INDEX

「世間知らず」と言われる人の特徴

身近な友達や同僚を思い浮かべたとき、一人はいると思います。物を知らない、常識がない、周りへの配慮がない、などが原因で、周りからちょっと距離を置かれがちな人…。

まずは、どんな人が「世間知らず」の烙印を押されやすいのか、そしてそんな人に対してすぐに取れる対処法について見ていきます。

常識がない

眠たげな人たち

挨拶が出来ない、敬語が使えない、漢字が読めない、など、一般的に「常識」とされている事が出来ない人のことを指します。学校や会社、親戚の集まりなどで挨拶が出来ない、お礼やお詫びが言えない、となれば、確かに周りは困ってしまいますよね。

それなのに本人は全く気にしていなかったとしたら…。これでは疎まれても仕方がありません。そんな人には、「わたしのマネをしてね」と一言伝えてみてはいかがでしょうか?大切な取引先や付き合いの難しい親戚、友人などを怒らせずに済むかもしれません。

知らない事が多い

考える人

これも「世間知らず」と言われる大きな要因のひとつですよね。思わず「こんな事も知らないなんて…!」と動揺してしまう事もあるでしょう。でも、もしかしたら「世間知らず」さんは、知識を得るための方法が分からなかっただけなのかもしれません。

ですから試しに、「本当にこれでいいのかな?」「これはどうやって調べたら良いと思う?」「ほかの人は知ってることなの?」といった質問を「世間知らず」さんに投げかけてみてください。調べるプロセスさえわかれば、「世間知らず」さんでもすぐに正しい知識を身に付ける事が出来るはず。

自分の事しか考えてない

女性

正確に言うと、「相手も自分と同じだと思い込んでいるから、相手に対して気を遣わない」ということ。「私はこう思っているから、あなたも同じように考えているでしょ、じゃあいいじゃん」と、自分が全ての判断基準となっているのです。

相手からそんな雰囲気を感じたら、「わたしは○○だと思っている」「わたしはこうしたい」とはっきり伝えてください。彼女たちも悪気があるわけではないので、あっけないほど「あ、そうなの!?じゃあそうしよう」と理解してくれますよ。

そもそも「世間知らず」とは

女性

辞書によると、「世間知らず」とは”経験が浅く、世間の事情をよく知らないこと”とあります。しかし一般的には、「自分と感覚が違う人」という意味で使われることの方が多いのではないでしょうか。

グループ内での常識を守らない「世間知らず」な人は、周りの皆から嫌われやすくなります。しかし、「世間知らず」なのはそのグループ内限定の話であって、グループ外では「常識のある人」と言われている可能性もあるのです。

また一方で、どこへ行っても嫌われてしまう「世間知らず」さんがいるのも事実です。もしかしたら、その人たちはただの世間知らずではなく、「非常識」・「おバカ」な人なのかもしれません。

悪質な非常識との境界線

喧嘩をする女性

「その非常識に悪意があるか」が大きな境目となります。人付き合いは、ある意味結果重視。悪意の有無はかなり大きな判断基準になるはずです。

例えば、おいしいラーメン屋さんの行列に割り込む人がいたとします。この時、悪い事だとわかっているのに割り込んでしまったのか(悪質な非常識)、日本の常識を知らない外国の方が「前の方に行けば早く食べられる」と考えた結果、誤って割り込んでしまったのか(悪意のない非常識)は、しっかり区別しなければなりません。

もちろん、どちらも結果としてはいけない事です。しかし、知らない事は仕方のないことでもあります。わたしたちも見知らぬ土地へ行けば、「(この地域の)習わしを知らないなんて世間知らずだ」と言われてしまうかもしれません。

おバカとの境界線

海辺の男女

相手に対して「こんな事も知らないなんて」と思う事もあるでしょう。例えば、”結婚式に参列するのに白い洋服で来ている”、”お葬式で友達と会って盛り上がり、声を上げて笑っている”など…。これらはほんの一例ですが、「世間知らず」と言われても仕方のない行動です。

もっとも、知らなければ仕方のないことなのかもしれません。しかし一番問題なのは、「知っていたのにやっていた」というケース。これではただの「おバカ」としか言いようがありません。知っていてやったのか、知らなくてやったのかは重要な境界線です。

ワガママとの境界線

喧嘩をする男女

一般的に、「相手の気持ちを汲まない人」「自分の気持ちだけで行動する人」のことを「ワガママ」と言います。しかし、そもそも私たちは本当に相手の気持ちがわかっているのでしょうか。「きっと相手はこういう気持ちだろうな」と想像しているだけではありませんか。

全ては想像に過ぎないのです。相手が本当にそう思っている保証はどこにもありません。ですから、あなたが「こうすれば相手は喜ぶだろう」と思ってしたことが、相手の意にそぐわず、「勝手なことをするな!ワガママだな」と言われてしまう可能性もあるのです。

しかし、本当にワガママな人は、相手の気持ちを積極的に汲もうとはしません。つまり、相手のことを分かろうとして取った行動なのか、そうではないのかが、ワガママとの境界線となります。

「世間知らず」の良いところ

ブーケ

「世間知らず」と疎まれる人にも良いところはあります! 「人と違う」という事は、「普通の人には無い良いところ」があると考えても良いのではないでしょうか? せっかく出会った人ですから「世間知らず」の一言で片づけずに、良いところも見つけてあげましょう。

伸びしろがある!

男女

「こんな事を聞いたらバカだと思われる」と思い、自力で解決しようとした結果、失敗して大変な事になってしまった…、という経験のある人は多いと思います。実はこれが、自分のことを「常識がある」と思っている人の欠点なのです。

一方、「世間知らず」さんは、知らないことをはっきりと「知らない」と言うことが出来ます。また、教えてもらったことを素直に受け入れることが出来るので、色々な人からどんどん知識を吸収していきます。

知らなかった事を知るのはとても楽しい事。「自分は常識人だ」と思っている人が立ち止まっているうちに、「世間知らず」さんは着々と実力を伸ばしているかもしれません!

頑張り屋さん!

女性

「世間知らずな人と仕事をするのは大変!」という人が多いです。それはそうですよね。取引先に失礼な事をするかもしれないし、普通なら言わなくてもある程度わかる事を、都度言ってあげなければいけないという手間もあります。

でも、知らなかった事を教えてもらった時、「世間知らず」さんはすさまじい能力を発揮します!教えられた事を教えられた通りに、一生懸命にやってくれるんです。



良きパートナーになってくれるかも

「世間知らず」と言われているからと言って、イコール「仕事が出来ない」ではありません。やりたくても「何が正解なのかわからない」という人も多いんですよ。

自分に置き換えて考えてみてください。「これでいいのかな?」と不安に思いながらやる仕事と、「これでいいんだ!」と自信を持ってやる仕事では、出来上がりが違いますよね。

ちゃんと教えた通りに出来た場合は「出来てる!」と、出来ていないのであれば「ここが出来ていない」と正確に伝えましょう。上手く教える事が出来れば、「世間知らず」さんはとても良いパートナーになるはずですよ。

「世間知らず」を克服するには?

悩む女性

個人的には、「世間知らず」は決して悪い事ではないと思います。でも当人からすれば、「出来れば改善したい」とものですよね。大丈夫です。ちょっとの心がけで、「世間知らず」から「世間知らずだった人」へ変身出来ますよ!

自分が「世間知らず」である事をしっかりと認識する

海辺の女性

まずはここからです。人に「世間知らず」と言われた事がある人はもちろん、何かにつけ「みんなが知っていることを自分は知らなかったな」と思うのであれば、「自分は世間知らずだ」と認識しましょう。

何事においても同じですが、何かを克服したいのであれば、まずは事実を認識をしなければ始まりません。例えば、「ピーマンが食べられないから食べられるように克服しよう!」と考えるためには、まず「ピーマンが嫌いだ」と認識しなければいけませんよね。それと同じ事です。

知らない事を人に尋ねる前に自分で調べてみる

調べる女性

自分が知らない事は人に尋ねましょう。知らない事を知るために尋ねるというのは、至って真っ当な事です。とはいえ、尋ねるからには相手にも気持ち良く答えてもらいたいですよね。

そんな時は人に尋ねる前に、自分で簡単に下調べをしてみるのがおすすめです。そうすれば、「ネットで調べてみたら色々な方法が出てきたのですが、どれがベストなんでしょうか?」など、相手が答えやすい形で質問を投げかけることが出来ます。

また、「出来ることなら自分でやりたいけれども、よく分からない」「人任せにしたいわけではない」という思いも相手に伝わるはずです。

周りの人に感謝をしよう

花を渡す女性

自分が知らない事を教えてもらったら、必ずお礼を伝えましょう。当たり前の事ですが、同じ「世間知らず」でも、お礼やお詫びが言えるか言えないかで評価は大きく分かれます。

難しい言葉を使う必要はありません。「教えてくれて本当にありがとう!」としっかり伝えてください。また時には、「世間知らず」が原因で謝らなければならない時もあると思います。その場合も同じです。「勉強不足で申し訳ありませんでした」としっかり頭を下げてください。

自分に何かを教えてくれた人、意見をしてくれた人には感謝をしましょう。人に何かを教える事や意見をする事は、簡単な事ではないんですよ。

身近にいる「世間知らず」への接し方

会話する女性

自分の中で「常識」だと思っていた事を、相手が知らなかった…。そんな時は、「こんな事も知らないの!?」と罵ったりせず、あなたが知っている事を教えてあげてください。

言い方を選ぶ

会話する男女

「そうなんだ、初めて知った!」という経験は、いくつになっても起こり得ること。それが今、たまたまあなたの目の前で起こっているというだけの話です。

女の子らしい相手には女の子らしい口調で、サバサバした相手にはこちらもサバサバと、相手の口調と似た言い方で事実を伝えれば、イヤな感情を持たれる事はほとんどありません

それが難しければ、「私も最近まであやふやにしか知らなかった事なんだけど」「一般的には○○らしいよ」など、ちょっとぼかしながら伝えてみましょう。

バカにしない

手のひら

人には色々な事情がありますし、育った環境も違います。だからこそ人によって常識の基準が異なり、「世間知らず」が生まれるのです。

「こんな事も知らないの?」と思う事があっても、次はいつ立場が逆転するかわかりません。あなたが当たり前だという事を相手が知らないからと言って、頭の中全てがそうとは限らないのです。

「自分だって知らない事がきっとある」、そう思えばバカになんて出来ないと思います。すべてを知っている人なんていないのです。

見守る気持ちを持つ

男性

「世間知らず」さんは見守る事も必要です。もしあなたが「世間知らず」さんに何かを教えてあげたのなら、その後は見守ってあげてください。

誰だって、出来ることなら優しい人に質問したいと思うもの。だからと言って、何でもかんでもあなたに頼ってくるようでは、「世間知らず」さんは「世間知らず」のまま成長してくれません。

きちんと本人が努力をしているか、楽をしようとしていないか、前回の失敗を生かす事が出来ているかなど、ちゃんと見守ってあげましょう。そして、手が止まってしまったり、誤った方向へ進んでしまっている時は、そっと指摘をしてあげてください。

世間知らずは世間を救う?!

風船と女性

わたしたちは無意識のうちに、「常識」の枠にとらわれながら生きています。もちろん、「常識」はとても大切なものですが、時にはそれが邪魔をして、想像や思考が停止してしまうことも…。

「世間知らず」と言うと、一般的にはあまり良い意味の言葉ではないかもしれません。しかし、「世間知らず」さんには純粋な人が多く、余計な知識に惑わされないがゆえに、誰も思いつかなかったような解決策を提案してくれることもあるんです。

あなたの周りの「世間知らず」さんも、実は面白い発想力の持ち主かも!こちらの接し方を少し変えてみるだけで、ステキな仲間がまた一人、増えるかもしれませんよ。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。