INDEX

博多弁はどこで使われている方言?

博多弁は福岡県西部地方の方言

博多という場所は福岡県の西部に位置し、福岡市博多区にあります。博多弁はこの博多区だけの方言ではなく、福岡市全域、その周辺地域でも使用されている方言です。

博多弁以外の福岡弁は?

福岡出身の芸能人が博多弁を駆使して活躍するようになったことから、福岡県民は皆、博多弁を使用していると思われがちです。しかし、(ここでは福岡の方言を総称して福岡弁とさせてください)福岡弁は他にもあり、県北部に位置する北九州市を中心とした北九州弁、県南、筑後地方の筑後弁があります。

他にも、久留米弁、大牟田弁、筑豊弁などなど、それぞれの地域で使用されている福岡弁は多岐に渡ります。多少の違いがありますが、博多弁の雰囲気も感じるので、初めて聞く人にはなかなか分かりにくいかもしれません。

博多弁「好き」にちょい足し告白ワード7選

「好いとう」(博多弁基本形)

告白

「あなたのことが好き」これが一番、ひねりがなく真っ直ぐに伝わる告白だと思います。この言い方を博多弁に置き換えると「あなたのことば好いとうよ」となります。ゆっくり、やさしく言えば、気持ちが素直に可愛く伝わるワードです。

ちなみに、「好いとう」の前に「~ば」という言葉が入っていますがこれも博多弁です。これは博多に限らず九州の広い範囲で使用されています。標準語の「~を」とか「~が」といった助詞のような使い方をします。

「~と」(語尾にちょい足し)

綺麗な女性

可愛い博多弁の代表格とも言える「~と」。疑問系で使われることもしばしば。以前よくメディアで紹介されていたひとコマ「ここ、とっとっと?」「うん、とっとっと」。訳しますと「この席、取ってありますか?」「はい、取っています」となります。

上記の様な上級編だと、『と』ばかりで、初めて耳にする県外の人などにはさっぱり分からず、もはや方言を通り越した外国語レベルです。しかし、これが語尾にちょっとだけ足すと可愛い方言に聞こえてしまうので不思議ですね。

告白で使うとしたら「あなたのこと、好きよ」と言いたいところを「あなたのこと、好いとうと」。これだけで十分可愛く聞こえるようになりますよ!アクセントが一定なので、博多弁初心者には少し発音が難しいかもしれませんが、ぜひマスターしてほしい博多弁ワードです。

「~っちゃん」(語尾にちょい足し)

告白

人の名前を呼ぶときに使う「~ちゃん」とは違います。小さい「っ」が入っているのがポイントです。メジャーな方言、関西弁で言うところの「~やねん」と同様の言い回しでしょうか。「好きだよ」という意味合いで、告白ワードは「好きっちゃん」や「好いとっちゃん」と使うと良いでしょう!

「~けん」(語尾にちょい足し)

舌を出す女性

これも語尾足しですが、標準語でいうところの「~だから」という意味合いで使用します。告白ワードとして使用するなら「好きやけん、付き合って」。つまりは標準語で「好きだから、付き合って」といった感じです。ちょっと照れもありつつ告白している様な雰囲気で可愛く見えること間違いなし!

「~たい」(語尾にちょい足し)

告白

もしこれを博多っ子が告白に使うとしたら、ちょっと乱暴な使い方だと思うかもしれません。シチュエーションとしてはこんな感じ。つらい時、苦しい時、いつも寄り添っていてくれる女性に男性が聞く「どうしていつも一緒にいてくれるの?」「あんたのことが好いとるけんたい!」。少し怒った様に聞こえるかもしれません。



「あなたのことが好きだからに決まってるじゃない!」と、標準語に直すとお分かり頂けることかと思います。なかなか気が付いてくれない相手に対して、「いい加減、気づいてよ!」といった言葉に隠された感情も見え隠れする告白ワードですね。

「ちかっぱ」(強調したい言葉の前にちょい足し)

幸せそうなカップル

この言葉は「力いっぱい」が派生して「ちかっぱ」になったとも。「とても」「本当に」などといった意味合いで使用します。ですから、告白ワードは「あなたのことが、ちかっぱ好き!」「ちかっぱ好いとう!」。感情を乗せて「ちかっぱ」は強調して使用して下さい。明るく元気いっぱいに使うと可愛さUP間違いなしです!

「ばりばり」(強調したい言葉の前にちょい足し)

告白

博多ラーメンのお店に行くと、麺の固さが選べたりします。その中に「バリカタ」という言葉をメニュー表に見かけます。「ヤワ」<「フツウ」<「カタ」<「バリカタ」という順で、「バリカタ」が一番固い麺ということになります。ラーメンでいうとその上にもっと固い麺がありますが、そこは置いといて・・・。

つまりは、先ほどの「ちかっぱ」と同じ意味合いです。「ばり」=「とても」なので、ひと言でも良いのですが、「ばりばり」と二度繰り返すことでより強調されるので、感情も乗せやすくなります。告白ワードとして使用する時には「ばりっ!ばりっ!好き!」と思い切り強調して言えば可愛く使えます!

博多弁(福岡弁)番外編

普段使いの可愛い博多弁

恥じらう女性

「いっちょん好かん」「いっちょん分からん」なんて、急にふてくされて少し口を尖らせながら言う博多女子。「大嫌い」とか「全く分からない」と言っているのですから、言っている本人はいたってご機嫌ナナメだったりするのですが、見聞きしている男性達にはとっても可愛く映るみたいですよ。

他には「仕方がない」というのを博多弁では「しょんなかー」といいます。ちょっと何か苦手な物事を代わりにやってあげる時などに「しょんなかねー、私がしてやるけん」なんて言ってやってあげれば、しっかりした子だなぁなんて男性のあなたを見る目が変わるかもしれませんね。

先の告白ワードで紹介した博多弁の代表格「~と」は色んな語尾にちょい足しで可愛くなりますので紹介します!「何してるの?」→「なんしようと?」「どこへ行くの?」→「どこ行くと?」と疑問形で使用するとちょっと幼さも感じさせて可愛く聞こえます。

北九州弁での告白編

博多弁と北九州弁の違いを探すと、一番最初に気が付くのは語尾の違いだと思います。博多弁の「~と」「~たい」が北九州弁になると「~ち」「~ちゃ」と話していることに気がつくでしょう。他にも北九州独特の方言などもありますが、告白ワードとしての博多弁との違いは語尾の使い方くらいです。

それを踏まえて、北九州弁を語尾にちょい足しで告白すると「私は、あなたのことが好きです」→「うちは、あんたのことが好いとーち」や「好きちゃ」といった感じになります。「一番好き!」というのを「いっちゃん好いとーち!」と北九州弁で言っても可愛いかと思います。

筑後弁での告白編

筑後弁は福岡県南部に位置する地域の方言。博多弁がベースにあり、県境の熊本県や佐賀県の影響を少し受けた方言です。博多弁からすると少し語気が強く聞こえるので、告白時にあまり多用するのはおすすめしません。ですので、少しだけ使ってみましょう。

「本当に、あなたのことが好き」→「ほんなこつ、あなとのことが好き」と言ってみてはいかがでしょうか。ちょっと照れながらでも一生懸命な想いが伝われば、男性の目にはとても愛らしく映ることでしょう。

最後に

博多弁の持つ独特なアクセントと言葉の響きが、時として、男性たちにはたまらなく可愛く聞こえている様です。しかし、あまり全部を博多弁で言ってしまうと、他県の人たちにはなかなか自分の気持ちを伝えることが難しくなってしまいます。

もし、告白に使おうと思ったら、ちょい足しくらいがちょうど良いと思います。また、ちょい足しくらいであれば、他県出身女子でもチャレンジ可能でしょう。アクセントが分からなければYouTubeなどでチェックして真似てマスターしちゃいましょう!がんばれ、恋する女性たちへ。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。