INDEX

リードディフューザーって何?

自分で作れるルームフレグランスリードディフューザー

”香り”によってストレスを軽減させたり、リラックス効果を得たりするアロマセラピー。このアロマセラピーの効果を自宅で疑似体験できるのが近年売り上げを伸ばしているルームフレグランスです。

自宅でアロマを楽しむ、というもので代表的なものにアロマキャンドルがありますが、こちらは火を灯して使うため、ちょっとだけ取り扱いに注意が必要なんですよね。

けれどもリードディフューザーならば設置しておくだけでお手軽にアロマを楽しむことができるんです。とはいえ、通販サイトなんかで探してみるとオシャレなものはちょっと高め。でも作り方さえ知っていれば、実は簡単に自作リードディフューザーを手作りすることができちゃうんですよ。

設置するだけで簡単ルームフレグランス!

リードディフューザーは、無水エタノールにアロマオイルを混ぜて、その液体が揮発することで香りが立ち込める仕組みのフレグランス。だから、設置するだけでとっても簡単に香りを楽しめるんです。

そのアロマオイル混合液をリードスティックという木の棒が吸い上げて、効率よく揮発、香りを拡散してくれます。なので小さなガラスボトルを1つ部屋においておくだけで、部屋中をアロマが包み込んでくれるんです。

香りには色々な効果があるとされていて、落ち着きたいときや集中したいとき、ストレスを和らげたいときなどいろんな場面でルームフレグランスは活躍してくれます。

火や電気を使わないからとってもエコ

エコイメージの笑顔の女性

ただ部屋に設置するだけ、という簡単な仕組みなので火や電気を使うこともありません。なのでとってもエコで危険も少ないのは嬉しいポイントですよね。

ただ基本的にアロマオイル混合液は無水エタノールが主成分になりますので、くれぐれも室内では火気厳禁。そのため火を使う台所などは避けた方が無難です。

自作リードディフューザーを手作りするのに必要なものは?

アロマオイルと無水エタノール

リードディフューザーの香りを放つ正体は、アロマオイルとオイルを揮発させる無水エタノールです。それぞれの分量を量ってアロマオイル混合液を作っていきます。このときアロマオイルと無水エタノールの割合を見てみましょう。

この混合液の作り方ですが、アロマオイルと無水エタノールは1:10の割合になります。例えばアロマオイル1mlに対して無水エタノールは10mlとなります。これを基準にしてガラスボトルの大きさに応じてアロマオイル混合液を作りましょう。

ちなみに1mlの目安なのですがアロマオイルはおよそ1滴0.05mlになります。20滴で大体1ml、と考えていただければ大丈夫です。

\ POINT /

アロマオイルの分量

アロマオイルは1滴0.05ml。20滴で約1mlと覚えておこう!

アロマオイルを吸って香りを拡散してくれるリード

Amazonで詳細を見る

アロマオイルを瓶に入れれば、そのままでも香りは拡散しますがどうしても強い香りにはなりません。そのためアロマオイルを吸い上げて拡散させるためのリードと呼ばれる棒が必要になります。リードスティックで香りを拡散(ディフューザー)させるから”リードディフューザー”と呼ばれているんですね。

このリードスティックが少なければ香りは控えめに、たくさん入れると強く香るようになりますので芳香を調整したい場合は本数を増減させればいいんです。

素材は見た目を気にしなければ割り箸のようなものでも十分代用できますが、価格と見た目を両立させたい場合は竹串の先端を切り落としたものを使うといいでしょう。市販のリードスティックを使う場合はもう少し割高になります。

\ POINT /

リードスティックの本数

リードスティックは控えめにしたい場合はまず3本を目安に!少しずつ増やしていこう。

オイルとリードを差し込むガラスボトル

Amazonで詳細を見る

自作リードディフューザーの見た目を決めるガラスボトル。正直食品なんかの空き瓶だって構いません。けれども見た目にもこだわりたい!という方も多いんじゃないでしょうか。

100均でも手に入りますし、オシャレなガラス製の一輪挿しなどをチョイスしてもいいですね。またリードディフューザーをすでに持っている、という方はそのガラスボトルを再利用しても大丈夫です。

\ POINT /

自作リードディフューザーを作るときに用意するもの一覧

材料一覧:無水エタノール、アロマオイル、ガラスボトル、リードスティック

手作りリードディフューザーの作り方

STEP:1無水エタノールとアロマオイルをビーカーなどで攪拌

ガラスボトルによって容量は変わってきますが、アロマオイルは3ml入りのものが市販されているのでそれを使い切る量で作っていきましょう。

攪拌するビーカーなどに無水エタノールを30ml、アロマオイルを3ml入れて攪拌します。攪拌するモノは割り箸で十分。ここで注意したいのがプラスチック容器だと材質によってはエタノールで溶けてしまいます。なので綺麗に洗浄したガラス瓶が一番無難です。

\ POINT /

無水エタノールと消毒用アルコールの違いって?

無水エタノールと救急箱に入っている消毒用のアルコール。これらは主成分がアルコールなのですが、少し違うものなんです。無水エタノールは水分をほぼ含んでいない純粋なアルコールのことで殺菌作用はありません。対して消毒用アルコールは無水エタノールの濃度を精製水で80%に薄めたもので、殺菌作用があります。

STEP:2ガラスボトルに混合液を入れる



ガラスボトルが口の広いものならば直接注いでも問題ありませんが、口が狭いものの場合は漏斗などを使いましょう。漏斗の材質はプラスチック製が一番手に入りやすいとは思いますが、エタノールで溶けてしまうこともあるので注意。

STEP:3リードスティックを差し込む

ガラスボトルに混合液を入れたらあとはリードスティックを入れるだけです。市販のリードスティックはラタンや柳といった材質が使われることが多いようです。

しなやかな素材で導管がたくさん入っているのが特徴で、スティック上部から蒸発していくことによるポンプ作用で香りを拡げてくれています。

ただ市販のリードスティックを購入するとやはりお値段が少しかかってしまうのが頭の痛いところで、そんな場合安く代用ができるのが竹串というわけですね。

STEP:4ガラスボトルに装飾をして完成♪

この最後の工程は好みに応じてデザインしちゃいましょう。ガラスボトルが持つ美しさを生かすなら余計な装飾は不要でしょう。でも逆に、思いっきりデコってみるのも楽しいかも。なんとなくガラスボトル単品では味気ない、ということで大きめのリボンを付けて自作する方が多く見られます。

手作りリードディフューザーにおすすめの香りは?

ゼラニウム

Amazonで詳細を見る

甘いフローラルノートが特徴。甘い香りは強く芳香するものもありますが、このゼラニウムは柔らかで優しい芳香が人気のアロマです。

ゼラニウムの香りは、イライラを抑えたり、ストレスを軽減したり、とリラックス効果が期待できるため、自宅でゆっくりくつろぐ時間のお供に最適といえますね。

ブレンドする場合、香りの方向性が近いラベンダーや、さわやかでみずみずしい柑橘系のグレープフルーツ、ベルガモットなどが好相性です。

ベルガモット

Amazonで詳細を見る

ベルガモットはミカン科の植物で、フレッシュでさわやかな柑橘系の香りが特徴。フレッシュノートを代表する多くの香水に使われており、アロマではなじみ深い香りなんです。鎮静効果がある、とされるベルガモットのアロマは、気持ちが立っているときや不安で押し潰されそうなときに気分をリフレッシュさせてくれます。

ブレンドする場合はどんな香りともマッチングしてくれる優等生なのがベルガモットの強み。甘い上品な香りのラベンダーやイランイラン、同系列の芳香を持つグレープフルーツ、レモン、ウッディなパインやサイプレスなどでも大丈夫。

アロマのブレンドにチャレンジしてみたい方はベルガモットを軸にブレンドを研究してみると失敗が少なく、さらに万人受けする香りが出来上がるでしょう。

グレープフルーツ

Amazonで詳細を見る

果物として一般に浸透しているグレープフルーツ。これは香りのイメージも付きやすいアロマですね。やや強めの酸味の中に、かすかに苦味の残る香りはグレープフルーツ独特のもの。

グレープフルーツの香りには、やる気と活力をぐっと高めてくれる作用があるとされており、リフレッシュしてやる気を高めたいときや、疲れていて元気が出ない、なんてときにはこのアロマがうってつけです。

ブレンドにはグレープフルーツ独特の香りを引き立ててくれるラベンダーや、引き締まった甘みのある香りが特徴的なシダーウッドが好相性。

ラベンダー

Amazonで詳細を見る

柔らかな甘みのある、気品あふれる香りが特徴的なラベンダー。アロマの代表とも言えるほど有名で、古くから世界中で愛されている香りですよね。

ラベンダーの香りには、気分を鎮めてくれたり、イライラを抑えてくれたりする効果が期待できます。なかなか寝付けない、なんて方にも効果的。気持ちを落ち着かせて、穏やかな気分にさせてくれます。

ブレンドには多くのアロマとの相性ばっちりなラベンダー、ややフレッシュな甘みの香りを持つカモミールや、柑橘系のレモン、フローラルで甘みの強めなジャスミンなどと特に相性がいいとされています。

ペパーミント

Amazonで詳細を見る

突き抜けるような清涼感が大きな特徴のペパーミント。お酒やガム、歯磨き粉などに広く使われており、親しみやすい香りと言えるでしょう。

ペパーミントはスーッとする清涼効果だけでなく、気持ちを鎮める鎮静効果や頭をスッキリさせてくれる効果が期待できます。シャキッっとしたいときには最適なアロマです。

ブレンドには酸味が効いたレモンや、同じく清涼感を得られるローズマリーとの相性がいいですね。またペパーミントの持つ殺菌効果をさらに高めるには、ユーカリなどの殺菌効果のあるアロマとの組み合わせてみるのもアリです。

手作りリードディフューザーでアロマを楽しもう

リードディフューザーの作り方はいかがでしたか?リードディフューザーはとっても簡単でエコ、そしてオイルをブレンドをしたり装飾を楽しんだりと無限の楽しみ方が広がるアロマです。リードディフューザーを自作して、手作りのルームフレグランスを楽しんでみませんか?

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。