Large thumb shutterstock 241064626

職場で嫌味が多い「お局」とは?嫌がらせをする心理から身を守る対策までご紹介!

更新:2020.09.02

お局からの嫌がらせに悩んでいる、という方も多いのではないでしょうか。ここでは、今日からできるお局対策として、嫌がらせをするお局の心理や、お局を味方につけて、うまく付き合う方法などをまとめてお伝えします。ぜひ参考にして、お局のストレスから開放されましょう。

お局とは?

①職場を取り仕切るベテランの女性

腕組みをして外を見ている女性

元は、公家や将軍家で重要な地位にある女性への敬称として用いられていました。その後、1989年に放映されたNHKドラマ『春日の局』の影響で流行語になり、一般的に使われるようになりました。現在では「お局」というと、同じ職場やポジションに長く勤務している、口うるさくて意地悪な女性の意味で使います。

②中高年の独身女性が多い

パソコンの前で頬づえをつく女性

お局は年齢でいうと中高年で、しかも独身者が多いです。ですが、20才代でもすでにお局化している人もいるため、必ずしも年上の女性とは限りません。また、ベテラン女性全員がお局というわけではないので、色眼鏡で見ないように注意しましょう。

性格|お局になりやすい人の特徴5つ

①感情の起伏が激しい

どなっている女性

機嫌がいい時と悪い時の差が激しく、気分屋なのもお局の特徴です。機嫌が悪い時は、表情や言動もピリピリし、職場のムードも悪くなります。そうかと思うと、とても機嫌がよく親切な時もあるため、周囲はいつもお局の顔色を見ながら仕事をしています。

②うわさ話が好き

内緒話中の男女

お局は、うわさ話が大好きです。最新のうわさ話をいち早く入手し披露することで、職場の中で常に優位な立場に立っていたい、という心理から来ています。うわさ話に加わらないと、仲間はずれにされることもあります。

③悪口が好き

悪口を言っている女性2人

わざと本人に聞こえるように、悪口を言うのがお局の特徴です。真正面から言う勇気はないので、周囲の人にコソコソと言います。また、悪口を自分の取り巻き達と共有したがるのも特徴です。

悪口を言う人の心理について、もっと詳しく知りたいと思いませんか?下記記事では、悪口を言う人の職場での対処法や、悪口を言わない方法についても書かれています。ぜひチェックしてみてくださいね。

④いつまでも根に持つ

硬い表情で腕組している女性

執念深いのもお局の特徴です。例えば、お局の意見を聞かなかったり、口答えをした人のことはいつまでも根に持ち、覚えています。また、自分がされた仕打ちも一生忘れません。

⑤自分に自信がない

階段で落ち込む女性

お局は自分に自信がないことを隠すために、周囲の人を攻撃するという特徴も持っています。お局は会社でも私生活でも、自分は認められていないという思いが強く、実は自分に自信がありません。

行動|お局になりやすい人の特徴5つ

①人によって態度を変える

職場で喋る男女

お局は自分の気に入らない人と、気に入っている人とでは態度を大きく変えます。年下の女性には返事すらしないお局も、若い男性の前では、人が変わったように親切で、面倒見の良い先輩に大変身します。上司に対しても、自分を評価してもらいたいという心理が働くため、一応は敬意を払います。

②攻撃的になる

男性にどなっている女性

お局は攻撃的になり、人にきつく当たることがあります。ターゲットとなるのはお局より若い女性、または容量が悪い人、仕事が遅い人などです。そんな時のお局は顔つきもこわばり、口調も強くなります。

攻撃的な性格の心理について詳しく知りたい方は、以下の記事をご参照ください。原因や具体的な対処法も合わせて紹介しているので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

③アドバイスをしたがる

中心にいる女性の話に聞き入る人々

やたらと人にアドバイスをしたがるのも、お局の特徴です。それは、自分の意見は誰からも尊重されるはずだと思っているからです。また、自分は職場にとって必要な人物なんだと、周囲にアピールもできるため、人にアドバイスするのは大好きです。

④人の話は聞かない

話を聞かない女性

お局は、基本的に人の話は聞かないという特徴もあります。それは、自分は常に正しいと思っているからです。仮に上司に誤りを指摘されたとしても、それは上司の方が間違っていると、逆に攻撃する材料にされてしまいます。

⑤自分の話ばかりする

自慢話をする女性

自分の話ばかりするのもお局の特徴です。それは、自分を受け入れてくれる場所が職場以外にないからです。仮に誰かが違う話をしていたとしても、いつの間にか自分の話にすり替えてしまいます。

自分のことばかり話す人について、もっと詳しく知りたいと思いませんか。こちらの記事では、特徴や自分自身が話してしまう時の対処法についても書かれています。ぜひ一緒に読んでみてください。

お局が嫌がらせをしてくる心理5選

①自分の評価が気に入らない

隣の男性を横目で睨む女性

お局は、職場での自分の評価や処遇が気に入りません。自分よりも仕事が遅い同僚や後から入ってきた後輩が、上司から評価されたり自分を追い抜いて出世していくのが、どうしても納得できないのです。そして、誰も自分の味方ではないという心理状態になり、周囲の人を攻撃するようになっていきます。

②自分の立場を守りたい

仕事をこなす女性

お局は自分の立場を守るため、自分は職場には欠かせない人材であると周囲に思わせたいのです。そのため仕事を抱え込み、自分がいないと対処できない状況を故意に作ります。そして、自分に忠実な味方ばかりで周囲を固めて、自分だけに居心地が良い職場にしてゆくのです。

③ストレスを発散したい

文句を言う女性

お局は、職場を自分のストレスを発散する場だと思っており、私生活でのストレスなども持ち込みます。職場のすみずみにまで目を光らせて荒探しをし、嫌がらせをするネタを見つけます。そして周囲に当たり散らし、ストレスを解消するのです。

④余裕がない

たくさんの本を読む女性

お局には、精神的な余裕がありません。自分の人生やプライベートが充実していないと、余裕は生まれません。余裕がないと、人に思いやりをもって優しく接することができないのです。

⑤嫉妬心がつよい

嫉妬している女性

お局が嫌がらせをする心理の根底には、嫉妬心があります。例えば、若い女性がちやほやされるのを目にすると、嫉妬心が沸き起こり、その反動で嫌がらせをするのです。また、嫉妬の対象は若い女性とは限りません。自分を追い抜いて出世した人、結婚した後輩、子育て中のママなど、人生が充実している人にも向けられます。

お局から嫌がらせを受けた場合の対策5選

①きちんと挨拶する

右手を差し出す女性

お局はきちんと挨拶ができる、礼儀正しい人には好印象を持ちます。挨拶をしていない人は、さっそく実践しましょう。にっこりと笑顔で挨拶すれば、さらにポイントが上がりますよ。

②お局を味方につける

一緒に作業中の2人の女性

お局を味方につけることができれば、ストレスは一気に軽減します。お局は自分は職場にとって、欠かせない人物だと思われたいため、人から頼られたり相談されたりするのが大好きです。何か相談ごとを見つけて、ここぞとばかりに頼って、甘えて味方につけてしまいましょう。

もし相談ごとを持ちかけるのはハードルが高ければ、お局を褒めてみましょう。「いつもお弁当、美味しそうですよね」や、「その時計、いつも素敵だと思ってたんです」など、褒める作戦で、お局を味方につけるのも手ですよ。

③ビクビクしない

笑顔で会話する女性

お局の前では、ビクビクしないでください。弱みを見せると、さらにつけこまれてしまいます。嫌味を言われたり、いじめられたりすると、どうしてもお局の前では卑屈になってしまいますよね。ですが、そのような心理状態は見せないよう、毅然とした態度でいましょう。

④嫉妬されないようにする

地味な女性

嫉妬されそうなことは、お局には見られないようにするのも重要な対策です。それは若さや美貌、輝かしい未来など、今のお局が持っていないものです。なので、お局の前では、やぼったい女性を演じるくらいで丁度いいでしょう。

⑤仕事をがんばって一目おかれるようになる

プレゼンする女性

仕事ができる人になるのも、対策のひとつです。周囲が一目置くような、抜きん出て仕事ができる人にはお局も敬意を払うからです。お局が口を挟む余地がないほど仕事を頑張って、お局に認めてもらえれば嫌がらせが終わる可能性も大です。

お局の嫌がらせから身を守る対策5選

①接する機会を必要最低限にする

職場の人々から離れたところに立つ女性

まずは、お局に接する機会を最低限にしてください。お局とは挨拶以外は話さない、お局の近くには行かないなど、なるべく関わらなくて済むように、距離を取ってください。心身の健康を損ねる前に対策を取りましょう。

どうしてもお局に話しかけなければならない場合は、お局のお気に入りの若手の男性や、上司が近くにいる時を見計らって、話しかけてみましょう。良いところを見せたいという心理が働き、機嫌よく応えてくれる可能性が高いですよ。

②上司や先輩に相談する

ミーテイング中の2人の女性

もし嫌がらせが続くようでしたら、上司や先輩など味方になってくれる人に相談してみましょう。声に出すことで、身体から吐き出されストレスを発散させる効果もあります。大切なのは、自分の中にストレスを溜め込まないことです。また、いざという時にあなたを守ってくれる味方を、職場の中に作っておいてください。

③ハラスメント窓口に相談する

楽しげに談笑する男女

経験豊富なプロのカウンセラーに相談してみると、突破口が見つかることがあります。会社の総務部などに、ハラスメントを相談できる窓口があることが多いです。もし会社にない場合は、地域やNGOなどの相談窓口も探してみてください。

④異動願いを出す

ペンでノートに何かを書いているところ

異動願いを出すことも検討してみましょう。人間同士の相性は、努力してもどうにもならないこともあります。もう限界だと思った場合は、他の部署に移るのが一番の解決策です。お局のストレスで、心や身体の健康を損ねる前に行動に移しましょう。

⑤職場を変える

会議前の挨拶をする人々

最後の手段は、職場そのものを変えることです。嫌がらせに関して、上司やハラスメント窓口に相談しても一向に改善が見らない場合は、職場を変える良い機会かもしれません。大きな決断を伴いますので、慎重に対策を検討してみてください。

お局の心理を知って対策しよう!

まずは自分がお局への接し方を少しだけ変えてみる、という対策から始めてみましょう。お局を味方につけることができれば、一気にお局からのストレスから開放されて、仕事がやりやすくなります。

お局ときちんと話してみると、人生の先輩として良い話を聞くこともできます。お局でも上司でも、コミュニケーションが大切なのは、どの人間関係でも同じです。

それでも人間同士なので、どうしても相性が合わないこともあります。お局との関係を改善しようと頑張っても難しい場合は、無理をせずにお局から距離を置く対策に切りかえて、心と身体を守ってください。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。