INDEX

学校の最終学歴(中退・専門学校・留学)における履歴書の書き方とは

履歴書の最終学歴とは

本

履歴書の最後に書く学歴が最終学歴でないことがあるってご存知でしたか。実は、最終学歴とは「最後に通学した一番学歴の高い学校」のことを意味します。履歴書に通学した順番で記入していっても、その順番と最終学歴は違うということを履歴書の書き方として覚えておくことが大切です。

面接のときに「あなたの最終学歴は?」と聞かれて間違った回答をしないように、しっかりとここで最終学歴について復習しておきましょう。

中退は最終学歴ではない

最終学歴 中退

高校や大学で中退した方もいると思いますが、学校を卒業せずに途中退学した場合は、最終学歴とはみなされません。履歴書の書き方としては、卒業した学校までを記入するか、記入せずに職務経歴書のほうで補足するのが良いと思います。

職務経歴書を添付しない場合、履歴書の書き方としては「○○大学中退」と記入してブランクの期間がないようにするのが良いでしょう。もちろん、中退した理由は聞かれると思いますので、あらかじめ答えられるようにしておきましょう。

職業訓練校・ビジネススクール・予備校は最終学歴ではない

予備校生

最終学歴と認められるのは文部省認定の学校だけ。職業訓練校、ビジネススクール、予備校は卒業しても最終学歴とは認められません。履歴書の書き方としては、特記事項にある資格欄に記入。職務経歴書を添付するときは、そちらに記入します。

面接者は不自然に学歴がブランクになっているのをよしとしません。中学卒業して入学したり、高校中退で入学したときは、学歴がブランクになってしまいます。そのときは履歴書の書き方としては、一番最後に記入しておきます。

短期留学や語学留学は最終学歴としては認められない

留学する二人

短期留学や語学留学は、一般的に研修とみなされます。学歴とはみなされないのです。やはり履歴書の書き方としては資格欄などに記入しますが、職務経歴書の添付がなく学歴にブランクが生じるようであれば、学歴欄に記入するようにします。文部省認定でない学校は卒業しても学歴にはならないので覚えておきましょう。

就活での正しい最終学歴(中退・在学中・大学院・卒業見込み)の書き方

就活での正しい最終学歴

自宅

最終学歴をきちんと理解していることが、内定や採用につながると言っても過言ではありません。特に書類選考の場合は、履歴書や職務経歴書の書き方だけで判断されてしまいます。面接官に補足説明をすることもかないません。ここで今一度、最終学歴の定義を確認しておきましょう。

最終学歴が中退の場合

悩む男性

中退は最終学歴としてはみなされないので、履歴書の正しい書き方と言う観点から言えば書きませんが、上述したように学歴にブランクができてしまうときは、面接官に不信感を与えないように記入しておきます。もしも中退しているのに卒業と書いてしまいますと、学歴詐称になりますので注意してください。

最終学歴が大学在学中の場合

キャンパス

学校に在学中の場合、履歴書を書き方として注意しなくてはいけないポイントがあります。それは企業に応募する際の履歴書は、在学中であっても「卒業見込み」と記入しなくてはいけない点です。理由は、「在学中」と記入してしまいますと、いつ卒業するのか明確でなくなってしまうからです。

留年なのか卒業なのか判断に迷うという懸念材料になってしまいます。ただし、在学中にアルバイトをする場合の履歴書の書き方としては、「在学中」と記入しても問題ありません。企業とは違い、通学しながらアルバイトをすることになるので、在学中で大丈夫なのです。

最終学歴が大学院の場合



勉強する女性

大学院を卒業したときの履歴書への書き方ですが、2つの注意点があります。1つは大学院の修士課程を修了した場合は、一般的に大学院卒業ではなく「大学院修了」と記入します。

その先の博士過程を修了した場合は「博士過程修了」になり、博士号を取得できなかったが単位は全て取得した場合は「単位取得退学」「満期退学」「単位取得修了」と記入します。

最終学歴が卒業見込みの場合

疲れて眠る女性

実は、在学中に「卒業見込み」と履歴に記入するには一定の条件があります。履歴書に「卒業見込み」と記入できるのは、3月末までに卒業できる状態が明確になっていることが条件になります。大学の場合、4年前期で取得しなくてはならない必修単位や選択単位を落としてしまったときは使用できません。

しかし、後期過程で単位取得が可能であれば使用しても問題ないです。その際の履歴書の書き方は、就活を開始する3年生で「卒業見込み」と記入できます。卒業見込みと書けるように単位取得はしっかりと行っておきたいですね。

社会人から再び学生になったときの履歴書への最終学歴の書き方

社会人から再び学生になったときの最終学歴の書き方

勉強する女性

特殊なケースになるかもしれませんが、社会人になってから学校に再入学した場合は履歴書の書き方としては、どのように最終学歴を記入していくのでしょう。最近は、副業をしたり自分で起業する目的で再び学校に入学する方も増えているようです。そのときに注意する点はどんな部分なのでしょうか。

こちらも、しっかりと理解しておきたい部分です。誤って認識していることがあるので復習しておきましょう。ここでは履歴書の書き方として、特に間違えやすい点を紹介しています。

海外留学した場合は学位があれば記載できる

海外留学

海外留学(高校、大学)したときに最終学歴としてみなされる場合は、学位を取得したときです。それでは履歴書に記入できないのかというと、そういうことではありません。もし履歴書に書くのであれば、「留学した期間、国名、学校名」というかたちで記入します。このときに研修、入学と書かないように注意します。

ただし、留学した期間が1年に満たない場合は記入できません。その場合は「特記すべき事項」「自己PR欄」に記載しましょう。留学して何を得ることができたのかを添えることを忘れずに。

大卒から専門学校に入学しても最終学歴は大卒

勉強する女性

大学卒業の人が社会人になり専門学校を卒業しても、最終学歴は高学歴の学校になるので大学になります。ただし大学に通学して卒業した場合、直近に卒業した大学が最終学歴です。働きながら通学する方もいると思いますが、職歴と学歴にブランクができないときは学歴には専門学校と書かずに履歴書の特記事項などに記入します。

履歴書の書き方としては専門学校を最終学歴として書かなくても、その学校でどんな学びがあり、これからどんなスキルを仕事で活かせるのかをアピールすることは大切です。

2つ以上の大学を卒業したら好きな大学を書く

ビジネスウーマン

大学を2つ以上卒業したときは、どちらが最終学歴になるか迷うところですが、この場合は特にこれという定義はありません。卒業した大学を全て履歴書に書いてもいいでしょう。一般的には直近に卒業した大学を最終学歴とみなすことが多いようです。

そしてこの場合ですが面接のときに「なぜ、2つ大学を卒業したのか」質問される確率が高くなります。好きな大学を書くと言っていますが、経歴にブランクを作らないために普通は全て卒業した大学を記入することが多いでしょう。

正しい最終学歴の書き方をマスターしよう!

正しい最終学歴を認識していることで、就活での書類選考に格段と有利になるでしょう。最終学歴が最高学歴ということを知らない方は意外と多いようです。人気のある企業に応募する場合、大半は書類選考という登竜門が存在します。ここを突破するには、いかに他者と差別化が図れるかにかかっています。

そういう意味ではあなたは一歩就活で他の方よりもリードできたことになるかもしれません。この記事ではいろんなパターンの最終学歴の書き方を紹介してきましたが、通常はワンパターンのみ把握しておけば問題ありませんので、ぜひ、自分に関係する部分はしっかりと目を通して間違って履歴書に記入しないようにしましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。