Large thumb shutterstock 655990372

適当に生きる方法15選!働きたくない人が人生のんびり楽に生きるには?

更新:2019.06.21

適当に生きるという言葉は仕事や人生においてあり得ないという方もいるかもしれません。しかし、適当に、楽に生きる方法を見つける事で今まで見えなかったものが見え、ラフにのんびり過ごすことが出来るでしょう。今回は適当に生きる方法をご紹介します。

適当に生きるメリットは?

適当に生きるメリット①ストレスがなくなる

適当

適当に生きるメリットはストレスがなくなるという事です。切羽詰まった状態で、常に何かに追われ、周りを気にかけている人はストレスが溜まりやすい傾向にあります。しかし、適当に生きる事でその切羽詰まった苦しい状態を回避できます。その為、ストレスを溜めることなく生活が出来るのです。

適当に生きるメリット②なんでも楽しくなる

楽しい

適当に生きるメリットはなんでも楽しくなることです。イライラしたり、ストレスが溜まっている状態の人間は、いくら自分の趣味や楽しむことでもストレスに感じてしまう事があります。その為、上手くストレス発散をすることが出来ずに、ずるずると闇にハマっていくばかりです。

しかし、適当に生きる事で人生の価値観も変わり、何事も楽しく感じる事が出来るようになるのです。適当に生きる事で、ストレスだらけだった人生を冷静に見返すことが出来、人生だけではなく仕事も楽しんでしまえばこっちのものと気楽に考える事が出来るのです。

適当に生きるメリット③おおらかな性格になる

大らか

適当に生きるメリットは、おおらかな性格になれることです。ストレスから解放されることで、人間としても未熟な部分だったものを補い、周りをあまり気にすることなく生活できます。その為「こんなことくらい、まぁいいか」と何に対しても許すことが出来るのです。

適当に生きるメリット④こだわりがなくなる

こだわり

適当に生きるメリットはこだわりがなくなることです。こだわりがなくなるのがメリットなのかとお考えの方もいるかもしれません。ですが、こだわるからこそストレスが生まれるのです。何に対しても完璧をこだわったり、周りの人と合わせて服のブランドをこだわったりしているとふとした時に疲れを感じませんか?

こだわりをなくすことで、楽に生きる事も可能なのです。好きなものを着て、好きな服を着て、好きな時に出かけてという趣味などに費やす時間が増えるという点でもメリットと言えるでしょう。会社が休みの日は家事や洗濯なども適当にこなし、自分の時間を作ることで余裕が生まれるのです。

適当に生きるメリット⑤明るくなる

明るく

適当に生きるメリットは、明るくなることです。今まではストレスだらけで俯いてばかりいたかもしれません。しかし、適当に生きる事でそのストレスもなくなり、自分の好きなように生きられるため、性格が明るくなるのです。

下記の記事は、周りに好かれる明るい人の特徴をまとめた記事です。明るい人は周りをハッピーにする力を持っています。また、明るい人の周りも明るく笑顔な人が多いと感じます。そんな人になりたいと感じている人は、是非下記の記事を参考になさってみてください。きっと新しい自分に出会えることでしょう。

適当に生きられない原因は?楽に生きる方法を身につけるべき人は?

楽に生きる事が出来ない原因は日本人特有の責任感の強さにあった

落ち込む

日本人は外国人に比べ、真面目で責任感が強い事から適当という言葉には程遠い生活を送っています。もちろん、人生は自由に生きる事が望ましいですが、重荷が肩にのしかかり、その自由ささえ見失ってしまう事が多いのです。責任感が強く、周りを気にしすぎる日本人のほとんどが適当に生きるという選択肢を持っていません。

楽に生きる方法を身に着けるべき人の特徴:仕事においての責任感が強い

社会

楽に生きる方法を身に着けるべき人の特徴として、責任感が強いという点が大きくあります。責任感が強いというのは会社での仕事において、大事な時もあります。しかし、あまりの責任感の強さゆえに、それを達成できなかった時が怖いのです。責任感の強い人は高すぎる目標に向かって生きています。

楽に生きる方法を身に着けるべき人の特徴:頑固な職人気質な人

頑固

楽に生きる方法を身に着けるべき人の特徴として、頑固な職人気質の人というのが挙げられます。頑固な職人気質な性格の人はプライドが高く、仕事や家庭においてもそのプライドと威厳を守ろうとします。しかし、それはかえって自分を苦しめているのです。

適当に生きる方法15選!働きたくない人の仕事の向き合い方は?

適当に生きる方法①みんなと同じ考えを捨ててみる

自由

適当に生きる方法は周りと同じ考え方をまずは捨ててみましょう。人間1人1人に個性があり、人間1人1人に意見があります。その意見を押し殺し、自分の意見を言わず周りと合わせるという事はストレスでしかありません。少し自分を解放するためにも、周りの意見に流されないよう同じ考えをまずは捨ててみましょう。

適当に生きる方法②仕事で失敗しても前向きに考える

自由

適当に生きる方法の2つ目は、失敗しても前向きに考えるということです。責任感が強いが故に、失敗してしまうと落ち込んでしまいマイナスな方向に考えてしまうという傾向があります。しかし、それはただ自分を苦しめるだけです。失敗して落ち込むことも時には大事ですが、もっと大事なのは次に繋げる事です。

適当に生きる方法③自分に素直になってみる

素直

適当に生きる方法は、自分に素直になってみることです。貴方は今、我慢を溜め込んでいませんか?本当はやりたいことがあるのに周りに合わせていませんか?心当たりがある人は、まず自分に素直になってみることをおすすめします。自分に嘘をついていると、いつか心が嘘で塗り固められてしまいます。

適当に生きる方法④執着しない人生も大切

執着

適当に生きる方法は執着しないことです。人間は様々な物に執着してしまいます。それが、恋人だったり、家族だったり、はたまた別の事だったりします。あまりに1つの事に執着しすぎると周りが見えなくなってしまいます。執着せずに、自分をラフな状態にしてあげるのもまた、適当に生きる方法です。

適当に生きる方法⑤時に諦めも肝心

諦め

適当に生きる方法は時に諦めも肝心という事です。負けず嫌いで諦めたくないという気持ちはとても大事です。しかし、自分の身の丈に合っていない大きすぎる問題に関しては、時に諦める事も必要なのです。そうすることで、ストレスが少し減少し、貴方の気持ちも少しは楽になることでしょう。

適当に生きる方法⑥働きたくない人は期待しすぎない

期待

適当に生きる方法は働きたくない人は期待しすぎないことです。会社だけではなく、私生活において関わる人たちに対してあまり大きな期待をすることをやめましょう。大きな期待を持ってしまうとたくさんの「なんで?」が生まれてしまいます。期待しない方が、何かをしてもらった時の喜びが大きいはずです。

適当に生きる方法⓻のんびり流れに身を任せてみる

流れ

適当に生きる方法は、流れに身を任せてみる事です。人間だれしも、考える事が面倒くさくなることがあります。そんな時は、流れに身を任せてみましょう。たまには流されることも悪くはありません。ただ、流されすぎてしまうとかえって疲れてしまう事になるので要注意です。

適当に生きる方法⑧誰かと自分を比較しない

比較

適当に生きる方法は誰かと比較しないことです。自分より優れた能力の持ち主は必ずいます。自分が1番ではありません。誰かと比較することで、いざ自分の駄目な部分が見えてきた時に、物凄く落ち込みます。そうならないためにも、自分は自分と考え、誰かと比較することをやめてみましょう。

適当に生きる方法⑨他人を褒める

褒める

適当に他人を褒めることです。自分を褒める事も大事ですが、まず他人を褒めてみましょう。ほんの些細な事でも構いません。自分が有難いと思った時や、助かった時など、相手を素直に褒める事も大切です。そうすることで、相手との絆も深まりますし、適当に生きる為の1歩が踏み出せます。

適当に生きる方法⑩人生をラフに生きる為に否定はしない

否定

適当に生きる方法は否定しないことです。これは、周りや自分自身のことも言えるでしょう。まずは、自分の駄目な所ばかりを見るのではなく、自分の良い所を探しましょう。そして、否定するのではなく肯定してあげる事で気持ちが少し楽になれます。これは、他人に対しても同じと言えるでしょう。

適当に生きる方法⑪会社からの評価を気にしない

会社

適当に生きる方法は人からの評価を気にしないということです。会社で仕事をしていると、どうしても評価というものは自分についてきます。それが悪いものであれ、良いものであれ、気にせず自分は自分の仕事をこなしましょう。そうすることで普段「働きたくない」と考えてる人でも楽な気持ちになれるはずです。

適当に生きる方法⑫仕事などの人間関係は広く浅く

人間

適当に生きる方法は人間関係は広く浅くをおすすめします。働きたくないと考えている人の中には、人間関係がもう嫌だという人も中にはいるのではないでしょうか?人間関係というものは生きている以上、切っても切れません。そんな時は、あまり深く関わらないという選択肢もあります。

仕事においても、人生においても時に、楽に生きることを考えても良いでしょう。そうでなければ、いつか人生そのものがストレスによって壊されてしまうかもしれません。そうならないためにも、楽に生きる方法を考えましょう。人生は1度きりです。今自分が生きているという人生を盛大に楽しみましょう。

適当に生きる方法⑬相手に気を遣いすぎない

会社

適当に生きる方法は相手に気を遣わないことです。最低限の気を遣うことは大切です。しかし、自分の評価を気にして相手に気を使いすぎてしまっているとストレスになってしまいます。楽に生きる為には、相手に気を遣いすぎないということも大切です。ありのままの自分を受け入れてくれる人は必ずいます。

適当に生きる方法⑭ラフな時間を大切にする

時間

適当に生きる方法は自分の時間を大切にするということです。これは子供を持つお母さんや、普段仕事で忙しく働いている方には無理だと思われてしまう方法かもしれません。しかし、時間というのは有効活用することで、少し自分の時間を作ることが出来るのです。

子育て中のお母さんは、子供が寝ている時間に自分の好きな事をしましょう。それが短時間でも、毎日続ける事によって長い時間になります。仕事で忙しく働いている人は、休憩時間などに自分の好きな事をしましょう。時間を見つけることを楽しんでも良いかもしれません。そうすることで少し心が楽に生きる事ができます。

適当に生きる方法⑮思い込みを捨てる

自由

適当に生きる方法は思い切って思い込みを捨てましょう。思い込みとは怖いもので、そう思い込んでしまうとそうならなかった時に人間は発狂してしまったり落ち込んでしまう事があります。思い込みを捨て、成り行きに任せる事もまたラフに生きるという選択肢になるでしょう。

適当に生きる方法を詳しく知ることのできるおすすめの本は?

適当力…適当に生きて行く方が人生うまく行きます

この本は適当に生きる事で成功させている人が書いた本です。成功するための方法ではなく、適当に生きるという趣旨の本で、楽しく読むことが出来ます。真似してみたいや私もこう考えることが出来ればと言った参考になるのではないでしょうか。

いい加減に生きる

いい加減に生きるというタイトルですが、好い加減に生きるという趣旨で書かれている本でもあります。適当なくらいがちょうど良いと思わせてくれるような内容になっているので、気になる方は下記リンクよりご覧になってみてください。

適当に生きる事で人生が変わる

自由

いかがでしたでしょうか?適当に生きる事で自分の人生の中の何かが変わり、見えてくるものがあるかもしれません。切羽詰まった状態で生活している人は適当に過ごすことも大切です。普段見えなかった周りの良さや、景色さえも違って見えてくるかもしれません。まずは深呼吸してのんびり人生を謳歌しましょう。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。