INDEX

可愛いアイメイクに必要なアイテムは?

これがなくちゃ始まらない!アイシャドウ

まぶたに彩りを作るのに欠かせないのがアイシャドウですよね。パウダータイプ、クリームタイプ、ペンシルタイプなどいろいろなものがありますし、ラメやパールが入ったものなど様々な商品があります。

Small thub shutterstock 574717297
関連記事 おすすめラメなしアイシャドウで簡単に大人顔へ!おすすめアイシャドウ20選

おすすめラメなしアイシャドウ(マットアイシャドウ)で簡単に旬の大人顔が

目の印象をアップ!アイライナー

アイライナーもペンシル、リキッド、ジェルなどが主流です。どんな風にラインを引きたいのか、また自分がどれが使いやすいかで選ぶといいでしょう。黒だとラインが目立ちすぎてしまうなら、ブラウンのラインを使うのもおすすめです。

Small thub shutterstock 357502742
関連記事 【タイプ別】アイライン引き方講座!これで初心者も不安・失敗なし!

目の印象を大きく変えるアイライン。引き方がわからないと悩む女性が多く、

目元の凹凸でハーフ顔!ハイライト

目元のハイライトは立体感を出すだけでなく、まぶたに光を集めてくれるので、目の周りをトーンアップさせる効果もあります。ハイライトと言っても色味の種類はかなり多いので、自分の肌や好みの仕上がりによって選びましょう。

一日中崩れないアイメイク!アイメイク下地

アイメイク下地はアイメイクの持ちをよくするのと同時に、アイシャドウの色味を綺麗に見せる効果があります。あらかじめパールが入ったものもあり、ハイライト効果が出るものもあるのでおすすめです。

まつげで可愛さアップ!マスカラ

ぱっちり可愛いアイメイクを作るには仕上げのマスカラが必須です。すっきりとクールな印象を作りたいなら長さが出るタイプ、目を大きく見せたいなら太さが出るタイプを選びましょう。

Small thub shutterstock 585667808
関連記事 下まつげのマスカラ塗り方のコツ!おすすめの落ちないマスカラ5選も!

気がついたらパンダ目になってる!そんな恥ずかしい思いをしたことありませ

可愛いアイメイクを作るためにまずは基本から学ぼう

アイメイクだって下地が肝心

せっかく可愛いアイメイクをしたのに、すぐに崩れてしまって1日のうちに何度もメイク直しが必要…と悩んではいませんか?ファンデーションノリをよくしてキープするために下地を使っている人は多いですが、アイメイクの下地を飛ばしてしまっている人も多いんです。アイメイクを1日キープするためにも下地は欠かせません。

アイメイクのコツは綺麗にグラデーションを作ること

どんな色のアイシャドウを使う場合でもグラデーションが作れているかどうかで美しさはかなり変わります。せっかくきれいなカラーのアイシャドウを使用しても、それぞれの色が浮いてしまうと野暮ったい印象になってしまうので注意しましょう。

可愛いアイメイクにハイライトは必須

顔の凹凸を作るために必須のハイライトですが、実は可愛いアイメイクを作るには目元のハイライトも必須なんです。3色以上のアイシャドウパレットにはハイライトカラーが入っていることが多いですが、眉毛と目の間にハイライトを入れることで、瞳の魅力もアップするし、アイカラーも映えます!

アイラインはまつげのキワを埋めるように

可愛い印象の目元を作るためにアイメイクはアイライン抜きで作っている人もいるかもしれませんが、何もガッツリ引くだけがアイラインではありません。アイラインはまつげの間を埋めるように少し書き足すだけでも瞳を大きく見せてくれます。目尻までしっかり惹けば魅力的な瞳にもなりますから、使い方をマスターしましょう。

ここを押さえればもっと可愛いアイメイクに!コツ4選

①アイシャドウは濃い色から乗せていく



アイシャドウってどの順番で塗っていますか?実は濃い色から乗せて少しずつブラシでブレンドしていく方が綺麗で違和感のないグラデーションが作りやすいんです。目のキワに濃い色を乗せたら、二重の部分に次の色を乗せてブレンド、そしてまぶたに次の色を乗せてブレンド、そして最後にハイライト…という風に乗せましょう。

\ POINT /

アイシャドウにはブラシが必須

アイシャドウを購入するとチップがついていることが多いですが、チップでは理想的なグラデーションを作ることができません。アイシャドウブラシには様々な種類がありますが少なくても丸筆と平筆は持っておくことをお勧めします。

②下まぶたメイクも忘れずに

涙袋メイクなんていうものも流行っていますが、涙袋を作らない場合でも、下まぶたのメイクをするかどうかで印象は大きく変わってきます。下まぶたにはハイライトを軽く乗せ、タレ目メイクにしたいなら目尻に濃い目のシャドウを載せると可愛い印象に仕上がります。

\ POINT /

やりすぎるとギャル化してしまう

下まぶたのメイクはアイメイクに欠かせないものですが、やりすぎてしまうと一昔前のギャルのような印象を与えてしまいます。自分で見てメイクしたかどうかわからないくらいの状態を目指しましょう。どこが違うかわからないけれど、いつもと違うという印象を作ることが大切ですよ。

③アイラインは一気に入れない

アイラインは目頭から目尻にかけて3分割くらいする意識で入れていくと上手に入ります。入れるときにはライナーを持っていない方の手で瞼を上に引っ張りましょう。こうすることでアイラインが浮かないので綺麗に入れることができます。目尻から先に引く場合はいったん目尻まで入れて、その後跳ね上げラインを描きましょう。

\ POINT /

どうしてもブレる場合はペンシルタイプがおすすめ

なかなかきれいにラインが入れられない場合は、ペンシルタイプのアイライナーを使用しましょう。ペンシルタイプは後から綿棒でボカせば多少ラインがガタついても目立ちません。

④ビューラーとブラシを正しく使って綺麗なまつげを作ろう

いくらクオリティの高いマスカラを使用しても、ビューラーとブラシなしにはまつげが上を向かなかったり、ダマになってしまうことがあります。マスカラをつける前にブラシでしっかりまつげをとかし、マスカラを塗ったら三段階くらいに分けて根元からしっかりまつげを上にあげましょう。角度をつけすぎるのはNGです。

\ POINT /

ビューラーをするときの注意点は?

ビューラーのゴムの部分が劣化していないかまずはチェックしましょう。ゴムが劣化しているとまつげが傷んでしまいます。またビューラーで挟むときは鏡を見下ろす感じで見るようにすると、根元にしっかり入れることができます。

可愛いアイメイク以外も!なりたい目元別のコツ

可愛いたれ目メイクのコツ

たれ目メイクを上手にするポイントは目頭のハイライトと、目尻のアイラインとアイシャドウです。目頭にはピンク系のハイライトを入れると目がうるうるして見えて可愛さがアップします。また、目尻は下まぶた部分に締め色のアイシャドウを乗せ、アイラインも跳ね上げないように描くのがコツです。

\ POINT /

アイラインの太さを微妙に変えると可愛さアップ

まっすぐ鏡を見た時に黒目にあたる部分だけアイラインを少し太めに書くと瞳がまん丸に見えてたれ目の可愛さが強調されます。

Small thub shutterstock 248906611
関連記事 たれ目メイクの基本のやり方!アイライン次第でつり目さんでもナチュラルに!

「つり目なんだけどたれ目メイクがしたい」「たれ目の女子って可愛く見える

とにかく大きく!目を強調した可愛いアイメイク

目を大きく見せるには、アイホールの真ん中から目尻に向けてしっかり色味を入れることが大切です。ナチュラル感が出したいのであれば濃い目のブラウンがおすすめですし、少し大人っぽい印象にしたいならダークパープルやネイビー、カーキといった色もおすすめです。

\ POINT /

ナチュラルなカラコンを使うのもおすすめ

カラコンも今ではいろいろな種類があり、つけているのかわからないほどのナチュラルなものも増えてきました。可愛い真ん丸な瞳のアイメイクを作るのならカラコンを使用するのもおすすめです。着色直径が大きすぎないものを選びましょう。

Small thub shutterstock 304632626
関連記事 人気のカラコン黒!バレずに盛れる秘密のおすすめ商品10選♪

みなさんカラコン使ってますか?今やカラコン 黒は学生たちの間でもナチュ

切れ長の瞳でクールな印象に!

切れ長のアイメイクを作るためには、目尻のアイシャドウもアイラインもこめかみに向かって跳ね上げるイメージで入れていくのがポイントです。アイシャドウがうまく入らない場合はマスキングテープを目尻からこめかみに斜めに貼ってから塗ると入れやすくなります。マスカラは長さが出るものを選びましょう。

可愛いアイメイクをマスターして出かけよう!

基本から応用編のコツまで、アイメイクのポイントを紹介しました。なりたい印象を決めたら後はおうちで何度か練習してみましょう。コツをつかめばどんなメイクも朝の短時間で仕上げられるようになりますよ!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。