INDEX

寒い日の味方ヒートテックの気になる仕組み!

1枚着るだけで心強い寒がりさんの味方!

肌寒くなってきて、今年もヒートテックを使い始めたという方も多いのではないでしょうか。身に着けると保温だけではなく発熱もしてくれるヒートテックは、寒くなる季節にとても心強いアイテムですよね!

ですが、ときどき「ヒートテックを着てるけどちっとも暖かくならない」という疑問を耳にすることがあります。ヒートテックはそもそも、きちんと暖かくなるものなのでしょうか。

ヒートテックにはどんなアイテムがあるのか、ヒートテックの発熱の仕組み、ヒートテックの上手な使い方など、ヒートテックについて徹底解説します。冬に備えて、ぜひヒートテックについて見ておいてください!

ユニクロのヒートテックには様々なアイテムが!

ヒートテックといえば肌着!

ヒートテックというと、2003年にユニクロが発売した肌着が強い印象として残っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。必ず身に着けるアイテムである肌着を、発熱してくれるヒートテックに変えることによって、寒い中でも快適に過ごすことができますね。

ひとことに肌着と言っても、ユニクロのヒートテックは袖の長さやネック部分のデザイン、メンズやレディースなど多種多様なアイテムが販売されているため、使う人の希望によってぴったりのアイテムを探すことができます。

足もとの防寒にはソックス、タイツ!

暖房が効いていても、足もとがどうしても冷えてしまうということを経験された方もいらっしゃるのではないでしょうか。あまり分厚く重ね着をすることができず、地面の冷気の影響を直接受けやすい足もとの冷えはつらいものです。

足もとの防寒のため、ソックスやタイツといったユニクロのヒートテックアイテムも発売されています。女性用にレギンス、男性用にステテコなどもあります!足もとが寒くてつらいという方は足もと用ヒートテックアイテムをチェックしてみてくださいね。

極暖、超極暖アイテムも!

ヒートテックを着ても寒いという方には、ユニクロから極暖・超極暖という心強い名前のヒートテックも販売されています。とても分厚いヒートテックなのかというとそうではなく少し厚い程度、それでも場合によっては汗ばむほどの暖かさと評判です。

冬場の気温がとても低いことで知られているロシアなどの外国でも高い評価を受けていること、冬の夜釣りなどで使用する方がいることからも、その強力な効果はうかがい知ることができます。

寒さの厳しい場所で過ごす場合や冬場に長時間外にいなければならない場合など、他の衣類や防寒着と組み合わせて着れば、寒さも忘れて活動することができるのではないでしょうか。

ヒートテックの発熱の仕組みとは?

ヒートテックの暖かさは本物?

すでに使用したことがある方も多いかと思いますが、ヒートテックはとても伸縮性のある薄い生地でできていますよね。あんなに薄いのに暖かくなるということを不思議に感じるのではないでしょうか。

ヒートテックは本当に保温だけでなく生地自体が発熱しているのでしょうか。発熱できるとしたら、それはどういう仕組みなのでしょうか。

ヒートテックの発熱原理は吸湿!

ヒートテックの発熱の原理って?

着用したヒートテックが発熱する仕組みとして重要なキーワードが「吸湿熱」です。あまり耳慣れない言葉なのではないでしょうか。ユニクロのヒートテックは発熱・保温・吸湿・放湿・保湿・ストレッチ・風合い・静電気防止・形状保持という多くの機能があると公式サイトで述べられています。

薄い生地1枚にここまでの多くの機能があるというのは不思議ですし、生地の発熱を起こす旧湿熱とはどういう原理なのか気になりますよね。

吸湿熱ってどういうこと?

人間は汗をかかない状態でも1日につき0.8リットルほどの水蒸気を発しています。その水分を衣類の生地が吸着することにより、吸湿熱が発生するという原理になっています。

しかし、ヒートテックだけが特別に吸湿熱を起こす素材でできているというわけではありません。他のどんな衣類や布でも吸湿熱は発生しているんです。

どんな仕組みで吸湿熱を生かしているの?

ユニクロなどのヒートテック衣類が特別暖かく感じられるのは、吸湿熱を身体が感じやすいよう様々な仕組みで生かしているからです。

仕組みとしては、吸湿熱を肌の近くで起こるようにしていること、吸着した水分ができるだけ早く拡散・蒸発するような仕組みにしていること、繊維内で空気の層を作り汗が気化するときに放散されてしまう熱を減らしていることなどがあげられます。

ヒートテックが伸縮性よくフィットするストレッチ素材なのは、肌に密着した状態で着ることによって吸湿熱の効果を上げるためだったのですね。

ヒートテックを効果的に着るには?

前述の通り、ヒートテックは肌の近くでの吸湿熱を利用して暖かさを得ることができる仕組みになっています。ですから、肌から放出される水分が届かなくては本来の効果を発揮できません。

ヒートテックは肌着ですので、間に何かを着てからではなく肌に直接密着するように着るようにすると効果をより感じることができると思います。

極暖や超極暖の仕組みは?



さらに暖かい!極暖、超極暖ヒートテックって?

気になるのはユニクロの極暖、超極暖ヒートテックです。極暖、超極暖はどんな仕組みで普通のヒートテックよりも暖かく感じることができるのでしょうか。

ヒートテックの暖かさの原理である吸湿熱を生かすため、さまざまな仕組みで生かしているとお伝えしました。その仕組みの一つである「繊維内で空気の層を作る」ということが極暖、超極暖のポイントとなっています。

極暖や超極暖は、普通のヒートテックと比較するとより多く空気を取り込み、厚い空気の層を作ることで保温効果が増すという繊維の仕組みで作られています。普通のヒートテックよりも少しだけ厚みが増えるのはそのためなんですね。

仕組みを生かすヒートテックの使用方法5選!

サイズはぴったりのものを選ぶこと!

吸湿熱を生かすためには、肌からの水蒸気をしっかりヒートテックに届けることが大切です。サイズはきちんと確認して自分にぴったりなものを選びましょう。サイズが合わずゆるんでいては効果も減ってしまいます。

また、何度も洗濯をしてのびてしまったヒートテックも同じ理由で効果があまり期待できなくなってしまいます。のびてしまったなと感じたら買い替えてくださいね。

洗濯のときは、そのまま他の衣類と一緒に洗ってしまうと絡み合って伸びてしまう可能性があります。洗濯ネットを使用し、絡まり防止をお忘れなく!

重ねる服やアウターでもしっかり防寒を!

ヒートテックは吸湿熱を効率的に発生させて空気の層で保温しています。そこに冷たい空気が入ってきてしまうと、せっかくの保温もあまり意味がなくなってしまいます。

重ね着やアウターの素材や着方にも気を配り、特に外側の衣類は風を通さないものを選ぶことにより、衣類の隙間から冷たい風が吹き込まないようにしてくださいね。

肌着と重ねる時は重ね方に注目!

「寒いのでヒートテックと肌着を重ね着している」という言葉を聞くことがあります。重ねて着たらさらに保温効果が倍増しそうだというのは確かにわかります。

けれど、その際に気をつけてほしいのは重ねる順番です。ヒートテックではない他の肌着を先に着用してからヒートテックを着てしまうと、肌着によってヒートテックまで水分が届かなくなり吸湿熱が期待できないということになってしまいます。

また、ヒートテックを数枚重ねているというのも聞くことがあります。枚数を着ることによる空気の層という意味では少し効果があるかもしれませんが、吸湿熱による効果が倍になるわけではないので気をつけてくださいね。

スポーツをするとき着るのはNG!

ウインタースポーツで長時間外にいるからヒートテックで防寒しよう!と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、ウインタースポーツでヒートテックを着るのは実はおすすめできないんです。

スポーツなど激しく動き回るとただでさえ汗をかきますよね。ヒートテックで暖かくしてスポーツをすることにより大量に汗をかき、その後で冷えると気化熱により身体を冷やしてしまうんです。

また、吸湿発熱効果は一定の水分量を超えると発揮されなくなってしまいます。そのため、発熱効果がなくなったまま、汗の気化熱で身体がどんどん冷えてしまうという状態を招いてしまいます。

寝る時に着るのはNG!

暖かくして寝るために冬はヒートテックを肌着として着て寝よう!という方もいらっしゃるかもしれませんが、寝る時にヒートテックを着用するのもおすすめできないんです。

眠っている間も人間は水分を発散しています。そのおかげで吸湿して発熱してくれそうですが、上記の通り汗をかきすぎるとヒートテックの吸湿発熱効果が発揮されなくなり、眠っている間に身体を冷やしてしまうことにも。

また、水分が発熱のために吸湿されてしまうため、肌が乾燥してしまいます。特に乾燥肌の方は要注意といえます。筆者もヒートテックを着て眠っていた時期は、朝になると少し身体にかゆみがありました。寝る時の肌着は綿素材などのほうが心地よく眠ることができます。

ヒートテックの意外な悩みをケア!

ヒートテック使用者の間ではこんな悩みが?

ヒートテックを使っている方の中で多い悩みとして挙げられるものに「体臭がこもる」というものがあるんです。寒い季節にも、汗を利用して発熱するヒートテックで体臭がこもってしまうことに悩む方が多いんですね。なかでも、脇の汗による匂いが気になる方が多いようです。

おすすめグッズはデオドラントクリーム!

Amazonで詳細を見る

寒い時期にわきの汗のにおい対策をするなら、こちらのようなデオドラントクリームやロールタイプのデオドラントがおすすめです。スプレータイプのデオドラントはさっぱりとして夏場だと爽快感がありますが、寒い季節に使うにはちょっとつらいですよね。においを気にせず暖かく過ごすのに役立ててみてくださいね。

もっと詳しく汗のにおい対策について知りたい方はこちらの記事もおすすめです!汗のにおいやわきがの特徴、対策などについて詳細に知ることができます。また、こちらで紹介した以外のおすすめアイテムも掲載されています!

仕組みを理解してヒートテックを使いましょう!

薄い素材1枚にたくさんの仕組みや効果を秘めたヒートテック。アイテムの種類も多いため、利用できる場面はたくさんありそうです!これからどんどん冷え込みが厳しくなる中、ヒートテックを何枚か持っているだけで快適に過ごせますね。

ヒートテックの吸湿による肌の乾燥についてもお伝えしましたが、近年ユニクロのヒートテックではアルガンオイルを配合しています。より着やすくするため、改良が重ねられているのだということがわかります。

せっかくの寒がりさんの味方であるヒートテックも、使い方を間違えてしまうと逆にどんどん身体を冷やすということにもなりかねません。仕組みを理解して、その仕組みを生かせるようにヒートテックを使い、寒い季節も楽しく活発に過ごしてくださいね!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。