INDEX

目の下がたるむ原因は?

加齢によるもの

目の下のたるみだけではなく、加齢による体の崩れは沢山ありますね。今回は目の下のたるみに注目したいと思います。加齢が原因でどんなことが起きるでしょか。まずは、肌のはりや弾力を作るコラーゲンやエラスチン、潤いを保つヒアルロン酸がだんだん減少していきます。この現象により、たるみが生じます。

紫外線によるもの

地球に届く紫外線には、UVAとUVBがあります。UVAは家の中までも届きます。夏に外に出るときはUVケアをしているのに焼けてしますなんてありませんか?その原因は家の中まで届く紫外線UVAの仕業だったんです。この紫外線は、肌の奥まで届くため、肌にダメージを与えてしまいます。

乾燥によるもの

春先から紫外線が多くなりますが、この紫外線は、お肌を乾燥させます。皆さんも日焼けをしたらお肌が乾燥していませんか?また、ターンオーバーの乱れでも乾燥を招きます。ターンオーバーの乱れで、肌は3層に分かれているのですが、この一番上の角層が乾燥し目の下などのたるみの原因になります。

表情を動かさないことによるもの

最近では、子供から大人までパソコンやゲームを使うことが多くなってきています。そうすると、顔の表情を殆ど動かさないことが多くなりますよね。そうすると、血液やリンパの流れが滞り、目の周りの筋肉が固くなって目の下のたるみに繋がってしまいます。顔の体操などをして目の下のたるみの対策をしましょう。

3層に分かれている肌ってどうなっているの?

表皮

肌を細かく見ていくと、私たちが手に触れているところが表皮といいます。この表皮は、訳0.2㎜という薄さです。(オブラートの厚さ)この薄さにまた、4層分かれています。外側から、角層、顆粒(かりゅう)層、有棘(ゆうきょく)層、基底層です。ここでターンオーバー(肌の生まれ変わり)が行われています。

真皮

真皮は表皮の下にあり、約2㎜の厚さです。ここが目のたるみなどの原因を引き起こすハリや弾力といったコラーゲンやヒアルロン酸が生まれるところになります。ハリや弾力を保つのに重要な役割をしているのですね。また毛細血管が通っているので、栄養や酸素を運んだりもしているのですね。

皮下組織

皮下組織はお肌の一番下にあります。この皮下組織は、体温を保ちながらクッションのような役割もしていて、からだを保護しています。また動脈や静脈がありますので、栄養を運んだり老怪物を回収したりなどもしているんですね。真皮をたるませないように支えている部分です。

たるみと関係する顔の組織とおすすめの対策方法は?

目の下のたるみと線維芽細胞

お肌は、大きく3つの構造に分けられ、一番上から、表皮、真皮、皮下組織といいます。線維芽細胞はこの、真皮に存在する細胞で、お肌の弾力や、潤いに欠かせない、後程出てくる、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作る、いわばお母さん的な細胞ですね。たるみを解消したいのであればこちらの細胞を増やす事です。

コラーゲンで目の下のたるみを解消する方法

コラーゲンそのものを増やす事も大切です。コラーゲンは、体内に入るとアミノ酸に分解されますが、コラーゲンを作るのに必要となるのが、こちらのアミノ酸です。すぐコラーゲンとして体内に運ばれるわけではありませんが、コラーゲンを作る基となります。分子を小さくしたコラーゲンペプチドが吸収もよいのでおすすめ。

目の下のたるみにエラスチンを増やす方法

エラスチンとは、コラーゲン同様肌の弾力を保つもので、ゴムのようなタンパク質です。顔の真皮には毛細血管があるのですが、この毛細血管が元気ではないと肌の弾力も悪くなり、目の下のたるみにもつながります。そちらを解消するには、顔のエステでマッサージをし、毛細血管が表皮のそばまでいきわたらせましょう。

目の下のたるみにいいヒアルロン酸を増やす方法



ヒアルロン酸は皆さんご存知の通り、潤いを保つものですね。こちらは、ゲル状です。ヒアルロン酸は、有害物質を侵入させない役割があります。しかし、加齢で減少してしまいます。ヒアルロン酸を増やすには、やはりお母さん細胞、線維芽細胞を増やす事が一番の近道です。真皮に働きかける化粧品を使うのもおすすめです。

目の下のたるみを改善するおすすめ方法は?

おすすめリンパマッサージで目の下のたるみ改善する方法

リンパマッサージをすることで目の下のたるみや小顔効果にもつながります。おすすめの方法の動画を見つけましたので、目の下のたるみ改善や対策にやってみてください。

基礎化粧品を正しく使って目の下のたるみを改善する方法

目の下のたるみは乾燥が原因でもできますので、正しい基礎化粧品の使い方を説明します。洗顔は、泡立てネットで、レモン1個分泡立てTゾーンから優しくこすらず洗います。化粧水は、ハンドプレスで5秒ほど押さえます。その後、乳液、クリームまでつけましょう。クリームがお肌の膜になりますのでおすすめです。

おすすめエステで目の下のたるみを改善する方法

エステに行くことにより、目の下のたるみはもちろん、お顔全体がリフトアップします。目の下のたるみやお顔全体のたるみ改善や対策に、またご自身へのプレゼントにエステに行ってみるのもいいですよ。目の下のたるみがなくなれば、若々しく見えますのでおすすめです。

目の下のたるみにおすすめの対策方法は?

肌の張りや潤いを生み出す線維芽細胞を増やして対策する方法

線維芽細胞?こちらは、コラーゲンやヒアルロン酸などを作る細胞の事を言います。増やすためには女性ホルモンを増やすといいでしょう。大豆イソフラボンは、この性ホルモンに似た働きがあるのでおすすめです。また、コラーゲンペプチドはコラーゲンを作る基になりますのでこちらを飲む方法もおすすめです。

アイクリームを使って対策する方法

中から外から、目の下のたるみ改善対策をしたい方におすすめはアイクリームですね。外からもケアをすることで、より高い効果が望めます。使い続けることで、効果が期待できます。人により実感できるスピードが違いますので、根気よく、マッサージも取り入れつ続けましょう。

化粧品を正しく使って対策する方法

基礎化粧品で目の下のたるみに良い改善対策方法はご説明しましたね。次のおすすめの方法は、メイク品です。家にいるときも、紫外線は入ってくるので家の中でも日焼け止めクリームは欠かせません。外出時は必ずファンデーションもつけましょう。重ねることにより、紫外線をカットできる量が変わります。

目の下のたるみがない肌にるには?

おすすめ肌を乾燥から守る方法

目の下のたるみですが、乾燥してしまうとたるみの原因になってしまう事が、解っていただけましたでしょうか?乾燥を防ぐには、正しいお手入れはもちろんの事、リンパマッサージなどをして、毛細血管の働きを良くしてあげる事で、肌本来の良くなろうという力が働きます。

おすすめ正しいお手入れ方法

正しいお手入れは先ほども読んでいただいたとは思いますが、とても大切な事です。優しく包みこむ洗顔。泡を転がすだけでいいのです。過度にこすったりしては、たるみやしわの原因になってしまいます。そしてもういいかなと思ってから、15回はプラスしてすすぎましょう。そうするだけでお肌がきれいになってきますよ。

目の下のたるみケアには日ごろのお手入れが一番大切

どうでしたか。目の下のたるみは乾燥や紫外線などが大きく関わっていましたね。正しいケアをして、目の下のたるみを改善してください。自分の力だけではどうしようもないこともあるので、プロの手を借りるのも良いことですね。また気分転換にもなります。『継続は力なり』ですので、ぜひ続けてお手入れをしてくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。