INDEX

「真摯」とは?

「しんし」と読むが「紳士」ではない

どういう意味

「真摯」は政治家や企業、芸能人などがテレビの謝罪会見で使う言葉としておなじみです。「皆様から頂いたご意見を真摯に受け止めて……」などと言っていますよね。「真摯」という言葉を使うのは、ほとんどが謝罪の場です。

でも「真摯」って、具体的にはどんな意味なんでしょう?読みは「しんし」ですが、「紳士」ではないようだし。いざ聞かれると、ちょっと具体的な意味がわからない言葉ですよね。そこで、まずは「真摯」の意味を詳しく見ていきましょう。

意味は「真面目で熱心」

真面目な人

「真摯」という言葉は、多くが「真摯に受け止める」という使い方をします。「真摯に受け止める」ってどう受け止めるの?と思う人もいるでしょう。コトバンクでは、「真摯」の意味を次のように説明しています。

Q web

[名・形動]まじめで熱心なこと。また、そのさま。「真摯な態度」「真摯に取り組む」

引用元:引用元: コトバンク

「まじめで熱心なこと」とありますね。たしかに、謝罪の場ではふざけるわけにいきませんよね。きちんと真面目に受け止めて取り組むという気持ちを表すのが「真摯に受け止める」という表現につながるようです。改善すべき点があれば、真面目に一生懸命努力します、という意味になります。

つまり「とても重く受け止めている」ということです。一生懸命熱心に取り組むという意味なので、謝罪会見にふさわしい言葉です。謝罪以外でも使われますが、「熱心な」や「ひたむきな」という意味を出したいときに使われます。

「真」「摯」の二文字から意味を理解する

文字を考える

それでは、「真摯」という言葉を、漢字の意味から考えていきましょう。「真」は「真実」にも使われますが、元々は「眞」と書き、「まこと」という意味があります。

「眞」という文字は死者を意味し、死んでこそまことの姿になる、という考えがあります。また、「匕(さじ)」を使って煮物で鍋をいっぱいにする様子を「まことの心ある行為」という意味として解釈することもあります。このような理由から、「眞」を「まこと」という意味で使います。

次に「摯(し)」ですが、この文字には「しっかりつかむ」という意味があります。しっかりつかむので、「真面目な」という意味になります。漢字の意味を知ってみると「真摯」の意味も理解できますね。「まことに真面目に」ということですから、真剣に熱心に取り組むという意味になるわけです。

「真摯」の類語は?

「真摯」を言い換えると「誠実」「厳粛」

誠実な人

「真摯」は日常生活ではあまり使いませんが、あらたまった場所では比較的よく使われる言葉です。類語もいくつかありますが、その代表的なのが「誠実」という言葉でしょう。「真摯に取り組む」を「誠実に取り組む」と言い換えることができます。「誠実」のほうが意味がわかりやすいですね。

また、「厳粛」という言葉も「真摯」の類語です。重く受け止めることを「厳粛に受け止める」と表現をすることがあります。甘えたりふざけたりせず、真剣に厳しい態度で臨むことを「厳粛に受け止める」といいます。

類語はまだまだあります。皆さんがよく知っている言葉「真面目」も「真摯」の類語です。他にも「実直」「至誠」「正直」「律儀」「謹直」など、多くの類語があります。

「真摯」「真面目」「真剣」この違いは?

辞書で調べる

「真摯」の類語としてよく使われる言葉のなかで、「真面目」「真剣」はとても似た言葉です。この3つは似ていますが、微妙に意味が違います。

真摯 真面目 真剣
一途、誠実、熱心に 真心をこめて、私利私欲に駆られずに 本気で、一生懸命に、必死に

よく似ている言葉ですが、ニュアンスが違うので状況に応じて使い分けてみましょう。同じ意味を伝えたいときにも、同じ単語を何度も使うのはあまりよくないので、類語を覚えて語彙を広げていくと応用が利きます。

「真摯に受け止める」の使い方は?

叱責するときの「真摯に受け止める」

叱責

「真摯に受け止める」という言葉は重く、しっかりと向き合った使い方をします。仕事で失敗をして顧客から苦情があった部下に、上司が「真摯に受け止めるように」と叱責することがあります。 上司に「今回の件は真摯に受け止めるように」と言われたら、二度と同じ過ちは許さないぞ、という意味にもとれます。

言われた方は猛省して覚悟を決めなければなりません。 言い換えると、「しっかり腹を据えて」「腹をくくる」という意味にもなりますね。小さな失敗に対して「真摯に受け止めなさい」という使い方はしません。大きな責任が伴うことなので「真摯に受け止めなさい」となるのです。

謝罪での「真摯に受け止める」

真摯に受け止める

「真摯」という言葉は、重い使い方をします。軽い意味では使いません。大きなミスをして叱られるときにも「真摯」は使われますが、叱られた方が「真摯に受け止めます」と謝罪することもあります。

叱られた方は、「真摯に受け止めます」と言ったからには、口だけではいけません。真剣に完全する努力をしなければ「真摯」と言った言葉が嘘になります。「真摯」は嘘がある使い方をしてはいけません。

顧客への謝罪文

謝罪文は大事

たとえば受注した商品を、納期を間違えて遅れて納品してしまった場合、注文した顧客は遅れた日数分だけ損害を受けたことになります。これに対して真摯な態度で謝罪をするのは当然です。

「今回の過ちを真摯に受け止めて、社員一同、全力で改善に努めてまいります」といった謝罪文は比較的よくあるものです。たまに顧客の個人情報が漏れてしまったという事件がありますが、このような時にも、上記のような謝罪文が必須となります。

「真摯」の意味を例文で見てみる

決意表明

決意表明をする

「真摯」は決意表明の場でも使われます。「真摯」を使うと、真剣な気持ちが相手に伝わり、好感を持って受け止められます。いくつか例文を見てみましょう。

決意表明の「真摯」の例文
チームの一員として受け入れていただいたことを真摯に受け止め、全力で勤めを果たしてまいります
このたび抜擢していただいたことを真摯に受け止め、自分の役割をしっかりと全ういたします
皆様から頂いた教訓を真摯に受け止め、新たな地でも力を尽くしていきます

決意表明はただ「一生懸命頑張ります」だけではちょっと弱い感じがします。「真摯に」という言葉を使うことで、全力で頑張るという気概を感じることが出来ます。部署替えや転勤のときにはこの例文を参考に使ってみてくださいね!

謝罪

謝罪する

「真摯」といえば謝罪が思い浮かぶぐらい、謝罪ではよく使われる言葉です。万が一に備えて、使えるようになっておきたいですね。以下に例文を挙げてみます。

謝罪の「真摯」の例文
このたびのご指摘を真摯に受け止め、全力で改善に取り組むことをお約束いたします
市民の皆様の苦情を真摯に受け止めて政策に反映させてまいります
一人の社員のミスを社員全員で真摯に受け止め、教訓といたします

一般的に良く使われる謝罪文は「申し訳ございません」ですが、これだけでは「誠意が足りない!」と怒られるかもしれません。「真摯」の使い方は「非常に重く受け止めている」ことを表すものなので、シリアスなシーンには積極的に取り入れたいものです。

まとめ

真摯に受け止める

「真摯」の意味と使い方や類語についてまとめました。例文でもご紹介しましたが、「真摯」という言葉はとても重い場面で使われる言葉です。簡単に軽く使ってしまうとかえって「大げさな奴だな」「いつも口だけだろう」と逆効果になってしまうので、使い方を間違えないようにしたいものです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。