INDEX

ディアウォールで作ったおしゃれな棚紹介!

ディアウォール活用例

部屋の中に散らかった小物を整理したいと思う人は多いと思います。でも賃貸住宅では、壁に傷をつけることができないので、なかなか棚を取り付けることは難しいと思われていました。また、持ち家でも部屋を傷つけずにレイアウトを変えたいと思っている人も多いはず。

そんなニーズにこたえて、簡単なDIYで取り付け可能な「ディアウォール」の活用が最近ブームとなっています。柱の部分には釘やねじを一切使わずに、天井から床、または天井から既存の棚までの空間に設置しますので、専門的な技術を必要とせず、女性でも簡単に作ることができるのも人気の理由です。

ナチュラルなコーディネートにピッタリ

棚板をナチュラルな木材にして制作することが多く、さらに並べる小物を選べば、お部屋の雰囲気をがらっと変えることができます。お部屋の模様替えに、カーテンやラグなど、面積の大きいファブリックを使うことも多いと思います。

ディアウォールの活用では、壁という面積の広い部分を変えることができますので、模様替えにより効果が期待できます。壁の素材や色を変えることなく、コストパフォーマンスの高いDIYで簡単に模様替えができるところが、評価の高い理由です。

ハイパフォーマンスな棚の作成もできちゃう

また、突っ張りポールで隠したい部分にレースのカフェカーテンをつけたり、棚の上に並べる小物も、白やベージュに統一しているので、とてもナチュラルに仕上がっていますね。さらに、キッチンからダイニングへの開放部分が大きいので、お料理が運びやすくなっています。

壁に棚を設置する活用例が多いディアウォールですが、このように、キッチンとリビングの間に設置し、パーティションとして使用する例も多くあります。目隠しを収納の両方の機能があり、見た目も圧迫感が少ないので、おしゃれですね。

このように、お部屋の状態や用途に合わせてフレキシブルに設置することができるのも、ディアウォールが支持されている理由ですね。

ディアウォールで棚を作るメリット

天井から床までのディアウォール棚が多い中、狭いキッチンの上にも設置することができます。広い壁だけでなく、ちょっとしたコーナーなど、ここにあるといいな、と思えるところにさっと手軽に作れるのが便利ですね。もちろん広い壁一面に設置もできます。

もし、ディアウォールをDIYしようかな、と思ったときは、狭い場所でお試しに棚を作ってみるのもいいと思います。小さくても、ディアウォールで作る棚の構造は変わりませんので、設置手順や材料の揃え方のチェックができます。棚の強度を補強することもできますので、重さのあるものも棚の上に並べることができます。

ディアウォールを使った収納棚の作り方

ディアウォールを使った収納棚は以下の手順で作成します。なお、「手順②支柱を作る」と「手順③棚受けの設置」の順序は逆でも大丈夫です。

手順①設置個所を正確にメジャーで計測する

ディアウォールの説明書には角材を4、5センチカットと書かれていますが、実際に制作した人の経験によれば、つっぱり部分を強くするためには、4センチカットのほうが良いようです。

このバネの部分は、すこし固いくらいがいいと思いますので、ここでは、天井高から4センチとしました。角材は、ホームセンターなどで購入すると希望の長さにカットしてくれます。くれぐれも測り間違いがないように、気をつけましょう!

手順②支柱を作る

柱用の2×4材を2本の上下にディアウォールをつけてから、設置します。バネ構造は上部のみに内蔵されています。2本の支柱は棚板の長さの分だけ左右の幅をとって離します。取付けは簡単で5分くらいで出来ます。

天井から床まで(または、設置したい場所の天地の高さ)より、マイナス4cmが、突っ張りの強さが丁度良いようです。ただし、設置する壁の素材には注意が必要です。剥がれやすかったり、滑る素材だと、棚ごと倒れてきます。

手順③棚板・棚受けでおしゃれ度アップ!

通常、支柱と同じ素材で棚板をそろえることが多いですが、あえて違う素材を使用することで、トーンを変え、お部屋のアクセントとなります。棚板のサイズも、支柱の幅と同じものだけでなく、支柱よりも奥行きのある素材を使うことで棚板面積を広くとることができます。

また、ディアウォール専用の棚受けもありますが、通常の飾り棚などに使用される棚受けも使用できます。棚受けには、おしゃれなものもたくさんありますので、お部屋にあったものを上手に使えば、雰囲気をがらっとかえることができます。支柱と棚板だけでなく、棚受けもリフォームの大事な要素となります。

手順④すべての棚を設置したら出来上がり

支柱に、棚受けを設置し、棚板を固定します。すべての棚板を設置したら出来上がりです。棚板がきちんと水平に設置されているか、水準器などでチェックすることも大切です。

また、棚の上に載せるものの重さによって、棚受け部分を補強する場合もあります。棚板の枚数も、全体の耐荷重量に影響しますので、チェックを忘れずに。

耐荷重量・強度をしっかりチェックしよう

ディアウォール棚

壁を傷つけずに自由に設置できるディアウォールですが、どのくらいの重さに耐えるのでしょうか?メーカーによると、その設置の形によっても異なるそうです。

ディアウォールは突っ張リ棒のように天地をばねで押すように固定しますので、強度が不安と思う人も多いと思います。2x4の木材はかなり強度が高いので、ディアウォールを正しく設置していれば、ある程度の耐荷重量をキープすることができます。

注意する点は、天井と床が水平であることと、床がマット素材で柔らかかったり、ラグなどが敷かれていないことです。もし、天井が斜めになっているお部屋でしたら、ディアウォールを設置することはできません。7kgのプリンタを置いても大丈夫という設置例もあります。

その場合は、特に棚受けの金具を丈夫なものにすることが必要となってきます。さらに耐荷重量を大きくしたい場合は、棚受けに補強をする方法もあります。



ディアウォール専用の棚受の場合、耐荷重は2個で5kgまでです。専用棚受けの強度を感じる場合は、他のスチール製などに変えると、耐荷重量を2本で20~55kgまでアップさせることができます。

また、棚板自体の強度も重要です。棚は、その長さがあればそれだけ「たわみ」やすくなります。強度を高めるためには、棚板を厚くしますが、同時に重くなります。ディアウォールの支柱とのバランスを考えて、あまり厚くなりすぎないようにしましょう。また、長くなった場合は、間に支柱を増やすことも有効です。

ディアウォールを使った棚作りのチェックポイント!

棚

アイディア次第で、壁やお部屋のコーナーに手軽に棚や収納スペースを作ることができるディアウォール。DIYをするときに大切なチェックポイントについて説明します。

木材の長さは正確に測っておく

棚

棚を設置する場所の天井の高さを正確に測りましょう。天地の距離から4cmを引いた長さが、必要な木材の長さとなります。木材をその長さに切るときも、まっすぐに正確に切断しなくてはなりませんが、ホームセンターでは、注文した長さで切ってくれますので、自分で切るよりお店でオーダーしたほうが良いでしょう。

2×4材の長さが間違っていた!でも対処は可能

木材

ディアウォール用に切ってもらった2x4木材、家に帰って確認したらなんと、長さが足りない!そんな時には次のような方法でカバーすることができます。もしも、切りすぎた長さが4㎜までなら、付属のスペーサー(厚さ2mm)を下パッドに挿入して調整することができます。

また、ディアウォール専用の「中間ジョイント」を使用すれば、2x4木材を連結して支柱として使用することもできますのでお勧めです。

いよいよ設置、部屋を傷つけないよう注意!

木

ディアウォールは強力なバネで上下を固定しますので(バネは上部のみに内蔵)、天井と床の素材を傷つけないように慎重に設置します。また、一度設置したディアウォールを移動する場合も、無理に引っ張らずに、バネの部分に注意して動かしましょう。

ディアウォールで棚を作る時に必要なものはコレ!

棚

ディアウォールを設置するために必要な商品をご紹介します。これ以外に、2x4木材に色を塗る場合は、塗料が必要だったり、独自の棚受を使用する場合は、ディアウォール専用の棚受以外に、各種の棚受けを購入します。

ディアウォール

2x4木材専用のツーバイフォー材専用の壁面突っ張りシステムです。2x4木材の上下にセットし、天井と床の間に固定します。コンクリート壁、砂壁や、特に傷をつけることができない賃貸住宅の壁面に最適です。カラーバリエーションも豊富で、ホワイトの他に、ダークブラウンや、ライトブラウンもあります。

ディアウォール棚受け

ディアウォール専用の棚受けです。2x4木材の幅にピッタリで、コンパクトに棚を支えます。大きな棚板を使用する場合はこの棚受けでは力不足になるかもしれません。その場合は、スチール製のより大きめの棚受けを使用します。

2×4材(ツーバイフォー材)

ディアウォールで使用する木材は、2x4材または、1x4材です。通常は、2x4を使用する場合が多いですが、コンパクトな壁棚を作る場合には、より細い1x4材を使用します。その場合は、ディアウォールも1x4材用のものを使用します。

電動ドライバー

電動ドライバーを初めて使う人にも簡単に操作できる、充電式の電動ドライバーです。コンパクトで軽量ですので、狭い空間でもスピーディーにねじを締めることができます。ディアウォールの設置時には、棚受けの固定時にこのドライバーが便利です。LEDライトが付いていますので、陰になって暗い箇所も明るくして作業が

メジャー(スケール)

赤ちゃんの頭の大きさを測るメジャー

ディアウォールを設置する箇所の、天地の幅を正確に測定する際にメジャーを使用します。ゆとりのある長さ5.5mくらいのメジャーが良いでしょう。ロック機能がありますので、伸ばしたままで止めたままにしておくことができます。

また、幅が19mmありますので、伸ばしてままの状態でメジャーがぽきっと折れることがありません。コンパクトですので、持ち運びも保管にも便利です。

電動ドリル

電動ドライバーとしても使える、電動のドリル&ドライバーがおすすめです。棚板に穴をあけたりする際に便利です。ディアウォール以外にも、様々なDIYや組み立て家具の設置時に活躍するアイテムです。

水平器(水準器)

棚板などのDIY家具が水平に設置できているかのチェックに役に立つのが、この水準器です。水平のチェックだけでなく、垂直、45度を確認することもできる便利グッズです。強力な磁石付きですので、スチール棚などの場合は、しっかり固定して確認することができます。

まとめ

いかがでしたか? 実にその活用方法がバリエーション豊かなディアウォール。壁を傷つけずにお部屋の模様替えができるのがいいですね。正確に測定し、2X4材をカットするだけで、あっという間に簡単な手順であなただけのオリジナル棚を作ることができます。

市販の棚もおしゃれなものがありますが、やはり自分で飾るもの、収納するもののための棚を作るほうがベター。 工夫次第で、素敵な空間をご自分の手で作れちゃいます。この記事を参考に自分に合ったディアウォール棚を作ってみてはいかがでしょうか。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。