INDEX

冷え性やむくみでお悩みなら半身浴がおすすめ

冷えは万病のもと!

冷えを感じる写真

昔から「冷えは万病のもと」と言われるほど、健康に良くないものとされています。寒い日が続くと「なんとなく体調が悪い」「気分が憂鬱になる」など、身体的にも精神的にも辛くなりますよね。現実的にも冬はインフルエンザが流行しやすく、風邪をひきやすくなります。

一日のリラックスタイムに半身浴を取り入れて

そのように日々の冷えに疲れ切っている方に向けて、日々の冷えを解決するやり方として「半身浴」をおすすめします。半身浴は、誰もが一度は経験している健康法だと思います。しかしながら、やり方が間違っていたためかあまり効果を感じることができなかったり、時間やポイントをつかめず失敗した経験もあるかと思います。

それもそのはず、半身浴に適切な時間やストレッチなど半身浴の効果を最大限に生かすポイントがあります。それらのポイントをしっかり押さえることで、半身浴の恩恵を受けることができます。今回は、それらのポイントを余すことなくご紹介します。

生活の中に取り入れやすい半身浴という健康法で、みなさまが冷えから解放され健康的な体を手に入れることができるよう応援します!

半身浴の効果的なやり方と健康効果とは?

代謝を上げて血行改善

冷え性

毎日の入浴のやり方を半身浴にするだけで体温が上昇し代謝が上がります。湯船につかることで体温が上昇し、身体の消費エネルギーの量が向上します。消費エネルギーが上がることで代謝が良くなり、血行が改善されます。血行が良くなると、温かい血液が全身にめぐるため、身体全体が温かくなります。

老廃物を促しデトックス

デトックス

血行が良くなり身体が温まると、汗をかき毒素が体外に排出されます。毎日汗をかいて老廃物を外に出すことによって、むくみが解消されたり、身体の凝りが良くなったりします。また、身体が温まり血行が良くなることによって、腸も温まって活動が活発になります。

その結果、便秘が解消され腸内環境も正常化されます。身体が温まることによって腸まで元気なり、より代謝の良い体になることができます。そのためには、毎日湯船につかる習慣を身につけましょう。

冷えの改善

半身浴

半身浴が「冷え性」を解決する方法をご紹介します。毎晩寝る前に体温をあげる習慣を持つことによって、身体の血行循環がよくなります。その結果、末端まで血液が巡り、体の温度を均一に保つことができます。血行が良くなることで冷え性も解決しやすいということです。

また、体温が1度上がるだけで、免疫力も向上し風邪をひきにくい身体を手に入れることができるます。さらには、血液量が増えることによって、身体中の細胞に栄養や酸素を供給することが可能になるため、内臓や皮膚も元気なります!つまり、毎日の半身浴で健康になれるということです。

美肌効果も抜群

スキンケア

血液の循環が良くなると細胞に酸素や栄養を供給することが可能になります。その結果、肌に栄養がいきわたり美肌効果を得ることができます。他にも、湯船につかって汗をかくことによって皮膚に詰まった汚れを排出しすることもできますし、腸に溜まった汚れも排出することで吹き出物やニキビを防ぎます。

毎日の半身浴で、デトックスの習慣が身につき、身体に老廃物を貯めづらい体になるということです。半身浴をすることで、内側からきれいになる方法を試してみましょう。

効果的な半身浴のやり方:入浴準備

お風呂の温度と量が重要

それでは次から半身浴のやり方についてご紹介します。毎日の習慣にできれば本当に健康になれる方法なので是非ともお試しください!

適正温度は「38℃~40℃」です。高すぎてものぼせの原因になりますし、ぬるすぎても冷えの原因になります。その日の体調をみて「38℃~40℃」の間で入浴してください。しかし、体調が良くても悪くても守ってほしいことは、お湯の量です。お湯の量は、みぞおちくらいです。つまり、心臓のちょっと下くらいです。

心臓より上の位置で長湯すると心臓に負担がかかってしまうので、みぞおちの位置で行ってくださいね!毎日続けるためには、身体に負担のないやり方を取り入れることも必要です。

\ POINT /

半身浴のポイント

「38℃~40℃」のお湯にみぞおちまで浸かります。

常温の水で水分補給

次に重要なのは、入浴前の水分補給です。水分補給をした状態で入ったほうが、身体に水分がいきわたります。また、汗をかき水分が失われてしまうため、その前に水分を補給する必要があります。その時のポイントは、常温の水を飲むことです。冷たい水を飲むと、これから温めようとしている身体を冷やすことになります。

そうならないためにも、常温もしくはぬるま湯を摂取して、身体を温める準備をしましょう。この水分補給を忘れて長時間の半身浴を行ってしまうと、頭痛や吐き気の原因になってしまうため、注意が必要です。そのため、水分補給は忘れずに行ってください。

乾いたタオルで上半身を包む

長い時間半身浴をすると上半身が寒くなってしまうことがあります。その対策として、タオルを肩にかけるようにしましょう。冬場の浴室は思いのほか寒いため、長くいられない原因になります。また、肌の乾燥対策にもなりますので、タオルを肩にかけることもおすすめです。



時間つぶしアイテムも持参

長い時間半身浴をする場合の工夫として、時間つぶしのアイテムを持っていくこともおすすめです。漫画や雑誌、中には浴室内用のテレビを持っていく方もいらっしゃるようです。そのように長く半身浴ができる対策をしていると、無理なく半身浴を習慣化することができますよ。

効果的な半身浴のやり方:入浴時間やストレッチのポイント

体調を見て入浴時間を決める

基本的な半身浴の時間は「20分以上湯船に浸かる」というやり方です。20分以上の入浴で、大体体温が1度上り代謝も汗をかくようになります。その目安と思って、20分はいるようにしましょう。女性の身体のサイクルによっては、長湯するとのぼせやすい日もあるかと思いますので、体調をみて入浴時間は判断してください。

\ POINT /

半身浴ポイント

20分以上入浴するのがポイント。ただし体調をみて入浴時間は判断してくださいね。

湯船でできるストレッチのやり方~ふくらはぎ編~

次に入浴中のストレッチのポイントをご紹介します。入浴中にできるストレッチのやり方に絶対的な決まりはありませんが、より効果的なやり方をお伝えしますので、是非とも実践してみてください。

ふくらはぎというのは、身体の中で最も血液が溜まる部位です。そのため、ふくらはぎをマッサージすることによって、半身浴で温まった血液をポンプのように全身に送ることができます。したがって、入浴中にふくらはぎをストレッチすることは非常に効果的です。

ストレッチのやり方は、手で揉むやり方が一般的です。しかし、一番楽なやり方は膝を使う方法です。こちらは、ふくらはぎを反対側の膝に擦り付ける要領でおこなうストレッチです。ふくらはぎの自重で結構な圧をかけることができるため、楽に効果を得ることができます。

湯船でできるストレッチのやり方~くるぶし編~

くるぶしをストレッチするやりです。足の指と手の指を交差させて掴み、そのままグルグルと回すだけです。このやり方を行うと、足首のアキレス腱が伸び、とても気持ちがいいです。下半身の血行もよくなるため、おすすめです。また、足の指を大きく広げることの開放感が気持ちよくてやみつきになります!非常におすすめです。

上記の方法以外にもたくさんストレッチの方法はあります。半身浴は長い時間座った状態になるため、とにかく下半身の血行を良くするストレッチを行うことがポイントです。気持ちいいと感じることができるストレッチのやり方を探求してみてください。

効果的な半身浴のやり方:入浴後

失った水分の補給

次から入浴後の半身浴のポイントをご説明します。入浴後は、汗をかき代謝もよくなっているため、水分を失った状態です。そのため、入浴前以上に水分補給が重要になってきます。そのポイントは、常温の水をコップ一杯飲むようにしましょう。冷たい水を飲んでしまうと、せっかく温まった体を冷やすことになります。

さらに、むくみの原因にもなりますので、常温の水をコップ一杯の水を飲んで身体に水分を補給しましょう。水分を摂取するだけでも、代謝が良くなりますので、健康効果があります。

乾いた肌を潤す

保湿

最後は、スキンケアのポイントをご紹介します。半身浴をすると、思いのほかお肌が乾燥していることに気が付きます。そうならないためにも、入浴後は、化粧水で肌を潤して、乳液やクリームでその水分に蓋をすることが重要です。身体は温まっても、肌が乾燥したら意味がないので、保湿クリームは必ずしましょうね。

半身浴のやり方で注意すべきこと

お酒を飲んだ日は禁止

お酒を飲んだ日の半身浴は絶対にやめましょう。特にこの寒い時期は、ヒートショックという現象が身体に起きやすくなるため、危険な行為になります。ヒートショックとは、お酒を飲んだ後にお風呂に入ると血圧が急激に変化することで起きる現象です。このことが原因で、心筋梗塞や動機、めまいが起きるとされています。

したがって、酔っぱらっている時はお風呂はやめて、シャワーだけで済ませて早く寝ましょう。またお酒を抜くためには、飲んだお酒と同じ量のお水を飲んでから寝ると、二日酔いになりづらいそうです。

食後1時間は空ける

半身浴の効果を最大限に発揮するためには、夕飯を食べた直後の半身浴は控えるということです。その理由は、食後は消化のために胃に血液が集まっているからです。消化のために集まっている血液を半身浴で無理やり循環させようとすると、消化不良を起こしてしまう危険性があります。

そうなると、身体に負担がかかるため良くありません。そのため、夕飯を食べた直後の半身浴は禁止です。1時間の食休みを設けてから、ゆっくりと半身浴する習慣を身につけましょう。

半身浴を習慣化し代謝の良い体づくりを

毎日の習慣に取り入れやすい半身浴という方法を身に着けることで、身体の血行が良くなり代謝が上がります。また、体温が上がることで、免疫力が良くなり風邪をひきにくい身体になります。入浴時間やストレッチのポイントを知ることで、さらに健康効果を得ることが出来るので、非常におすすめです。

寒い季節を乗り越えるためにも、半身浴という健康的で簡単な方法を取り入れてみましょう。そうすれば、みなさんも美肌と健康的で循環のいい身体を手に入れることができるはずです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。