INDEX

がま口、使っていますか?

かわいらしいイメージのがま口

コロンとしたがま口は、見ているだけでほっこりと優しい気持ちになれます。昔おばあちゃんが使っていたという人も多いのではないでしょうか。今や若い女性にも人気のあるがま口はとても使いやすく、便利なので、ぜひとも生活に取り入れてもらいたいアイテムです。

かわいい♡

パカッとあけると中がよく見えて使いやすいがま口は、そのあけたシルエットもとてもかわいくて素敵です。使いやすくてかわいらしいといういいこと尽くしのがま口はもっと生活に取り入れてほしいアイテムです。

もっと知りたい!がま口の世界

バリエーション豊富ながま口

がま口というとお財布が代表的ですが、実はそれだけではないのです。がま口の作り方はポーチやバックなど様々なものに応用することができるのです。がま口の口に使われている口金はさまざまな大きさやデザインのものが販売されているので、それらを使えばがま口のデザインは無限に広がります。

がま口は実は外国からやってきた!

がま口というとちりめんなどの生地を使ったものを思い出す人が多いでしょう。和の印象が強いがま口ですが意外にも明治時代にヨーロッパからやってきたものなのです。明治維新では日本に外国からさまざまなものがやってきましたが、がま口までやってきたとは驚きです。ただし当時はまだ口金が高価で庶民は持てませんでした。

古き良き伝統が再び注目されています!

がま口が今再び注目されています。デザインもちりめんのような和テイストのもだけではなく、ポップなものやエレガントなものなど幅広いものが増えているので、大人から子どもまでだれでも楽しめます。口金の大きさも豊富なので、小銭入れのような小さいものからポーチやバッグなど大きなものまで幅広く活用されています。

がま口の型紙を応用したハンドメイドが大人気です!

ガマラーはじぶんで作っちゃう!

がま口を愛するガマラーは、既製品のがま口だけではなく、自分好みのがま口を手作りをして楽しんでいます。「がま口の作り方は難しそう」と思われるかもしれませんが、コツをつかめばがま口の作り方は難しくありません。サイズやデザインなど、ハンドメイドすれば調整することができるのでおすすめです。

がま口を作るのに必要な材料

材料
  • 口金
  • 表布
  • 裏布
  • 紙ひも
  • 手芸用ボンド

基本的な材料は小銭入れのような小さいものでもポーチやバックのようなものでも同じです。紙ひもは口金と生地を密着させるのにとても重要な役割を果たします。口金の大きさによって紙ひもの太さを変える必要があります。ホームセンターに行くとたくさんの種類の紙ひもが販売されていますよ。

がま口作りに必要な道具

道具
  • 目打ち
  • マイナスドライバー
  • 口金入れ
  • つまようじ
  • 裁縫セット

がま口の作り方で一番のポイントになるのが口金と生地をくっつけるところです。きれいにくっつけるためにはコツが必要ですが道具選びもきれいに入れるための重要な要素になります。口金に生地を入れていくときには目打ち、マイナスドライバー、口金入れのいずれかを使うとよいでしょう。すべてをそろえなくても大丈夫です。

がま口の作り方で作った財布が素敵♡型紙もさまざま

コロンとして可愛いがま口♡

丸型の口金を使ったがま口です。全体的にコロンと丸い形でとてもかわいらしく、見ているだけでほっこりとした気持ちになれます。同じがま口の作り方で同じ口金、同じ型紙を使っても生地が変わると印象が変わります。いろいろな種類の生地で作ってみると楽しいですね。プレゼントしても喜ばれます。

スクエア型の口金でスタイリッシュに

スクエア型の口金を使うと、シャープでスタイリッシュな印象になります。大人カジュアルな雰囲気の財布を作りたいときにおすすめです。生地も口金に合わせて選ぶと、よりスタイリッシュな雰囲気が増して素敵な財布になります。

スタイリッシュとほっこりの融合

スクエア型の口金と丸い型紙を使ってお財布を作ると、スタイリッシュとほっこりの雰囲気が融合して味わいのあるお財布になります。留め金も丸型にすると、全体的にほっこり感の方が強い印象になりますね。

がま口の作り方で型紙を応用すればバック、ポーチも!

大きくマチをつけて自立するポーチ

がま口の作り方は同じですが、マチを大きくつけると自立するポーチになります。小銭入れの型紙を拡大すればできるので基本的な作り方は変わりません。表布をパッチワークのように切り替えたりレースなどをプラスしたりすると、より華やかで素敵なポーチになります。

貴重品もがま口ポーチで管理しましょ!

デザインが施されている口金は、レトロな印象になって素敵です。口金の端についている輪にキーホルダーなどをつけておけば、カバンに荷物がたくさん入っている時でもわかりやすくて便利です。口金にはさりげない工夫が施されているものも多いので、使い道によって口金を使い分けるといいですね。

和の雰囲気のポーチ

がま口の作り方で表布と裏地の間にキルト芯を入れるとしっかりとした仕上がりになります。キルト芯はハードルが高いという人は接着芯でもいいですね。唐草模様の生地は昔懐かしい和の印象ですが、今の時代に使うことでそれが新鮮で素敵なポーチになります。

持ち手と肩掛けひもをつけてバックに

小銭入れのがま口の作り方をそのまま拡大すれば可愛いバッグになります。口金に持ち手と肩掛けひもを取り付けれましょう。2wayバッグになりますよ。大き目の口なので中がとても見やすく、中身をさっと取り出すことができて使い勝手も抜群です。コロンとしたデザインで、想像しているよりも収納力に優れています。

トートバッグ風がま口バッグ

がま口の作り方でトートバッグのように持ち手を本体に取り付けます。入口に口金を取り付ければとても使いやすくおしゃれになります。あける時も大きく入口が開くのでどこになにが入っているのかすぐにわかり、取り出しやすくなります。持ち手をカバン本体に取り付けることで口金への負担を少なくすることができます。

よそ行きにも使えます

口金や持ち手の選び方次第で、お出かけにも使える素敵なバッグが出来上がります。がま口の作り方や型紙はみんな同じなのに、材料選びでこれほど印象が変わるのを楽しめるのもがま口作りの魅力です。さまざまなアイテムを使ってオリジナリティーあふれるがま口バックを作りましょう。

【がま口の作り方】①型紙を考えながら口金を選びます

口金選びでがま口の印象が決まります!

口金は大きさも種類もさまざまです。デザインもおしゃれなものやシックなもの、ポップなものなどたくさんあります。自分がどんながま口を作りたいのかよく考えて、素敵な口金を選びましょう。

【まつひろ商店】がま口用口金2.6寸丸型5個入

Amazonで商品の詳細を見る

外径約8.2cm×4.0cmの口金です。小さな小銭入れを作る時にぴったりのサイズです。既製品の小銭入れもたいていこのサイズの口金を使っているので、想像しやすい大きさですね。カラーはアンティークゴールドの他にブラックもあります。

【まつひろ商店】がま口用口金2.6寸丸型こけし玉

Amazonで商品の詳細を見る

外径約8.2cm×4.0cmの口金です。こけし玉の口金は留め金の部分が縦に長い丸になっているのが特徴です。丸型の口金との違いはデザインだけなので、お好みのものを使うといいですね。シンプルなので、どんな柄の布にもよく合います。

【ハマナカ】がま口用口金(アンティーク)

Amazonで商品の詳細を見る

ぽつぽつとあいた穴がドットのような模様になっている口金です。金と銀の2種類があるので、好みや生地のデザインによって使い分けるといいですね。外径約3cm×5cm、内径約2.5cm×4cmとなっているので、ちょっと小さめの口金です。

【starPG】アーチ型大型がま口口金

Amazonで商品の詳細を見る

長さ25cm、高さ11cm(口金部高さ9cm)の口金です。大きめサイズなのでバッグなどにぴったりの大きさです。留め金は丸型なので、優しくかわいらしい雰囲気です。口金の両脇についている小さな穴を利用してバッグチェーンをつければより便利になります。

【and.A】L型がま口口金

Amazonで商品の詳細を見る

16.5cmと18.5cmの2サイズがあり、どちらも角に留め金がついています。細長い留め金なのでスタイリッシュな印象です。口金部分のデザインもエレガントで素敵なので、ポーチなどにおすすめです、

【and.A】口金角型エンボス加工

Amazonで商品の詳細を見る

エンボス加工されたスクエア型の口金は、落ち着いていて上品な印象になります。シックなゴールドに仕上げてあるので、生地も上品なデザインのものを選ぶと、口金とのバランスが取れてとても素敵な印象になります。両端についている小さな輪にひもを付ければハンドバックや肩掛けカバンにもなります。

【BURADACO】アンティーク風がま口口金8色

Amazonで商品の詳細を見る

留め金の部分がポップで可愛いデザインになっています。口金の部分もフリルがついているような可愛いデザインなので、若い女の子におすすめです。生地も口金に合わせてポップなものを選べば、持っているだけで元気になれそうながま口ができそうですね。

【HAPPYCRAFTR】小鳥のつまみのガマ口

Amazonで商品の詳細を見る

小鳥が向き合っている留め金がとてもかわいらしい口金です。ぱちんと口金をとめるのが楽しみになる、そんなデザインですね。口金にもアンティークなデザインが施されているので、とても華やかながま口になります。

【ハッピークラフト】角型ハート&スペード型

Amazonで商品の詳細を見る

ハートとスペードの留め金がかみ合ってとても大人可愛い印象です。口金部分にもデザインが施されているので、年齢を問わずに楽しめます。生地のデザインによって雰囲気も変わりそうな口金なので、いろいろな生地を合わせてみてはいかがでしょうか。

【夢モール】親子口金

Amazonで商品の詳細を見る

内側と外側に2つ口金をつけることができます。中に口金をつけることで仕分けをすることができるのでとても便利です。口金に布地をつける時には、小さい口金の方から先に付けます。

【がま口の作り方】①型紙を手作りしましょう!

がま口の作り方は型紙は作りから

型紙は買うもの、ダウンロードするものと思っていませんか。がま口の型紙は自分で作ることができます。ハンドメイド初心者の人でも作ることができるので、ぜひとも自分で型紙をつくりましょう。がま口の作り方は型紙を作るところから始まるのです。

型紙の作り方①必要なものは?

用意するもの
  • 口金
  • ペン
  • メジャー
  • 定規
  • ハサミ

型紙の作り方②口金に合わせて型紙を作る

口金を紙の上に置き、紙に写し取ります。あとは口金の大きさに合わせて型紙を自分で考えて描きましょう。底の部分や横幅の大きさ、縦の長さなど、お好みで調節します。口金とくっつける部分は口金よりも大きくします。持ち手のカーブのあたりから斜めに直線をひき、底の部分と交差させれば型紙の出来上がりです。

【がま口の作り方】③型紙に合わせて布を裁断します

布選びも楽しんで

生地によって雰囲気が変わりますから、楽しんで布選びをしましょう。選んだら型紙に合わせて表布と裏地を裁断します。裁断したら表布と裏地それぞれ中表に合わせて縫います。キルト芯をつける時には表布を縫う時に一緒に縫います。表布と裏地が縫えたら表地を表に返します。裏地は裏返しのまま表布を重ねます。

刺しゅうなどは裁断したときに

表布に刺しゅうやタグ、レースなどをつけるときには、この段階でしておきます。縫いしろやマチの分を考慮して、仕上がりをイメージしながらどこにつけるかを計算しておきましょう。

【がま口の作り方】③口金と布の部分を合わせましょう

一番の山場です!

一番慎重に作業しなければいけないところです。ボンドを口金のすき間に入れたらつまようじで伸ばして均等にしておきます。ボンドが半がわきになったら目打ち、マイナスドライバー、口金入れのいずれかを使って丁寧に布を差し込んでいき、裏地側に紙ひもを挟みます。最後に口金の端をペンチで押さえて出来あがりです。

\ POINT /

ボンドの量に注意!

ボンドの量には最新の注意が必要です。多すぎるとはみ出て汚くなってしまいます。少なすぎると生地が口金とくっつかず外れてしまう原因になってしまいます。注意しながらボンドの量を調整しましょう。

がま口の作り方は型紙から楽しみましょう

いかがでしたか。がま口の作り方は思っていたよりも簡単だったのではないでしょうか。型紙も自分で作ればオリジナルのがま口を作ることができます。使い勝手もよく便利でおしゃれながま口を生活に取り入れてみませんか。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。