Large thumb shutterstock 289196939

有孔ボード(パンチングボード)のDIY34選!フックで棚や壁に簡単取り付け!

更新:2019.06.21

「おしゃれな収納ができない…。」とお悩みの方。有孔ボードやパンチングボードを使って、インテリア収納に挑戦しませんか?フックで簡単に収納アイテムを取り付けられるので、誰でも楽しくDIY収納できますよ。今回は有孔ボードやパンチングボードを使った収納アイデアをご紹介します。これであなたもインテリア上級者♪

有孔ボード(パンチングボード)って?

小さな穴が魅力的なインテリア材

等間隔で小さい穴が開いている板のボードのことでパンチングボードやペグボードとも呼ばれています。昔から建材として使われていましたが、最近は小さな穴がとても便利に使えるとインテリアに活用する人が増えてきました。種類も豊富で100均でも販売されています。そのため手軽にDIYをしたいという人におすすめです。

手軽に使えるDIY材

有孔ボードの魅力はやはり手軽に使えるということです。壁に傷をつけたくない、賃貸住宅なので画びょうなどを壁に打つことができないという人にとっておすすめのDIY材です。厚さも4~12㎜程度と手軽です。大きいサイズの場合はホームセンターなどでカットしてもらうこともできるので、DIY初心者さんも安心です。

有孔ボード(パンチングボード)の取り付け方

ビスを使用する

壁にビスを直接打ち付けて、そこに有孔ボード(パンチングボード)をひっかけるようにして取り付けるのが一番手っ取り早いです。ただし、壁に傷や穴をつけたくないという人や賃貸住宅で壁に直接ビスをつけることができないという人にとっては不向きです。

家具の間に挟んで立てかける

壁に直接穴をあけたくない、傷をつけたくないという場合、家具の間に有孔ボード(パンチングボード)を挟み込んで固定する方法が向いています。机や大き目の棚などの間に挟んでおけば安定感もあります。ただし、しっかりと固定されているわけではないので、あまり重量のあるものを取り付けるのは向きません。

留め具を利用する

壁が石膏でできていてフックなどを取り付けることができなという時には有孔ボード(パンチングボード)専用の留め具を利用するときれいにしっかりと取り付けることができます。留め具を取り付ける時に細いビスを使うので、画びょう程度の穴が開きますが、目立つほどではありません。

柱を利用する

柱がある場合はそのまま取り付ければあっという間に完成ですが、柱がない場合は柱を作ってしまいましょう。作り方は簡単です。ツーバイフォー材に「ディアウォール」もしくは「2x4アジャスター」を取り付けてつっぱり棒のような状態にします。そしてお好みの場所にしっかりと固定したら有孔ボードを取り付けます。

豊富な種類のフックを活用しましょう

U字フック(Jフック)

一番使い道のあるフックです。簡単に取り付けられ、小物やカバンなど様々なものをかけることができます。1本100円弱で購入できるので、コスパもよくとても便利なフックです。Jフックと呼ばれることもありますが、U字フックもJフックも形はほぼ同じです。

T型フック

棒状になっているフックなので、お店のようにいくつかまとめてかけたり、バッグのように持ち手が太いものでもかけることができます。1本300~400円程度です。

本用フック

本を飾ったり見開きの状態で立てかけたりするのに便利なフックです。幅や奥行きなど様々なサイズが展開されているので、お好みのものを探してみるといいですね。

棚用フック

棚用フックは2本使って棚を支えるのが基本的な使い方です。棚板の長さに合わせて本数を増やすと安定感が増します。有孔ボード(パンチングボード)はかけるためのフックだけではなく棚をうまく使うことで、収納方法の幅が広がります。

有孔ボード(パンチングボード)のDIY実例8選【キッチン編】

有孔ボード(パンチングボード)のDIY実例①:実用的なインテリアに

フックを利用した壁面DIYに必要なのは、ただかけるだけではなく見せる収納を意識することです。普段使いのキッチン用品も有孔ボード(パンチングボード)にかけることを意識して、かわいいものやカラフルなものなど見栄えのするものを選んでみましょう。タオルもクリップ状のフックを使えば清潔ですね。

有孔ボード(パンチングボード)のDIY実例②:カゴを取り付けて

有孔ボード(パンチングボード)にかけられるよう、フック状になっているカゴを使えばフックを使えないものでも収納することができます。キッチンには調理器具や食材、調味料などこまごまとしたものが多くありますから、さっとしまえるようカゴを利用するといいですね。

有孔ボード(パンチングボード)のDIY実例③:カップ置き場に

棚板を支えることができる長めのフックを使えば、マグカップを収納することができます。お気に入りのマグカップを飾るように置けば、インテリアにもなります。見せる収納にチャレンジしたいという人におすすめです。

POINT

間隔をあけて置きましょう

マグカップを目一杯置いてしまうと見た目がよくありません。間隔をあけてゆとりを持たせるとおしゃれ度がアップします。

有孔ボード(パンチングボード)のDIY実例④:調味料ポット置き場に

調理台に調味料が置いてあると何かと不便です。取りやすい反面調理台が狭くなってしまい、ゴチャ付き度が否めません。おしゃれに使いやすい調理台にしたいと思うのはみなさん同じですが、なかなかうまくいかないという人も多いです。そこでおすすめしたいのが有孔ボード(パンチングボード)に棚を付けた収納です。

長めのバーフックを使って棚を支えれば、奥行きのある棚板を置くことができます。棚板が長い場合はバーフックの本数を増やせば強度もアップしますから、調味料ポットを安心しておくことができます。調味料ポットをおそろいのものにすればさらにおしゃれ度がアップします。使いたい時にさっと手が届くのでとても便利です。

有孔ボード(パンチングボード)のDIY実例⑤:居心地のいいキッチンに

大きめの有孔ボード(パンチングボード)をキッチンの壁面に取り付けて、写真やグリーンアイテムなどをU型フックで取り付ければ、キッチンがただ料理をするだけではない居心地の良い空間に生まれ変わります。居心地の良い空間では心にゆとりが生まれるので、自然とお料理もはかどります。

有孔ボード(パンチングボード)のDIY実例⑥:棚板とU字フックを併用

棚板には調味料ポットを置き、U字フックにはまな板などつるして置き、といった具合に1枚の有孔ボード(パンチングボード)をバランスよく使えば、効率よく整頓された見栄えの良い壁面収納を作ることができます。棚は同じ間隔で取り付けるときれいです。

有孔ボード(パンチングボード)のDIY実例⑦:ジャムをおしゃれに

いただき物のかわいいジャムなどがあったら、食べる前にちょっとディスプレイしてみましょう。キッチンはお料理をする場所とだけとらえてしまうと楽しくないですね。でも、かわいらしいディスプレイがあればほっとできる空間に変わります。ジャムならかわいいしキッチンにあっても違和感がなくていいですね。

有孔ボード(パンチングボード)のDIY実例⑧:ナチュラルなかごを使って

有孔ボード(パンチングボード)がシンプルなホワイトのものでも、ナチュラルテイストなカゴをU字フックにかけておけば自然な雰囲気を楽しむことができます。調理用具や小さな調味料、野菜や果物などを入れておけば実用的でおしゃれなディスプレイになりますね。

有孔ボード(パンチングボード)のDIY実例20選【壁・棚編】

有孔ボード(パンチングボード)のDIY実例①:ペイントで演出

お部屋のインテリアにグリーンはよく合います。ほっこりとした自然な雰囲気を醸し出してくれるので人気があります。有孔ボード(パンチングボード)をグリーンにペイントしてからフックを利用した棚やU字フックを使って小物をかければ、さりげなくお部屋を演出してくれます。

他の色にも挑戦してみるのもいいですね。お気に入りの雰囲気を有孔ボード(パンチングボード)で簡単に演出することができますよ。棚に物を飾る時には、落ちた時に割れるようなものは避けるようにすると安全ですね。

有孔ボード(パンチングボード)のDIY実例②:お出かけ用品をひとまとめ

毎日お出かけをするのに必要なもの、腕時計やカギ、バッグなどを有孔ボード(パンチングボード)にまとめておけば忘れ物の心配がありません。かごをフックでかけておけば、U字フックではかけられないものもひとまとめにすることができるので、あわただしい時間にも安心です。

有孔ボード(パンチングボード)のDIY実例③:収納ラックに組み合わせて

収納ラックの棚と棚の間に有孔ボード(パンチングボード)を組み合わせれば、小物をわかりやすく収納することができます。腕時計やカギなど置いてしまうと見にくくなってしまう小物はU字フックを使ってかけておきましょう。普段使いのものも効率よく収納でき、さらにインテリアにもなりますよ。

有孔ボード(パンチングボード)のDIY実例④:色を合わせて統一感を

机の前に有孔ボード(パンチングボード)を設置すると、とても便利です。文房具やメモ、予定表などこまごまとしたものが多くしかもさっと手に取りたいものばかりが多いので、有孔ボード(パンチングボード)を活用して効率の良い収納を考えましょう。

机と有孔ボード(パンチングボード)を同色にすると統一感が生まれるので、こまごまとしたものを机と有孔ボード(パンチングボード)に収納してもばらつき感をおさえることができます。

有孔ボード(パンチングボード)のDIY実例⑤:明かりが孔から漏れて素敵

窓ガラスに合わせて有孔ボード(パンチングボード)を設置すると、孔から外の明かりが漏れてきてとても素敵です。ゆとりを持って収納をすれば、明かりとのバランスが取れておしゃれなインテリアにもなります。グリーンアイテムをあしらってもいいですね。

有孔ボード(パンチングボード)のDIY実例⑥:カラーボックスを使って

カラーボックスの壁面に有孔ボード(パンチングボード)を使えば、収納の幅がぐっと広がります。絵本をみせる収納にすれば実用的でかわいらしいインテリアグッズにもなります。さらにワイヤーかごをフックで取り付ければ、細かいものの収納もできて便利です。

有孔ボード(パンチングボード)のDIY実例⑦:フックを棚として利用して

フックを2つ使ってはさむように小物を置けば、ものをかけるためのフックも棚代わりとなります。重たいものは難しいですが、軽いものであればしっくりとおさまります。小さなスピーカーなどをかけておけばそのまま使うこともでき、とても便利です。

有孔ボード(パンチングボード)のDIY実例⑧:インテリアを優先

スタンド状になっているフックを使って本を開いた状態で立てかけたり、ドライフラワーを飾ったりして有孔ボード(パンチングボード)をキャンバスにしておしゃれな飾りつけをしてみましょう。素敵なインテリアになりますよ。たくさん飾るのではなくゆとりを持たせるようにすると、おしゃれ度がアップします。

有孔ボード(パンチングボード)のDIY実例⑨:家具として利用して

「ディアウォール」もしくは「2x4アジャスター」を使って2本柱を作り、そこに有孔ボード(パンチングボード)を取り付ければ壁面を隠す収納が可能になります。テレビの後ろの気になるコード類もすっきりきれいに隠すことができますよ。

表にはフックを使えば自由自在に物をかけることができます。時計もかけることができるので、壁感覚で有孔ボード(パンチングボード)を活用しましょう。

有孔ボード(パンチングボード)のDIY実例⑩:レターボックス

有孔ボード(パンチングボード)にフックでボックスを取り付けたら、手紙や小物などをシンプルに収納できます。かごと違って中が見えないボックスを使えば、サイズの違う小物もごちゃつき感を感じさせずに収納することができてとても便利です。

有孔ボード(パンチングボード)のDIY実例⑪:絵を飾って

L字のフックを利用すれば、額縁などを飾ることができます。お子さんが描いた絵や写真などをバランスよく飾れば素敵なインテリアになります。フォトフレームを棚に飾っておくと掃除が面倒なこともありますが、有孔ボード(パンチングボード)にかけておけば、その面倒はありません。

有孔ボード(パンチングボード)のDIY実例⑫:工具をインテリアに

DIYを趣味にしている人にとっては工具などの収納もかっこよくキメたいものです。そこで使いたいのがやはり有孔ボード(パンチングボード)です。様々な種類のフックを利用すれば、工具もカッコいいインテリアグッズになります。リングになっているフックを使えば、工具をスポンとおさめることもできます。

有孔ボード(パンチングボード)のDIY実例⑬:ダブルクリップを使って

小物をかごに入れてかけておくのも便利ですが、ダブルクリップを使っても見やすくさっと取れるので便利です。有孔ボード(パンチングボード)にフックをかけて、そこにダブルクリップのワイヤー部分をかけるだけなので楽ですね。使う時もダブルクリップをつけたまま使えるのも魅力的です。

有孔ボード(パンチングボード)のDIY実例⑭:子ども部屋に

子ども部屋には細かいものがたくさんあります。しかし、子どもはなかなか片づけができなくてと嘆いているお母さんも多いです。しかし、有孔ボード(パンチングボード)を使えばお子さん好みの収納ができます。見て楽しい収納ならお子さんも楽しくお片付けをすることができます。

有孔ボード(パンチングボード)のDIY実例⑮:フック使いが見事

フックをとても上手に活用してかわいらしいディスプレイになっています。マスキングテープをフックにかければおしゃれで見やすくてすぐに使えます。ノートもかわいい表紙のものはフックに立てかけるように置けば見せる収納になっていいですね。たくさんのグッズがありますが等間隔に並べてあるので窮屈さを感じさせません。

有孔ボード(パンチングボード)のDIY実例⑯:糸をフックにさして

ハンドメイドを趣味にしている人は、たくさんの種類の糸を持っている人が多いです。しかし、その収納に頭を悩ましている人も多いでしょう。そこでおすすめしたいのが有孔ボード(パンチングボード)を使った収納です。収納方法は簡単です。長いフックを等間隔につけてそこに糸をさしていくだけです。

この方法なら糸が絡まることもありません。パッと見てほしい色の糸を見つけることができるので、効率よくハンドメイドを楽しむことができます。カラフルな糸は飾ってあるだけでも素敵なインテリアになりますよ。

有孔ボード(パンチングボード)のDIY実例⑰:木製フックでナチュラルに

フックを木製のものにすると、とてもナチュラルな雰囲気になります。やわらかい雰囲気を醸し出したい時におすすめです。有孔ボード(パンチングボード)と同系色のフックを使えば統一感もあって落ち着きます。ワイヤーのかごをフックの上に立てかけるように置けば、小物をおしゃれに飾ることもできます。

有孔ボード(パンチングボード)のDIY実例⑱:バインダーをかけて

紙類はあっという間にたまってしまうのですがとっておきたいものも多く、収納に困ります。お子さんのお手紙や予定表、はがきなどきれいにしかもさっと見ることができるように収納したい時にはバインダーが便利です。種類別にバインダーに挟んだら有孔ボード(パンチングボード)に設置したフックにかけておきましょう。

有孔ボード(パンチングボード)のDIY実例⑲:メッセージボードとして

アルファベットのパーツをフックで固定して並べればメッセージボードになります。規則的に穴が開いているので文字パーツをきれいに並べることができるので、誰でも簡単にオシャレなメッセージボードを作ることができます。有孔ボード(パンチングボード)にフレームをつけたりペイントしたりしてアレンジを楽しみましょう。

有孔ボード(パンチングボード)のDIY実例⑳:花にフックを取り付けて

細めのフックを花に直接刺すように取り付ければ、有孔ボード(パンチングボード)に飾ることができます。孔をパズルのように使えばデザインは無限に広がります。自分でワイヤーを使えばフックを手作りすることもできますよ。

有孔ボード(パンチングボード)のDIY実例6選【100均編】

有孔ボード(パンチングボード)のDIY実例①:ペイントをして

100均の有孔ボード(パンチングボード)は小さめなのでペイントしやすく、アクセントにもなります。お好みの色でおこのみのデザインにペイントしたらオリジナル感満載の有孔ボード(パンチングボード)になります。フックを活用してフォトフレームなどを飾れば、お部屋のインテリアを素敵に彩ります。

有孔ボード(パンチングボード)のDIY実例②:棚づかいが見事

小さめの100均の有孔ボード(パンチングボード)に棚をつける時には、窮屈さを感じさせないよう左右交互につけるのがおすすめです。そうすることで上下に余裕が生まれるのでゆとりのある印象を受けます。

有孔ボード(パンチングボード)のDIY実例③:棚の大きさを工夫して

フックで棚を取り付ける時、上に小さな棚を取り付け、下に行くにつれて大きな棚をつけるようにすると見栄えも安定感もバランスがよくなります。フックも棚板も100均で売っているので、有孔ボード(パンチングボード)と組み合わせて購入するといいですね。

有孔ボード(パンチングボード)のDIY実例④:さっと使いたい物置き場に

フックに輪ゴムをかけたり、2本のフックを棚代わりにペンなどを置けば、有孔ボード(パンチングボード)さっと使いたい物置き場に早変わりです。携帯電話やスマートフォンもフックの上に立てかけるように置けば、メールなどが着た時にもすぐに確認できて便利です。

有孔ボード(パンチングボード)のDIY実例⑤:メッセージボードに

木製のフックに文字を書いたパーツを貼り付ければ、あとは有孔ボード(パンチングボード)にさすだけでメッセージボードの完成です。メモ用紙にさっと書くのもいいですが、ちょっとおしゃれ感が増していいですね。

有孔ボード(パンチングボード)のDIY実例⑥:ぶら下げて

100均の有孔ボード(パンチングボード)は小さいですが、フックを使ってぶら下げることで有孔ボード(パンチングボード)より大きなものも飾ることができます。ネックレスなどをぶら下げておけば見やすくておしゃれなインテリアにもなりますね。

有孔ボード(パンチングボード)でDIYする際の注意点は?

賃貸の場合

賃貸の場合、特に気にしなければいけないのはやはり壁などに穴や傷がつかないようにするということです。そうなると、くぎや金具などで壁に有孔ボード(パンチングボード)を取り付けるのはなかなか厳しいものがあります。

大きめの有孔ボード(パンチングボード)を取り付けたいときには「ディアウォール」もしくは「2x4アジャスター」を使って柱を立て、壁との間にワンクッション置くようにしましょう。そうすれば、直接壁を傷つけることなく大きめの有孔ボード(パンチングボード)を取り付けることができます。

サイズ感に注意

有孔ボード(パンチングボード)とかけるもののサイズ感に注意しましょう。特に小さめの有孔ボード(パンチングボード)に大きなものやたくさんのものをかけてしまうとゴチャついて見えるだけではなく、安全面でも不安が残ります。

有孔ボード(パンチングボード)を使った収納やディスプレイは人から見られることが大前提にあります。そのためサイズ感やバランスはとても重要になります。有孔ボード(パンチングボード)を購入するときには、レイアウトを考えてからにすると失敗が少なくなります。

有孔ボード(パンチングボード)DIYはアイデア無限大!

いかがでしたか。有孔ボード(パンチングボード)を使ったDIYはアイデア次第で機能的にもおしゃれにもなることがわかりました。インテリアに合わせた収納も思いのままですね。手軽にできて素敵な有孔ボード(パンチングボード)DIYに挑戦してみましょう。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。