INDEX

赤い色の魅力

赤い色のイメージと赤い色が使われているもの

赤い色のイメージ

赤い色には、引き寄せられる魅力がありますよね。可愛い雑貨やファッショングッズに目がいってしまうんじゃないでしょうか。そして赤い財布。気になってしまいますよね。まずは赤い色にはどんなイメージがあるのか、赤い色が何に使われているのかを見ていきましょう。赤い色の魅力がいっそうはっきりしてくると思いますよ。

赤は情熱的で魅惑的な色

赤は情熱的

赤い色といえば、何といっても火のように燃える情熱の色ですよね。著者が一番にイメージするのはオペラ「カルメン」です。美しく魅惑的なカルメンが、赤い衣装を着て情熱的に踊っている姿が目の前に浮かんできます。情熱の赤は、男性を誘惑して虜にする魔力があると思いませんか?

また、エレガントで華やかな赤は、女性の憧れの色でもあります。美しい女優さんやモデルさんの真っ赤な口紅やネイル、ドレス、ハイヒールなども魅惑的で目が離せませんね。若い女性だけでなく、気品のある年配の女性が、真っ赤なコートやスーツを着ている姿も素敵ですよね。

赤は縁起のいい色

赤い色は古来から縁起のいい色とされています。花嫁衣裳や祝儀袋、赤飯、おせち料理、だるまなどなど、縁起物には赤が使われています。一瞬しか見られない赤富士もそうですね。また、赤い色は魔除けの効果があるとされ、神社の鳥居や寺院の建物にも使われています。お地蔵さんの前掛けにも使われていますね。

クリスマスでも、ひいらぎの実やツリーの飾り、ポインセチアやシクラメンなど、赤い色は縁起のいい色としてたくさん使われています。サンタクロースも赤い服を着ていますね。これはカトリック教会の司祭が、お祝いの日に赤い服を着ることから来ているそうです。

赤は生命の色・エネルギッシュな色

赤は生命の色

赤は血の色です。私たちの生命にとって、最も欠かすことのできないものです。食材にも、トマト、パプリカ、イチゴ、唐辛子など、赤いものが多いですね。食は生命に欠かせないものだから、食欲をそそる赤は欠かせない色というわけです。料理を写真に撮る時も、設定を変えて赤っぽく撮ると美味しそうに見えますよ。

赤い色は強いエネルギーをイメージします。だから勝負ごとには欠かせない色になっています。スポーツ選手のユニフォームにも赤い色はたくさん使われていますね。もちろん応援するほうも、赤い色の応援グッズをたくさん使います。

風水で赤い色はどんな意味がある?

風水で赤い色はエネルギーの強い色・縁起のいい色

風水で赤い色は強い色

風水において赤い色は、「火の気」を象徴する色とされています。火のようにエネルギーが飛び散る様子や、エネルギッシュに燃える様子を表しています。赤い色は風水では「生命のシンボル」を表しているのです。風水発祥の地、中国では至るところに赤い色が使われていますよね。赤は縁起のいい色なんです。

風水では、赤い色は刺激の強い色なので、人々の感情を興奮させ、ポジティブな行動を引き出すとされています。モチベーションアップに欠かせない色なのです。また、興奮によって体温を上昇させ、新陳代謝をよくしてくれるので、健康にも良い色なのです。人々に活力を与え、元気にしてくれる色なんですね。

風水で赤い色の注意すべき面

風水で、赤い色の注意すべき面

風水で赤い色は強い意味を持つので、その分それが裏目に出ることがあります。エネルギーが強すぎるので注意しなければならないのです。赤は暖色で、もともと膨張する性質があるので、自分が思っている以上に強いエネルギーを発してしまうのです。感情が高ぶりすぎて落ち着かなかったり、イライラの原因になったりします。

赤い財って風水的に見てどうなの?

赤い財布はお金の流れを良くする

買い物

風水では、財布の色と金運はとても密接な関係にあります。そもそも財布というのは、お金を使う時に持ち歩くものであり、家に置いて貯金箱代わりに使うもではありません。お金の流れを作る道具なのです。その財布のお金を使うことで、新しいお金がもっと入ってくる、という良い流れを作ることが大切です。

それには、財布の持つエネルギーと、財布を使う人の持つエネルギーの相互作用が必要となります。いくら縁起のいい財布でも、使う人が気に入ったものでないのなら、その財布のエネルギーは低くなるのです。だから、お気に入りの財布を使うというのは、風水的にとても大切な要素なのです。

そのような風水の見方に基づくと、高いエネルギーを持つ赤い財布は、お金を引き寄せる縁起のいい色といえます。以前から黄色の財布がいいと言われてきましたが、エネルギーのレベルからいえば、黄色よりも赤のほうが強いのです。財布を持つ人の意識も重要ですから、お気に入りの赤い財布は最強のパワーを持つと言えます。

赤い財布が縁起が悪いといわれているのはどうして?

仕事運


赤い財布は縁起が悪いという声をよく耳にします。赤い色は「火」を表すから、金運を燃やしてしまうという考えです。確かに赤い財布はエネルギーが強すぎるので、お金の流れをコントロールするのが難しいと感じるかもしれません。コントロールできず浪費してしまうという考えから、一般的に赤い財布の印象が悪いようです。

また、赤は個性が強すぎる色なので、周りとの調和を欠くから良くないという考えもあります。特に日本では、周りとの和を重んじる文化なので、赤い財布は目立ちすぎてよくないと考えられがちです。風水はその土地の環境に大きく関係しているので、風水の専門家でも、日本の場合と外国の場合では解釈が違うようですね。

その土地によって解釈が異なる風水でも、共通して言えることは、好きな色の財布を持つことは、その人の意識とエネルギーが高まり、金運に作用するということです。お気に入りの赤い財布は、縁起の良い財布となるのです。

赤い財布のおすすめデザインと色の組み合わせ

風水的に見るとしっかりした長財布が縁起がいい

さあ、あなたも赤い財布を持とうって気になったのではないでしょうか。財布は、風水的には、長財布が縁起がいいとされています。紙幣は曲げずにきれいな状態で入れておくことが開運につながるようです。実際に長財布だと、見た目もきれいだし、お金もさっと取り出せると同時に、さっとしまうこともできますよね。

でも、いくら縁起のいい長財布でも、財布を入れるバッグが小さかったり、場合によっては大きすぎて邪魔になるということもあります。二つ折りの財布はこういう時にとても便利です。二つ折りの財布も可愛くて欲しくなるデザインのものがたくさんありますよね。要は、お気に入りの物を使うというのが大切です。

財布は、すぐにパカッと開いてしまうものは、金運が逃げてしまうのでNGです。バッグの中でずっと開きっぱなしの財布は、常に金運が流れ出ている状態です。このようなことがないようにファスナーやボタンでしっかり閉じるものや、がまぐちが固いものを選ぶようにしましょう。

風水的に見ると金色・深緑・白と組み合わせると縁起がいい

赤い財布と一言にいっても、赤一色でなく、他の色が使われていることが多いですよね。風水的に見ると、赤と金色はとても縁起のいい組み合わせです。実際、お店の財布売り場を見ても、金具やロゴが金色の財布って多いですよね。それに赤と金の組み合わせは、見た目にもエレガントで素敵です。

赤の強すぎるエネルギーをコントロールすることを考えるなら、深緑や白が使われたデザインもおすすめです。深緑は、赤い色の強すぎるエネルギーを鎮めて落ち着かせる働きがあり、白は、赤い色の行き過ぎたエネルギーを正常に戻してくれる働きがあります。

エネルギーの流れをよくするために、財布をきれいに保つことも大切です。特に赤い財布は、汚れるととても印象が悪くなります。汚れは拭き取っていつも美しい状態にしておきましょう。そのような理由で、風水では新しいものが良いとされていますが、古くても大切に使うのであれば、問題はありません。

筆者は赤い財布を使ってます!

筆者は赤い財布愛用歴25年!

プレゼント

筆者がなぜこの記事を執筆しようと思ったかというと、実は筆者は赤い財布の愛用者だからなのです。年齢がばれちゃいますが、赤い財布歴は25年なんです!だから、赤い財布が欲しいと思っても、なかなか踏み切れないあなたのために役に立てるのではと思ったのです。

どうして赤い財布を持つようになったかというと、筆者の誕生日に母がプレゼントしてくれたからなんです。母は、プレゼントは財布にすると決めていたそうですが、実際にデパートの財布売り場を見た時に、その赤い財布が際立って美しく、デザインも質も使い勝手も良さそうだったので即決したそうです。

実は筆者は、赤い財布を持つにあたって、風水や縁起を気にしたことがないんです。もともと赤は大好きな色だし、それをよく知っている母からのプレゼントだったし、何しろ美しい財布ですっかり気に入ってしまったので。長年使っているうちに、赤は自分のイメージカラーになってしまいました。

赤い財布の初代と二代目

母がプレゼントしてくれたのは、イタリアのブランド、モスキーノの二つ折りの財布でした。全体が赤で、ハートの刺繍が並んでいるデザインでした。金属部分とロゴは金色、内張りは黒でした。使い勝手がよく、どこに行くにもこれを使いました。ボロボロになってもう限界という状態まで、10年以上使い続けました。

前の財布がダメになってしまったので、新しいのに買い換えたのですが、もはや赤以外の財布は考えられない筆者は、前の財布のデザインとなるべく近い赤い財布を選びました。それが、現在でも使っているロベルタ・ディ・カメリーノの財布です。「R」のロゴも気に入りました(筆者の本名も「R」なので)。

二代目のロベルタ・ディ・カメリーノの赤い財布も、もう14年目です。これも長く使っているので、だいぶんくたびれてきています。風水的には、新しい物を使ったほうが縁起がいいのですが、著者は、お気に入りの物を大切に長く使うことに価値を置いているので、これからも大切に使っていきたいと思っています。

赤い財布を使ってみてどう?

赤いハート

筆者は職業柄、そんなにお金がバンバン入ってくるわけじゃないんですが、実はお金に困ったことは一度もないんです。必要だと思う物は高額でも思い切って使い、節約できる部分は極力節約に努めます。日頃は内向的で地味な筆者ですが、仕事でも恋愛でも、ここぞという時はかなりアグレッシブになり、成功を手にしてきました。

それは、筆者のお気に入りの赤い財布が、筆者の行動を後押ししてくれているからだと思うんです。風水で縁起がいいかどうかを知らなくても、自然と赤い財布からエネルギーをもらっていたのだと思います。

赤い財布であなたの魅力アップ&金運アップ!

「赤い財布は可愛いけれど、私には似合わない」って思ってる人も多いことでしょう。でも、筆者は力説しますが、女性は誰でも必ず赤い色が似合う側面があります。赤い色は、あなたの魅力を引き出してくれます。だから是非、お気に入りの赤い財布を使って、あなたの魅力と金運をアップさせてくださいね!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。