INDEX

重ね着をする意味って?重ね着の目的は?

もともとはオシャレのために重ね着する

「重ね着」というと、ファッションセンスのある上級者の人が取り入れるイメージがあると思います。季節や年によって重ね着の流行も違ってきますから、ぜひそのときどきで重ね着を楽しんでいきたいですね!

重ね着にもいろいろな種類がありますが、みなさんはどんな重ね着をすることが多いでしょうか?いちばんシンプルな重ね着はインナーやシャツの上にカーディガンなどを羽織ることかと思います。これも立派な重ね着ですね。

カーディガン以外でも、ジャケットやパーカーを着るのも重ね着に分類されます。秋や冬などはこうした重ね着をする方が多いでしょう。夏の方が重ね着するのは難しいかもしれないですね。インナーの上に何を重ね着するかがオシャレポイントになってくるでしょう。

ディスプレイされた洋服

最近は薄いインナーの上にキャミソールなどを着る重ね着が流行っているそうです。暑い季節はなかなか重ね着をする機会が減ってしまいがちですが、こうした工夫で「厚くなりすぎない重ね着」も楽しむおkとができます。

さてオシャレ以外にも重ね着にはメリットがあります。重ね着は「気温服装」にできるというのも利点となっていますよね。ここからは気温などの外的環境と重ね着の関係について、もう少し詳しく見ていきましょう。

気温服装にすることもできる

せっかくオシャレに決めていっても、外気の気温とその服装がミスマッチだったら残念ですよね。重ね着を脱がざるを得なくなってしまったり、逆にオシャレな重ね着を隠すようにアウターを着ることになってしまったり・・・。

重ね着の良さを殺さないためにも、やはり事前にその日の気温などの情報は頭に入れておきたいところです!気温にベストな重ね着は変わってくると思いますので、ちゃんと快適に一日を過ごすためにも調べておきましょう!

できれば最高気温と最低気温をチェックしておいてください。またあなたが外出する時間帯とそれらを重ね合わせるこも重要になってきます。出かける時間帯によって重ね着の種類を変えていきましょう。

例えば日中に屋外で過ごす予定があるのであれば、その日の最高気温を確認しておくことが大切です。昼は一日でいちばん暑い時間帯ですから、最高気温が最も参考になります。

また朝に出かけてそこからずっと室内にいる、帰宅するのも夕方以降だ・・・というときは最低気温をチェックしましょう。屋外で長時間過ごす予定がないなら、最低気温に合わせた重ね着をするのがベターでしょう。

このように外出予定と気温を照らし合わせてから重ね着をすると、失敗する確率は下がっていくと思います。一日中オシャレな自分でいたいならば、ぜひ気温には注目するようにしてくださいね!

気温以外にも気にしたいポイント

重ね着初心者はまず気温を確認していくのがおすすめです。その日の最高気温と最低気温をチェックして、自分が屋外にいるときにはどちらを気にしなければならないのかを頭の中に入れておいてください。

一日ずっと外出しているような方は、最高気温と最低気温の温度差にも気をつけていきましょう。あまりにも気温差があるときは、重ね着はあまり向いていません。すぐに体温調整できるような服装にするのが理想だからです。

重ね着するとしても、カーディガンなど着たり脱いだりするのが簡単なものを着ていくといいかもしれませんね。脱ぎにくい重ね着をして行ってしまうと、「暑い!」「寒い!」と感じたときに服装調整するのが面倒くさくなります。

気温服装を決める上で重要なのは、「最高気温」「最低気温」「二つの温度差」ということをご紹介してきました。さてオシャレ中級者以上の方は、これ以外にも気にして欲しいポイントがあるので参考にしてみてください。

ポイント
  • 湿度
  • 降水確率
  • 紫外線量

こういったことも事前に天気予報でチェックしておくといいかもしれません。湿度は高いそうな日は、重ね着するときにもできるだけ通気性のいいものを着ていくようにしましょう。通気性が悪いと体が蒸れて不快指数が上がります。

降水確率も重要な要素になってきます。降水確率が高い日は、雨に濡れるとシミになりやすい素材や色はあまりチョイスしないようにしてください。

そして紫外線量も気にしたい要素の一つ。紫外線が多い日には日焼けしにくいような重ね着をするのがベター、インナーを長袖にしたり重ね着で首やデコルテを隠せるようにするといいでしょう!

おすすめ重ね着をご紹介♪

最高気温30°以上の重ね着コーデ

どんな重ね着をするか決めるときには、まずは最高気温をチェックしていきましょう。とくに夏場はありえないくらい暑くなる日がありますから、重ね着のチョイスを間違えてしまうとなかなか悲惨な一日になってしまいますよ!

最高気温が高めな日には、できるだけ薄着な重ね着をしてください。シンプルで気温がぐんぐん上がっていっても不快感を感じないような重ね着をすることで、その日一日問題なく過ごすことができるでしょう。



画像のようなシンプルかつ涼しげな重ね着だとGOODですね!どれだけ気温が上昇しても、こういったライトな重ね着でしたら不快に感じてしまうこともないかと思います。最高気温が高い日にはこういった重ね着をしましょう!

ただ室内ではクーラーが効きすぎていることがよくあります。冷たい風によって体を冷やしてしまわないように、薄めのカーディガンや羽織るものは持っていた方がいいでしょう。室内に長時間いる予定がない場合は持参しなくても大丈夫です。

最高気温25°以上の重ね着コーデ

シンプルなTシャツにキャミソールを着るようなシンプルなスタイルでもいいですね!インナーがシンプルなときには、できるだけキャミの柄やデザインを個性的にするのがおすすめです。ボトムはスカートでもいいですね。

最高気温が高い場合はこういったシンプルな重ね着をするのがベターですし、もう少ししっかり重ね着したいという場合でも着脱が簡単にできるような重ね着を目指しましょう。途中で暑くなってもすぐ脱げるようにしておくのがベストです!

最高気温20°以上の重ね着コーデ

今日はそこまで気温が上がらないかもしれない・・・というときには、肩や首周りを開けすぎないのがポイントです。Tシャツの下に主張のある長めのインナーを着ると画像のようにオシャレな重ね着になります。

袖も長めのTシャツだったり五分~七分にするといいかもしれません。最高気温があまり高くない日は朝・夕方に「肌寒い」と感じることも出てくると思いますので、露出を抑えた重ね着をするようにしてみてくださいね!

最低気温をチェックしてから重ね着を決める

おしゃれな重ね着

最低気温もしっかりチェックしてから重ね着コーデを決めたいところ。最低気温が低いときには、シャツ+パーカーやシャツ+カーディガンなどの重ね着をするのがベスト。あまりにも薄着だと肌寒いでしょう。

また極端に寒いときはコートやアウターを着込んでしまうことが多いので、せっかくオシャレな重ね着をしていてもあまり人目に触れない可能性があります。そういったアウターとの兼ね合いも考えて、重ね着するかしないかも決めていってください。

せっかく重ね着するんですから、コートなどで隠れてしまってはもったいないですよね!重ね着が活かせる日は最低気温がそこまで低くない日、アウターなしで過ごせそうなときには積極的に重ね着していきましょう♪

ボトムスの重ね着もご紹介

重ね着というとトップスコーデを中心にしている方が多いと思いますが、ボトムスでも重ね着を楽しむことができます。とくに女性で下を重ね着している方は多いんじゃないでしょうか?

画像は透け感のある膝丈スカートに、デニムを組み合わせたものです。普通のデニムだけを履くよりも、涼しげな印象になっていいですよね!こういったボトムスの重ね着オシャレもぜひ楽しんでください。

最高気温や最低気温をチェックして、「今日はトップスの重ね着がしにくそうだな~」なんて思ったらぜひボトムスの重ね着に力を入れていきましょう。ボトムスの方が外気の影響を受けにくいので、重ね着はしやすいですよ!

湿度の高い日の重ね着コーデ

湿度が高い日には、通気性を重視した重ね着をするようにしてください。画像のようなトップスだとジメジメした日でも快適に重ね着を楽しむことができるでしょう。見た目にも涼しそうでいいですよね!

ジメっとした日にシャツを着たりインナーを通気性の良くないものにしてしまうと、どんどん汗をかいて不快指数が上がっていってしまいます。結局汗をかきすぎて重ね着を脱いだ・・・なんている失敗をした経験がある方もいるでしょう。

そんなことにならないためにも、湿度というのも気温服装においては重視してもらいですね!その日の最高気温・最低気温に加えて、ぜひ湿度の方もチェックしてそこから重ね着コーデを決めるようにしてください。

ライブカメラ情報も重要視しよう!

朝テレビをつけると、ライブカメラの様子が写っているニュース番組がありますよね。新宿や渋谷の様子など、今リアルタイムで外出している人がカメラに映っているわけですが・・・こうしたライブカメラに映っている人の服装を参考にするのもおすすめです。

ライブカメラの人たちが薄着ぎみだったら、あなたもさらっとした重ね着をしてみましょう。そして厚着の人がおおければ、しっかりとした生地だったり袖のあるもので重ね着コーデをしてみましょう。こういったリアルタイムで外出している人の服装は、重ね着を決める上で非常に参考になるんです!

まとめ

重ね着は一度ハマるとやみつきになります!組み合わせ次第でいろんなオシャレを考え出せるので、どんな季節でもどんどん重ね着をしていきたいですよね。ただ気温服装をするというのも忘れないでください。

せっかくのオシャレな重ね着コーデを台無しにしないためにも、気温を気にした重ね着コーデができるように心がけていきましょう♪

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。