INDEX

人生やり直したい!20代30代40代でやり直せる?

20代30代40代が人生をやり直したいと思う理由

人生をやり直したいと思うのは、何をやってもうまくいかない、後悔してもしきれない出来事があった、人生に希望が持てないなど、自分が思い描いていた人生と現実に大きなギャップがあるときでしょう。人生こんなはずではなかったのにと自分を責めたり、すべてをリセットできたらどんなにいいかと思っているかもしれません。

20代では人生の進路を決めるにあたり、希望した仕事につけなかった、資格試験に失敗してしまった、思い描いた会社生活と違うなど、大きな壁にぶち当たる機会が増えます。30代では職場がブラックだった、結婚や事業で大きな失敗をしてしまったなど、自分が選んだ結果に対してこれでよかったのか自問することになります。

40代になると、未婚既婚、給料や肩書など、友人との差がはっきりと表れてきます。そうすると今まで何の努力もしてこなかったことを悔やんだり、本当はもっと違うことをしたいと考えるようになり、自分が理想とする人生と現実のギャップに悩むようになります。そして自分の人生をやり直したいと強く思うようになるのです。

20代30代40代でも大丈夫!いつでもやり直せる!

「人生をやり直したい、でもこの年齢からやり直すのは難しいのでは」とひるんでしまうかもしれません。でもやり直したいと思ったということは現状に不満を抱えているということ。このまま、もやもやした気持ちを引きずって生きるのではなく、きちんと自分の人生と向き合ってみましょう。

人生をやり直したいという思いは、言い換えれば、人生をやり直すチャンスを与えられたということ。このまま不満を抱えたまま一生を終えるかのターニングポイントに来ているということなのです。人生をやり直すか、やり直さないかを決めるのは自分自身。年齢を言い訳に先送りするのではなく、人生について考えてみましょう。

人生を本当にやり直したい?やり直す必要はある?

人生はこうでなければだめと決めつけない

「人生が思うとおりにいかない」「こんなはずではなかった」そんな思いの裏には、理想とする自分の姿や夢と現実とのギャップが隠れています。こうなりたいという夢を抱くのは素晴らしいことです。でも細かいところまで全部思い描き、そのイメージと少しでも違ってしまうと許せないようなら考え物。

「××大学以外の大学には行きたくない」「●●部以外では働きたくない」「年収800万以上の相手でないと結婚したくない」などあまりにも多くの制限をかけてしまうと、逆に自分の首を絞めてしまうことにもなりかねません。「▲▲が勉強できるなら、どの大学でもいい」など条件をゆるくすることで、人生が楽になりますよ。

他人の人生と比較して、不満を作り出さない

客観的に見れば順調で恵まれた生活を送っていても、自分よりいい生活を送っている人を見ては自分の人生に不満を持っていませんか?でも「他人の人生と比べて、自分の人生はつまらない。こんな人生もう嫌だ」と思うなんてナンセンス。

「隣の芝生は青い」という言葉があるように、他人の生活は輝いて見えるもの。はたから見て幸せそうでも、本当に幸せかどうかは本人でないとわからないものです。あなたが自分の人生をやり直したいと思っているように、他人にも人には言えない悩みを抱えているかもしれません。SNSでの幸せな生活は本当かわかりませんよ。

何が幸せかは自分の心が決めること。豪邸に住んで高級車に乗るのが幸せという人もいれば、何も所有せず気ままに旅をするのが幸せという人もいるように、幸せの価値観は人によって異なるものです。他人の人生と比べたり、他の人が決めた幸せという概念に縛られるのをやめれば、人生をやり直す必要なんてないかもしれません。

人生にちりばめられた、小さな幸せを見つける

「人生はこうあるべき」という思い込みや「幸せとはこういうものだ」という決めつけは、人生をつまらないものにしてしまいます。今まで当たり前だと思っていた考え方を少し変えてみましょう。考え方一つで、つまらないと思っていた人生が素晴らしいものに感じられるかもしれません。考えを変えれば人生はやり直せるのです。

富や名声が幸せと思っていると、自分の周りの小さな幸せを見過ごしてしまいます。「笑顔であいさつしてくれた」「青信号が続いた」など毎日必ずいいことが起こっているのに「人生何もいいことが起こらない」とそっぽを向いていたらもったいないと思いませんか?小さな幸せに気付けるようになれば心が軽くなりますよ。

人生をやり直したいと思ったらまずやることは?

嫌いな自分も含めて、自分のすべてを認めてあげる

「こんな自分なんて大嫌い」「どうしてあんなことをしてしまったのだろう」人生をやり直したいと思っているときは、思い通りにならない自分の姿にいらいらしたり、ふがいない自分を責めてしまったりするかもしれません。

でも結果はどうであれ、今まで精いっぱい頑張ってきたのではありませんか?たとえうまくいかなかったとしても、そのときの自分は最善を尽くしていたはずです。そんな自分に鞭を打ちすぎるのは可愛そう。ダメだった自分を嫌いになるのではなく、嫌な部分もふくめて、頑張った自分をまるごと認めてあげましょう。

好きなところも、嫌いなところも含めて、それがあなたです。自分を認めてあげることができれば、ネガティブな気持ちから、人生を受け入れて前に進もうと言うポジティブな気持ちになることができるのです。

人生をやり直したいと強く念じ、今できる最善を尽くす



「あんなことをしなければよかった」「あのときこうすればよかった」と過去を悔やむことは誰でもあるはずです。過去に起こってしまったことを変えることはできませんが、考え方と行動を変えれば、未来を変えることはできるのです。つまり考え方と行動を変えることは、人生をやり直す方法だと言うことができるのです。

今までの考え方や行動の積み重ねが、あなたの人生を作り出してきました。言い換えれば、あなたの考えに合った現実を自分で生み出してきたと言えるでしょう。それなのに同じ思考でいれば、人生をやり直しても今までと同じ失敗を繰り返してしまうことになるのです。

逆に言えば、考え方を変えることができれば行動も変えることができると言うことです。人生をやり直したいと強く念じ、ベストだと思われる考え方と行動に変えてみましょう。人生を変えることができると信じることができれば、絶対にやり直すことができますよ。

20代?30代?40代?年齢なんて気にしない!

「こんな人生もう嫌」「人生をやり直したい」そう思いつつも、年齢を理由に弱気になってしまうかもしれません。でも、人生をやり直すのに年齢は関係ありません。絶対にやり直したいと思い、自分を信じて行動するしか、人生をやり直す方法はないのです。

年齢は、自分が何年間生きたということを示す、ただの物差しです。何歳になったからできないこと、やってはいけないことなど何もないのです。50歳になってから小説家になった人もいます。年齢を理由にして、自分に限界を設けるのはもったいないこと。人生をやり直したいと10年後も思い続ける人生をどう思いますか?

人生はやり直したいと思えば、いつでも変えることができます。何度でもやり直せるのです。やり直したいと思ったということは、やり直すチャンスをもらったということ。年齢なんて気にせず、チャレンジしましょう。

人生をやり直す方法は?やり直したいあなたがすること

どんな人生を送りたいか、人生の目標を決める

人生をやり直したいと思っても、やり直す方法がわからない人もいることでしょう。そんなときは、まず自分の心を整理するために、どんな人生を送りたいのか、なぜそのような人生を送りたいのかなど、思いつくまま書き出してみましょう。そして現実はどうか、理想の人生のためには何をしなければいけないのかも書き足します。

人生がうまくいかないときは、自分がどう感じていて、解決するためには何をすればいいかわからないので、もやもやしてしまいます。自分の考えを書き出すことで、やりたいこと、やるべきことが明確になるので、取り組みやすくなるのです。

人生をやり直す方法が決まったら、実行するためには何が必要か、いつまでに具体的に何をしなければいけないのかを考えましょう。やることが決まったら必ず、いつまでに終わらせるかを決めます。そうすれば一日に何をどれだけすればいいかが明確なので、行動に移しやすくなります。

自分で決めた人生の目標に向かって取り組む

人生の目標が決まったら、あとは実行に移すのみ。目標に取り組めば、毎日自分が少しずつ変化していることを実感できますし、やりきったという達成感を味わうこともできます。

可能ならば周りの人にも「自分がいつまでに、これをやりきる」と宣言してしまいましょう。人に言うことで、自分の意思を固めることができるだけでなく、周りの人にも応援してもらうことができるので、一人で頑張るよりも早く達成できる可能性があるのです。

人生をやり直すときに気を付けるべきことは?

過去を振り返らず、自分の未来だけを見つめる

「あのとき、ああすればよかった」と考えても過去を変えることはできません。また「あのときはよかった」と過去を懐かしむのは、フィルターを通して過去を美化しているから。過去を恨んでも、うらやんでも後戻りするだけで何も変わりません。過去ではなく、現在と未来を見つめるようにしましょう。

他人の声ではなく、自分の心の声に耳を傾ける

人生をやり直そうとすると「今の仕事をやめたら、もうこんなにお給料をくれる会社はない」「今更勉強しても無駄」「都会育ちの君が移住しても馴染めるわけがない」など周りの人がいろんなことを言ってくるでしょう。純粋に心配してアドバイスしてくれる人もいれば、夢を追いかけるあなたに嫉妬しているだけの人もいます。

自分が人生をやり直すと決めたら、足を引っ張る周りの雑音に耳を傾けないようにしましょう。あなたの人生の舵をとるのは、あなたであって、周りの野次馬ではないのです。他人に自分の人生のハンドルを取らせることのないように、何が自分にとって一番大切なことか、自分の心に素直になりましょう。

自分の直感を信じ、すぐに実行に移す

他人の目を気にした選択ではなく、自分の心の声に忠実にものごとを決めていると、自分の望むものが自然と向こうからやってくるようになります。なんとなくいいなと思ったら、自分の直感を信じてすぐに実行に移しましょう。これだと思った直感を大切にし、後回しにするのではなく、そのときに終わらせる癖をつけるのです。

人生をやり直したいなら?やり直すのに遅いなんてない

こんな人生は嫌という思いは、人生をやり直すチャンス。年齢を理由にあきらめないで!人生をやり直すに遅いと言うことはありません。失敗したら、何度でもやり直せばいいのです。あなたの人生は、誰のものでもなく、あなたのものなのです。自分の心に素直になって、人生を変える一歩を踏み出せるように応援しています。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。