Large thumb shutterstock 228055399

キスだけでも不倫になる?気になる不倫の一線と最新不倫事情!

更新:2020.07.02

「どこからが不倫?」「体の関係を持ったら?キスから?」この話題、女子トークの中でも一度は挙がったことのあるテーマではないでしょうか。もちろん人によってもその境界線は違ってきますよね。そんな気になる「不倫の一線」を徹底リサーチしました!

どこからが不倫?男女それぞれの考え方

男性の不倫は身体的なつながり

男性の不倫

不倫のボーダーラインには個人差もありますが、男性は女性に比べると身体的な接触を不倫と考える傾向にあるそうです。セックスはもちろん、キスやハグ、手をつなぐといった行為のことですね。

これは男性は「性欲」を満たすために浮気や不倫をする傾向があるからと言われています。たとえば女性は子どもができると、子どもを育てることに集中できるよう、あまり性欲は強くなく作られているそうです。実際育児が大変でそれどころじゃないという人も多いですよね。

しかし男性はというと、遺伝子的により多く子孫を作らないといけないという本能的な欲求に駆られるがために、不倫に走るという傾向があるようです。納得できるかどうかは別として、男性が不倫や浮気をするのは性欲を満たすためと考えることもできますね。

女性の不倫は精神的なつながり

女性の不倫

逆に女性は精神的なつながりが不倫かどうかを判断するうえで大切な要素となっています。セックスやキスといった具体的な行為ではなく、精神的に心の支えになっている、要は「気持ちが動いている」状態であれば不倫とジャッジする女性は多いようです。

これは女性が不倫に走る理由として、男性と違い性欲よりも、孤独感や寂しさを満たすためという理由が多いからのようです。確かに一度のキスよりも異性と毎日メールを送りあって、励ましあっているといった関係の方が精神的に深いつながりを感じますし、なんだか猛烈に腹立たしい気持ちになりますよね。

夫婦間での結婚・不倫の定義は明確に

夫婦

「何を不倫とするか」は男女によっても、また人によっても差があります。しかし結局誰の意見が大切かというと、パートナーの意見ではないでしょうか。永遠の愛を誓った相手とそんな話をするのはおかしいかもしれませんが、お互いに何をされたら許せないのかという点は共有しておくといいかもしれません。

こういう筆者の家でも「何を不倫とするのか」という共通認識を持っています。最近は不倫報道も多いですし、意外と話題に出しやすいものですよ。結婚生活を継続させるためにも夫婦の中で越えてはいけない「一線」を明確にしておくことは大切だと思います。案の定、上記のような男女の考え方の違いの壁にぶつかりましたが…。

そのため私と旦那さんの「異性に対して絶対にやってはいけないこと=不倫とみなすこと」は違います。お互いに相手の嫌がることはしないでおこうということですね。不倫をしないのが1番ですが、もし他の異性と何かしらの関係を持ったとしてもお互いが傷つかないで済むようにしておくことも結婚生活には必要かなと思います。

法律的にはキスだけでは不倫にならない

キスは「不貞行為」ではない

キス

個人の感覚ではキスなんて絶対アウト!という人もいると思いますが、法律的にはそうではないようです。法律の世界で不倫は「不貞行為」という名前で定義がされています。

それによると不倫は「配偶者のある者が、自由意思に基づいて配偶者以外の異性と性的関係を持つこと」とされています。この不貞行為が認められれば、離婚事由にもなりますし、慰謝料も発生します。重要なのはこの「性的関係」はあくまで性行為に限られ、キス、ましてやハグや手をつなぐなどの行為は含まれないという点です。

女性的には、性的な関係がなかったとしても、旦那さんが頻繁に異性と食事に行ったり、メールのやり取りをしていたりすれば「不倫だ!」と叫びたくなるところですが、法律的には全く認められないということになります。

不倫の悩みが本当に辛いと思う方へ

不倫をしている女性

不倫相手の彼と一緒に過ごす時間は幸福感に包まれ、日々の苦しみから解放される最高の瞬間です。ただ彼と別れてからは徐々に現実に引き戻され、そして日々の苦しい生活が訪れます。

そんな情熱的な許されない恋である不倫には、彼とこのまま駆け落ちするのか、どうすれば彼が振り向いてくれるのか、どう彼と折り合いをつけるべきなのか、彼と奥さんを別れさせるためにはどうすれば良いのか...など多くの悩みが付き物ですね。

他の恋愛ごとと同じように不倫の悩みは自分一人で悩んでいては良い解答など生まれてきません。自分の気持ちを整理するためにも、夫や不倫相手の悩み事を発散させるためにも誰かに相談するというが不倫の悩みを解決するためには一番の近道です。ただ不倫の悩みなんて友達や親族や知り合いになんてできませんよね...

電話占いピュアリなら不倫相談のプロに相談できる?

女性

私も周りに相談できる人がいなくて精神が不安定になってメンタルボロボロでした。そんな時は私は電話占いに出会って、辛い不倫の悩みから解決することができました。

電話占いとは占い師の先生が親身になって自分の悩みの相談にのってくれるサービスで、占いと言うよりはカウンセリングに近い感じです。私も半信半疑で占い師の先生に相談してみたところ、先生がズバズバと私の抱えている悩みを当てていきかなり驚いてしましました笑

10分間の無料鑑定だったのですが、もうなんというか鑑定終了後には不倫の悩みがすっきり解消できてしましました。不倫相手の彼と会えなくても少しは平気になれましたし、夫にもなんだか優しさを持って接することもできるようになりました!

なので私と同じように不倫の悩みを抱えている人は無料鑑定ができる電話占いピュアリをオススメします!先生の実績に応じて1分あたりの値段が200〜350円となっており、今なら期間限定で10分間の無料鑑定が受けられるので、不倫の悩みを抱えている人は下の詳細ボタンを押してみてください!

プロの占い師への不倫相談で悩みを解決してみる!

既婚者の中で流行?「キス友」「キスフレ」とは

キス友

不貞行為が認められると離婚、慰謝料と痛いリスクが伴います。これを回避するために最近は「キス友」や「キスフレ」といった不倫の形が出現しているようです。

これは不貞行為に該当するセックスなしのキスまでをする関係のことを指し、W不倫と呼ばれる既婚者同士の不倫でもこの形は増えているそうです。いわゆる「一線を越えない」理性を保った関係なのかもしれませんが、キスだけの方が何か甘いときめきを感じますし、長続きもしそうで配偶者としては残酷に感じてしまいますね。

不倫のキスはだれにでもあり得る?

恋は落ちるもの

恋愛

「自分は旦那さんを愛しているから不倫なんて絶対にしない」「結婚したのに不倫なんてありえない」といった考えを持つ人もいるでしょう。もちろんお互いにその気持ちで愛し合い続けられるのが理想ですよね。

しかし旦那さんとの関係で悩んでいるとき、そばに優しくて包容力のある男性が自分を必要としてくれたり、支えようとしてくれたら…頭ではわかっていても心はその男性に夢中になることもあるかもしれませんよね。「恋は落ちるもの」とよく言いますが、そんな風に恋愛関係に発展することは結婚をしても変わらないようです。

特に仕事をしていれば異性と2人きりになることもありますよね。仕事の外出時に2人でランチしたりと、一緒にいる時間は旦那さんよりも多くなったりというパターンもあるのではないでしょうか。特に仕事ができる男性はかっこよく見えてしまうものですし、「かっこいいな」と好意を持つのも自然のことかもしれません。

だめだとわかっていても…他の男性とキスしてしまうシチュエーション

職場キス

とはいえ好意だけでキスにつながることはありません。しかし仕事の延長の場所では注意が必要です。職場の飲み会の帰り、いいなと思っていた人と2人きりになり、いい雰囲気に…残業の流れで2人で軽く食事に行くことになって…など、仕事の延長だからこそハードルも下がり、そのまま恋愛関係に発展することも多いようです。

お酒には注意を

お酒キス

特にお酒が入ると理性も働きづらくなるので、お酒が好きな方は要注意です。筆者の周りもお酒好きが多く、酔っぱらって欲求が抑えられなくてつい…という話を聞いたことも多々あります。

旦那さんを裏切りたくない、自分は危ないかも、と思った方はたとえ仕事の延長でも、こういったきっかけを作らないように、そのような場所には行かない、行ってもお酒は控えて早々に切り上げて帰ることを強くおすすめします。

もし不倫をしてしまったときはばれない対策を

デート場所選びは慎重に

ドライブ

不倫はだめだと分かっていながらも不倫の関係に落ちてしまったら、「周囲にばれないように関係を続けたい」というのが本音ではないでしょうか。そんな不倫カップルのデートでは「暗さ」または「2人きり」がキーワードになってきます。

やはりばれないためには「暗さ」は大切な要素です。その点で映画館や水族館は基本的に暗がりで、周囲の人も魚や映画と他のものに集中しているので、選びやすいデートスポットかもしれません。また「2人きり」という点ではドライブデートや秘境の温泉旅行なんかも選ばれているようです。

どちらも人目を気にせず一緒にいれるので不倫カップルには嬉しいですね。中には車もレンタカーを借りるといった徹底した手段を取る人もいるようです。レンタカーであれば返却すれば車から不倫の証拠が出てくるということもなく、たとえ誰かに見られても車が違えばとぼけられるといったメリットがあるようです。

服もメイクも気合は入れ過ぎない

デート

好きな人とのデート、しかも不倫相手とのデートはそれほど頻繁にできないこともあるでしょう。そうなるとつい気合いを入れておしゃれしてしまうのが女心ですよね。しかしここぞとばかりにおしゃれをすると変に勘繰られてしまいます。

職場でもいつもと服やメイクが違うと「今日はデート?」とにやにやしながら聞かれたことありませんか。男性の中にも女性の変化に敏感な人もいるので、普段以上に普段通りを意識するのが無難ですね。

スキンシップは2人きりの時だけに

不倫

たとえ職場不倫をしている人でも職場で手をつないだり、キスをしたりすることはないですよね。でもつい職場を離れて2人きりになると、つい手をつないで歩きたいと思ったり、酔った勢いでいちゃいちゃしたいという気持ちになることもあるかもしれません。

特に気分が盛り上がっていると、「手をつなぐくらい」とガードが緩みがちです。しかしもし知り合いに見られたら、ほぼ100%不倫を疑われます。もし周囲にばれたら自分だけでなくいろんな人を傷つけることにもつながってしまいます。人目のつくところでは自重することが「不倫のマナー」と言えるかもしれませんね。

不倫はいつ起こるかわからない!心構えと対策を

結婚していても配偶者以外の異性との交流は必ずあるので、他の異性に心惹かれる可能性は自分も相手も全くないとは言い切れません。不倫の一線は法律的には決められていますが、それがすべてとは考えづらいですよね。ただ「一線」を考える上では結婚を継続できるかどうかという点は大切と言えるのではないでしょうか。

継続させたいなら相手が不倫と考えることはしてはいけないし、相手もしないようにあらかじめ話し合いを持つことも必要でしょう。もちろん何もないのがベストですが、「長い結婚生活、何があるかわからない」という覚悟を持って旦那さんと向き合い続けたいですね。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。