INDEX

お口の新常識?マウスウォッシュの効果

そもそもマウスウォッシュとは?

口

マウスウォッシュって、ご存知ですか?単純に日本語訳してみると、「口を洗うもの」。そう、ご想像通り、お口をキレイにする液状のアイテムのことです。国内外問わず有名なデンタルメーカーが次々と商品開発に取り組み、CM放送も多く、まさに口内ケアの新星として世間的に定着してきていますよね。

効果を最大限に活かすマウスウォッシュの使い方を学ぼう!

はてな

ここでは、たくさんあるマウスウォッシュのうち、どれを選べばいいのか分からない!という方や、マウスウォッシュのメリット・効果的な使用法が知りたいという方向けに、人気マウスウォッシュを詳しくご紹介していきます!

マウスウォッシュには種類があり、歯磨きができない人が歯磨き替わりに使うものと、歯磨きをした後に仕上げ剤として使用するものがあるので、パッケージをよく読み、間違えないようにしましょう。

そもそもマウスウォッシュって?

液体ならではの洗浄効果

白い歯

マウスウォッシュは、「液体歯みがき」や「洗口液」とも呼ばれており、おなじみのペースト状歯みがき粉と同様に口内の雑菌を殺菌し、口臭や虫歯等のトラブルを予防するアイテムです。歯ブラシ等で届かない場所でも、液体なのでしっかり洗浄することができます。

\ POINT /

ポイント

液体はみがきと言っても、マウスウォッシュには歯垢を除去する効果はありませんので、最初に歯ブラシやデンタルフロス・歯間ブラシ等で歯垢を取り除く必要があります。

歯みがきだけじゃ物足りない方に

本来、歯の汚れをしっかり落とそうと思っても歯ブラシだけでは届かない部分があり、歯の汚れを完璧に落とせているわけではありません。歯ブラシだけではなく、デンタルフロスや歯間ブラシを使用するように歯医者さんでは推奨されています。

そして、歯垢を取り除いた後、最後に口の中全体を殺菌することができるのがマウスウォッシュです。歯垢がつきにくくなったり、口臭・虫歯・歯周病を予防することができます。

マウスウォッシュはスッキリ爽快感も魅力

爽快感

マウスウォッシュには、ミントなどの爽快感を与えてくれる成分が含まれているものが多いので、お口のモヤっと感を即刻解消したい時にはとってもおすすめです。

ミント系の爽快感を味わうなら、そういった味のガムでも足りるじゃないかと思われるかもしれませんが、噛んだあとの処理の手間まで考えると、爽快感プラス殺菌効果まで得られるマウスウォッシュに軍配が上がるのではないでしょうか。

マウスウォッシュを使うメリット

口臭ケア

口臭

マウスウォッシュは、殺菌効果があるため、お口のニオイの原因となる菌にも効果的なものが多いです。夜寝る前に歯みがきをしたはずなのに、朝起きると口のニオイが気になる...なんて、おそらく老若男女問わず経験したことがあるのではないのでしょうか。

口臭は私たちが夜寝ている間に口内の細菌が活性化し、タンパク質等の残りカスを腐敗させてしまう事から発生します。唾液の分泌が多ければ、唾液自体の自浄効果や細菌の働きを抑制する酵素のおかげで口臭もある程度抑制されます。

しかし、寝ている間は知らないうちに口呼吸になって口内が乾燥し、また起きている間ほど口を動かさないために唾液量が減少しするため、口臭の原因となるわけです。そんな口内環境を整えてくれるのがマウスウォッシュです。

歯周病予防

いい歯

歯周病は、歯と歯茎の間に入った細菌が引き起こします。歯磨きをしていたら歯茎から出血があった場合なども歯周病の目安になります。そんな悪さをする細菌を除去してくれるのがマウスウォッシュです。特にパッケージに「歯周病予防に」と書いているものを選ぶといいでしょう。

虫歯予防

虫歯

虫歯は歯が黒くなり、嫌なにおいも・・・それにズキズキとした痛みはつらいですよね。そんな虫歯菌もマウスウォッシュを使ってしっかりと予防しましょう。歯磨き後は、水で口をゆすいでしまうため殺菌効果が薄まってしまいますが、マウスウォッシュは使用後も口をゆすがないため、有効成分が口の中にとどまってくれます。

ちなみに、出来てしまった虫歯を治療するといった効果はありません。あくまでも虫歯を予防するということで使用しましょう。出来上がった虫歯は歯医者さんでしっかりと治療してくださいね。



マウスウォッシュ使用時の注意点

歯みがきがわりにしない

歯みがき

マウスウォッシュだけで口をゆすいでいれば口の中が綺麗に保てる・・・という勘違いをされているとしたら、それは大間違いです。

歯垢を取り除くためには、やはり歯ブラシ・デンタルフロス・歯間ブラシを使わなければいけません。それらの道具を使った後にマウスウォッシュを使うことにより大きな効果を得ることができるのです。

マウスウォッシュ使用後の飲食は控える

飲食

マウスウォッシュを使用した後は、飲食はできるだけしないようにしましょう。せっかく、歯ブラシ+マウスウォッシュで口内を清潔にしても、新たに飲食してはせっかくの洗浄効果も薄れてしまいます。

上でもご説明したとおり、寝ている間は口内の菌が活性化しやすくなりますので、特に就寝前に歯みがきとマウスウォッシュを使用した後はくれぐれも水以外の飲食は控えるようにしてくださいね。

合わないと感じたら使用をやめる

合わない

マウスウォッシュの中にはアルコールが含まれている場合があります。中には成分が合わず、ドライマウスになってしまう方もいるようです。アルコール不使用のマウスウォッシュやオーガニックのものもあります。使っているものが合わないと感じたらすぐに使用をやめましょう。

口内ケアに効果的なマウスウォッシュ5選

コンクールF

Amazonで詳細を見る

歯医者さんで勧められた!という方もおおいのがこちらのコンクールFです。ムシ歯の発生および進行の予防、歯肉炎の予防、歯槽膿漏の予防、口臭の防止といろんなトラブルをカバーすることができます。

クリニカクイックウォッシュ

Amazonで詳細を見る

こちらの製品は日本で唯一の歯垢を分解・除去する薬用成分「デキストラナーゼ酵素」を配合。すすぐだけで、ムシ歯や口臭を予防してくれます。※日々の歯みがきと併用が不可欠なので、これだけを使えば大丈夫!というわけではないのでご注意ください。

外出先でランチ後に歯みがきする時間がない方や、ノンアルコールで低刺激なので、つわりで歯みがきが辛い妊婦さんにもオススメです。

デンターシステマハグキプラス

Amazonで詳細を見る

年齢と共に歯槽膿漏が気になる方にオススメなのがこちらの製品です。歯茎を活性化する効果があり、歯ぐきの組織を修復してくれます。歯槽膿漏の元となる菌を殺菌。歯茎の出血や腫れを抑えてくれます。

ガムデンタルリンスナイトケア

Amazonで詳細を見る

寝る前に使用することにより、翌朝の口臭や口の中のネバネバを防止してくれるのがこちらの製品です。寝る前に使用しても目が冴えないように、スースーせず、優しいハーブの風味です。寝る前の歯みがき後に仕上げ剤としてご使用ください。

リステリントータルケア

Amazonで詳細を見る

歯垢、歯肉炎、口臭、ネバつき、着色、歯石…6つの悩みを一気に解決してくれるのがこちらのトータルケアです。アルコールタイプとノンアルコールタイプがあります。

お口の悩みに一度試してみて!

おいしく食べる

マウスウォッシュはすでに出来てしまった虫歯や歯周病を治療することは出来ません。しかし、それらを防止するのには高い効果を発揮します。上手に使って口臭が消えれば、人との会話も楽しくなりますよね。お口のトラブルに悩んでいる方はぜひ試してみてくださいね!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。