Large thumb shutterstock 516771487

おしゃれな和室インテリア!和モダン模様替えアレンジ&リメイク20選

更新:2019.06.21

おしゃれなインテリアにあこがれるけれど、自分の部屋はごく普通の和室。そんなあなたの部屋を簡単にアレンジして和室の良さを生かしつつ素敵に変身させる方法と実例を紹介します。平凡な和室をおしゃれな和モダンの部屋に模様替えしませんか?あるいはいっそ洋室にリメイクしてみるのはいかがですか?

和室?洋室?どっちのインテリアが好み?

和室と洋室どっちが暮らしやすい?

今のあなたの部屋は和室ですか?それとも洋室ですか?暮らしやすいですか?不便な所はありませんか?満足していますか?もっとおしゃれに暮らしたいと思いませんか?

明治維新で私たち日本人の生活が洋風化して早150年。ふすまに障子、畳の和室から、ドアとカーテン、じゅうたんやフローリングの洋室へと生活様式は変化して行っています。最近では和室が一室もない家もあります。しかし、古い団地などは和室がデフォルトですし、和室には和室の良さがあります。

何でも取り込んで日本流にアレンジするのは私たち日本人の得意とする所です。和室洋室それぞれの短所長所を知って、あなたの部屋を両方の良い所取りのおしゃれで暮らしやすい部屋にしませんか。

和室のメリット

和室の特徴は、畳、障子、ふすま、押入れです。畳は足に優しく、冬は暖かく、夏は涼しい優れものです。布団を直接敷くことができます。夜は部屋いっぱいに敷かれた布団も昼に押入れに上げることで部屋を広く使うことができます。部屋を目的に合わせて自由に変化させることができるのです。

また紙でできた障子やふすまは軽く開け閉めができます。適度に風を通し湿気を吸う高温多湿の日本の気候に合った建具でもあります。晴天の日の障子越しの柔らかい光は日本ならではの繊細な風情でしょう。また、ふすまも障子も引き戸ですから開け閉めにスペースを必要としません。

更に押入れの収納力も馬鹿にできません。また布団から起き上がったり、畳の上からじかに立ち上がるのには意外に筋力を必要とするため、日常的に行うと一種の筋トレにもなります。負担にならないうちは高齢者の方でも布団で寝起きする方が良いと言われています。

和室のメリット

  • 畳は足に優しい。冬暖かく夏涼しい
  • 布団を上げると広く使える
  • 障子やふすまは軽く開け閉めでき、開閉スペース不要。
  • 押入れの収納力
  • 布団から起きる動作がベッドに比べ一種の筋肉トレになる

和室のデメリット

和室は建具の密閉度が低いため、隙間風が発生しやすく、冬は部屋が暖まりにくい傾向があります。また高齢者や小さい子供には毎日のふとんの上げ下ろしは負担となるでしょう。ベッドや椅子生活に比べて座ったり立ったりの負担も重く、特に正座はひざに負担がかかります。

押入れもなまじっか収納力があるために奥の方が使いにくく開かずの押し入れになってしまう可能性もあります。また何年かに一度は畳替えの必要があります。ふすまや障子も紙製のため丈夫さに欠ける面があり、貼り替えが面倒です。引違いの障子はカーテンと違って窓の幅全部を開けることはできません。

更に障子や押し入れ、床の間など決まった様式があるため部屋の雰囲気がそれらに左右されてしまいます。一般的にインテリアのアレンジ自由度が洋室に比べて低いのも和室のデメリットです。

和室のデメリット

  • 洋室に比べて隙間風が発生しやすい
  • 布団の上げ下ろしが負担
  • 立ち座りの動作や姿勢が洋室に比べて負担
  • 押入れが深すぎて使いにくい
  • 畳替えが面倒
  • ふすまや障子は丈夫な建具ではない
  • インテリアの自由度が洋室に比べて低い

洋室のメリット

洋室の場合、部屋の目的に合わせて家具を設置して使います。寝室の場合、ベッドを置くので、布団上げ下ろしの必要がなく、起き上がりの動作も布団に比べて楽に行えます。椅子の生活になるので立ったり座ったりの動作も楽になり、膝や腰への負担も軽減されます。

窓はカーテンやブラインドになりますので、窓いっぱいに開けることができます。また白が一般的な障子と異なり、カーテンは素材、色、柄とも豊富で部屋の雰囲気を左右するインテリアとして重宝します。和室に比べて対応できるインテリアのテイストも豊富です。

洋室のメリット

  • ベッドだと布団の上げ下ろしをしなくて良い
  • 全体的に動作が楽
  • カーテンを窓いっぱいに開けることができるので明るい
  • 様々なテイストのインテリアに対応しやすい

洋室のデメリット

洋室は家具を置かないと生活できませんので、その分空間が狭くなります。またフローリングの場合、冬は畳より冷たく感じます。ドアも通常開閉にスペースが必要です。ドアノブも握力が弱くなると回しにくいタイプの場合、特に高齢者には不便です。

洋室のデメリット

  • 床がフローリングだと足に優しくない。冷たい。
  • ベッドや椅子などの家具が必要なので部屋が狭くなる
  • ドアの開閉スペースが必要
  • ドアノブのタイプにより高齢者などが開閉にしくい場合がある

あなたは和室でどう暮らしたい?

以上、和室洋室のメリットデメリットを見てきました。もしあなたの今の部屋がごく普通の和室だったら、どういう生活がしたいですか?布団の上げ下ろしをしないですむベッド派ですか?それとも部屋を広く使いたい布団派ですか?

畳の上に座る生活は不便ではありませんか?すぐにごろっと横になれるから楽ちんですか?和室だけど洋室のように家具を置いて使っているという方はインテリアをどうしていますか?次の章から、和室と洋室の良い所どりをしておしゃれな部屋にするインテリアのヒントをお話していきます。

インテリアリメイクでおしゃれ和モダン和室

和モダンって?

QUOTE

和モダン(わもだん/ワモダン)日本人が古来より慣れ親しんできた伝統的な「和」のデザインと、現代風のモダンなデザインを融合させたもの。 引用元:TABROOM~家具用語集

和モダンとは、たとえば現代的なソファの布を伝統的な日本の柄にしたり、洋風建築の窓に和風の格子を使ったり、逆に和室に洋室の壁紙を使ったりカーテンをつけたりと、古来の日本の伝統様式を、慣例にとらわれず現代のスタイルに融合させたものです。別名和風モダンとも言います。

建築の外観から内装、家具、小物のインテリアまで、今人気が高まっているのがこの和モダンです。和室のインテリアを和のテイストを残しつつ伝統にこだわらず便利に使い勝手よくアレンジするのに最適なデザインです。では次から実際に和室を和モダンにリメイクする具体的な方法を見てみましょう。

和室の壁とふすまを白で統一する

写真のえらくモダンな和室を良く見てください。仏壇があり、ご先祖様の写真が長押に飾ってあるのに気がつくでしょう。昔から田舎の大きな家に良くある仏間です。それが壁とふすまを白で統一するだけでこんなにモダンなインテリアの洒落た和室に変身したのです。

和室のある賃貸住宅に新しく入る場合、入居前に「壁紙とふすまを柄のない白一色にしてほしい」と言ってみてください。前の入居者が出た後、ほとんどの場合壁紙とふすまや障子は貼り替えられます。素材に難しい注文をつけなければ、たいていの大家さんは快く引き受けてくれるでしょう。

和室の畳を変える

縁のある普通の畳以外に、最近は縁のない琉球畳と呼ばれる畳が流行しています。琉球畳の特徴は、縁がなく、一枚が半畳です。後のアレンジ例で紹介しているように敷く方向を互い違いにするときれいなマス目模様になります。

また最近は写真のようなカラー畳も販売されています。普通の畳でも縁の布のデザインが工夫されたお洒落な物も出ています。うまく使うと平凡な和室が畳を変えるだけでおしゃれなインテリアの部屋に変わるでしょう。

和室の壁を変える

伝統的な砂壁のざらさらした土壁を変えてみましょう。先の白で紹介したように壁紙を貼る事でモダンなインテリアに変えることができます。あるいは漆喰風に塗ったり全く違う色を塗ったりしても雰囲気はがらっと変わります。写真の青い壁は聚楽壁を剥がして珪藻土の水性ペンキ塗っています。

和室のふすまを変える

最初に壁とふすまを白で統一するインテリアを紹介しましたが、他にも和風っぽくないデザインのふすま紙を貼る事で、一気におしゃれな和室に変えることができます。特に最近はふすま紙ではなく壁紙を貼るケースも多いようです。DIYをするなら百均でも売っているリメイクシートも便利です。

和室の障子を変える

和室の障子は白と思い込んでいませんか?ホームセンターの障子紙コーナーに行くと、ただの白い障子紙だけではなく、透かし模様の入った物や柄物など様々な物が売られています。また写真のように一部だけ他の色の和紙を貼るのも小粋なインテリアですね。では、次にふすまと障子の実例を見てみましょう。

POINT

普通の和室を和モダンにリメイクするポイント

ふすまや障子、壁、畳を伝統的な柄や手法にとらわれず自由な発想でリメイクする

和室インテリアDIYふすま&障子アイデア5選

1.壁紙でふすまっぽくない市松模様に

ふすま紙ではなく壁紙を使って模様替えをしました。和風っぽくないパステルカラーの水色と白を組み合わせた市松模様で洋風の雰囲気に仕上がっています。取っ手が四角くいのも模様と一致してモダンなアレンジになっています。

2.ふすまにヴィンテージクロス

ふすまに貼ることができるのは紙とは限りません。こちらはヴィンテージクロスを貼っています。くすんだ色合いがどことなく和風の雰囲気にマッチするアレンジになっています。

3.お気に入りの布で押入れもおしゃれに

こちらはふすまをIKEAの布で模様替えしました。スモーキーな色合いのプリントが柱と框(かまち)の古っぽい色合いにマッチして、レトロでいてモダンな不思議なアレンジになっています。

4.障子に色紙!

こちらは普通の障子紙にパステルカラーの色紙を貼っただけのお手軽アレンジ。模様替えのためだけではなく、子供がうっかり障子に穴をあけてしまった場合の目隠しにも使えそうですね。

5.障子に花模様の布

ガラス障子に障子紙ではなく、花柄の布を貼っています。女性らしいアレンジで、何となく大正時代の女学生の部屋といった雰囲気を醸し出しています。布を変えることで色々なアレンジができるアイデアです。

リメイクせずに和室インテリアをアレンジする

和室の照明を変える

切ったり貼ったりのおおがかりなリメイク作業なしで簡単に和室ンインテリアをおしゃれな和モダンに模様替えする方法。まずは天井照明を変えましょう。おしゃれな和風デザインも良いですが、意外と北欧風のデザイン照明も和室に似合います。

天井照明はそのままでスタンドで雰囲気を

照明はインテリアの雰囲気を演出する必須アイテムです。天井の照明を変えるのは大げさだし大変という方は、枕元に置くスタンドを雰囲気のある物に変えましょう。写真のように時代劇風の行燈も良いですし、大正風のランプも素敵です。スポットライトの間接照明も意外と似合います。

和室に合うおしゃれな家具を置く

たとえば座椅子。量販店で売っている平凡なものではなく、ちょっとおしゃれな感じのものを張りこんでみませんか。おしゃれなデザインの手ごろな家具はネットでもたくさん販売されています。「和モダン家具」でぜひ検索してみてください。あなた好みのテイストの和モダン家具が見つかるでしょう。

選ぶコツは、あまり背の高くない家具であることと、木の風合い、布の優しさを感じる家具であることです。洋室に比べて生活目線が低くなる和室では背の高い家具は圧迫感を感じさせます。また和室のインテリアには木や紙、布の優しい手触りが似合います。

床の間の掛け軸を変える

床の間がある場合、掛け軸も普通の書画ではなく、お気に入りの布のタペストリーなどをかけても素敵です。写真は日本手拭いのタペストリーです。もし着なくなった古い着物があれば、それを利用するのも良いでしょう。広い壁があれば、着物をそのまま広げて飾るのもおしゃれです。

和室のインテリア雑貨をレトロな物に変える

和室のインテリアには、大正、昭和を感じさせるアンティークな小物が意外と似合います。写真の置時計は昔の足踏み式ミシンの形をしています。

和モダンを感じさせる基本の色は、黒と赤、藍色、茶色です。茶系統は、濃い色なら明治から昭和初期の雰囲気を、白木に近い薄い色なら現代的な雰囲気を感じさせます。和モダン特集の下の記事も参考に、好みに合わせて和室のインテリアをおしゃれ和モダンに変身させてください。

和室インテリア大胆リメイクで洋室に模様替え

和室のふすまや引き戸を洋風にする

和室を洋室にするには和の雰囲気を感じさせるインテリアを徹底的に排除しなければなりません。たとえばふすまの柄や取っ手の部分の色。洋風の壁紙やリメイクシートはてっとり早くインテリアを洋風にする重要なアイテムです。

壁紙やリメイクシートには様々な色や柄が豊富にあります。あなたの作りたい洋室のテイストに合う物を選んでください。作業は思っているより簡単です。特に最近のふすまは板戸の物が多いので、壁紙でも簡単にDIYで貼って、ふすまをおしゃれに模様替えすることができます。

和室の壁を洋風にする

壁紙の張り替えは賃貸住宅では基本的にはできませんが、大家さんの了承を得ている場合や持ち家の場合は壁紙を洋風にすることで一気に部屋の雰囲気が変わります。この写真は多分子供部屋のインテリアですね、甘く可愛らしい感じの壁紙を選んでおしゃれ。元が和室とは思えません。

和室の床を洋風にする

本格的に張り替えるのは手間も費用も大変ですが、畳の上にフロー=リング調のクッションフロアを置くことで簡単に和室を洋室に変えることができます。くすれば重い家具も畳を傷めることなく置くことができ一石二鳥です。ちなみにこの部屋の出来上がりは後の実例集で紹介します。

和室の押し入れを洋風にする

ふすまをおしゃれに変身させても、押入れは押入れ。どうにも使い勝手が悪い。そういう時は思い切ってふすまを取り払って押入れを他の目的に使いましょう。見せる収納も良いですし、写真のように上段を利用してデスクスペースに変えることもできます。次の記事も参考にしてください。

和室インテリアリメイク&アレンジ20選

1.DIY完全洋室化進行中

壁はターコイズブルーの壁紙、ふすまは木目調、鴨居の上の壁はレンガ調のリメイクシートを貼って和室っぽさを払拭したリメイク例です。今後畳の洋風化にも着手すると思われる徹底さです。

2.畳の上にクッションフロアの部屋出来上がり

記事中で紹介したクッションフロアを敷き詰めた部屋の模様替え完成形です。ふすまは板壁調、壁はピンクとレンガ調の切り替えになっています。窓の障子もはずしてガラスに曇りガラスシートを貼っています。どこかの別荘のようですね。暖炉があってもおかしくない洋風アレンジです。

3.壁とふすまだったとは思えません

こちらもリメイクシートでのDIY例です。腰までの板壁と上の正方形のデザインがどこかの小屋の中のようなアレンジになっています。壁に吊るされた星のオーナメントや植木鉢が更にナチュラル度アップに貢献しています。

4.和洋折衷でおしゃれに

白い板壁風の壁紙にブラインドの白、和紙越しの明かりは優しく、畳は琉球畳の市松模様。上下は和風、横は洋風なアレンジが見事にマッチしたリメイク例です。

5.和室には木の風合いが似合う

こちらは障子のないサッシ窓の和室です。畳は縁なし琉球畳を市松模様に配しました。カーテンではなく、木製の明るい色のブラインドを取り付けることで、見事に畳の和風、壁の洋風と融合しています。

6.カラー畳で市松模様

白で統一された和室の畳を白黒カラーの半畳たたみに模様替えしました。この部屋には木製ではなくもっとモダンな家具が似合いそうです。和室でも畳みだけでこれほど現代的にできるというリメイク例です。

7.自然な木調で揃えて

ここからはリメイクではなく、家具のインテリアアレンジ例です。部屋の柱の白木っぽい明るい色に合わせて選んだ木のソファ。高さが低く黒い落ち着いた座面にグレーのブランケット、籐の籠と共に和室にマッチしています。

8.和室にはナチュラルテイストが合う

同じく畳に似合う家具の例です。ナチュラルテイストの背の低い棚、グリーン模様のカーテン。畳の色に似合ってそれでいて軽身と優しさを感じさせる組み合わせです。ブルーのソファが部屋全体を引き締めるアクセントになっています。

9.壁の色を変えずにモダンに模様替え

この部屋の壁は和室に良く見られる黄色っぽい土色をしています。それをあえて変えず、こげ茶の落ち着いた座卓と、同じような色のすだれ風ロールカーテンをつけることで、モダンな雰囲気になった模様替え例です。

10.レトロ調でいてモダンな家具で

江戸時代っぽい雰囲気の家具ですが、どこかシャープで現代的なデザインの物を選びました。額をあえて掲げずに畳の上に置くことで、目線をわざと低く保つようにしているアレンジです。

11.昭和レトロな応接間だけれど

床の間にカーペットを敷いて机といす。昭和の一般家庭の応接間によくある光景です。家具をデザイン性の高い物にし、色を明るめに統一することで現代的なアレンジになっています。

12.和室にアイアンベッド!

畳の上にクッションフロアでフローリング化。ベッドを置くことで床の間をうまく隠した模様替え例です。和室なので木のベッドが良いかと思われますが、このような黒のアイアンベッドも意外に似合いますね。

13.白木は畳に似合う

7番の例にもあるように、畳には白木が似合います。こちらの部屋は家具をすべて白木で揃え、その他の物も白で統一されています。和室をリメイクせずに現代的に模様替えするお手本のようなインテリアです。

14.完全洋室化

こちらはリメイク例です。和室を完全洋室化した例になります。白と白木で統一された少女らしい夢の詰まった部屋は元和室だとはとても思えません。きっと夢がいっぱい詰まっているのでしょう。

15.昭和レトロな雰囲気を

団地の和室。畳を琉球畳に変え、カーテンの布地、電球の傘、ちゃぶ台に籐の座布団。平凡な和室が、畳、照明、カーテンを変えることで昭和レトロな雰囲気の和室に模様替えされました。

16.畳にピカソソファ

一見ごちゃっとしていますが実はおしゃれな和モダン和室。普通の和室に置かれているのはピカソソファと呼ばれるローソファです。後ろも昭和の学生下宿風の雑然とした部屋に見えますがスポットライトに一風変わったテーブル。家具も木調が多く、こだわりの独身男性の部屋です。

17.レトロな喫茶店風和室インテリア

畳の上にペルシャ絨毯。昭和っぽい普通のデザインの椅子、食卓に短めのテーブルクロス。昭和レトロな喫茶店風の設えです。ポイントはあまり低くない座面の椅子とそれに合う高さの机。そして何と言ってもその下にだけ敷かれている絨毯の模様です。

18.押入れ大変身

押入れを見せる収納棚に変身させました。ポイントは中の壁紙を外と同じ白にしたことと、中段にはめ込み式のクションフロアを敷いて押入れっぽさを消したことです。

19.床の間の掛け軸はお気に入りの布

部屋自体には全く手を入れていませんが、良く見ると床の間の掛け軸は布です。その下の脚付き籠の物入れ、押入れの中も白のプラスチックケースと籐の籠ですっきり整理されていて、色の統一感が和室にマッチしています。

20.洋室に和風を取り入れる

洋室を和室っぽくするモデルケースをひとつ紹介しましょう。低めの布のソファに敷き畳を合わせています。ソファの青とテーブル代わりの台の茶色、畳の水色とベージュ(畳色)、両方とも茶と青、しかも濃い薄いで統一されていて素敵ですね。

まとめ

いかがでしたか?ごく普通の和室を和室の常識にとらわれず自分のライフスタイルに合わせて模様替えする方法を紹介してきました。これを参考に和室洋室両方の良い所を合わせて自分好みの住みやすい部屋にしてください。

和室をおしゃれに変身させるヒント

  • 和風に合うおしゃれな家具を置く
  • アンティークな洋風の物も良く似合う
  • 照明を変える
  • 伝統や常識にこだわらず畳、障子、ふすま、壁を変身させる
●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。