INDEX

ヘッドホンとメガネ(眼鏡)の併用で耳が痛い原因は?

ヘッドホンとメガネ(眼鏡)の併用で耳が痛い原因①サイズが合わない

ヘッドホンとメガネ(眼鏡)の併用で耳が痛い原因1つ目はヘッドホンのサイズが合わないことが原因です。ヘッドホンが小さければ、ヘッドバンドやイヤーパッドによる締めつけで痛みの原因となります。

それとは逆にヘッドホンのサイズが大きすぎると、メガネが圧迫され耳が痛くなってしまうでしょう。さらに重さのあるヘッドホンだと長時間の使用は難しくなります。

ヘッドホンとメガネ(眼鏡)の併用で耳が痛い原因②メガネのツルの食い込み

ヘッドホンとメガネ(眼鏡)の併用で耳が痛い原因2つ目はメガネのツルの食い込みです。メガネをかけ、その上にヘッドホンを装着するのですから、細いツルにイヤーパッドの重さが加わり耳が痛いのは当然といえますね。メガネをしながらヘッドホンを付ける場合は、耳の付け根にダメージを与えないことが重要です。

メガネとマスクを両方すると耳が痛いことがありますね。以下の記事で痛くならない対策法を紹介していますので、そちらもご覧ください。

Small thub shutterstock 324438683
関連記事 マスクで耳が痛い!痛くならない対策方法7選とおすすめのマスクも

風邪、砂埃、インフルエンザ、花粉症。マスクは様々なシーンでお世話になる

ヘッドホンとメガネ(眼鏡)の併用で耳が痛い原因③密閉型を使っている

ヘッドホンとメガネ(眼鏡)の併用で耳が痛い原因3つ目は耳にすっぽりと覆いかぶさる形状の密閉型ヘッドホンを使っていることがあげられます。

遮音性が高く音漏れは少ないのですが、側圧が強いため頭や耳が圧迫されるのがデメリットです。音が出るハウジング部分が密閉されている分重さもあるため、耳への負担が大きくなります。

メガネと併用しても痛くないヘッドホンおすすめ15選!

ヘッドホンおすすめ①サンワサプライMM-HP207N

Amazonで詳細を見る

ヘッドホンおすすめ15選①はサンワサプライのネックバンド式ヘッドホンMM-HP207Nです。軽量で耳への負担が少ないので、メガネをしていても痛くないんです。しっかりとフィットしてズレにくいので違和感なく使うことができますよ。

M-HP207Nはリーズナブルな価格も魅力です。ネックバンド型を使ってみたい、買い増しを考えている、という方は購入を検討してはいかがでしょうか。

ヘッドホンおすすめ②JVCケンウッドHA-S500-Z

Amazonで詳細を見る

ヘッドホンおすすめ15選②はJVCケンウッドのHA-S500-Zです。密閉型ヘッドホンですが、耳乗せ式でイヤーパッドが柔らかいので、メガネをしたままでも掛け心地は良好です。

コンパクトに折りたためるので旅行先などに持っていく時も場所を取りません。音漏れを気にせず、好きな場所で音楽を楽しめますよ。密閉型で軽量のヘッドホンが欲しい人におすすめです。

ヘッドホンおすすめ③LiteXim-QW-07-JP

Amazonで詳細を見る

ヘッドホンおすすめ15選③はLiteXimのワイヤレスヘッドホンQW-07-JPです。耳をしっかりと覆うタイプの密閉型ヘッドホンですが、人間工学に基づいた設計で、メガネをかけていても快適に使えるようデザインされています。

イヤーパッドとヘッドバンドに柔らかい素材を使用し、頭や耳に負担がかからないよう配慮されています。アジャスターも付いているので頭の大きさに合わせた調節も可能です。Bluetooth対応でノイズキャンセリングが搭載されているなど、手頃な価格で普段使いにぴったりのヘッドホンといえるでしょう。

ヘッドホンおすすめ④パナソニックRP-HD5

Amazonで詳細を見る

ヘッドホンおすすめ15選④はパナソニックのハイレゾ対応ヘッドホンRP-HD5です。イヤーカップとヘッドバンドが可動式になっていて、頭の形と耳の位置に合わせて調節できます。ヘッドホンとの間に余裕を持たせることができるため、メガネと併用しても装着感を損ないません。

軽くて音漏れの心配がなく、外出時の利用に向いています。スマホと相性が良いので、通勤・通学時に気軽に音楽を楽しみたい方におすすめです。

ヘッドホンおすすめ⑤Mpow-MPBH059AB

Amazonで詳細を見る

ヘッドホンおすすめ15選⑤はMpowのMPBH059ABです。軽量で締めつけ感がなく快適な着け心地が特徴です。ソフトパッド採用で圧迫感が少なく、長時間装着しても耳に負担をかけません。ヘッドバンドの調節もしやすいので頭にぴったりと合わせることができますよ。

イヤーカップ部分のコントローラーで装着したままでの再生・スキップなどの操作が可能です。お値段の割に高性能かつ多機能で、有線・無線の両方に対応しています。

ヘッドホンおすすめ⑥KOSS-SPORTAPRO

Amazonで詳細を見る

ヘッドホンおすすめ15選⑥はKOSSの開放型ヘッドホンSPORTAPROです。こちらはヘッドバンド部分が可動式になっていて、オーバーヘッド型とネックバンド型との兼用タイプとなっています。

イヤーパッドが小さく、耳の上に適度な空間があるためメガネをかけていても締めつけは気になりません。シンプルな見た目ですが、頑丈で耐久性のある人気機種です。

ヘッドホンおすすめ⑦SONY-MDR-IF245RK

Amazonで詳細を見る

ヘッドホンおすすめ15選⑦はSONYのワイヤレスヘッドホンMDR-IF245RKです。ヘッドバンドは長さ調節が要らないフリーアジャスト機構に対応しています。耳やメガネへの圧迫が少なく、ツルにコードが引っかかるなどの煩わしさもないため使用感は良好です。

バッテリーの保ちが良く、7時間のフル充電で約28時間、単4電池なら約5時間の再生が可能です。音楽はもちろん、テレビ鑑賞やPC用として幅広く活躍してくれますよ。

ヘッドホンおすすめ⑧パイオニアSE-MS7BT

Amazonで詳細を見る

ヘッドホンおすすめ⑧はパイオニアのBluetoothヘッドホンSE-MS7BTです。耳を覆うイヤーカップは気密性が高く、しっかりとフィットします。ヘッドバンドとイヤーパッドに低反発素材が使われているため、メガネと併用しても圧迫感は気になりません。

有線接続にすれば、ハイレゾ再生も可能です。AACに対応しているためiPhoneユーザーには特におすすめですよ。シンプルでレトロなデザインも人気です。

ヘッドホンおすすめ⑨ヤマハHPH-200

Amazonで詳細を見る

ヘッドホンおすすめ15選⑨はヤマハのHPH-200です。低・中・高とすべての音域でバランスが取れていて、ジャンルを問わず音楽を楽しめます。

ベロア素材のイヤーパッドと110度まで回転可能なハウジングで、メガネをしていても快適な付け心地を実感できます。楽器に接続できるので、ギターや電子ピアノなどの練習用としても人気です。

ヘッドホンおすすめ⑩KOSS-PORTAPRO

Amazonで詳細を見る



ヘッドホンおすすめ15選⑩はKOSSの開放型ヘッドホンPORTAPROです。なんと発売から30年以上!リピート買いする人もいるほどのロングセラーモデルです。

軽量設計でヘッドバンドの側圧を3段階で調節可能。ハウジングとこめかみの2カ所で固定するスタイルで、メガネをしたままでも痛くないとメガネユーザーから支持されています。ハンズフリー通話に対応し、スマホでも存分に音楽を楽しめます。

ヘッドホンおすすめ⑪SONY-MDR-100A

Amazonで詳細を見る

ヘッドホンおすすめ15選⑪はSONYのハイレゾ対応ヘッドホンMDR-100Aです。自然な音質と中高音の伸びの良さが評価されています。高い遮音性で周囲の音を遮断し、音楽に集中できると評判です。

立体縫製を採用したイヤーパッドはクッション性が高く、メガネとの相性も良好です。高級感のあるデザインで男女ともに人気があります。

ヘッドホンおすすめ⑫オーディオテクニカATH-AD700X

Amazonで詳細を見る

ヘッドホンおすすめ15選⑫はオーディオテクニカのATH-AD700Xです。こちらは締めつけが苦手な人におすすめです。ヘッドバンドが無いのと布製のイヤーパッドで、全体的に軽く窮屈さを感じさせない構造となっています。

圧迫感が少ないのでメガネユーザーでも安心して使うことができますよ。クリアな音質が特徴で、ポップスや女性ボーカル曲をよく聴く方におすすめしたいヘッドホンです。

ヘッドホンおすすめ⑬ゼンハイザーHD-598-SR

Amazonで詳細を見る

ヘッドホンおすすめ15選⑬はゼンハイザーのHD-598-SRです。装着感と調和の取れた音質に定評があり、メガネをしていても耳が痛くないと人気です。

ケーブルとイヤーパッドが交換でき、自分好みにカスタマイズできるのも人気の理由の一つといえるでしょう。手頃な価格帯で使う人を選ばないので、高級ヘッドフォンの入門用におすすめです。

ヘッドホンおすすめ⑭SOL-TRACKS-HD2

Amazonで詳細を見る

ヘッドホンおすすめ15選⑭はSOL-REPUBLICのTRACKS-HD2です。力強い低音と透き通って伸びのある高音に特徴があります。柔軟性のあるイヤーパッドを採用し、メガネと併用しても耳が痛くないため長時間のリスニングに最適です。

ヘッドバンドとイヤーカップの取外しが可能で、別売りのパーツと付け替えればバリエーション豊富な組合せを楽しめます。デザイン性の高さも人気です。

ヘッドホンおすすめ⑮アーバンイヤーズPlattan2

Amazonで詳細を見る

ヘッドホンおすすめ15選⑮はアーバンイヤーズのPlattanIIです。独自の3Dヒンジを採用したヘッドバンドは自由自在にねじったりひねったりできます。柔軟性が高く、フィット感は抜群です。

ヘッドホンを繋げるだけで音楽を共有できるオリジナル機能が付いているのもポイントです。多色展開とキュートな北欧デザインで人気があります。

以下の記事では高音質とコスパにこだわったヘッドホンをご紹介しています。メーカー別、シーン別でまとめてありますので、ヘッドホン選びの参考にしてくださいね。

Small thub shutterstock 363321527
関連記事 おすすめのヘッドホン13選!高音質&コスパ最強のメーカーを公開

音楽に映画、スポーツやゲーム…色々な場面でヘッドホンって使います。市場

ヘッドホンとメガネの併用で痛くないおすすめヘッドホンの選び方は?

痛くないおすすめヘッドホンの選び方①開放型を選ぶ

痛くないおすすめヘッドホンの選び方1つ目は開放型を選ぶのがポイントです。開放型は密閉型に比べ締めつけが弱いので、メガネをしたままでも痛くなりにくいのが特徴です。

さらに音が出るハウジング部分に隙間があるので重さもおさえられます。密閉型と違って耳を覆わないため、メガネの邪魔にならず長時間使用に向いています。

\ POINT /

開放型ヘッドホンは音漏れに注意!

開放型ヘッドホンは臨場感のある音楽を楽しめますが、密着性が低いため音漏れが大きいのが難点です。使用場所とボリュームには注意しましょう。

痛くないおすすめヘッドホンの選び方②ネックバンド型を選ぶ

痛くないおすすめヘッドホンの選び方2つ目はネックバンド型を選ぶのがポイントです。ネックバンド型はバンドが首の後ろにくるタイプのヘッドホンです。一般的なオーバーヘッド型と違い、メガネのツルと被らないので耳の痛み対策になります。

ネックバンド型は安定感があり固定しやすいためランニングをする時にも便利です。ただし、ほとんどが開放型ヘッドホンなので音漏れには注意しましょう。

痛くないおすすめヘッドホンの選び方③メガネ対応型を選ぶ

痛くないおすすめヘッドホンの選び方3つ目はメガネ対応型を選ぶのがポイントです。メガネ対応型には、メガネユーザー向けに特別柔らかいイヤーパッドを採用したものや、メガネのツルを通す穴があいているタイプもあります。

耳の痛み対策には、ヘッドホンより軽いイヤホンを検討するのも良いでしょう。ヘッドホンより価格が安く、種類が多いのでおすすめです。以下の記事で自分に合うイヤホンを探してみてください。

Small thub shutterstock 512331142
関連記事 【人気】イヤホンのおすすめ種類は?高音質の選び方も

近年、スマートホンの普及で音楽や動画を手軽に持ち歩けるようになり、イヤ

ヘッドホンを変えずにメガネをかけて痛い時の対策は?

ヘッドホンを変えずにメガネをかけて痛い時の対策①イヤーパッドを交換する

ヘッドホンを変えずにメガネをかけて痛い時の対策1つ目はイヤーパッドの交換です。イヤーパッドは単体で売られており、サイズと形状が合えば好きなものと取り替えられます。

圧迫防止にはできるだけ柔らかいものを選びましょう。直接耳に当たるものなので、厚みがありクッション性の高いものがおすすめです。

ヘッドホンを変えずにメガネをかけて痛い時の対策②クッションパッドを使う

ヘッドホンを変えずにメガネをかけて痛い時の対策2つ目はクッションパッドの使用です。メガネ用のクッションパッドはメガネのツルに付けて痛みを軽減する便利グッズです。

スポンジや樹脂、ゴムなどでできていて、メガネのツルの食い込みを防ぎます。100円ショップでも買えるので試してみましょう。

ヘッドホンを使っている時に静電気で悩まされたことはありませんか?静電気は電化製品の天敵です。以下の記事で紹介されている静電気防止グッズや対策法が参考になりますよ。

Small thub shutterstock 717279445
関連記事 イヤホンやヘッドホンの静電気防止グッズ5選|PCが故障することは?

乾燥する季節は、静電気が起きやすいです。イヤホンやヘッドホンで音楽など

自分に合うヘッドホンとメガネで音楽を楽しもう

ヘッドホンとメガネの相性は良くないイメージがありますが、選び方や付け方で耳への負担は軽減できます。簡単にできる対策法もご紹介しましたので、ぜひお試しください。個人差がありますので、購入の際は試着をおすすめします。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。