INDEX

京都に行きませんか?

心のふるさと京都

古き良き伝統の街、京都は衣食住のどれをとっても魅力がたくさん詰まっています。観光地としてもとても人気がありますし、修学旅行先として多くの学生が訪れているということもありますから、1度は行ったことがあるという人も多いでしょう。

古き良き京の和食

京都には「おばんざい」と呼ばれる伝統の和食をはじめ、美味しいものがたくさんあります。初めて入ったお店でもどこか懐かしい雰囲気とほっとできる味が京都の味の魅力です。京都に行ったら、ぜひ京都でないと味わえない美味しい和食ランチを食べていただきたいですね。

京都に行ったらこんなランチが食べたい!

飾らない味「おばんざい」

炊いたん(煮物)が代表的なおばんざいは、京都の家庭料理のことを言います。旬の素材を使い、飾らない味付けでどこか懐かしい味わいを楽しむことができます。

京都の人々の健康を支えた「にしんそば」

京都といえばおそばも有名です。特に人気なのがにしんそば。あたたかいおそばの上に甘辛く煮た身欠きにしんをのせて食べるのが京都のにしんそばです。海が近くにないので、昔は海産物がとても貴重でした。そんな京都で良質なたんぱく質をおいしくいただくために考えられたのがにしんそばといわれています。

贅沢な気持ちにさせてくれる「京懐石」

京懐石の特徴は、京都独自の食材を使い、京都ならではの薄味で仕上げた懐石料理のことを言います。見た目は普通の懐石料理と変わらないこともありますが、やはり京懐石には京都のこだわりを感じることができます。

そもそも懐石料理自体が京都でお茶会をするときにお客をもてなすときの料理としてうまれたものですが、現代では京都の食材と味付けにこだわった懐石料理をあえて京懐石として区別しています。

シンプルだけど奥が深い「精進料理」

古くから京都のお寺や貴族たちが食していた精進料理。室町時代になると、庶民にもふるまわれるようになり一般的な料理となりました。仏教の教えに基づいて肉を用いないのが特徴なので、なんとなく味気ないというイメージも過去にはありましたが、今はヘルシーで健康的と人気があります。

特に京都の精進料理の中でも湯豆腐や湯葉は有名で人気があります。シンプルな料理ですが、だからこそ素材の味と調理の腕が問われます。精進料理を味わう際にはぜひとも湯豆腐や湯葉を味わってください。精進料理を鉄の器に入れたものを鉄鉢料理と呼びます。こちらでも同じ精進料理をいただくことができますよ。

お酒が進むおいしさ「鯖寿司」

にしんそば同様、海が近くになかった京都でいかに良質なたんぱく源であるお魚をおいしく日持ちさせるか考えて生まれたのが鯖寿司です。もちろん、今では流通も発展し新鮮な鯖を食べられます。酢飯と脂ののった鯖はとてもよく合い、絶品ですよ。

京都のお茶とともにいただきたい「お漬け物」

京都のお漬物も有名ですね。京都ではお漬物と美味しいご飯を一緒に食べさせてくれるお店も多く、好きなお漬物を好きなだけ食べることもできるとか。三大京漬物と呼ばれる千枚漬け、しば漬け、すぐきの本場の味をぜひ味ってみましょう。

野菜本来の味を楽しめる「京野菜の天ぷら」

京都ならではの野菜を薄衣で揚げた天ぷらは、さっぱりとしていて味わい深い仕上がりになっています。京野菜は品種改良をしていないものが多く、野菜本来の味を楽しむことができます。さらに、お店によって飾り切りなど工夫を凝らしたものもあり、視覚と味覚の両方で楽しむことができます。

熟練の職人の技に脱帽「はも料理」

はもといえば骨を細かく切るのが有名ですね。京都では熟練の職人さんが丁寧に骨きりをしたはもを食べられるお店が多くあります。上品でさっぱりとしたはもは夏は湯びきにした「はもの落とし」をさっぱりと梅肉やからし味噌で、冬は温かいお吸い物でいただきましょう。京都の四季を味わえるのがはも料理のいいところです。

熟成されたおいしさ「西京漬け」

魚や肉をお味噌に漬け込んだのが西京漬けです。今のように便利な冷蔵庫がなかった昔は肉や魚を長期保存することが難しかったので、新鮮な肉や魚が手に入ったときにはいかに保存しておくかがカギになっていました。そこで考えられたのが西京漬けです。

西京漬けと一言で言っても味はいろいろありますが、京都の西京漬けは甘めの白みそが特徴です。米こうじがたっぷりと入った白みそに漬け込んだ西京漬けは上品な味わいで一度食べたら忘れられない逸品です。

身も心もとろけるおいしさ「ブリしゃぶ」

身のしまった寒ブリをしゃぶしゃぶにしていただきます。霜降りになった寒ブリをポン酢で食べると身も心もとろけてしまいそうです。ブリ特有の甘さを楽しめるブリしゃぶは冬の京都に訪れた時にはぜひとも召し上がってくださいね。

実力の味!京都名産「京都米」

京都は美味しいお米を育てるのに適した土地です。周りを山に囲まれた地形はきれいで美味しいお水が豊かなので、コシヒカリやキヌヒカリといった品種のお米が収穫できます。特にキヌヒカリは全国のお米ランキングで特Aランクを獲得した絶品です。

さらに京都米は化学肥料や農薬を極力減らし、食の安全に対しても力を入れています。お米専門のお店もあるので、ぜひともお米本来の味を味わってみてください。

【京都ランチおすすめ22選】人気のおばんざいならココ!

①京菜味のむら

お店のおすすめのおばんざいを少しずつたくさんの種類を堪能することのできるお店です。器にもこだわった盛り付けは味と同時に視覚でも満足することができます。せっかく京都に来たなら、さまざまなおばんざいを楽しみたいですね。「京菜味のむら」ではそんな贅沢をランチで実現できますよ。

「京菜味のむら」
  • 住所:京都府京都市中京区蛸薬師通 烏丸西入橋弁慶町224
  • アクセス:地下鉄「四条駅」もしくは阪急「烏丸駅」22番出口より徒歩3分
  • 電話番号:075-257-7647
  • 営業時間:7:00~20:00
  • 年中無休

②おばんざい菜の花

ほっとするおばんざいに観光の疲れも一気に癒されます。ランチは1600円と1010円の2コースあり、どちらも4種類のおばんざいのほかに天ぷらや田楽などが付きますので、京の味を満腹になるまで味わうことができます。靴を脱いでゆったりとくつろげる店内はまるで自宅に帰ってきたようなほっとできる空間です。

おばんざい菜の花
  • 住所:京都市中京区御幸町通六角 下ル 伊勢屋町338
  • アクセス:河原町駅より徒歩5分
  • 電話番号:075-241-7786
  • 営業時間:昼 12:00~15:15(L.O.14:30) 夜 17:30~23:00(L.O.22:00)
  • 定休日:水・火曜不定休(月に1~2回休み)

【京都ランチおすすめ22選】にしんそばならココ!

③総本家にしんそば松葉

京都のにしんそばといったら「総本家にしんそば松葉」を外すわけにはいきません。にしんそばを生み出した「松葉」は、150年以上の歴史を持つにも関わらず、今もなおにしんそばへの情熱と探求心を持ち続けているにしんそば一筋のお店です。京都ならではの薄味のおそばに濃い目の甘露煮にしたにしんがよく合います。

特別なランチメニューはありませんが、にしんそばは1300円、冷やしにしんそばは1450円でいただくことができます。すぐに京都に行くのは難しいけれど、「松葉」のにしんそばを食べたいという時にはお取り寄せを利用しましょう。「松葉」のホームページからお取り寄せすることができますよ。

総本家にしんそば松葉
  • 住所:京都府京都市東山区四条大橋東入ル川端町192
  • アクセス:四条河原町駅より徒歩5分
  • 電話番号:075‐561-1451
  • 営業時間:11:00〜21:30(LO.21:00)
  • 定休日:水曜日(祝日の場合は営業)※季節により変更することがあります。

④やぐ羅本店

こちらも歴史の深いにしんそばのお店です。明治33年から営業している「やぐ羅本店」はにしんそばのすべてにこだわり、最高のバランスでしあげたにしんそばを 1,150円でいただくことができます。にしんそばに並ぶ看板メニュー「ちりめん山椒」も奥深いお味で人気があります。にしんそばの箸休めにしてもいいですね。

やぐ羅本店
  • 住所:京都市東山区中之町211
  • アクセス:京阪本線「祇園四条」駅より徒歩2分
  • 電話番号:075-561-1035
  • 営業時間:11:30~21:00 (20:45 LO.)
  • 定休日:不定休

【京都ランチおすすめ22選】和食の代表、京懐石ならココ!

⑤摘草料理美山荘

豊かな自然に囲まれた環境で、旬の味を心ゆくまで味わえる素敵なお店です。オーベルジュとしての形式をとっているので、宿泊も可能です。これが本当の京の、そして日本のおもてなしなのだということを実感することができます。日頃の喧騒をわすれ、美味しいお料理とともに心穏やかなひと時を過ごすことができますよ。

完全予約制なので、お出かけの前に必ず予約を入れるようにしましょう。少々ランチとしては値が張りますが、それを上回るほどのお料理の数々と素敵な環境に充分な満足感を得ることができます。

摘草料理美山荘
  • 住所:京都府京都市左京区花脊原地町大悲山
  • アクセス:京阪「出町柳駅」より京都バス広河原行きにて、大悲山口バス停下車
  • 電話番号:075-746-0231
  • 営業時間:12:00~19:00
  • 定休日:12/26~元旦

⑥ごだん宮ざわ

ランチは5,800円、8,800円、13,500円の3種類から選ぶことができます。派手なしつらえはありませんが、その分きめ細かいお料理の数々と行き届いたおもてなしを受けることができます。どのお料理も感動すら覚える逸品ばかりですが、金目鯛のお造りやカラスミそばは絶品です。

ごだん宮ざわ
  • 住所:京都市下京区東洞院通万寿寺上ル大江町557
  • アクセス:京都市営地下鉄 「五条」駅①番出口より 徒歩3分
  • 電話番号:075-708-6364
  • 営業時間:12:00~13:45/18:00~20:00
  • 定休日:水曜日

【京都ランチおすすめ22選】精進料理ならココ!

⑦大徳寺一久

大徳寺納豆発祥のお店として有名な大徳寺一久の精進料理は肉類を使っていないのに物足りなさを一切感じさせない工夫が魅力的です。気軽に楽しむことのできるお弁当形式の「大徳寺精進料理縁高盛(4,160円)」や本格的な精進料理の「大徳寺精進料理本膳(8,320円・11,850円・14,260円)」があります。

どの精進料理も予約制になっています。京都に訪れる前に電話かFAXで空き状況の確認と予約を済ませることが必須です。また、大徳寺精進料理縁高盛は12:00~15:00、大徳寺精進料理本膳は12:00~18:00となっているので、旅行の日程に合わせてコースを考えましょう。

大徳寺一久
  • 住所:京都市北区紫野大徳寺下門前町20
  • アクセス:JR「京都駅」から京都市バス205系統、206系統で大徳寺前下車
  • 電話番号:075-493-0019
  • FAX:075-491-1900
  • 営業時間:12:00~18:00
  • 定休日:不定休 (大徳寺の行事日程によって休業あり)

⑧奥丹清水店

お豆腐料理が特に美味しい精進料理のお店として有名なのが奥丹清水店です。大豆やにがり、水にいたるまですべてにこだわり、素材の味を大切にしたお豆腐をいただくことができます。こちらのお豆腐をいただいたらほかのお豆腐はもう食べられなくなってしまうかもしれません。

歯ごたえのあるお豆腐が好みという人は「昔どうふ」を、なめらかな食感を楽しみたい人は普通のお豆腐を頼みましょう。さらに沖縄では有名な島豆腐もお店で手作りしているので、お豆腐と一言で言ってもさまざまな味と食感を楽しめます。ランチは豆腐のほかに天ぷらなどがついて、3000円から4000円でいただけます。

奥丹 清水店
  • 住所:京都市東山区清水3丁目340番地
  • アクセス:京阪「祇園四条」駅1出口から徒歩約15分
  • 電話番号:075-525-2051
  • 営業時間:平日11:00~16:30(L.O16:00)/土日祝11:00~17:30(L.O17:00))



【京都ランチおすすめ22選】鯖寿司ならココ!

⑨満寿形屋(ますがたや)

鯖がレアのまましめてあり、ほんのり甘い酢飯といただくと口に入れた瞬間にとろけてしまいそうな感覚になります。脂がしっかりとのっているのにそれが重くない、絶妙な味わいです。表面を覆っている昆布と鯖の間に木の芽がはさんであるのが満寿形屋の特徴です。

満寿形屋
  • 住所:京都市上京区桝形通出町西入ル二神町179
  • アクセス:京阪「出町柳」駅より徒歩5分
  • 電話番号:075-231-4209
  • 営業時間:12:00~18:00
  • 定休日: 水曜日

⑩いづう

京都寿司のれん会の加盟店の1つです。鯖のしめ具合や酢飯の味、そして鯖と酢飯のバランスのどれをとっても絶妙で、さすがの一言に尽きます。持ち帰りもできるので、出来立ての味と少し時間をおいてからの味を比べてみるのもいづうの鯖寿司の楽しみ方のひとつです。

いづう
  • 住所:京都市東山区八坂新地清本町367
  • アクセス:京阪「祇園四条」駅から徒歩5分
  • 電話番号:075-561-0751
  • 営業時間:月〜土 11:00~23:00(L.O.22:30) /日・祝 11:00~22:00(L.O.21:30)
  • 定休日:火曜日

【京都ランチおすすめ22選】お漬け物ならココ!

⑪近為(きんため)京都本店

お漬物の専門店です。手間ひまかけて丁寧に作られたお漬物の数々を味わうと、京都に来たんだなぁということを実感できるでしょう。ランチのお茶漬け膳には粕漬けなどの焼き魚もついてきます。お座敷でゆっくりと緑豊かなお庭の景色を楽しみながらお食事をするひと時は、旅の疲れを忘れさせほっこりとした気持ちになれます。

ランチはお茶漬け席と呼ばれる奥座敷でいただきます。予約が必要なので、お出かけ前にはホームページから予約をしておきましょう。持ち帰り用のお漬物の販売は9:30から17:30までですが、ランチは11:00から15:00までとなっているので時間を確認してから来店しましょう。

京つけもの処 近為 京都本店
  • 住所:京都市上京区牡丹鉾町576
  • アクセス:嵐電「北野白梅町駅」から徒歩20分
  • 電話番号:075-461-4072
  • 営業時間:11:00~15:00
  • 定休日:年中無休(年始を除く) ※お茶漬け席は12月1日~新年1月6日の間は休み

⑫阿古屋茶屋

京漬物を満足するまで堪能することができるバイキング形式のお店です漬物といっても薄味のさっぱりとしたお味なので、サラダ感覚で楽しむことができます。ご飯は白飯、十六穀米、おかゆの3種類をバイキングでいただけるのもうれしいですね。1450円とリーズナブルな価格設定もうれしいですね。

さらに食後のデザートとしてもなかもバイキングで食べ放題になっています。お漬物で口の中がしょっぱくなったところをもなかが癒してくれて、とてもバランスの取れた味わいになっています。人気のお店なので並ぶことも覚悟してくださいね。ただ、時間無制限なので席についたらゆっくりと楽しむことができますよ。

阿古屋茶屋(あこやちゃや)
  • 住所:京都市東山区清水3-343
  • アクセス:JR「京都」駅より市バスで「清水道」バス停下車徒歩5分
  • 電話番号:075-525-1519
  • 営業時間:11:00~17:00 (10:00受付開始、16:00 受付終了)
  • 定休日:年中無休

【京都ランチおすすめ22選】京野菜の天ぷらならココ!

⑬京都祇園天ぷら八坂圓堂

目の前で揚げてくれた天ぷらをすぐに堪能することができる贅沢な天ぷら屋さんです。京野菜をはじめ、旬の魚介類や山菜を落ち着いた雰囲気でいただけば、京都にきたことを実感し、とても満足することができます。ランチは4000円、5500円、8000円の3コースになっています。

ランチは予約が必要です。電話・FAX・ホームページから予約をすることが可能です。予約の際にコースを伝えておきましょう。大人がゆっくりと天ぷらを楽しむお店なので、残念ながらお子さんの来店はできません。

京都祇園 天ぷら八坂圓堂(やさかえんどう)
  • 住所:京都市東山区八坂通東大路西入ル小松町566
  • アクセス:京阪電車「祇園四条」駅から徒歩10分
  • 電話番号:075-551-1488
  • FAX: 075-561-8290
  • 営業時間:ランチ11:30~15:00/夕食17:00~22:00
  • 定休日:年中無休

⑭点邑(てんゆう)

老舗の旅館「俵屋」がプロデュースしている天ぷら専門店点邑は2015年に現在の場所に移転し、モダンながらも古き良き京都のてんぷらの味を今も味わうことのできる素敵なお店です。ランチでは天丼やコース(5250円)を楽しむことができます。京都の空気と景色を楽しみながらお昼をいただきたいという人には

京都の空気と景色を楽しみながらお昼をいただきたいという人には持ち帰り用の天巻がおすすめ。えび天、穴子天、自家製じゃこが美味しいお米と薫り高い海苔と一緒になると、絶妙なハーモニーを醸し出します。月替わりのお弁当もあり、こちらは季節の味を楽しむことができますよ。ミシュランの☆がついているだけあります。

点邑(てんゆう)
  • 住所:京都市中京区麩屋町三条上ル下白山町299
  • アクセス:京阪「三条駅」から徒歩約10分
  • 電話番号:075-212-7778
  • 営業時間:ランチ11:30~13:30/夕食 17:30~21:00
  • 定休日:火曜日

【京都ランチおすすめ22選】はも料理ならココ!

⑮割烹・ふぐ料理京都由兵衛(よしべい)

お昼限定のはもしゃぶコースはとてもお得です。5,940円と7,560円の2つのコースがあるので、ちょっと贅沢にはもを堪能したいときにおすすめです。ただし、はもの旬の時期である5月から11月上旬の期間限定メニューになっているので、時期を確認してから来店するようにしてくださいね。

ゆっくりとお昼ご飯を堪能したい時には個室で、お店の雰囲気を楽しみたい時にはカウンター席がおすすめです。席の予約は電話で対応してもらえます。あらかじめ予約をしておくと余裕をもって来店できるのでいいですね。京都のこの地でお店を始めて80年あまり。地元の人々からも愛される京都の趣が詰まったお店です。

割烹・ふぐ料理 京都 由兵衛(よしべい)
  • 住所:京都市下京区西石垣通四条下ル斉藤町118
  • アクセス:阪急京都線「河原町」駅徒歩2分
  • TEL/FAX: 075-351-1053
  • 営業時間 ランチ11:30~15:00/夕食17:00~22:30(L.O 22:00)
  • 定休日:不定休

⑯割烹なか川

はも料理はさまざまあれど、はもしゃぶというお料理を編み出し、世に広めたのはこのお店です。老舗としてのプライドとはもに対する情熱がそのお味にあらわれていて感動すること間違いなしです。しゃぶしゃぶすると花が咲いたように広がるはもの身は、骨切りをする職人さんの腕の見せ所どころ。熟練の技が光ります。

はもはしゃぶしゃぶのほかお造りやお吸い物でも楽しめます。他ではなかなかいただけない冬のはもを楽しめるのも魅力です。また、はものほかにも様々な季節の食材を楽しむことができるので京都の四季を味覚で楽しみたいという時におすすめのお店です。なおお昼の営業は本店ではなく系列店のみで、完全予約制となっています。

割烹なか川
  • 住所:京都市下京区西木屋町四条下ル
  • アクセス:京阪電鉄「四条」駅3番出口より徒歩3分
  • 電話番号:075-352-3511
  • 営業時間:ランチ12:00~14:00/夕食17:00~21:00
  • 定休日: 月曜日

【京都ランチおすすめ22選】西京漬けならココ!

⑰京都一の傳(いちのでん)本店

京都で西京焼きといったら一の傳を思い出すという人も多いでしょう。一の傳のお魚を一度食べたら、他のものはもう食べられないというくらい極上のお味なのです。2階のお食事フロアでは、京都の町家に来たような趣のある空間で焼きたての西京焼きを季節に合ったお料理とともにいただくことができます。

1階の買い物フロアでは、さまざまな西京漬けを購入することができます。贈答用にはセットで、自宅用には1切ずつお好みで選んでと、買い方に自由があるのが魅力的です。一番人気なのは「銀だら蔵みそ漬(680円)」。モンドセレクション食品全般部門で3年連続最高金賞を受賞している逸品です。

京都一の傳(いちのでん)本店
  • 住所:京都市中京区柳馬場通り錦上る十文字町435番地
  • アクセス:阪急京都線「烏丸」駅より徒歩8分
  • 電話番号:075-254-4070
  • 営業時間:2階11:00~16:00 (L.O14:30 )、1階10:00~18:00
  • 定休日:水曜日(水曜日が祝日の場合は翌木曜日)、 12月31日~1月4日

⑱三味洪庵

ひとつずつ丁寧に漬け込まれた魚介類やお肉はどれもとろけるようなおいしさで、一度食べたら忘れられない味です。やわらかい食感と香り高い最強味噌の風味は職人さんの丁寧な仕事ぶりを充分に感じることができます。

1861年に創業して以来、丁寧な仕事を続けている三味洪庵は、今もなおお客さんを裏切らない味を守り続けています。「京おぞよ蕎麦御膳(3900円)」は西京漬けのお魚のほか、天ぷらやおそば、そして優しい味付けで炊き上げたおぞよと呼ばれるお惣菜を楽しむことができます。

三味洪庵
  • 住所:京都市東山区三条通北裏白川筋西入石泉院町 393番地
  • アクセス:京阪「三条」駅から徒歩5分
  • 電話番号:075-771-0952
  • 営業時間:ランチ:11:00~15:00( L.O14:30) ディナー:17:00~20:30(L.O20:00)
  • 定休日:月曜日(祝日の場合は火曜日)

【京都ランチおすすめ22選】ブリしゃぶならココ!

⑲よし乃や

ブリしゃぶといえばよし乃やというくらい、地元では知らない人はいないというお店です。野菜がたっぷり入ったお鍋にブリをくぐらすと、ブリの天然の甘みを堪能することができます。「ぶりしゃぶ鍋膳」はブリしゃぶのほかに地元産のブリとイカのお刺身がついて2,980円とお得なセットとなっています。

「ぶりしゃぶ鍋膳」は11月2日から3月末頃までの期間限定となっています。予約が必要なので前日の夜8時までに電話で予約をしましょう。当日もしかしたら空きがある場合もあるので、万が一当日になって食べたくなった時には、電話をして確認してみるといいですよ。

よし乃や
  • 住所:宮津市大垣48
  • アクセス:天橋立の傘松公園ケーブルカー乗り場よりすぐ
  • 電話番号:0772-27-0125
  • 営業時間:8:00~17:00
  • 定休日:無休

⑳つるや食堂

地元の食材に徹底的にこだわっています。もちろんブリは伊根で獲れたものを、お米は丹後コシヒカリ、そのほかの食材もすべて地元産。京都の食材を100%満喫することができるお店です。ランチでいただくことができる「丹後ぶりしゃぶお宝膳(2880円)」は前日20時までに予約を入れておく必要があります。

つるや食堂
  • 住所:宮津市中野848
  • アクセス:天橋立の傘松公園ケーブルカー乗り場よりすぐ
  • 電話番号:0772-27-0114
  • 営業時間:8:00~17:00
  • 定休日:不定休

【京都ランチおすすめ22選】美味しいご飯ならココ!

㉑京都錦中央米穀錦店おむすび茶房

お米屋さんが営むおむすびやさんです。お米にこだわり、炊き方にこだわったご飯はかみしめるたびに奥深い風味を感じることができます。20種類のおむすびは具材によって値段が変わりますが、90円から190円ととてもリーズナブルです。

イートインスペースではお味噌汁(200円)や宇治茶(1ポット270円)も一緒にいただくことができるので、簡単にランチを済ませたいという人にもおすすめです。たかがお米とあなどるなかれ。このお店のおむすびをいただいたら、その味に魅了されてしまいます。

京都錦中央米穀錦店おむすび茶房
  • 住所:京都市中京区錦小路通柳馬場角 中魚屋町
  • アクセス:京阪「祇園四条」駅より徒歩10分
  • 電話番号:075-221-2026
  • 営業時間:9:30~18:00

㉒京の米料亭八代目儀兵衛

お米の5つ星マイスターである職人が選んだ最高のお米を、このお店独自の土鍋炊飯釜「Bamboo!!」で炊き上げています。ふっくらとしていて甘く広がるお米の味は、今までに味わったことのないかもしれません。お米の味を邪魔しない上品な和食のおかずとともに、お米が主役のランチを堪能することができますよ。

京の米料亭 八代目儀兵衛
  • 住所:京都市東山区祇園町北側296
  • アクセス:地下鉄東西線「東山」駅より徒歩6分
  • 電話番号:075-708-8173
  • 営業時間:昼の部11:00~14:00/ 夜の部18:00~21:00(最終入店)
  • 定休日: 水曜日

京都の美味しいランチを満喫しましょう!

いかがでしたか。京都には美味しいものがたくさんありましたね。今回は和食を中心にご紹介しましたが、まだまだ美味しいお店はたくさんありますので、京都に行った際にはぜひとも京の味を堪能してくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。