Large thumb shutterstock 631027340

ティントの塗り方知ってる?おすすめティントランキング10選!

更新:2019.06.21

最近オシャレな女子の間で流行っているティント。あなたはもう使った?ティントの塗り方はとっても簡単。最初はちょっと難しそうかなと思うかもしれませんが、一度体験してみるとやみつきになります!売れ筋ティントもあわせてご紹介していきます!

ティントって口紅とはどう違うの?

最近よく目にするティントですが、これって口紅でしょ?と思っている人も多いかもしれません。たしかにティントはリップメイクに使うものですが、実は口紅とは大きな違いがあります!まず、色落ちしないこと!これがティントの最大の魅力です。

ティントは食事をしても色が落ちないのです。それから、唇の温度や水分量によって発色が変わるので、つける人によって色が違うというのも、ティントならではです。それでは、このティントの魅力についてもっと詳しく見ていきましょう。

ティントはキスをしても食事をしても色が落ちない!

ティントの語源は、英語の"tint"です。「染める」という意味で、今回お話するティントは、唇を染めてメイクすることから、この名前がつけられました。

口紅とティントの最大の違いは、口紅が唇の上に塗ってメイクするものであるのに対し、ティントは唇自体を染めるものであるということです。いわゆる染料のようなものなので、いったんティントを使ってしまうとなかなか落とすことができません。

発色までに時間がかかるので、口紅のようにお出かけ前にササッとつけてOK!というわけにはいきませんが、ひとたびつけてしまえば、10時間~数日程度、色が落ちることはありません。唇の角質層じたいが染まってしまうので、お化粧直しはいりませんし、キスをしても食事をしても綺麗な唇がキープできます。

私だけのオンリーワンのカラーのティント

ティントは唇の温度や水分量で発色が変わります。つける人が同じでも、体調がよくないときは血色が悪くなるので、ティントをつけた唇もくすんで見えるようになります。また、乾燥した唇ではきれいに発色しないので、じゅうぶんに保湿してからティントを塗るときれいに発色するようになります。

このようにティントはその時々の唇の色を反映するので、まったく同じ色にならないところがティントの魅力でもあります。お友達同士で同じティントを使って、どんな色になるのか比べてみても楽しいですね。

人気のウォーターティント

View this post on Instagram

#etudehouse #ウォーターティント 01 02 03

A post shared by ___💄___ (@aok_cosme) on

ティントには口紅のようなリップスティックのものとリキッドルージュのようなリキッドタイプのものがあります。そしてもうひとつ、口紅にはないウォータータイプのものもあります。

このウォーターティントは水のようなサラサラの液体なので塗りやすいのですが、ベタッとつけ過ぎてしまうとあとから薄くすることができないので、薄く少しずつつけていくのがコツです。発色がよく、流行のグラデーションリップを作るときにもよく使われます。

リップティントはココを見て選ぼう!

塗りやすさを求めるならスティックタイプ!

リップティントにはさまざまな形状のものが売られています。初めての人なら、塗りやすい口紅のようなスティックタイプをおすすめします。いつもの口紅を塗っているように、手軽に塗ることができます。

リキッドルージュのようにチップがついたウォータータイプやジェルタイプのティントはスティックタイプよりも微調整がしやすく、細部の塗り方にこだわりたい人はチップがついたものを選ぶといいでしょう。そしてティント特有のパックのように使うものもあります。

こちらは唇に塗ってしばらくするとパックのように乾いてきます。乾いてから剥がすと、唇に色が浸透しているというタイプです。このようにティントにはいろいろなタイプがあるので、選ぶときには色だけではなく、どんなふうに塗るのかを見て決めるといいでしょう。

ティントに大切なのはとにかく保湿!

リップティントは唇の角質層を染めてしまうので、唇への刺激が強く、乾燥しやすくなります。購入するときには、保湿効果があるかがひとつの目安になります。普段唇が乾燥しないという人でも、唇の潤いは発色や仕上がりに大きく影響します。乾燥を感じなくても保湿を重視するようにしてください。

【これだけは覚えておきたい】ティントの塗り方は?

意外に便利な綿棒を使って塗る!

リップティントはひとたび染まってしまうとなかなか色が落ちないので、塗るときには細部までしっかりと気を配って塗りたいものです。

指で塗っていく方法もありますが、これだと少しラフな感じになり、指が染まってしまう可能性もあるのであまりおすすめできません。キッチリ塗っていきたい、という人は、綿棒を使うと細かいところまできれいに塗れます。

ティントにはヴァセリンが便利!

ティントは乾燥した唇だと仕上がりが良くないので、しっかり保湿してから塗るのが基本です。リップクリームを塗っておくのもおすすめですが、ヴァセリンをリップクリームの代用にすることもできます。ヴァセリンは下地の代わりになるばかりでなく、仕上げのツヤ出しにも使えるので、ひとつ持っていると便利です。

ティントを塗る前にコンシーラーで唇の色を消そう!

唇の色の仕上がりがよくない人や、グラデーションリップを作りたい人にはコンシーラーの使用がおすすめです。ティントは唇の色が発色に影響するので、発色がいまひとつ良くならない、という人は、唇の色を消すと綺麗に発色するようになります。最後でもご紹介しますが、唇専用のリップコンシーラーを使うと保湿ができます。

人気のグラデーションリップの塗り方をご紹介します!

唇の内側からジュワッとにじむような色づきのグラデーションリップは仕上がりがナチュラルでとても人気の塗り方です。ティントを買ったら、ぜひ試してみてください。塗り方は以下のような手順になります。

リップの塗り方

  1. ①リップクリームやヴァセリンで唇をしっかりと保湿しておく。
  2. ②唇にコンシーラーを塗って色を消す。ベタつくようなら、軽くティッシュオフします。
  3. ③ティントを唇の内側に塗ります。チップや綿棒で中央部分に塗って、唇の上下をこすり合わせるとナチュラルになります。
  4. ④さきほど塗った範囲より少しだけ広めにもう一度ティントを広げます。このとき違う色を塗ると重ね塗りの変化が楽しめます。
  5. ⑤唇を軽くこすり合わせて出来上がり。最後にグロスを塗ってツヤを出してもOKです。

POINT

ポイント

この塗り方をするときは、かなり濃いめのリップでもナチュラルに仕上げることがあります。買ったけど色がイマイチ…という口紅があったら、グラデーションリップを試してみてくださいね!

ティント人気ランキング

【第10位】[YADAH]ヤダーラブリーリップティントスティック(04.オレンジエイド)

唇の水分量に反応して色を演出し、時間が経つほど自然で健康的なリップメイクを一日中持続させます。モイスチャーシステムで、唇の温度に合わせ水分が蒸発しないよう潤い感を持続させます。唇を乾燥から守り、角質の浄化をうながして生き生きとした唇へと導きます。

【第9位】スキンフード(SKINFOOD)トマトジェリーティントリップ#3

唇にうるおいを与えながら、色ムラやくすみを補正し、鮮やかで華やかなリップの仕上がりに近付けるティントリップ。ナチュラルメイクの仕上げにぴったり。微細なパールがうるっとした口元を長時間演出します。

【第8位】リップティントパックベリーサムマイリップパック

塗ってからはがすパックタイプのティント!朝貼って剥がすだけでタトゥーみたいに12時間色がもつリップ。色が少し濃いめなので、デートなどの勝負の時などに使ってみてもいいかもしれません。

【第7位】ベビーピンクプラスリップティント02:レッド

ひとぬりで鮮やかに発色。赤ちゃんのような血色リップに。新感覚! 塗っていないような付け心地なのに、高発色、食事でも落ちにくい。リップクリーム・リップグロスのベースにも使える。ロングラスティング処方採用。原産国:日本

【第6位】カネボウケイトカラーセンサーリップティントOR-1

時間がたつと自分の唇の色になじんだ血色感カラーに変わる、色変化リキッドルージュです。唇の水分に反応して色づき、落ちにくくなります。塗布後時間をおくと、だんだん色づいて発色が強まり、自分だけの特別カラーに(発色には個人差があります)。

3Dバウンスグロス(テトライソステアリン酸ジペンタエリスリチル)が、ツヤのあるボリュームアップしたような仕上がりに。保湿成分(アーモンド油、ホホバ種子油、オリーブ果実油)配合。無香料。

【第5位】ラネージュ(LANEIGE)ラネージュツートーンティントリップバー

これ1本で簡単にグラデーションリップが作れるのがウリです!ツートンリップバーの発色に、ティント機能がプラスされ持続力&発色力がUP!リップバームとの強いカラーコントラストでグラデーション効果も高まりました。唇のpHと温度によって変わるティント色素を適用し、自分だけにあったティント効果が得られます。

【第4位】SUGAOジュレ感リップティントアプリコットピンク

透け感のある発色長続きリップ じんわり発色して落ちにくい。 ティントタイプのリップ。 唇の表面に色を乗せるものとは異なり、唇の角質層を染めるため、じんわりとした発色で、透明感のある唇に仕上がります。

【第3位】キャッツフェイスリップティントウォーターブラッドオレンジ

モテ唇がkissを誘う。色合いキープ・リキッドリップ。重ねていくと、どんどん発色。これ1本ですっぴんからフルメイクまで対応できる。自然なマットリップでkissしたくなる唇に。 水性のリップカラー。すっぴん唇がサラッと発色。

5種の保湿成分配合。(コラーゲン、ハチミツ、モモ葉、ヒアルロン酸、アロエ)ブラシタイプでとっても描きやすい。パッケージもかわいいので1つ持っていてもいいですね。

【第2位】ETUDEHOUSE(エチュードハウス)ディアダーリングティント

しっとり&スムースなテクスチャーがナチュラルな唇を演出します。魅惑的な血色カラー『4号 ヴァンパイアレッド』好評発売中。長時間維持される鮮やかなカラー。唇の表面に薄く塗り伸ばされるジェルタイプの水分膜。豊かなミネラルとビタミンを含有。

【第1位】エチュードハウス(ETUDEHOUSE)ウォーターティントチェリーシロップ

ダントツ人気のエチュードハウスのウォーターティント!鮮やかな色がそのまま発色するウォーターティントで、うる・ツヤ・ぷるんな理想の唇が手に入る! なめらかにのび広がるウォータータイプの軽いテクスチャー。

べたつくことなく、長時間つややかでみずみずしい唇をキープ。フルーツエキスと、保湿成分で潤いを与えて、ぷっくり魅力的な唇に。ストロベリー、チェリー、オレンジの甘くフレッシュな果実のような色がそのまま唇に発色。鮮やかでかわいい口元に仕上げます。

ランキングで紹介した商品の比較

ティントはエチュードハウスの製品が大人気です。発色のあざやかさと価格の安さがその人気の秘密のようです。第4位のSUGAO ジュレ感リップティントは新感覚のティントで、ジュレタイプです。第8位のリップティントパック ベリーサム マイリップパックはしっかり染まるパックタイプで、色持ちが自慢です。

まとめ

ティントの塗り方をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?最初はとまどうかもしれませんが、ティントはどんな色に仕上がるのか待つのも楽しみです。ランキングの商品を参考に、あなたも流行のグラデーションリップに挑戦してみませんか?

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。