INDEX

「こしょばい」とはどんな意味?

「こしょばい」は西日本の方言

「こしょばい」という言葉は初耳!という人もいるかもしれませんが、西日本では多くの人がくすぐったい時に「こしょばい」と言います。weblioでは「こしょばい」の意味を

Q web

「こそばゆい」が変化した言い方。くすぐったい、むずむずした感じがする、などの意味の表現。

引用元:ウェリオ

と解説していますが、意味からいうと、標準語である「くすぐったい」と同じようですね。くすぐられた時の「くすぐったい」は西日本では「こしょばい」と言い、人に褒められて「くすぐったい」と感じることも、やはり「こしょばい」と言うようです。ちょっとかわいい響きの言葉ですね。

知らなくてもなんとなく意味が通じる「こしょばい」

会話を楽しむ

「こしょばい」は西日本でよく使われる方言なので、それ以外の地域に住んでいる人には珍しい言葉かもしれませんが、なんとなく聞いただけで意味が想像できる言葉ですよね。お笑い番組をよく見る人なら、関西の芸人さんが「そんなトコ触ったらこしょばいやろっ!」なんて言っているのを聞いたことがあると思います。

こんなふうに聞いただけでなんとなく意味がわかる方言なら会話に困ることはないのですが、方言の中にも、まったく意味を想像することができない言葉もあるので、方言は奥深いです。

筆者が一番びっくりしたのは「めばちこ」です。同僚が「めばちこ痛い」って言っているので、なんだろうと思ったら「ものもらい」のことでした。「ものもらい」は地方によって呼び方が全然違うようですが、方言ひとつで出身地がわかって面白いですね。

関東人は「こしょばい」を聞いたことがない?

関東では使われることがない「こしょばい」

スマフォ操作

「こしょばい」を使うのは、大阪、福井、岡山、兵庫、長崎、大分、福岡、愛知、和歌山などの主に西日本地方で、関東では使われることがありません。東北地方ではまた別の言い方があるのでのちほどご紹介しますが、「こしょばい」と言っている人がいたら、西日本出身かな?と思っていいでしょう

Yahoo!知恵袋で、初めて「こしょばい」を知った人からその意味について質問が寄せられていますが、わかりやすい回答がついていたので、一緒にご紹介します。

Q web

こしょばい、とはどういう意味ですか 関東では全く聞いた事がありません どこの方言ですか

引用元:Yahoo!知恵袋

同じ日本人同士なのに、まったく未知の言葉を使う人に出会うと衝撃を受けますよね。一種のカルチャーショックといえます。とくに若い人は遠方に住む人と知り合う機会が限られているので、こんなビックリ体験は多いかもしれません。

Q web

「こしょばい」というのは 標準語「こそばゆい」の関西方言です。 「こそばゆい」(「こそばい」)は「くすぐったい」という意味で、 形容詞の「こそばゆし」からきた語です。 「こそばゆい」→「こそばい」→「こしょばい」 肉体的に「くすぐったい」時はもちろんですですが、 精神的に「照れくさい」という時にも用いられます。

引用元:Yahoo!知恵袋

「こそばい」も「こしょばい」と同じ意味!

調べてわかる

上の回答で簡潔に説明されていますが、「こしょばい」の他に「こそばい」と言う人もたくさんいます。どちらも語源をたどると「こそばゆい」ですが、「こしょばい」が主に西日本で使われている独自の言葉なのに対し、「こそばい」は「こそばゆい」が時代とともに言い方が変化した形で、方言とはいえないようです。

現代では「こそばい」を使うのは三重、愛媛、京都、奈良、福井、愛知、滋賀、兵庫、岡山、熊本、鳥取、徳島などの地方のようですが、「こしょばい」が変化した形の「こそばい」が一部の地域で現代でも残ってそのまま使われていると考えられます。「こそばい」を使っている人は、実は古語を使っていることになるのです。

「くすぐったい」は方言?

「くすぐったい」の正体は「こそばゆい」

さて、「こしょばい」と「こそばい」の正体がわかったところで、ひとつの疑問がわいてくる人もいるかと思います。「じゃあ、いつも使っている【くすぐったい】は何?」という疑問ですね。 実は「くすぐったい」も、元をたどれば、「こそばゆい」という言葉になります。

大和言葉である「こそばゆし」が「こそばゆい」という言い方に変化し、そこからさらに「こそぐったい」となり、「くすぐったい」と変わっていったわけです。聞きなれた「くすぐったい」までくると、ほっとしますね。

現代では「くすぐったい」は標準語で、新聞や辞書でも堂々と使われている言葉ですが、この「くすぐったい」は関東のみで使われていた言葉なので、もとは関東の方言だった、と考えることができます。

医学的にみる「くすぐったい」

くすぐったいのメカニズムは?

たまにわりと平気な人もいますが、大抵の人はわきの下や足の裏などを触られるのが苦手です。よほど強く叩かれたりすれば別ですが、普通に手や足を触るような感覚でわきの下や足の裏を触ると、「くすぐったい」と感じますよね。

実は人間が「くすぐったい」と感じるメカニズムははっきりとは解明されていません。そもそも、人には、「くすぐったい」を感じる感覚器官はないのです。ではなぜ「くすぐったい」のか。それはわきの下や足の裏には大きな血管や自律神経が集まっているので、危険から守ろうとするためではないか、というのが通説です。

たしかに自分でさわっても、わきの下や足の裏はそれほどくすぐったくないですよね。大切な場所だから敏感になっていて「くすぐったい」と感じるようになっているなんて、うまくできているものです。

「こしょばい」を使った例文は?

敏感肌の「こしょばい」



春の花粉の季節にはマスクが活躍します。右を見ても左を見てもマスクをした人をたくさん見かけるのも、この季節の特徴です。また、風邪をひいたときにもマスクは便利ですよね。ちょっと体が温まるので、保温のためにもマスクは役立ちます。

ところがマスクは顔の皮膚にぴったりとくっつけて使うものなので、敏感肌の人にはけっこう難しいアイテムです。不識布やガーゼでできたマスクは、長時間つけなくてもゴワゴワして肌触りがとても気になります。

西日本の人なら「マスクをするとこしょばい」とマスクをすることをためらう人も多いでしょう。「マスクをするとこしょばい」って可愛い響きの方言ですね。

彼との初デートで「こしょばい」

デートで接近

初デートの日はまだお互いに緊張感があって、手をつなぐのもやっと。ボディタッチなんて勇気のいることではないでしょうか?とくに最初のボディタッチは男性の方から頑張りたいものです。また彼のほうでも、頭の中では「触ってもいいかな?どうしよう?」なんてことが頭の中をぐるぐる駆け巡っていると思います。

レストランや喫茶店で隣り合わせに座ったときがチャンス!そっと手を伸ばして彼女の足に軽く触れてみたら、彼女が一言。「こしょばいから足いらわんといて(さわらないで)」 …。ショックですが、めげずに次もがんばりましょう。

褒められすぎて「こしょばい」

褒められてもこしょばい

若い新人でも、たまに仕事で大きな役目を担うことがあります。それは能力を期待されているという意味なので、任された新人も奮起するし、先輩や上司も注目しているものです。 めでたく大役を上手く果たした暁には、多くの賞賛が待っていることでしょう。

「君こそ未来の社長!」「100年に1人の逸材だ!」「今日のプレゼンはわが社の歴史に残る!」なんて褒めちぎられたら、背中がむずむずしませんか?

「部長からそんなこと言われると、 こしょばい感じがしますが」と顔を赤くしながら照れ笑いをするのが精いっぱいでも、周囲には微笑ましく映るものです。こんな経験、してみたいですね!

気を遣ったつもりが「こしょばい」

新人はなにかと気を遣うものです。慣れない新人が一番気疲れしているのかもしれませんが、あんまり堂々と休憩するわけにもいきません。むしろ上司や先輩が疲れているようだったら、肩を揉むぐらいの気遣いが必要です。

「部長!お疲れのようなので、肩をお揉みします!」と疲れた体に鞭を打って申し出てみたのに、「こしょばいの苦手だから肩揉まれるの嫌い」なんて返事が返ってきたら撃沈。でもきっとその気持ちは伝わっていることでしょう!

一度は体験してみたかったのに「こしょばい」

疲れをほぐしたりダイエットに効果があったりと、良い効果が沢山ありそうな足裏マッサージ。手ごろな料金で試せるところが多いので、エイッと勇気を出して店に入ってみたものの、足裏を触られたとたんにどうしても我慢できなくて「そんなに足の裏触ったらこしょばいがな」とつぶやいてしまったことがある人はいませんか?

足裏マッサージですから、足の裏を触らないわけにはいきません。施術する人も慣れてはいるのでしょうが、敏感な人に足裏マッサージはけっこう大変かもしれません。

「こしょばい」「こそばい」以外の方言は?

地方によっていろいろな言い方がある「こしょばい」

地方によって違う言い方

ここまで「こしょばい」と「こそばい」のお話をしてきましたが、実はまだまだ他の言い方があります!広島や大分では「こそばいい」と語尾を伸ばして言います。「こそばい」と似ていますが、語尾を伸ばすことで、よりじれったい感じが伝わってきますね。

また、青森では「もちょこい」という言い方があります。同じ東北でも、秋田では「こちょぐったい」、岩手では「ごちょがしい」など実に表現豊か。いずれもすぐには「くすぐったい」と結びつけるのが難しい言い方ですが、じれったさだけは伝わってきますね。

まだあるこんな「こしょばい」

調べてびっくり

やや南下して群馬や新潟では、「もぐったい」「むぐったい」という言い方をします。聞いただけでは、なんのことかわからないですね。山梨では「ももっちい」と言いますが、「ももっちい」と言われたら、「え、桃?どこ?」なんて言ってしまいそうです。

北陸富山では「こちょわしい」と言いますが、海の男たちが使いそうな言い回しに感じませんか?ぐっと西日本に戻ってみると、京都、大阪、広島、福岡、宮﨑、高知では「こちょばい」と言います。これはわかりやすいですね。

その他、鳥取では「くすばいい」、鹿児島では「こそわい」という方言があります。ここまでくると、もはや外国語!?日本は小さな国ですが、「くすぐったい」ひとつで、こんなにも多くの表現方法があることに驚きです。

まとめ

方言が会話のきっかけ

「くすぐったい」を意味する「こしょばい」と「こそばい」を中心に、さまざまな表現をご紹介してみました。方言はその土地の人にしかわからない言葉も多いものですが、意味を知ってみると、なるほどピッタリな表現方法だ!と思うことがあります。

「こしょばい」も「こそばい」も、いかにもくすぐったそうな言い方ですよね。あなたの周りに、これらの言葉を知っている人はいるでしょうか?お酒の席などで話題にしてみると、いろいろな人話すきっかけを作れて楽しいですよ!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。