INDEX

イケメンとちょいブスカップルが増えている?!

手を繋ぐカップル

イケメンなのに彼女はちょいブスのカップルってどう思いますか?イケメンなら美人の彼女を作るのなんて簡単なのにと思いますか?そもそもイケメンがみんな面食いだなんて誰が決めたのでしょう?ここではイケメンなのに彼女にちょいブスを選んだ理由とその本音、そしてちょいブスの魅力を探ってみました。

イケメンがちょいブスを選ぶ理由

肩を組んでいる男女

イケメンがちょいブスを彼女に選ぶ理由には、びっくりするほど多くの理由がありました。それは、女性からすれば納得できるものもあり、中にはそんなことで!?と思ってしまう内容も。その中には男性の持つ女性に対する本音も垣間見えてきました。それでは詳しく解説していきましょう。

ちょいブスは安らげるから

楽しそうに会話する男女

イケメンは、黙っていても女性から近寄ってきます。選び放題で女性をとっかえひっかえしてつき合ってしまうイケメンもいますが、そのうち女性の内面の良さに気づくこともあります。そんなイケメンが行きついたところは安らげる女性なのです。イケメンも彼女の前では格好つけない素の自分でいたと思うものです。

ちょいブスは大切にしてくれるから

海辺でバラを持つ男性

美人は自分のことを美人だとわかっていますから、自由奔放に振る舞う人がいます。中には私とつき合えて幸せでしょう?くらいの強気の美人もいたりします。それに比べてちょいブスは自分がブスだとわかっているからこそつき合ってくれる男性を大切にします。イケメンもその気持ちに惹かれちょいブスに心惹かれるのです。

ちょいブスは癒されるから

ハートえお手に持つ男性と女性

男性は女性に癒されたい生き物です。年齢を重ねれば重ねるほど心は女性の中身に注目するものです。見た目で女性を選び高飛車でも美人が好きだった20代を過ぎて、30代に突入すると男性も結婚を視野に入れ始めます。見た目よりも癒しを求めるようになったとき、外見がブスでも心が癒されるならちょいブスを選ぶのです。

男がハマる武器をもっているから

料理をする女性

男性はマザコンが多いといいますよね。男性はやはり母親を感じる女性に惹かれるのです。見た目で勝負できないちょいブスはそのぶん他のことで頑張ります。料理が上手だったり、気配りができるなど男性が母親を感じる部分を持ち合わせてるのです。イケメンだってそんなちょいブスを見たらすっかり虜になってしまうのです。

ちょいブスは浮気の心配がないから

電話をする男性

男性は自分は浮気をしても彼女がしたら許せないなんて勝手なことを考えています。イケメンだって彼女に浮気はされたくありません。見た目がちょいブスならとりあえずその心配がないと思えるのでしょう。これは過去に浮気をされたことがある男性に当てはまることが多くその時のショックが大きかった人ほどそう考えるのです。

ちょいブスは謙虚に生きているから

花を渡す男性と受け取る女性

美人に生まれなかった女性は小さなころから美人と自分に大きな格差を感じています。だからそのぶん謙虚に生きています。イケメンはいろんな女性と付き合ううちに、ちょいブスが謙虚なことを知ります。男性は偉そうな女性よりも謙虚な女性が圧倒的に好きですからちょいブスのその謙虚さに心を奪われてしまうのです。

美人は高嶺の花だから

美人な女性

これはちょいブスにとってはあまり嬉しくない理由ですね。所詮自分には美人は高嶺の花で手が出せない、でもちょいブスなら大丈夫という自信のないイケメンもいます。しかし、最初はそんな失礼な気持ちで近づいてきても、いつしかちょいブスの良さにじわじわとハマって抜け出せなくなってしまうのです。

カラダの相性が合うから

白いパンツを履いた女性

男性は女性に対しての性的な魅力に顔は関係ないといいます。ちょいブスだとしても、エロスを感じる肉感的なプロポーションを持っていると興味をもってアプローチをはじめます。たとえそれが贅肉だとしてもです。普段は謙虚なちょいブスが持ち前の一生懸命さを性的な部分でも発揮すればそのギャップに虜になってしまいます。

ちょいブスが新鮮だったから

ハートを持つ男女

今まで美人としかつき合ってこなかったイケメンは、ちょいブスと知り合うと美人とはアレコレ違うことに気がつきます。その違いに新鮮さを感じたら興味を持ってアプローチしてきます。そしてちょいブスの本当の良さに気づくといつしか好きになってしまうのです。

ちょいブスはお金がかからないから

自電車デートをするカップル

男性は美人にはプレゼントや食事にお金をかけないとお付き合いが成立しないと思っています。ちょいブスなら安くてもいいと思ってしまうようです。言い換えればデートも気軽に誘えるということ。しかし、ちょいブスはそれでも努力して楽しいデートを考えます。その努力にいつしかイケメンは真の愛情を感じるのでしょう。

ちょいブスをブスだと思ってないから

男性が女性を抱きしめる

自分の彼女がブスだと気づかずにつき合っているイケメンもいます。好みの問題で、世の中には美人といわれる顔よりもブスといわれる顔のほうが好きな男性もいるからです。逆にちょいブスだってイケメン好きとは限りません。ですからイケメンとつき合ってるからって必ずしもちょいブスのほうが惚れているとは限らないのです。

彼女がちょいブスあるある

悩む男女

男性がちょいブスの彼女とつき合うと感じるあるあるをいくつかご紹介します。好きでつき合ったはずなのに、男性はやっぱり見た目を気にするのでしょうか?本音はこんなことも考えているという事実をお知らせします。

彼女のブスさに気づいて悩む

美人に見惚れる男性

つき合い始めの舞い上がっているうちは気づきませんが、ふと冷静になって自分の彼女がちょいブスだと気づいたら悩んでしまう男性がいます。きっかけは友達に彼女を紹介したら微妙な空気になったとか、友達の彼女が自分の彼女よりも美人だったなど。そのとたんに後悔が…。

安易につき合って後悔する

悩む男性

男性は彼女と別れたばかりとか、長いこと彼女ができないと手短かなところで彼女を作ることがあります。その多くは性的な欲求からというのが男性の特徴ですが女性にすればとても失礼な話ですが、寂しさゆえに彼氏がほしいと思ってしまうのは女性も同じことです。

友達に紹介しにくい

談笑する男女

自分の恋人を友達に見せたときの反応って気になりますよね。男性も友達にちょいブスの彼女を見せることを躊躇するようです。その場の微妙な空気にそこにいる全員が気まずくなってしまうことが予測できるからです。男性はどんなに彼女のことが好きでも友達の評価を気にする現実はちょいブスにとっては悲しい出来事ですね。

時代はちょいブス

お祈りする女性

長いこと美人が優遇されていましたが最近では逆転現象が起きています。ちょいブスは、周りの空気に敏感で気配りもでき、愛嬌があるということから美人よりも需要があるというのです。ちょいブスだからといってみんながみんな気配りができて愛嬌があるとは限りません。しかし女性にとっては少しだけ革命的な感じがしますね。

山崎ケイに学ぶちょいブス

お笑いコンビ相席スタートの山崎ケイさんは、ちょうどいいブスというキャッチフレーズで人気を博しています。ブスはブスを受け入れれば逆にモテるという持論を唱えます。それは、謙虚に常識的で知的さを忘れないようにすればブスだって男性の心を動かすことができるというもの。

まだまだいる芸能界のちょいブス

芸能界にはちょいブスといわれる人たちが山崎ケイさんの他にもまだまだいます。蒼井優、aiko、剛力彩芽、足立梨花、指原莉乃、大沢あかね、多部未華子…和風美人といった顔が今ではちょいブスというのでしょうか?時代によって美人のタイプは移り変わっていくといいます。これも時代の流れなのかもしれませんね。

まとめ

ちょいブスを選ぶ理由は、やはり中身を見てるということです。しかし、暗くて卑屈なブスではなく優しくて一生懸命謙虚に生きてるブスだからイケメンに選ばれたのです。美人には美人の苦労があり、ちょいブスにはちょいブスの苦労があります。どちらにしても人のことを見た目だけで判断しないほうが良いということですね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。