうしても髪のパサつきや色落ちを助長してしまう直接の原因になってしまいます。その為、必要以上にドライヤーを当てるのを防ぎ、20㎝以上離して使用するようにしましょう。

ここに、おすすめのドライヤーを紹介している記事があるので、この記事を参考にして自分に合ったドライヤー選びの参考にしてみて下さい。

Small thumb shutterstock 476308678
関連記事 レプロナイザー3Dplusとは?他の高級ドライヤーの比較や口コミも

高級ドライヤーの中でも人気のリュミエリーナ・レプロナイザーは今話題の実

ヘアカラーを長持ちさせる方法5選

ヘアカラーを長持ちさせる方法①ヘアカラー後2日はお湯で洗髪する

髪を洗う女性

ヘアカラーを長持ちさせる方法1つ目は、ヘアカラー後2日はお湯で洗髪するというものです。ヘアカラー後すぐに市販のシャンプーを使ってシャンプーする事により色落ちしやすくなるというのは、先程もお話しました。特に、色落ちしやすいのはヘアカラー後の2日間と言われています。

その為、この期間はお湯で洗髪するのを避け、できるだけシャンプーは使用しないようにしましょう。そうすれば、ヘアカラーを長持ちさせる事も可能です。

ヘアカラーを長持ちさせる方法②ドライヤーは10cm以上離す

お風呂に入る女性

ヘアカラーを長持ちさせる方法2つ目は、ドライヤーをする際には髪から10cm以上離して使うというものです。ドライヤーをする前には、髪の水分をしっかり除去してから使用するというのもポイントです。また、洗い流さないトリートメントやオイルを使用しましょう。

ヘアカラーを長持ちさせる方法③髪専用の日焼け止めを使用する

海にいる女性

ヘアカラーを長持ちさせる方法3つ目は、髪専用の日焼け止めを使用するというものです。肌と同じように、髪にも紫外線対策はしっかり行う必要があります。また、外出する前に洗い流さないトリートメントを使用するというのを併用する事により、紫外線対策の手入れも完璧にしましょう。

ヘアカラーを長持ちさせる方法④カラーシャンプーを使用する

パーマを掛けている女性

ヘアカラーを長持ちさせる方法4つ目は、カラーシャンプーを使用するというものです。カラーシャンプーは、色によって様々な効果があります。例えば、紫は髪の黄ばみを抑えたい時に効果的です。そして、シルバーはアッシュ系のカラーを長持ちさせます。ピンクは、赤やピンク系の色を長持ちさせる効果があります。

ヘアカラーを長持ちさせる方法⑤ダブルカラーを試してみる

美容室でパーマを掛ける女性

ヘアカラーを長持ちさせる方法5つ目は、ダブルカラーを試してみるというものです。カラーを美容室でする際に、あらかじめ色落ちした時の事を想定して色を入れてもらうというものです。手入れする手間が面倒な場合にも、色落ちする事を想定して色落ちしたとしても別の色合いを楽しめ、カラーを持続させる事ができます。

やはり、手入れするのも大変です。しかし、あらかじめ色落ち対策をしておけば手入れなしでもある程度、カラーリングを楽しめる期間を持続させる事ができるんです。色落ちも綺麗に、という風に、美容師さんにオーダーすれば手入れの手間や期間を省く事も可能です。

ここに、ピンクのカラートリートメントの効果についてまとめた記事があるので、この記事を参考にして、色落ちを防ぐ方法を模索してみて下さい。

Small thumb shutterstock 629048684
関連記事 ピンクのカラートリートメントおすすめ5選|ピンクトリートメントの効果も

あなたの髪は何色ですか?髪色はその人の雰囲気を大きく左右します。カラー

ヘアカラーした当日に実践したいテクニックとは?

当日は髪を洗わない

ヘアオイル

ヘアカラーした当日に実践したいテクニック1つ目は、当日は髪を洗わないというものです。カラーが髪に馴染むのは、最低でも24時間の期間がかかると言われています。ヘアカラーは、薬剤で髪を膨らませて、その中に色を入れていく仕組みです。施術当日は、髪が膨らんでいる状態なので、それだけ水と馴染みやすいです。

特に、ダメージが強い髪については、水に馴染みやすくなっていますので、色落ちを防ぐ為にもぜひ実践してみて下さい。夏場などは、長い期間髪を洗わないというのは、気持ちが悪いと思いますので、期間は当日だけでも持ちが違うと思います。

カラー後にトリートメントも髪のダメージの原因になる

お風呂に入る女性

ヘアカラーした当日に実践したいテクニック2つ目は、カラー後のトリートメントは髪のダメージの原因となるというものです。ヘアカラーは、どうしても薬剤が髪の中に留まってしまいます。その中で、髪の毛をトリートメントでコーティングしてしまうと、どうしても中に薬剤が残ったままとなり、ダメージの原因となります。

ここに、枝毛の予防や対策法を紹介している記事があるので、この記事を参考にして、ダメージを防いで綺麗な髪を保つ方法を知る機会としてみて下さい。

Small thumb %e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%83%ac%e3%83%bc
関連記事 枝毛の予防・対策法15選!横髪や後ろ髪のダメージ防止で傷まない髪の毛に!

髪がキレイな状態だとは思わず目が行きます。キレイな髪になるためには枝毛

ヘアカラーを長持ちさせるシャンプー3選

haru kurokamiスカルプ400mL┃¥3,750

6a4fb289 5953 4609 ad06 960500f2d40e. cr85 170 567 567 pt0 sx300

haru kurokamiスカルプ400mL

Amazonで詳細を見る

haru kurokamiスカルプシャンプーは、天然成分100%なだけでなく、リンス不要で白髪やダメージケアがこれ1本でできるという優れものです。多くの人が感じているのが、手間を省く事が出来ないかという事だと思います。

色落ちを防ぐ事ができるだけでなく、手間を省きながらもしっかり手入れできるというのもおススメのポイントです。スカルプシャンプーと言えば髪のプロが作ったシャンプーでもありますので、用途によって使い分けるのもおすすめです。

モーガンズノンシリコンシャンプー┃¥4,999

311vhvrdabl 1

mogans(モーガンズ) ノンシリコン アミノ酸 ヘアシャンプー

Amazonで詳細を見る

モーガンズのシャンプーは、アミノ酸系のシャンプーであるのと同時に、ノンシリコンなので髪に優しいという意味でもダメージケアにはもってこいと言えます。このシャンプーは、色落ちを防ぐだけでなく、ダメージケアのお手入れもできますので、一石二鳥と言えます。

アジューダドルチェウルシャンプー&トリートメント┃¥3,392

41gs4rkknjl. sx425   1

アジューダドルチェウルシャンプー&トリートメント

Amazonで詳細を見る

ツヤのあるしっかりまとまりのある髪に仕上げてくれる優れものです。毎日のお手入れをするにしても、持続してできるようなアイテムでなければ意味がありません。色落ちを防ぐだけでなく、10種類以上の植物成分を配合したアイテムですので、保湿力にも優れています。

お気に入りのカラーを持続させる為にも、毎日のお手入れで色落ちを防ぐ為にも最適です。長い期間、お気に入りのカラーを持続して楽しむ為にも、ぜひこちらのシャンプーを試してみて下さい。ここに、他にもある色落ちを防ぐおすすめのシャンプーを紹介している記事があるので参考にしてみて下さい。

Small thumb shutterstock 281827754
関連記事 色落ちしにくいシャンプーおすすめ人気ランキング|カラーが長持ちする!

ヘアカラーを長持ちさせるのは、シャンプーや日頃のヘアケアが大切です。色

お気に入りのカラーを持続して楽しむには毎日のお手入れがミソ

今回は、「カラーを長持ちさせる方法」をテーマに、色落ちを防ぐおすすめのシャンプーやお手入れの方法なども紹介してきましたが、いかがでしたか?持続してお気に入りのカラーを楽しむには、それだけ長い期間のお手入れが功を奏します。手軽にできる方法として、シャンプーやトリートメントがあります。

また、ドライヤーの当て方なども大事になってくる事がこの記事でお分かり頂けたと思います。持続した適切なお手入れによって、ぜひお気に入りのカラーの色落ちを防ぐ方法を模索してみて下さい。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。