INDEX

あなたの周りにも空気が読めない人がいませんか?

場の空気を凍り付かせる人こそKY

拒絶する女性

あなたの周りにも、一瞬にしてその場の空気感を変えてしまうKYな人っていませんか?今まで和んでいたのに、空気が読めない人が来た途端静かになったり、嫌な空気が流れたり。大抵の人はそんな空気になれば誰でも気づきますが、空気が読めない人というのはそこに気付きません。

ある意味空気が読めない人というのは、性格的に図太くて精神的にも強い人が多いのかもしれません。しかし、中にはそんな性格を治したいと思っている人もいるかもしれません。今回は、空気が読めない性格を治す治し方も紹介していくので参考にしてみてください。

空気が読めない人は自分の性格に気付いていない

スマホを見る男性

空気が読めない人というのは、そういう風に周囲に思われている事に気付いていない場合がほとんどです。その為、悪気なく人に対して接している部分が多い事も事実です。しかし、周囲からはやはり厄介な人という風に思われてしまう事も多いものです。

もし、自分の家族に空気が読めない人がいる場合には指摘するのもいいでしょう。しかし、大抵の場合には他人の意見を受け入れない場合がほとんどなので言うだけ無駄になるかもしれませんが、本当に相手の事を想うのであれば伝えるのもいいでしょう。

空気が読めない人の特徴10選

特徴①自分が空気が読めないとは思っていない

自転車に乗る男女

空気を読めない人が厄介と言われてしまう最大の特徴は、自我が強く自己防衛が強すぎるというのがポイントです。多くの場合、自分をいかに相手にアピールするか、自分が認められるためには周囲を犠牲にしてもいい、というような気持ちもKYの人にはあります。

その為、そのまま周囲の反応を一切無視して突進してしまう事で周囲からは空気を読めない人、というレッテルを貼られてしまうのです。自分の事だけを考えているため、他の人を巻き込む事になってしまったとしても知った事ではない、というような心理が働いているとも言えます。

特徴②:相手が言った事のほとんどを否定する

拒否する女性

人から何らかの指摘をされてもそのほとんどを否定する傾向にある空気が読めない人というのは、自分だけが信じられるものという考えの人が多いので自分の意見以外をあまり信用していない節があります。たまに相手の意見を尊重する事もありますが、ほとんどの場合には相手の意見を自分のいいように理解します。

それだけでなく、相手が言った事が正しいとわかっていてもそれに対してさらに自分の意見を乗せて自分の意見のように話し出すという特徴もあるので話している相手は徐々に空気が読めない人と話す事に疲れてしまい、次からは極力話さないように警戒心を持ってしまうようになってしまいます。

特徴③:冗談が通じない

笑う男女

空気が読めない人というのは、真面目な人も多いので冗談やジョークで笑うという事がないというのも特徴です。その為、相手が話した事すべてを真に受けてしまうので、その事がジョークだとは知らずに怒り出してしまったり、説教を始めたりしてなにかと厄介な事になりがちです。

大抵の人は、その場の空気を読んで会話の中で笑ったり、話を盛って話すという事もできますが、空気が読めない人というのは、そういう融通が利かないので話を聞く事に集中し過ぎて、大事な話を聞き逃してしまったり、周囲と反応を合わせたりする事が苦手なのもKYな人の特徴と言えます。

特徴④:真面目な人が多い

勉強する女性

空気が読めない=性格が悪いというわけではありません。ただ根が真面目すぎて少し会話の中でふざけたりしてもすべてを真に受けてしまう為話の裏を見抜いて話を聞くという事が出来ないので話している相手は徐々に面白くなくなってくるのです。話の真の意味を理解する事が苦手という事もあり会話が成立しない、とも言えます。

そして、会話だけでなく行動自体も臨機応変に対処する事が苦手な人が多いのでイレギュラーな事が起これば、それに対応するだけの術を持っていない事からパニックに陥ってしまうのもKYな人の特徴だといえます。

特徴⑤:相手の気持ちを汲み取るのが下手

頭を抱える女性

空気を読めない人というのは、相手の反応や態度から相手がどう感じているのかを汲み取るのが苦手です。その為、あからさまに相手が自分に対して拒否反応を示していてもそれを汲み取るだけのスキルを持ち併せていません。相手の気持ちがわからない、というのは生きていく上でも致命傷です。

『類は友を呼ぶ』という言葉があるように空気が読めない人の周囲には同じような人が集まってきます。それに加えて、周囲は空気が読めない人に何を言っても無駄と思っている節がある為、それを指摘する人もいません。

特徴⑥:人の話を聞かない

耳を塞ぐ女性

空気が読めない人の多くは、自分中心に世界が回っていると思っているので誰もそこを指摘してくれる人がいなければさらにエスカレートしてしまい、勘違いしてしまう人も中にはいます。自分の事ばかりを話し、挙句の果てには自分の知識をひけらかし、ぺらぺらと話すだけ話してその場を離れるといった事も。

しかし、そんな話を聞かされた方はうんざりしてきますよね。周囲は空気が読めない人と話を合わせる事はお手の物なので、それに気付かない空気が読めない人は陰では色々と噂されているなんて事も多いようです。

特徴⑦:孤立する傾向にある

膝を抱える女性


空気を読めない人というのは、孤立してしまう傾向にあります。その意味はなんとなくわかりますよね?例えば、失恋した友達が泣いているのに昨日見たテレビの話をしながらゲラゲラ笑っている、他にも一人で食事しているわけではないのに自分の食事が運ばれてきたら無言で食べるだけ。

そういう人と一緒にいても何も面白みがありませんよね?それだけでなく、自分さえ良ければいいという考えの人に真剣な話をしたいとも思いません。その為、大事な話をする時は決まって空気が読めない人がいない時に、と仲間から自然と外されてしまう事も多いのもKYな人の特徴です。

特徴⑧:挨拶ができない

握手する男女

日常的な挨拶が自然とできない人というのも空気が読めない人と思われてしまいます。挨拶は常識の範囲内という考え方を持つ人も多いので、やはりすれ違ったのに挨拶してくれなかった、という場合には常識がない人、というだけでなく空気が読めない人と思われてしまう事も多いようです。

挨拶できない、というのは社会人としての常識に欠ける人と思われても仕方がありません。挨拶を交わす事で会話が始まる事も多いですが、それを拒否されているようで挨拶した相手もあまりいい気はしないと思います。

特徴⑨:常識がない

パソコンを見て怒る女性

空気が読めない人が人に拒絶されてしまう理由、それは常識がない人が多いからです。よく、大勢の前で店員さんを叱りつけている人を見かけたことがありませんか?家族と一緒にいる場合、その家族が陰で申し訳なさそうにしている場合には家族はまともなんだと思います。

しかし、空気が読めない人というのは如何せん頑固で人から指摘される事を嫌います。その為、家族でも手に負えない場合が多いのです。そうなれば、一緒に出掛ける事も億劫になってしまいますよね?その事が原因で家族からも孤立しているパターンも多いんです。

特徴⑩:自己中

頭に手を置く女性

今まで見てきた空気が読めない人の特徴を総合してみると、空気が読めない人というのは一言で「自己中」な人が多いという事なのかもしれません。相手の意見を聞こうとせずに、自分の意見を相手に押し付ける。そして、常識がない人が多いというのも結果としては自己中と言われてしまう要因です。

空気が読めないというのは、人が集まる場所では余計に目立ってしまいます。空気が読めない人のちょっとした発言も際立ってしまうので、人が多い場所での発言などは余計に気を付けなければなりません。そうでなければ、孤立してしまう可能性をより高めてしまいます。

その場の空気を読む事ができるようになるには?

その場の雰囲気に合わせる事を意識する

手をつなぐ男女

もし、空気が読めない、という事を治したい、という人がいればちょっとした事を意識するだけでも治す事は可能です。空気が読めない人というのは、他の人と話を合わせたり、同調したりする事が苦手な場合が多いものです。その為、その点を治す事ができればKYな性格を治す事も可能であるという事になります。

空気が読めない人は、自分の話ばかりをしてしまう傾向にありますので、自分が話したいという気持ちを極力抑えて相手の話に耳を傾けてみる努力も必要です。しかし、全く話さないというのは逆に不自然なので合間合間に自分の意見を少し織り交ぜるという事も効果的です。

空気が読めない人はスポーツを始めてみよう

ストレッチをする女性

スポーツと言っても個人で楽しむジョギングなどではなく、ダンスやバレー、サッカーなど大人数で協力しながらやっていくスポーツを始めてみるのも効果的です。協調性の重要性を学ぶ事は、日常生活においても通じるものがあります。誰かと一緒にやっていくというのは意思疎通がしっかりできなければ無理です。

一緒にやっていく仲間としっかりと意思疎通ができるようになれば、自分自身も個人プレーではなく、仲間と協力してやっていく事ができるはずです。この事ができるようになれば、普段も空気が読めないとは思われないようになります。

空気が読めない人と上手く付き合っていくには?

KYな人と適度な距離を保つ

ベンチに座る男女

空気が読めない人との付き合い方、それは極力喋らないという事です。一見すると残酷のようにも感じますが、自分自身を守る術としてもおすすめです。ずっと相手にしていると疲れる人というのは、通常の何倍もの精神力を必要とします。その為、自分が疲れてしまうのです。

適度な距離を保つ事で、相手との関係性も良くも悪くもなる事はありません。無理に付き合えば疲れるのは自分自身なので、適度に距離を置いて相手の出方を待つのもいいでしょう。

空気が読めない人とは付き合い方を変える

女子会

空気が読めない人とこれから先、どうやって付き合っていけばいいのかわからない、という人はまず、本当に必要な時以外は極力その相手と話さない、という事が最善だといえます。

空気が読めない=相手にあまり関心がないという事も言えますので、その分相手からどういう態度をされたとしてもあまり気にしない人が多いので少しくらい適当にあしらったとしても気付かれない場合も多いものです。

KYな人とはうまく付き合っていくしかない

今回は、「その場の空気が読めない人の特徴や付き合い方」などをご紹介してきましたがいかがでしたか?KYな人というのは、一緒にいるだけ疲れるという場合が多いものです。その為、無理して付き合っていく必要はない、という事は覚えておいてください。

しかし、どうしても付き合っていかなければならない相手という場合もありますよね?家族や同僚などの場合には、どうしても関わりがあるのでその場合には、適度な距離を保ちつつ上手く付き合っていくほかありません。今回紹介した対処法を参考にしながら上手く付き合っていく術を身に着けましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。